注目の記事 PICK UP

ウェアマニアが作ったウェアブランドQ36.5

ウェアマニアが立ち上げたサイクルウェアブランドQ36.5

ウェアマニアが作ったウェアブランドQ36.5

Q36.5というサイクルウェアブランドをご存知でしょうか。イタリアで最近立ち上げられたサイクルウェアブランドで、サイクルウェア製造会社に勤めていた夫婦が独立してこだわりのあるサイクルジャージなどのサイクルウェアを製造しています。最近日本のamzonでも取扱いが増えてきてきましたので紹介することにしました。

Q36.5の名前の由来

Qは”Quaerere”ラテン語で研究という意味と、人間の体温である36.5℃を意味する造語でQ36.5というブランド名が付けられたそうです。ウェアは、サイクリングに限らず、クロスカントリー、ランニング、登山でもパフォーマンスを上げる基本的な機能として温度調節が大切です。寒すぎても、暑すぎてもいけません。そういった意味で36.5という数字に拘ったそうです。

サイクリングウェアに興味を持ったルーツ

Q36.5の代表である夫のルイージ・ベルガモさんがサイクリングウェアに興味を持ったのは1984年、16歳のときに地元のサイクリングクラブ、ボルツァーノに入ったころからだそうです。このクラブはのちに多くのプロ選手を輩出した強豪チームだったようです。しかし、ルイージさんは選手になることよりも、サイクルウェアの機能の進化にすごく興味をもつ青年だったそうです。
当時はまだ、化学繊維のウェアがあまりポピュラーではありませんでしたが、ナショナルチームのメンバーはその当時でもテルミカ素材やライクラ素材のウェアを使っていました。それに興味津々で、もっぱらロードバイクよりもウェアのほうに注目していたそうです。そして、最新のウェアを買うために貯金していたそうです。そして、買ってきたジャージを切って構造を調べたりしました。その興味が高じて独学で勉強して、スイスのサイクリングウェアメーカーの開発を経て独立したそうです。

Q36.5のウェアの特徴とは

Q36.5のウェアを着てすぐに違いを感じることができるのが特徴です。皮膚に優しいのです。そして、汗がすぐ乾き、何も着ていないかのような軽さです。例えば、ベースレイヤーで言えば、縫い目がほとんどなく、皮膚に優しい構造になっています。また、パンツのパッドには接着剤を使っていません。これは毒性のある接着剤を使わないという意味以外に、接着剤によって通気性を邪魔されたくないという意味もあります。
パッドに何故通気性が必要かというと、パッドが必要以上に湿ってしまうと、皮膚が弱くなってしまい、さらに皮膚とパッドの間に摩擦が生じてしまうため、股が痛くなります。そこで、Q36.5では他社よりもパッドの前後を短くして、水を吸うと外に出す構造になっています。このため雨に濡れても、ドライな状態を保つことができます。また、密度の違う素材をサンドイッチ構造にすることで、前面は薄く柔軟性を持たせて、後部は厚みを持たせることでクッション性を高めています。

撥水性の高い素材を使った狙い

撥水性の高い素材を利用することは、雨に濡れても快適で、さらに晴れた暑い時でも、撥水性を高めることで、汗をすぐに乾燥させて、暑くならないようにするためです。通常の撥水加工は製品ができてから撥水加工をするため、通気性が悪く暑くなってしまいます。ところが、ドトーレビブショーツやアクティブサポートコンプレッション機能のあるウェアなどで使われている撥水素材では、繊維に特別な加工をすることで撥水性を高くしています。もちろん洗濯しても撥水機能が落ちない耐久性も大切ですが、通気性の良さ第一に考えられています。
アクティブサポートコンプレッションとは、通常コンプレッションと聞くと、アフターサイクリングのイメージがありますが、Q36.5のアクティブサポートコンプレッションは運動中に筋肉サポートをすることで、運動中のパフォーマンスアップを考えて作られています。生地に使う繊維の伸縮率を部分ごとに変えることで、潜在運動能力の向上や静脈還流、筋肉のサポート性能を高めます。例えば、ドトーレパンツの腰部に使うことで腰を安定させて、筋肉疲労の低減を狙った設計になっています。

パールイズミ2017年秋冬モデルから注目モデルをピックアップ
パールイズミの2017年秋冬モデルのカタログが届き店舗や通販でも商品が揃ってきました。2017年秋冬モデルから注目したウェアやアクセサリーをピックアップして紹介します。冬のサイクルウェア選びの参考にしてください。


パールイズミ2017年春夏モデルから注目モデルをピックアップ
パールイズミの2017年春夏モデルのカタログが届きました。2017年モデルではいくつかのモデルで新しい素材を使用してさらに着やすく吸汗・速乾性能も向上しているようです。いくつかのモデルをピックアップしていきたいと思います。

関連記事

  1. カーボンクリンチャーホイールの進化

    カーボンクリンチャーホイールの進化

  2. ロードバイク初心者がビンディングペダルを使いこなすポイント

    ロードバイク初心者がビンディングペダルを使いこなすポイント

  3. バイクパッキング大型サドルバッグアイキャッチ

    バイクパッキング大型サドルバッグの選び方

  4. ロードバイク乗りと相性の良いおすすめクレジットカード

    ロードバイク乗りと相性の良いおすすめクレジットカード

  5. サイクルコンピュータアイキャッチ

    ロードバイク初心者が考えるサイクルコンピュータの選び方

  6. 保冷効果が長いおすすめの保冷ボトル

    保冷効果が長いおすすめの保冷ボトル

  7. ロードバイクの盗難対策におすすめペダルノート

    ロードバイクでサイクルウェアを何故着るのか

  8. Garmin EDGE 820J

    Garmin EDGE 820Jのソフトウェアアップデートの方法

  9. ORTRIEBサドルバッグLスレートアイキャッチ

    ORTLIEB(オルトリーブ)のサドルバッグはブルベの装備の定番に納得

特集記事

  1. ロードバイクのクリンチャータイヤについて知っておきたい知識 ロードバイクのクリンチャータイヤについて知っておきたい知識
  2. ロードバイクのホイールアイキャッチ ロードバイクのホイール
  3. Let's Encryptアイキャッチ Let’s Encrypt-無料SSLサーバー証明書をSSL BOX…
  4. AMP対応とGoogleアナリティクスとGoogleアドセンスの設定方法 AMP対応とGoogleアナリティクスとGoogleアドセンスの設定方法
  5. TCDのおすすめテーマ一覧 TCDのおすすめテーマ一覧
  6. 40代からのロードバイク-40代から速く強くなる方法 40代からのロードバイク-40代から速く強くなる方法
  7. 自転車は何故曲がるのか?-ロードバイクのコーナリング力学 自転車は何故曲がるのか?-ロードバイクのコーナリング力学
  8. WordPressSSL化アイキャッチ WordPressサイトを常時SSL化する-CORESERVER(コアサーバー)…
  9. 新型アルテグラ8000系の情報 新型アルテグラDi2の実力とは
  10. 短期間で鍛えるヒルクライム力-フィジカル編 短期間で鍛えるヒルクライム力-フィジカル編

PICK UP記事

  1. 自転車活用推進法でロードバイクは走りやすくなったのか 自転車活用推進法でロードバイクは走りやすくなったのか
  2. ブルベエントリー情報一覧6月開催アイキャッチ ブルベエントリー情報一覧5月開催
  3. ブルベエントリー情報一覧6月開催アイキャッチ ブルベエントリー情報一覧7月開催
  4. パールイズミ2017年秋冬モデルアイキャッチ パールイズミ2017年春夏モデルから注目モデルをピックアップ
  5. ミドルグレードのロードバイクの賢い買い方選び方 ミドルグレードのロードバイクの賢い買い方選び方
  6. ワールドサイクルのR250おにぎりリフレクター試用レビュー ワールドサイクルのR250おにぎりリフレクター試用レビュー
  7. ペダリングトレーニング最終奥義ハイパワーペダリング ペダリングトレーニング最終奥義ハイパワーペダリング
  8. 40代からのロードバイク-加齢について考える 40代からのロードバイク-加齢について考える
  9. KUREのMade For SPeedシリーズのケミカルが気になる存在に KUREのMade For Speedシリーズのケミカルの実力は如何に
  10. コーナリングに合わせたタイヤの空気圧セッティング コーナリングに合わせたタイヤの空気圧セッティング

おすすめ記事

  1. 保冷効果が長いおすすめの保冷ボトル
  2. 摩擦円とは何か-コーナリング時のグリップ
  3. パールイズミのバックパック
  4. ヒルクライム楽に登る正しいダンシング
  5. 修善寺伊豆急下田-サイクルスポーツ聖地の旅コース
  6. サプリメントを活用してパフォーマンスアップ
  7. ディスクロードの様々な疑問
  8. ヒルクライムを楽に登るハンドルの握り方とペダリング
  9. ロードバイク初心者の100kmロングライド-暑さ対策のポイント
  10. Garmin EDGE 820J

Twitter

最近の記事

  1. ディスクロードの狙い目はアルテグラの完成車
  2. 主要3社のディスクロードバイクフィーリング比較
  3. 主要3社のディスクブレーキ比較
  4. ディスクロードの様々な疑問
  5. ディスクロードバイクの基本的知識
  6. ディスクロードバイクは油圧式を選ぶ
  7. ディスクロードバイクのメリットとは
  8. サイクルトレインBBベースがスタート
  9. サプリメントを活用してパフォーマンスアップ
  10. インドアトレーニングにおすすめのサイクルトレーナー

人気記事

  1. 2018年版予算20万円で買えるロードバイク
  2. 平地と上りの苦手を克服するためのポイント
  3. トレンドはショートクランク?クランク長の選び方
  4. 冬場のオフトレーニングのすすめ
  5. 平地と上りそれぞれ苦手な人の傾向
  6. 平地が得意の人と苦手の人の特徴
  7. 上りが得意の人と苦手の人の特徴
  8. 骨盤の安定性と柔軟性がポイントクランク長の選び方
  9. ハンドルは握り方を意識すると走りが変わる
  10. 平地が苦手上りが苦手それは何故なのか
PAGE TOP
Translate »