注目の記事 PICK UP

コーナリングの成否を決定づけるブレーキング

コーナリングの成否を決める重要なブレーキング

コーナリングの成否を決定づけるブレーキング
コーナリングに進入する前の予測と判断に次いで、ブレーキングも非常に重要です。このブレーキングで安全に曲がれるか曲がれないかが決まります。減速までがきちんとできていれば、あとはラインに乗って曲がるだけになります。
しかし、実際にはどこまで減速すればいいのでしょうか。スピードを落とせば落とすほど安全にはなりますが、それではつまりません。速すぎす遅すぎない速度の見極め方とは?
コーナーを安全に曲がれる速度の見極めは、色々なことが冷静に判断できるスピードです。予測と判断が余裕を持ってできるような速度まで減速しましょう。その速度を超えてしまうと、路面を見ること等で一杯一杯になってしまい、他のものが視界と意識から消えてしまいます。

コーナリングの動作を学ぶ-予測と判断
コーナリングの理論を理解したら次は実際にコーナリングの動作について実践していきます。コーナリング時には一瞬で予測と判断が要求されます。その予測と判断についてもう一度見直してみます。

コーナリング時の予測と判断についての記事は上記をご覧ください。

公道とサーキットでは速度も判断基準も変わる

もちろん、公道とサーキットでは話は変わってきます。
サーキットは路面状況が急変することも何かが飛び出してくることもないので、路面だけ確認できる速度でも問題ないでしょう。でも公道では危険回避やコーナリングラインの変更、さらに減速が無理なくできる速度まで落とすべきでしょう。
体の動作としては、減速は一瞬ブレーキレーバーを握るだけです。しかし、頭の中はフル回転しています。何にしても、自分の能力や状況が正しく判断できる冷静な心を持つことが重要です。

サーキットでのブレーキング

公道では急減速はできるだけ避けることが基本ですが、サーキットであればコーナー直前でガツンとブレーキをかけて、一気に減速したほうがタイム的には速いことが多いです。でも、集団の中にいる場合は急減速は厳禁です。当然ですが、後続のグループに迷惑をかけたり集団落車の危険が及びます。

ブレーキング時は後ろ荷重で安定させる

急ブレーキをかけると前転しそうになります。荷重が前側に移動するためです。ブレーキング時は後輪の荷重が抜けてロックしやすくなります。それを防ぐためには腰を後ろに引いて後輪に荷重をかけてあげましょう。そうすれば急制動でも安定します。また、制動の強さによって腰を引く範囲は変わります。ブレーキングの強さがスピードコントロール程度であればサドルの上で腰を少しずらすくらいで大丈夫ですが、急制動の場合はお尻がサドルから落ちるくらいまで腰を引きましょう。

ブレーキングが終わったらリラックスする

スポーツにおいて脱力は重要な要素です。自転車のブレーキングも同じです。ブレーキングは上半身が力んでしまいやすい動作です。ブレーキレバーを強く握らなければいけませんし、減速Gに耐えるために腕にも力が入ってしまいます。ブレーキングを終えた瞬間にフーッと息を吐き、上半身の力を抜いてリラックスさせると、体の動きがスムーズになって、コーナリング中も柔らかく動けるようになります。峠の下りのコーナーが連続するような所では、力んだまま下るのとブレーキング後にリラックスしながら下るのとでは、かなりの違いが出ます。

ブレーキングを終えたら元のフォームに戻す

ブレーキングを終えたら、通常のフォーム前後の荷重バランス前4:後6に戻してから旋回動作に入りましょう。ブレーキング中は腰を後ろに引きますが、コーナリング中はバイクの真ん中に乗って、前輪と後輪に荷重をしっかりとかけることが大事です。下りでは腰を後ろに大きく引いている人や、ハンドルにしがみついている人をよく見かけますが、前荷重や後ろ荷重のまま曲がるとタイヤのグリップを引き出せません。コーナリング中は普通のフォームが速くて安全です。
プロの選手は良くトップチューブにまたがったクラウチングスタイルでダウンヒルを行う場面をテレビで見ることもあると思いますが、あれは素人は真似するととても危険です。プロもコーナリングに進入するときは素早く通常のフォームに戻ってしっかりコーナリングできる速度まで減速しています。素人が真似するとコーナリング進入時にブレーキングや安全な速度域まで減速できずオーバースピードになってしまう可能性があります。決して真似しないように注意してほしいと思います。

何があっても対処できるスピードまで落とす

コーナーに入る前の直線部分、ロードバイクが直立している状態で減速が終わるようにブレーキングをかけ始めることが基本となります。バンクとブレーキングはオーバーラップさせないことが重要です。雨だと制動距離が延びるので、路面のコンディションも考慮に入れておきましょう。また、公道では急減速を避けて、一定の減速率で徐々にスピードを落とすようなブレーキングをしましょう。自分やロードバイクに負担がかかりませんし、もし後続者がいたとしても迷惑をかけずに済みます。ジワーッと減速して、曲がっている途中に何があっても大丈夫くらいの余裕があるスピードまで落とす。これが公道でのコーナリングの基本になります。

機材の制動能力を把握しておきましょう

機材によってもブレーキングポイントは変わります。同じロードバイクでもディスクブレーキのロードバイクとカーボンリムのモデルではブレーキの効きに差があり、同じアルミリムでも特殊処理を施したリムと通常のリムでもブレーキの効き具合に差があります。だから自分の機材の減速能力の上限を知っておくことはとても大事です。安全な場所で様々なスピードでハードブレーキングをしてみて、自分の機材がどういう減速特性を持っているのかを把握しておくようにしましょう。

自転車は何故曲がるのか?-ロードバイクのコーナリング力学
ロードバイクで曲がるということを意識した方は少ないのではないでしょうか。ロードバイクも二輪車なのでコーナリングには技術が必要です。コーナリングの理論の中でもコーナリング中の力学について解説します。

自転車は何故曲がるのか?ロードバイクのコーナリング力学の基本については上記の記事をご覧ください。

摩擦円とは何か-コーナリング時のグリップ
ロードバイクのコーナリング時に考えないといけないのがタイヤのグリップの限界値です。専門用語で摩擦円と表現されますがこの摩擦円の理論を理解するとコーナリング時のタイヤのグリップを理解することができます。

コーナリング時のタイヤのグリップ摩擦円とは何か?については上記の記事をご覧ください。

コーナリング時に最適な荷重バランス-セーフティコーナリング
ロードバイクでコーナリングする時の最適な荷重バランスは?前荷重なのかそれとも後ろ荷重なのか。前後の荷重バランスからコーナリング時の最適な荷重バランスを考えます。

コーナリング時の最適な荷重バランスセーフティコーナリングについては上記の記事をご覧ください。

コーナリング時のライディングフォーム-フォームごとの特徴
ロードバイクにもオートバイと同じように3種類のコーナリングフォームがあります。リーンウィズ・リーンイン・リーンアウト。どのフォームがロードバイクのコーナリングに適しているのかその理由を解説します。

コーナリング時のライディングフォーム、フォームごとの特徴については上記の記事をご覧ください。

コーナリング実践倒し込みから旋回立ち上がりまで
コーナリングの実践です。ブレーキングを終えたらコーナーに向けてロードバイクを倒しこんで旋回していきます。正しい旋回フォームやコーナーからの立ち上がり時に注意することを解説します。

コーナリング実践倒し込みから旋回立ち上がりまでについては上記の記事をご覧ください。

関連記事

  1. ロードバイクライフを始めるために必要なこと

    ロードバイク初心者に最低限必要な装備

  2. ロードバイクトレーニングの基礎の基礎

    ロードバイクトレーニングの基礎の基礎

  3. ロードバイク乗車時の具体的な呼吸法とは何か

    おすすめロードバイクプロショップ-新宿周辺

  4. ELITE ARION MAG3本ローラー

    ELITE ARION MAG 負荷付き3本ローラーのメリットとデメリット

  5. ロードバイクにおすすめの小さめなサドルバッグ10選

    ロードバイクにおすすめの小さめなサドルバッグ10選

  6. サイクルイベント別参加する時に抑えるべきポイント

    サイクルイベント別参加する時に抑えるべきポイント

  7. 消耗品の交換時期を見極める-タイヤ編

    9070系デュラエースと6870アルテグラでシンクロシフト実装へ

  8. ロードバイクのおすすめヘルメットブランド

    ロードバイクのおすすめヘルメットブランド

  9. カーマーからフラッグシップモデルDITROが登場

特集記事

  1. バイクパッキングフレームバッグアイキャッチ バイクパッキング-フレームバッグの選び方
  2. 短期間で鍛えるヒルクライム力-機材編 短期間で鍛えるヒルクライム力-機材編
  3. AMP for WPプラグインでAMPエラー問題を解決 AMP for WPプラグインでAMPエラー問題を解決
  4. 短期間で鍛えるヒルクライム力-食事コンディション編 短期間で鍛えるヒルクライム力-食事コンディション編
  5. ワールドサイクルのR250おにぎりリフレクター試用レビュー ワールドサイクルのR250おにぎりリフレクター試用レビュー
  6. ロードバイク初心者の100kmロングライド-補給のポイント ロードバイク初心者の100kmロングライド-補給のポイント
  7. ブルベにエントリーするアイキャッチ ブルベにエントリーする
  8. コーナリングに合わせたタイヤの空気圧セッティング コーナリングに合わせたタイヤの空気圧セッティング
  9. ロードバイクのポジションの考え方 ロードバイクのポジションの考え方
  10. 3つ目のボトルケージ ELITE VIPボトルケージクリップ ブルベの装備-ロードバイク初心者が辿り着いたブルベ用装備

PICK UP記事

  1. 一瞬の判断で生死が分かれる-危険回避 一瞬の判断で生死が分かれる-危険回避
  2. ロードバイクのエアロフォーム 尾根幹線コース-ロードバイク乗りのトレーニングコース
  3. ワールドサイクルのR250サイクル反射ベスト試用レビュー ワールドサイクルのR250サイクル反射ベスト試用レビュー
  4. ろんぐらいだぁす!ツーリングガイド ろんぐらいだぁす!ツーリングガイド4が3月27日発売
  5. 携帯ポンプ一挙徹底比較 携帯ポンプ一挙徹底比較
  6. ロードバイク初心者の100kmロングライド-休憩のポイント ロードバイク初心者の100kmロングライド-休憩のポイント
  7. ELITE ARION MAG3本ローラー 5ヶ月間3本ローラーでトレーニングした効果
  8. ブルベ用サイクルウェアアイキャッチ ブルベ用のサイクルウェアを考える
  9. ロードバイク初心者の100kmロングライド-コースの選び方 ロードバイク初心者の100kmロングライド-コースの選び方
  10. 3つ目のボトルケージ ELITE VIPボトルケージクリップ ブルベの装備-ロードバイク初心者が辿り着いたブルベ用装備

おすすめ記事

  1. デキるローディのUVケア-春から秋にかけての紫外線対策
  2. ロードバイクにおすすめの小さめなサドルバッグ10選
  3. ブルベでの補給と休憩の仕方を考える
  4. 自転車は何故曲がるのか?-ロードバイクのコーナリング力学
  5. フィジークのスパインコンセプトエボアプリで適正サドル探す
  6. 修善寺伊豆急下田-サイクルスポーツ聖地の旅コース
  7. 東レがカーボンを値上げ来年モデルの価格に影響か
  8. 雨に降られた後にやるべきお掃除メンテナンス
  9. 3つ目のボトルケージ ELITE VIPボトルケージクリップ
  10. EN1150規格をクリアしたブルベに最適な反射ベスト

Twitter

最近の記事

  1. ピレリからロードバイク用クリンチャータイヤが新発売
  2. PBP パリ・ブレスト・パリ
  3. ワールドサイクルのR250防水スマートライドポーチDX試用レビュー
  4. ワールドサイクルのR250サイクル反射ベスト試用レビュー
  5. ワールドサイクルのR250おにぎりリフレクター試用レビュー
  6. 保冷効果が長いおすすめの保冷ボトル
  7. デキるローディのUVケア-春から秋にかけての紫外線対策
  8. ロードバイク初心者の100kmロングライド-暑さ対策のポイント
  9. ロードバイク初心者の100kmロングライド-装備と持ち物
  10. ロードバイク初心者の100kmロングライド-補給のポイント

人気記事

  1. ワールドサイクルのR250サイクル反射ベスト試用レビュー
  2. ワールドサイクルのR250おにぎりリフレクター試用レビュー
  3. シマノR8000新型アルテグラ徹底解剖
  4. ワールドサイクルのR250防水大型サドルバッグラージ試用レビュー
  5. ロードバイク初心者がビンディングペダルを使いこなすポイント
  6. PBP パリ・ブレスト・パリ
  7. ワールドサイクルのR250パーキングストッパー&チェーンフック試用レビュー
  8. ロードバイク初心者の100kmロングライド-フォームとペース管理
  9. 普段の走行で意識することでトラブルを回避するポイント
  10. ロードバイクは恥骨で座ると安定する
PAGE TOP
Translate »