注目の記事 PICK UP

飛行機輪行の時に抑えておきたいポイント

飛行機輪行で抑えておくべきポイント

飛行機輪行の時に抑えておきたいポイント
一度経験してしまえばなるほどこういうポイントを抑えておけばいいのねとわかる飛行機輪行ですが、遠方のロードバイクイベントに参加することになって初めて飛行機輪行をする事になった場合、どいうった所に注意すればいいのか何を準備すればいいのかわからない事が多いと思います。そろそろ夏本番で各地でサイクルイベントが頻繁に開催される時期です。遠方のサイクルイベントで飛行機輪行の利用を考えている方も多いのではないでしょうか。本記事では飛行機輪行で抑えておくべきポイントについて解説していきます。

飛行機輪行ではより慎重に愛車をパッキングする

電車やバスを利用する輪行では、輪行袋に入れたロードバイクを自分自身で運ぶ事が一般的ですが、遠方のサイクルイベントやレース等に参加するために飛行機輪行を利用する場合は、宅配で目的地までロードバイクを運んでもらったり、飛行機輪行で自分自身で運ぶ事になります。宅配も飛行機輪行も他の人に愛車を預けて運んでもらう事になるため、普段の輪行よりも丁寧にパッキングする事とより慎重な安全策が必要になります。他人による運搬で、ロードバイクに傷や破損が生じないかと不安を感じる方も多いと思います。そんな不安を解消するべく飛行機輪行に対応したバッグや箱を使用してロードバイクを輸送するためのパッキング方法と、輸送時や移動時のトラブルを回避するために必要な情報を確認していきましょう。

飛行機輪行では事前に受託荷物の確認をとる

飛行機輪行の場合、自宅から目的地までロードバイクと一緒に移動できますが、飛行機の搭乗手続きの際目的地の空港でロードバイクを受け取るまでは飛行機会社の方にロードバイクを預ける事になります。その時確認する事は、飛行機会社の受託荷物の条件の確認と、飛行機輪行で他人に預ける事になる愛車のパッキングの徹底が必要です。少し厄介なのは、自宅から空港と到着した空港から目的地までのロードバイクの運搬手段を手配しておかないといけない事です。

空港まで運搬する手段として考えられる方法

飛行機輪行は空港で他人に愛車を預ける事になるために丁寧なパッキングが必要である事の他に、自宅から空港までと目的地の空港から目的地までどうやってロードバイクを運搬していくかという事です。考えられるのは、経済的余裕があるなら自宅からタクシーや自家用車が一番安全にロードバイクを運搬できます。公共交通機関を利用する場合は電車やバスを利用することになります。その際も電車はきちんと輪行袋にロードバイクを収納していれば問題ありませんが、バスの場合バス会社によっては別途料金を取られる場合も考えられます。事前に利用するバス会社に問い合わせしておくとよいでしょう。目的地の空港に無事到着した時、目的地となる宿泊先までロードバイクを運搬する方法ですが、一番安全で楽な方法はタクシーを利用することです。事前に目的地周辺の公共交通機関を調べてあるなら電車やバスでの移動でも問題ないでしょう。空港から宿泊地まで近い場合は、空港でロードバイクを組み立てて自走で宿泊先まで向かうという方法もあります。

飛行機輪行用のバッグはどうするか

飛行機輪行用のバッグは大きいため、目的地に無事に到着できたら大きな荷物になってしまいます。帰りも飛行機輪行で帰る場合は、この大きな飛行機輪行用バッグをどこに収納、または預けておくかという事を考えておかないといけません。レースやイベントが終わるまで宿泊先で預かってもらえると一番楽です。宿泊先で預かってもらえない場合や、サイクルイベントによってはスタート地点とゴール地点が違うために、帰りは別の空港を利用して帰らないといけない場合も考えられます。その時は事前に空港まで移動する最寄りの電車の駅のコインロッカー等を利用して飛行機輪行用バッグ等大きな荷物を預けておく必要があります。

おすすめの飛行機輪行用バッグ

自身でロードバイクを持ち運ぶ事が多くなるなら、折りたためばある程度コンパクトになって持ち運びも簡単なソフトタイプのオーストリッチのOS-500がおすすめです。飛行機輪行では定番の輪行バッグで飛行機輪行の経験がある方なら多くの人が持っているバッグになります。おすすめのポイントは、軽量でコンパクトになるので自身で気軽に持ち運びができる上に、厚手で保護機能の点でも心配がないです。飛行機輪行の他にも宅配にも使う事が可能で、宅配の伝票を入れるポケットも付いています。
注意点としては自立が難しいので、パッキングする時は輪行バッグを支えながらロードバイクを収納する必要があります。移動中は電車の壁等に立て掛けておかないといけません。

OS-500でパッキングする時のポイント

OS-500にロードバイクを収納する時に抑えておきたいポイントを解説します。

小物は全て取り外しておく

普段の電車やバスの輪行でもそうですが、サイクルコンピュータやライト類等落下してしまう可能性のある小物は全て取り外しておきましょう。これは運搬中にサイクルコンピュータやライト類が破損してしまう可能性もあるためです。ボトルケージに挿しているボトルやツールケースも外しておくと安心です。OS-500にロードバイクに収納する時はペダルも外しておく必要があるので注意が必要です。

チェーンはアウタートップにしておく

チェーンはアウタートップにしておきましょう。これは普段の輪行の時と同じ要領になると思います。そして、前後輪を外したらクイックリリースは取り外しておきましょう。ホイールをOS-500に収納する時にクイックリリースの出っ張りが邪魔になり収納しずらくなります。

リピートタイラップを使って各部分を固定する

OS-500にロードバイクを収納する時に便利なアイテムが、リピートタイラップという何度も使えるタイラップです。このリピートタイラップを使ってSTIレバーを衝撃等で壊れないように固定したり、チェーンをシートステー側に引っ張ってテンションをかけて固定する等色々使い道があります。

エンド金具でフレームを保護する

フロントフォークエンド部分とリアエンド部分にエンド金具を装着してフレームを衝撃から保護しましょう。エンド金具のクイックレバーはフレームに沿うように締めて、リアはディレーラーとワイヤーを保護する角度にして取り付けましょう。新品のフレームに取り付けられているエンド保護用のプラスチックのエンドキャップをショップでもらえるようであれば、それで代用することもできます。

スプロケットカバーがあるとより安心

普段の輪行では使わない方も多いかもしれませんが、飛行機輪行では空港で一度他人に自分の愛車を預けるため、スプロケットカバーでスプロケットがフレームに当たって傷にならないように保護しておくとより安心できます。

タイヤの空気は抜いておく

飛行機輪行する時はタイヤの空気は抜いておきましょう。飛行機会社によってはタイヤの空気は完全に抜いて下さいと指示される会社もあります。これは高高度を飛行中に気圧が変化することでタイヤの破裂を防ぐためです。飛行機輪行する時はタイヤの空気を抜く事を忘れないようにしましょう。

空気圧ゲージ付きミニポンプを持参する

飛行機輪行でタイヤの空気を抜く必要があるため、必要となるのが空気圧ゲージ付きのポンプです。自宅で使うようなフロアポンプがあればベストですが、大きな荷物になってしまうので携帯タイプでエアゲージ付きのものを一つ持ち込んでおくと何かと便利です。空港から自走で宿泊先に行く時や宿泊先でロードバイクを組み立てる時も携帯のミニポンプでは正確な空気圧は測れませんし、8気圧近く入れるのもしんどい作業になります。エアゲージ付きの携帯ポンプならばポンピング回数は多くなりますが、フロアポンプのように力を入れてポンピングできるものもありますので用意しておくとよいと思います。

OS-500への収納方法

OS-500はロードバイクを逆さまにして収納します。ホイールはフレームを挟む形で左右に収納します。その時リアホイールのスプロケットは内側になるようにして収納します。フレームサイズによってはOS-500に収まらない時があります。その時はサドルを一度一番下まで下げてバッグに収まるようにしましょう。ロードバイクを組み立てる時にサドル高を元に戻すために、小さなメジャーかシートポストに小さな目印を付けておくと、後でロードバイクを組み立てる時に簡単に元のサドル高に戻す事ができます。

OS-500はフレームを収納する部分とホイールを収納する部分に仕切りがついています。フレームは中央に、ホイールはフレームを挟んで左右のポケットに収納しましょう。
最後に最初に外しておいた、サイクルコンピュータ、ライト類、クイックリリースといった小物類は全てOS-500のポケットに収納しておきましょう。心配な場合は手荷物のバッグの中に収納しておいても問題ありません。ただし、スプレータイプのケミカル類やチェーンオイルは機内持ち込み禁止です。CO2ボンベのカートリッジは容量50ml以下かつ4本までであれば持ち込み可能です。アーレンキーやペダルレンチ等の工具は機内持ち込み禁止です。基本受託荷物の中に収納しておきましょう。

輪行バッグOS-500の収納スペースに余裕があれば、シューズやサイクルウェア等を収納しておく事もできます。ただし、シューズのクリートやサイクルウェアのジッパーでロードバイクのフレームを傷付ける可能性があります。シューズやサイクルウェアをOS-500の中に一緒に収納する時は個々にプチプチのシートで梱包する等してロードバイクが傷つかないようにしましょう。ヘルメットは衝撃で傷む可能性があるので、機内に持ち込む手荷物のバッグに収納しておくようにしましょう。

他に抑えておくべきポイント

飛行機輪行する時は、荷物の大きさと重さで超過料金が決まります。事前に予行演習して輪行袋の重量を測って超過料金がかかるかどうかチェックしておきましょう。また、参加者が多いイベントでは空港で同じOS-500のバッグが複数荷物受け取りカウンターで、ベルトコンベアーに乗って運ばれてくる事もあります。そんな時のために自分のOS-500バッグだと分かる目印となるキーホルダー等を付けておくと他人のOS-500と間違う事なく荷物を受取る事ができます。

普通の輪行袋は持っていくべきか

イベントによっては、スタート地点が宿泊先から遠く輪行が必要になる場合もあります。大抵はイベントのスタート地点に宿泊先を手配する事が多いと思いますので必要になる場面は少ないですが、遠方のイベント参加は予期できない事が起きる事もあります。普通の輪行袋ならそんなに荷物になりませんから手荷物のバッグに輪行袋を入れておくと、万が一輪行が必要になった時に使用する事ができます。不要であればそのまま手荷物のバッグの中にしまっておけばいいだけなので、遠征で不安ならば普通の輪行袋も持っていきましょう。

飛行機会社ごとの飛行機輪行の規定

飛行機輪行の時は、国内線と国際線、利用する飛行機会社によってもロードバイクの飛行機輪行の受託荷物の規定が違います。ここでは日本航空(JAL)と全日空(ANA)とLCC(格安航空会社)の規定について確認していきましょう。

国内線の場合の規定

日本航空と全日空ともに、20kgまで無料で預け入れが可能です。20kg以上になると32kgが上限付きで超過料金が発生します。スポーツ用品は国内線の場合、手荷物の規定サイズに縛られません。手荷物の規定サイズは、日本航空は50cm×60cm×120cm、全日空は3辺の合計が203cm以内です。
注意しないといけないのはスポーツ用品は手荷物の規定サイズに縛られませんが、航空機の貨物室に搭載可能なスペースが無い場合断られる場合があります。こうなっては、空港で茫然自失状態になってしまいます。かなり稀なケースですが、その場合空港から宅配便を手配する必要があります。当日の航空機の貨物室の状況にもよりますが、規定サイズを超えるスポーツ用品を持ち込む旨を事前に航空会社に問い合わせておくことでこういった事態を回避できます。参加者が多いイベントでは特にロードバイクの飛行機輪行を利用する方が多いと思います。事前に航空会社に問い合わせておく事できちんとロードバイクを貨物室にあずけてもらえるように手配しておきましょう。

国際線の場合の規定

日本航空、全日空ともに23kgまで無料で預け入れが可能です。全日空ではスポーツ用品は国際線の規定サイズ3辺158cm以下を超えても、3辺合計292cm以下であればサイズ超過料金の適用はありません。ただし、事前にスポーツ用品を持ち込む事前連絡が必要です。日本航空では、3辺合計203cmを超えるものについては超過手荷物料金がかかり、行き先によって料金が異なります。注意が必要なのはコードシェア便です。海外の航空会社の規定に従って現地スタッフが対応する可能性もあるので、トラブルを避けるために日本の規定との違いを確認しておきましょう。

格安航空の場合の規定

格安航空会社(LCC)の多くの会社では、搭乗料金に手荷物料金は含まれず、移動区間と荷物の重さによって料金が異なります。チケットを購入する時に荷物の重さを決めておかなければいけません。大きな荷物や重い荷物がある時は格安航空会社を利用するメリットがない場合もありますので注意が必要です。

飛行機輪行では事前準備が大切

初めて飛行機輪行で遠征する時は、まずは利用する航空会社に問い合わせしてスポーツ用品を持ち込む事を連絡して、当日空港でロードバイクの持ち込みを拒否されないように飛行機の貨物室のスペースを確保してもらうようにしましょう。また、事前に航空会社に連絡することで本来超過料金が発生するサイズや重さなのに、超過料金が発生しない場合もあります。国内線、国際線問わず飛行機輪行する時は必ず航空会社に連絡しておく癖を付けておくと、色々なトラブルを回避できる事が多いです。

飛行機輪行ではロードバイクを破損させないように慎重に梱包する事も大切です。普段の輪行と違い一度他人に預ける事になりますので、自分の大切なロードバイクがどういう風に扱われるかわかりません。万が一破損してしまうことも考慮して保険に加入しておく事も検討しましょう。空港の手荷物を預けるカウンターで、従価料金保険の加入をお願いする事で輸送中万が一ロードバイクが破損してしまった場合もロードバイクの金額を補償してくれます。ロードバイクの車体の価格によりますが、保険金額は数百円です。数百円でロードバイクの破損の補償をしてくれるのなら安いと思いますので、従価料金保険に加入をしておくのはおすすめです。この手荷物にかける保険は航空会社各社によって違いがありますので、事前に航空会社へ問い合わせしておくことをおすすめします。

これから夏から秋にかけてサイクルイベントが各地で開催されます。
飛行機輪行のポイントを抑える事で、沖縄など離島で開催されるサイクルイベントにも参加できるようになり活動範囲が広がります。飛行機輪行することになった時には本記事を参考にしてみてください。

関連記事

  1. 摩擦円とは何か-コーナリング時のグリップ

    摩擦円とは何か-コーナリング時のグリップ

  2. コーナリングの動作を学ぶ-予測と判断

    コーナリングの動作を学ぶ-予測と判断

  3. 雨に降られた後にやるべきお掃除メンテナンス

    雨に降られた後にやるべきお掃除メンテナンス

  4. ブルベのルールアイキャッチ

    ブルベのルール

  5. 女性のためのロードバイクの選び方

    冬場のロードバイクのトレーニングについて考える

  6. 消耗品の交換時期を見極める

    消耗品の交換時期を見極める-ワイヤー編

  7. パールイズミのバックパック

    パールイズミがサイクリング用バックパックを発表

  8. ろんぐらいだぁす!ツーリングガイド

    ろんぐらいだぁす!ツーリングガイド4が3月27日発売

  9. Garmin EDGE 820J

    Garmin EDGE 820Jの基本設定アクティビティプロフィール

特集記事

  1. コーナリングの成否を決定づけるブレーキング コーナリングの成否を決定づけるブレーキング
  2. TCD IZMテーマアイキャッチ TCD IZMテーマにリニューアルしました
  3. 摩擦円とは何か-コーナリング時のグリップ 摩擦円とは何か-コーナリング時のグリップ
  4. ヘブンウィークブルベアイキャッチ AJ神奈川主催のヘブンウィークブルベ-イザベラ・バードBRM503
  5. ヒルクライム楽に登る正しいダンシング ヒルクライムを楽に登る正しいダンシング
  6. コーナリングに合わせたタイヤの空気圧セッティング コーナリングに合わせたタイヤの空気圧セッティング
  7. ロードバイクトレーニングの基礎の基礎 ロードバイクトレーニングの基礎の基礎
  8. WordPress(ワードプレス)アイキャッチ WordPressのリビジョンを削除・管理してデータベースを最適化するプラグイン…
  9. TCDのおすすめテーマ一覧 TCDのおすすめテーマ一覧
  10. サドルの位置によって使う脚の筋肉が変わる サドルの位置によって使う脚の筋肉が変わる

PICK UP記事

  1. Garmin EDGE 820J Garmin EDGE 820Jアクティビティデータ表示項目の設定
  2. ヘブンウィークブルベアイキャッチ AJ神奈川主催のヘブンウィークブルベ-イザベラ・バードBRM504
  3. ワイドレシオギアを入れて坂道を楽に登る方法アイキャッチ ワイドレシオギアを入れて坂道を楽に走る方法
  4. ピナレロ2018年ニューモデル発表会-GANシリーズ ピナレロ2018年ニューモデル発表会-GANシリーズ
  5. 飛行機輪行の時に抑えておきたいポイント 飛行機輪行の時に抑えておきたいポイント
  6. カーボンクリンチャーホイールの進化 カーボンクリンチャーホイールの進化
  7. ロードバイクにおすすめの小さめなサドルバッグ10選 ロードバイクにおすすめの小さめなサドルバッグ10選
  8. シマノアルテグラコンポーネント シマノアルテグラと105コンポーネント徹底比較
  9. eneloopアイキャッチ テールライトの電池をeneloopの充電池にした理由
  10. ロードバイクライフを始めるために必要なこと ロードバイクライフを始めるために必要なこと

おすすめ記事

  1. 短期間で鍛えるヒルクライム力-フィジカル編
  2. グランフォンドを完走するためのヒルクライムのテクニック
  3. ロードバイク乗車時の具体的な呼吸法とは何か
  4. コーナリング時に最適な荷重バランス-セーフティコーナリング
  5. AMP for WPプラグインでAMPエラー問題を解決
  6. 消耗品の交換時期を見極める-タイヤ編
  7. 女性のためのロードバイクの選び方
  8. 一瞬の判断で生死が分かれる-危険回避
  9. 新型アルテグラ8000系の情報がリーク
  10. ろんぐらいだぁす!聖地巡礼

Twitter

最近の記事

  1. PBP パリ・ブレスト・パリ
  2. ロードバイク初心者がビンディングペダルを使いこなすポイント
  3. シマノR8000新型アルテグラ徹底解剖
  4. ワールドサイクルのR250パーキングストッパー&チェーンフック試用レビュー
  5. ワールドサイクルのR250防水大型サドルバッグラージ試用レビュー
  6. 普段の走行で意識することでトラブルを回避するポイント
  7. サイクルイベント別参加する時に抑えるべきポイント
  8. サイクルイベントにこれから参加する人に向けての心構え
  9. ワールドサイクルのR250ドラム型フロントバッグ試用レビュー
  10. ワールドサイクルのR250フロントポーチラージ試用レビュー

人気記事

  1. ワールドサイクルのR250防水スマートライドポーチ試用レビュー
  2. ピナレロ2018年ニューモデル発表会-GANシリーズ
  3. ワールドサイクルのR250フロントポーチラージ試用レビュー
  4. コスパだけじゃないジャイアントのTCRシリーズの真価とは
  5. ブルベにおすすめのアルミクリンチャーホイール
  6. シマノR8000新型アルテグラ徹底解剖
  7. 40代からのロードバイク-40代から速く強くなる方法
  8. ヒルクライムを楽に登るハンドルの握り方とペダリング
  9. 自転車活用推進法でロードバイクは走りやすくなったのか
  10. 東京湾一周-一度はチャレンジしたいワンイチコース
PAGE TOP
Translate »