注目の記事 PICK UP

安全に曲がるためのブレーキセッティング

ブレーキセッティングで決まるコーナリング

安全に曲がるためのブレーキセッティング
ブレーキは制動能力だけではなく、ブレーキ操作を正確に伝えるセッティングも必要でどちらも安全で速いコーナリングには欠かせない要素です。機材にも気を配って今一度ブレーキのセッティングについて見直してみると良いでしょう。

ブレーキレバーの引き代について考える

同じ機材でもセッティングの如何で制動能力や制動フィーリングは大きく変わります。安全に速く曲がれるブレーキセッティングについて考えていきます。
まずは、追加のコストゼロで誰でも簡単に変更できるのが、ブレーキレバーのリーチのセッティングです。ブレーキのリーチとはブレーキレバーをどれだけ引けばブレーキがかかり始めるのかという意味です。
初心者によく見られるのは、ブレーキレバーを引き始めてすぐにブレーキがかかり始めるような浅いセッティングです。しかし、ベテランのライダーは、ブレーキレバーの引き代が大きく、手前まで引いた時に初めてブレーキが効き始めるような深いセッティングにしていることが多いです。その理由とは何なのでしょうか。
ブレーキレバーの引き代が浅いセッティングだと、指が伸びた状態、レバーが遠い状態でブレーキが効き始めてしまうので、微妙なコントロールがしづらいのです。握りこんだ状態の方が微妙な制動力のコントロールがしやすいですし、力を入れやすくなるのでレバーを強く握ることができます。レバーが動いたらすぐブレーキが効くようなカツンカツンのセッティングにしている人も多いですが、ブレーキレバーが遠いと力が入れづらいですし、微調整がしにくくいわゆるカックンブレーキになってしまうので、ベテランやプロのライダーは怖くて下りでブレーキをするのが怖いのです。

ブレーキの引き代の目安は

ブレーキの引き代の具体的な目安はどのくらいなのでしょうか。
ブレーキレバーを思い切り握った時に、ブレーキレバーとハンドルが当たらないくらいの引き代がいいでしょう。でも、ブレーキレバーのセッティングは無限にあるものです。ブレーキが効き始めるレバー位置を数mmずつ近くしながら何度も走り、自分にとって一番ブレーキングしやすいセッティングを探すしかありません。
最近のコンポーネントはブレーキレバーのリーチも調整できる機能が盛り込まれているので、色々なセッティングを試すことができます。ハンドルとブレーキレバーが近すぎると、ブレーキシューが減ってきた時にブレーキレバーがハンドルに当ってしまい、目一杯引けなくなってしまうので注意する必要があります。

ブレーキは1グレード上の物を使用する

最近はコンポーネントも進化して、グレード間の性能差はかなり近くなりエントリーグレードでもかなり品質が良くなってきました。それでもコンポーネントのグレード間には、素材や性能で差を付けていてブレーキキャリパーもグレードによって制動力に差があります。
単純にグレードの高いブレーキキャリパーが良く効くのでお勧めです。ブレーキキャリパーの制動能力の差は、疲労感の違いに如実に表れます。ディレーラー等はミドルグレードでも良いと思いますが、ブレーキキャリパーは一つ上のグレードに交換するとブレーキの制動力の差を体感できると思います。

良いブレーキキャリパーはコントロール性も良くなる

よくロードバイクのブレーキは止まるためではなく、スピードコントロールのためだと言われますが、スピードコントロールの良し悪しを語るのはよく止まるという基本性能があってからの話です。ブレーキアーチの剛性が低いと、ブレーキレバーからの入力がホイールに伝わらないので、コントロールも何もあったものではありません。効かないブレーキをスピードコントロール性がいいとうまく言い換える美辞麗句に惑わされてはいけません。
スピードコントロールは自分の頭と手でするものです。ブレーキキャリパーはきちんと効くものでなければなりません。止まるためではなく速度調整のためだと言われますが、ロードバイクで止まらなくていいなんてことはありえません。
公道を走る事が多い一般のライダーには、なおさら止まる能力が大切になります。下りのブレーキングで怖い思いをする人は、ブレーキキャリパーだけでもワンランク上のグレードに交換してみることをお勧めします。

ステムやハンドルもコーナリングに影響します

フレームやホイールは人によっては、適度にしなやかさがある方が好みという方もいますが、ステムやハンドル、フォークのコラム等、操作を加えるところは剛性が高くてしっかりしたものの方がブレーキングやコーナリング時は安定します。カーボンハンドルや軽量フォークの中には頼りない剛性のものもありますが、そのような機材で下りのコーナーを攻めるのはかなり怖い思いをすると思います。
コーナリングはライダーとロードバイクが一体となってこなしていくものです。乗り手の技術や意識や経験だけでなく、機材にも気を配って初めて最高のコーナリングが完成するのです。

十分な引き代のあるブレーキレバーセッティング

ブレーキレバーを引き始めてすぐにブレーキが効き出すのではなく、ブレーキレバーの引き代が大きくなるようにセッティングすると、力を入れやすくコントロールも容易になり、思い通りの減速が可能になります。ブレーキレバーの引き代のセッティングは、ブレーキキャリパーに固定されているワイヤーを緩めて、理想のブレーキレバーの引き代になる位置でワイヤーを再度固定することで調整できます。ブレーキワイヤーはシフトワイヤーに比べて丈夫に作られていますが、何度もワイヤーの固定を繰り返すとブレーキキャリパーに固定しているワイヤーの部分から断線してしまう可能性があります。自分で調整するのが不安な方はショップにお願いして調整してもらうと良いでしょう。

ハンドル周りは剛性を確保する

コーナリング中、ハンドル周りには想像以上にストレスがかかります。ハンドルやステムに剛性の高いものを選ぶと安定感が増し、操作がバイクに正確に伝わるようになります。

自転車は何故曲がるのか?-ロードバイクのコーナリング力学
ロードバイクが曲がるメカニズムロードバイクで曲がるということに意識をした方は少ないのではないでしょうか。オートバイクに乗っていた私からするとペダリングやパワートレーニングについては色々情報が溢れているのに、何故ロードバイクのコーナリングについては...

自転車は何故曲がるのか?ロードバイクのコーナリング力学の基本については上記の記事をご覧ください。

摩擦円とは何か-コーナリング時のグリップ
摩擦円とは何か自転車に限らず乗り物に乗っている人でも馴染みが薄いかもしれないこの摩擦円という理論。タイヤのグリップを語る上でこの摩擦円の理論を知っているかいないかでコーナリング時のタイヤのグリップが限界かどうかを判断できるかできないかに分かれてし...

コーナリング時のタイヤのグリップ摩擦円とは何か?については上記の記事をご覧ください。

コーナリング時に最適な荷重バランス-セーフティコーナリング
コーナリングに最適な荷重バランスを考える最も安全にコーナリングできるポジションは、前荷重なのでしょうか。それとも後荷重なのでしょうか。前後の荷重バランスからセーフティコーナリングを考えます。コーナリング中も前後の荷重バランスを考えるロードバイクの...

コーナリング時の最適な荷重バランスセーフティコーナリングについては上記の記事をご覧ください。

コーナリング時のライディングフォーム-フォームごとの特徴
横方向の重心移動を意識してバイクの傾きをコントロールロードバイクのコーナリングフォームには、オートバイと同じようにリーンウィズ、リーンイン、リーンアウトと3種類のフォームがあります。それぞれのフォームには特徴があり、使用するのに適した場面があります...

コーナリング時のライディングフォーム、フォームごとの特徴については上記の記事をご覧ください。

コーナリングの動作を学ぶ-予測と判断
コーナリングは予測と判断で決まる私たちはコーナリングする時、コーナーを目の前のしてどこを見て何を判断して、どんな予測しているのでしょうか。普段こんなことを考えてコーナリングしているわけではありませんが、よく考えるとコーナリングする時、頭では色々な...

コーナリングの動作時の予測と判断については上記の記事をご覧ください。

コーナリングの成否を決定づけるブレーキング
コーナリングの成否を決める重要なブレーキングコーナリングに進入する前の予測と判断に次いで、ブレーキングも非常に重要です。このブレーキングで安全に曲がれるか曲がれないかが決まります。減速までがきちんとできていれば、あとはラインに乗って曲がるだけにな...

コーナリングの成否を決定づけるブレーキングについては上記の記事をご覧ください。

コーナリング実践倒し込みから旋回立ち上がりまで
コーナリング実践倒し込みから旋回立ち上がりのポイントコーナリングは予測と判断そして制動でほぼ決まります。だからといってコーナリングの動作、倒し込みから旋回、立ち上がりが簡単というわけではありません。直立していたロードバイクを倒し、旋回し、また立て...

コーナリング実践倒し込みから旋回立ち上がりまでについては上記の記事をご覧ください。

一瞬の判断で生死が分かれる-危険回避
コーナリング中は危険は向こうからやってくるロードバイクが曲がる理論について理解して、コーナリング中はきちんとブレーキングして余裕のあるスピード域で安全にコーナリングに進入。ラインも安定していてコーナーの先をみつつコーナリング。コーナーの出口が見え...

一瞬の判断で生死が分かれる-危険回避については上記の記事をご覧ください。

コーナリングに合わせたタイヤの空気圧セッティング
コーナリングに理想のタイヤセッティングコーナーにおいて重要となるのがタイヤです。タイヤのグレードや空気圧のセッティングによってコーナリング時の挙動がかなり変わってきます。安全に曲がれるタイヤのセッティングとはどのようなセッティングか。最近のワイド...

コーナリングに合わせたタイヤの空気圧セッティングについては上記の記事をご覧ください。

関連記事

  1. KUREのMade For SPeedシリーズのケミカルが気になる存在に

    KUREのMade For Speedシリーズのケミカルの実力は如何に

  2. ロードバイクのおすすめヘルメットブランド

    カーマー(karmor)-リアルアジアンフィットのキノコ頭にならないヘルメット

  3. サイクルイベント別参加する時に抑えるべきポイント

    サイクルイベント別参加する時に抑えるべきポイント

  4. SPD-SLクリート調整アイキャッチ

    SPD-SLシューズのクリート位置の調整をする

  5. 短期間で鍛えるヒルクライム力-フィジカル編

    短期間で鍛えるヒルクライム力-フィジカル編

  6. グランフォンドとは何か-人気の高まる山岳ロングライド

    グランフォンドとは何か-人気の高まる山岳ロングライド

  7. バイクパッキングフレームバッグアイキャッチ

    バイクパッキング-フレームバッグの選び方

  8. コーナリング時に最適な荷重バランス-セーフティコーナリング

    コーナリング時に最適な荷重バランス-セーフティコーナリング

  9. シマノR8000新型アルテグラ徹底解剖

    シマノから新型アルテグラR8000系を発表

特集記事

  1. 3つ目のボトルケージ ELITE VIPボトルケージクリップ ブルベの装備-ロードバイク初心者が辿り着いたブルベ用装備
  2. 40代からのロードバイク-加齢について考える 40代からのロードバイク-加齢について考える
  3. 一瞬の判断で生死が分かれる-危険回避 一瞬の判断で生死が分かれる-危険回避
  4. ブルベにエントリーするアイキャッチ ブルベにエントリーする
  5. バイクパッキング大型サドルバッグアイキャッチ バイクパッキング大型サドルバッグの選び方
  6. WordPressにおける投稿ページと固定ページの違い WordPressにおける投稿ページと固定ページの違い
  7. ロードバイク目的別おすすめクリンチャータイヤ ロードバイク目的別おすすめクリンチャータイヤ
  8. コーナリングに合わせたタイヤの空気圧セッティング コーナリングに合わせたタイヤの空気圧セッティング
  9. ワールドサイクルのR250フロントポーチラージ試用レビュー ワールドサイクルのR250フロントポーチラージ試用レビュー
  10. WordPressをインストールしたら最初に入れるプラグインアイキャッチ WordPressをインストールしたら最初に入れるプラグイン

PICK UP記事

  1. ブルベ用サイクルウェアアイキャッチ ブルベ用のサイクルウェアを考える
  2. グランフォンドを完走するためのポイント グランフォンドを完走するためのポイント
  3. 消耗品の交換時期を見極める 消耗品の交換時期を見極める-駆動系編
  4. コーナリングに合わせたタイヤの空気圧セッティング コーナリングに合わせたタイヤの空気圧セッティング
  5. ろんぐらいだぁす!ツーリングガイド ろんぐらいだぁす!ツーリングガイド4が3月27日発売
  6. 40代からのロードバイク-体力の低下に向き合う 40代からのロードバイク-体力の低下に向き合う
  7. 東レがカーボンを値上げ来年モデルの価格に影響か フロントディレーラーの調整-ロードバイク初心者脱出メンテナンス
  8. ペダリングトレーニング最終奥義ハイパワーペダリング ペダリングトレーニング最終奥義ハイパワーペダリング
  9. 女性のためのロードバイクの選び方 女性のためのロードバイクの選び方
  10. ロードバイク初心者が最初に変えるべきパーツとは何か 尾根幹周辺の坂コース-ロードバイク乗りのトレーニングコース

おすすめ記事

  1. グランフォンドとは何か-人気の高まる山岳ロングライド
  2. AMP for WPプラグインでAMPエラー問題を解決
  3. カラーパーツでロードバイクをカスタムして個性を強調
  4. 3つ目のボトルケージ ELITE VIPボトルケージクリップ
  5. ロードバイクトレーニングの基礎の基礎
  6. グランフォンドを完走するためのヒルクライムのテクニック
  7. ブルベ用サイクルウェアアイキャッチ
  8. ミドルグレードのカーボンクリンチャーホイール
  9. ロードバイク乗車時の具体的な呼吸法とは何か
  10. 短期間で鍛えるヒルクライム力-機材編

Twitter

最近の記事

  1. PBP パリ・ブレスト・パリ
  2. ロードバイク初心者がビンディングペダルを使いこなすポイント
  3. シマノR8000新型アルテグラ徹底解剖
  4. ワールドサイクルのR250パーキングストッパー&チェーンフック試用レビュー
  5. ワールドサイクルのR250防水大型サドルバッグラージ試用レビュー
  6. 普段の走行で意識することでトラブルを回避するポイント
  7. サイクルイベント別参加する時に抑えるべきポイント
  8. サイクルイベントにこれから参加する人に向けての心構え
  9. ワールドサイクルのR250ドラム型フロントバッグ試用レビュー
  10. ワールドサイクルのR250フロントポーチラージ試用レビュー

人気記事

  1. ワールドサイクルのR250防水スマートライドポーチ試用レビュー
  2. ピナレロ2018年ニューモデル発表会-GANシリーズ
  3. ワールドサイクルのR250フロントポーチラージ試用レビュー
  4. コスパだけじゃないジャイアントのTCRシリーズの真価とは
  5. ブルベにおすすめのアルミクリンチャーホイール
  6. シマノR8000新型アルテグラ徹底解剖
  7. 40代からのロードバイク-40代から速く強くなる方法
  8. ヒルクライムを楽に登るハンドルの握り方とペダリング
  9. 自転車活用推進法でロードバイクは走りやすくなったのか
  10. 東京湾一周-一度はチャレンジしたいワンイチコース
PAGE TOP
Translate »