注目の記事 PICK UP

コーナリングの動作を学ぶ-予測と判断

コーナリングは予測と判断で決まる

コーナリングの動作を学ぶ-予測と判断
私たちはコーナリングする時、コーナーを目の前のしてどこを見て何を判断して、どんな予測しているのでしょうか。普段こんなことを考えてコーナリングしているわけではありませんが、よく考えるとコーナリングする時、頭では色々なことを考え一瞬で判断し行動に移しています。ここであらためてコーナリングする時にどのような予測をして、そして判断しているのかを考えて行きたいと思います。

コーナー直前には判断する要素がたくさんあります

コーナリング実践の第一段階は予測と判断です。コーナー手前のブレーキングまでです。まだコーナリングに入る前じゃないかと思う方も多いと思いますが、予測と判断が一番大切です。
コーナー手前で予測と判断することは、コーナリングの最後まで影響する重要なポイントです。

  • コーナーのアールはどのくらいか
  • 路面状況はどういう状況なのか
  • コーナーの先はどうなっているのか
  • どこからどれだけブレーキングすればいいのか
  • どういうラインで入ればいいのか
  • どれだけシフトダウンすればいいのか

そういうことを予測した上で、コーナーを安全に曲がるために行動も一瞬で判断しないといけません。また、予測と判断はコーナーに入る手前、ロードバイクがまだ寝る前に全て終わらせておくということが大原則になります。いったんコーナーに入ってしまえば、コーナリングの状態を変更することは難しいです。

コーナーに入る前に前方の状況を見て判断する

コーナーに入る前、私達は

  • コーナーのアール
  • 路面状況(グレーチング・落ち葉・浮き砂の有無・舗装の状況・路面が濡れているかどうか)
  • 周囲の状況(対向車・歩行者の有無)
  • カーブミラーや看板
  • 走行ラインの確認

これらの要素を見て判断し、コーナー出口の状況を予想して必要な分だけシフトダウンし、ブレーキングポイントと減速率を決める、という膨大な量の情報処理を行っています。
要するに、コーナリングにおいて予測と判断の重要度が意外にも高いということであり、そこでコーナリングの差が出やすいということでもあります。
予測と判断は思った以上に重要で、思った以上に難しいことです。当然ですが、初めて走るコースは予測の精度が落ちるので、飛ばさないことが基本となります。コーナーの途中で何かあっても回避できるスピードまで落としましょう。初心者であれば、知らないコーナーでは限界と思われるスピードの半分ほどに抑えた方がいいでしょう。

危険箇所を確認しつつコーナー出口を見る

コーナーの手前ではどこを見るべきなのでしょうか。コーナーの全体を見ます。もちろん路面状況を確認するために一瞬路面を見ますが、凝視してはいけません。全体を見ながら、判断が必要な場所を確認します。長いコーナーでは、回っているうちに進入時には見えていなかった場所が見えてくるので、コーナリング中にもう一度全体を確認して危険箇所を探します。カーブミラー等もしっかりチェックします。コーナー全体を確認して危険なものを発見して判断しつつ、行きたい方向を見ることが大切です。人間は行きたくない方向を見てしまいがちですが、見た方向に行ってしまうものです。危険箇所を確認したら、すぐにコーナーの出口を見るようにしましょう。

必ずしもアウトインアウトが最速ではない

公道では、コーナーのアールに沿って走ることが基本です。ラインが自由にとれるサーキット等ではアウトインアウトだと思っている人も多いと思いますが、自転車の場合はそうとも限りません。狭いコースではスピードを殺さずにすむアウトインアウトですが、サーキットのように道幅が広いところでは、アウトインアウトだと走りにムダが出てしまうことも多いからです。自転車は車より速度域が低いので、ミドルインミドルで事足りる場合も多いのです。自転車の場合、アールが大きいコーナーならインベタのほうが速いこともあります。状況ごとに正しい判断が必要になります。

ブラインドコーナーでは細心の注意を

左側に山肌がある左コーナーなど、峠にはブラインドコーナーも多いです。見通しの悪いコーナーではどんな予測をしているのでしょうか。ブラインドコーナーでは、左側ギリギリを走らないということを心がけましょう。もちろん自転車はキープレフトが基本です。でも路面の左端に何があるかわかりません。側溝があるかもしれませんし、砂利が浮いているかもしれません。落石があるかもしれません。歩行者がいるかもしれません。路上駐車の車がいるかもしれません。膨らみすぎてもいけませんが、もし何かあっても回避できるように心の準備はしておきましょう。

コーナーの入り口までにシフトダウンしておく

シフトダウンはコーナー手前で済ませておく必要があります。コーナー出口、ペダリングを再開する場所の状況にもよりますが、基本的にはコーナー入り口で2段くらいシフトダウンしておきましょう。自転車の場合は、例え下りでもコーナー入口より出口の方がスピードが上がっているということはほとんどありません。

前日の天候や季節要因も頭に入れておく

目の前にあるものだけを見て、行き当たりばったりで判断するだけではありません。前日の天候や季節要因等も頭に入れておくことは大切です。例えば、前日に強風が吹いたら枯れ葉が路面に落ちているかもしれません。雨上がりであれば砂利が路面に浮いている可能性が高いです。秋などは吹きだまりに落ち葉が積もっていることが考えられます。冬ならコーナーを曲がったところが凍っているかもしれません。特に峠道ではそういった影響が出やすいので注意が必要です。

直線部分でブレーキングは終わらせる

公道であれば、急減速をしなくても済むような場所から余裕のあるブレーキングを始め、直線部分でブレーキングを終わらせます。ブレーキングとコーナリングをオーバーラップさせないことが原則になります。

自転車は何故曲がるのか?-ロードバイクのコーナリング力学
ロードバイクで曲がるということを意識した方は少ないのではないでしょうか。ロードバイクも二輪車なのでコーナリングには技術が必要です。コーナリングの理論の中でもコーナリング中の力学について解説します。

自転車は何故曲がるのか?ロードバイクのコーナリング力学の基本については上記の記事をご覧ください。

摩擦円とは何か-コーナリング時のグリップ
ロードバイクのコーナリング時に考えないといけないのがタイヤのグリップの限界値です。専門用語で摩擦円と表現されますがこの摩擦円の理論を理解するとコーナリング時のタイヤのグリップを理解することができます。

コーナリング時のタイヤのグリップ摩擦円とは何か?については上記の記事をご覧ください。

コーナリング時に最適な荷重バランス-セーフティコーナリング
ロードバイクでコーナリングする時の最適な荷重バランスは?前荷重なのかそれとも後ろ荷重なのか。前後の荷重バランスからコーナリング時の最適な荷重バランスを考えます。

コーナリング時の最適な荷重バランスセーフティコーナリングについては上記の記事をご覧ください。

コーナリング時のライディングフォーム-フォームごとの特徴
ロードバイクにもオートバイと同じように3種類のコーナリングフォームがあります。リーンウィズ・リーンイン・リーンアウト。どのフォームがロードバイクのコーナリングに適しているのかその理由を解説します。

コーナリング時のライディングフォーム、フォームごとの特徴については上記の記事をご覧ください。

コーナリングの成否を決定づけるブレーキング
ブレーキングはコーナリング時に非常に重要な要素です。オーバースピードで入ってしまうと曲がりきれませんし減速しすぎると立ち上がりにパワーを使います。コーナー進入時に正確にブレーキングする判断について解説します。

コーナリングの成否を決定づけるブレーキングについては上記の記事をご覧ください。

関連記事

  1. グランフォンドとは何か-人気の高まる山岳ロングライド

    グランフォンドとは何か-人気の高まる山岳ロングライド

  2. Garmin EDGE 820J

    Garmin EDGE 820Jに海外の地図を入れて海外ブルベに使う方法

  3. 東京湾一周-一度はチャレンジしたいワンイチコース

    東京湾一周-一度はチャレンジしたいワンイチコース

  4. ピナレロ2018年ニューモデル発表会-GANシリーズ

    ピナレロ2018年ニューモデル発表会-GANシリーズ

  5. ろんぐらいだぁす!の高宮 紗希はパリ・ブレスト・パリを完走できるのか

    ろんぐらいだぁす!の高宮 紗希はパリ・ブレスト・パリを完走できるのか

  6. ろんぐらいだぁす!聖地巡礼

    ろんぐらいだぁす!聖地巡礼-浦賀から片瀬江ノ島コース

  7. 都民の森ヒルクライム

    都民の森-ロードバイク乗り人気の峠

  8. コーナリング時のライディングフォーム-フォームごとの特徴

    コーナリング時のライディングフォーム-フォームごとの特徴

  9. 女性のためのロードバイクの選び方

    女性のためのロードバイクウェアの選び方

特集記事

  1. ギアチェンジする時はケイデンスを意識する事で無駄がなくなる ロードバイク目的別おすすめクリンチャータイヤ
  2. ワールドサイクルのR250防水スマートライドポーチDX試用レビュー ワールドサイクルのR250防水スマートライドポーチDX試用レビュー
  3. ロードバイク初心者の100kmロングライド-休憩のポイント ロードバイク初心者の100kmロングライド-休憩のポイント
  4. 一瞬の判断で生死が分かれる-危険回避 一瞬の判断で生死が分かれる-危険回避
  5. コーナリング時に最適な荷重バランス-セーフティコーナリング コーナリング時に最適な荷重バランス-セーフティコーナリング
  6. ペダリング時の筋肉の働きを理解して意識することで変わる ペダリング時の筋肉の働きを理解して意識することで変わる
  7. Garmin EDGE 820J Garmin EDGE 820Jに海外の地図を入れて海外ブルベに使う方法
  8. TCD IZMテーマアイキャッチ TCD IZMテーマにリニューアルしました
  9. PBP パリ・ブレスト・パリ PBP ブルベの最高峰パリ・ブレスト・パリ
  10. ロードバイク初心者の100kmロングライド-暑さ対策のポイント ロードバイク初心者の100kmロングライド-暑さ対策のポイント

PICK UP記事

  1. ブルベにおすすめのアルミクリンチャーホイール ブルベにおすすめのアルミクリンチャーホイール
  2. ワールドサイクルのR250パーキングストッパー&チェーンフック試用レビュー ワールドサイクルのR250パーキングストッパー&チェーンフック試用レビュー
  3. Garmin EDGE 820J Garmin EDGE 820Jの基本設定アクティビティプロフィール
  4. ブルベやロングライドにおすすめのロードバイク ブルベやロングライドにおすすめのロードバイク
  5. ピナレロ2018年ニューモデルモデル発表会-DOGMAF10 ピナレロ2018年ニューモデル発表会-DOGMAF10
  6. ロードバイク用度付き対応のスポーツアイウェア ロードバイクウェアのおすすめブランド
  7. ペダリング動作を正確に行う神経トレーニング ペダリング動作を正確に行う神経トレーニング
  8. ロードバイクのエアロフォーム ロードバイクのメンテナンス時にやっておきたいアップグレード
  9. ペダリングトレーニング最終奥義ハイパワーペダリング ペダリングトレーニング最終奥義ハイパワーペダリング
  10. ブルベエントリー情報一覧6月開催アイキャッチ ブルベに参加する時に最低限必要な装備

おすすめ記事

  1. ろんぐらいだぁす!聖地巡礼
  2. ろんぐらいだぁす!ツーリングガイド
  3. 女性のためのロードバイクの選び方
  4. 摩擦円とは何か-コーナリング時のグリップ
  5. TCD IZMテーマアイキャッチ
  6. Garmin EDGE 820J
  7. コーナリング時のライディングフォーム-フォームごとの特徴
  8. サドルの位置によって使う脚の筋肉が変わる
  9. サイクルイベント別参加する時に抑えるべきポイント
  10. ロードバイクライフを始めるために必要なこと

Twitter

最近の記事

  1. ピレリからロードバイク用クリンチャータイヤが新発売
  2. PBP パリ・ブレスト・パリ
  3. ワールドサイクルのR250防水スマートライドポーチDX試用レビュー
  4. ワールドサイクルのR250サイクル反射ベスト試用レビュー
  5. ワールドサイクルのR250おにぎりリフレクター試用レビュー
  6. 保冷効果が長いおすすめの保冷ボトル
  7. デキるローディのUVケア-春から秋にかけての紫外線対策
  8. ロードバイク初心者の100kmロングライド-暑さ対策のポイント
  9. ロードバイク初心者の100kmロングライド-装備と持ち物
  10. ロードバイク初心者の100kmロングライド-補給のポイント

人気記事

  1. ワールドサイクルのR250サイクル反射ベスト試用レビュー
  2. ワールドサイクルのR250おにぎりリフレクター試用レビュー
  3. シマノR8000新型アルテグラ徹底解剖
  4. ワールドサイクルのR250防水大型サドルバッグラージ試用レビュー
  5. ロードバイク初心者がビンディングペダルを使いこなすポイント
  6. PBP パリ・ブレスト・パリ
  7. ワールドサイクルのR250パーキングストッパー&チェーンフック試用レビュー
  8. ロードバイク初心者の100kmロングライド-フォームとペース管理
  9. 普段の走行で意識することでトラブルを回避するポイント
  10. ロードバイクは恥骨で座ると安定する
PAGE TOP
Translate »