注目の記事 PICK UP

クランク長のセルフチェックとクランク交換のQ&A

スマホで動画撮影してペダリングを確認する

クランク長のセルフチェックとクランク交換のQ&A
クランク長が自分に合っているのかをセルフチェックする一番簡単な方法は、仲間と一緒に走って、フォームとペダリングを見てもらうことです。仲間に後ろを走ってもらい、骨盤がグラグラと左右に動いていないかどうか、膝の軌道がまっすぐかどうかチェックしてもらいます。また、ローラー台でペダリングをして、それを前後左右からスマホで動画撮影すれば、自分で自分のペダリングをチェックすることもできます。

セルフチェックするときのポイント

ローラー台を使ってペダリングをスマホで動画撮影してセルフチェックするときのポイントは

  • 後ろから見たときに骨盤が左右にグラついていないか
  • 前から見たときに上死点で膝が左右に逃げていないか
  • 横から見たときにお尻が跳ねていないか
  • 上死点で踵が落ちていないか

の4点をチェックすることです。

パワーメーターを活用する方法

リアホイールやペダル部で計測を行うパワーメーターがあれば、パワーを指標にしてクランク長の良し悪しを判断することもできます。同じケイデンスと同じパワーでペダリングしてみて、どのクランク長が最も楽にスムーズにペダリングできるかをチェックすればいいのです。また、パイオニアのペダリングモニターなど、ペダリング解析ができるパワーメーターがあれば、どのクランク長の時が最も引き脚時のパワーロスが少ないかなどをチェックすることもできます。しかし、クランクにパワーメーターが付いているものの場合は、いくつもパワーメーターが必要にはなってしまいます。パワーメーターがなくても、クランク長を変えてタイムアタックをしてタイムを比較すれば、ある程度の良し悪しは分かることでしょう。

クランク交換にまつわるQ&A

今までクランク長なんて意識したことはなかったけど、記事を読んでクランク長が自分に合っているか気になってきたという方。クランク長の長さが前から気になっていたけど交換する時に注意するべきポイントはあるのかなど、クランク交換時の何故について解説していきます。

クランク長は何故170mmがメジャーなのか

日本では、完成車に付属するクランクも、市場に出回っているクランクも多くが170mmです。その長さには何か理由があるのでしょうか。バイオメカニクス的な理由があるわけではないようです。歴史的に170mmが万人に合う長さと考えられてきたと考えられています。しかし、日本人には170mmは長すぎるという人がほとんどだと専門家は考えています。

同じクランク長で長年走ってきた

170mmのクランク長で20万km走ってきた選手がいるとします。本当は165mmが合っていたとしても、彼はすでに170mmのクランク長で力を出すことができる身体になっているかもしれません。そういう選手がクランク長を変えると、違和感を拭えずに逆に走りづらくなってしまい成績を落とす可能性もあります。その違和感を乗り越えてでも矯正したほうがいいのか、そのままで走り続けたほうがいいのか。自転車歴も影響するので答えが出せないところですが、ホビーレーサーならば怖がらずに変えてみることをおすすめします。

コースや目的に合わせてクランク長は変えるべきか

タイムトライアルやヒルクライムではいつもより長いクランクを使うという話を聞いたことはありますが・・・。昔はTTやヒルクライムの時だけ長いクランクを使うという選手もいましたが、最近は目的別に変えることはしなくなりました。不慣れなクランク長を使うことで、踏むポイントを逃してしまうことにもなりかねません。最近のフィッティングでは、どんなコースでも走れる万能ポジションが良いポジションであるという考え方が主流です。

クランク長を変えるタイミングはいつが良いのか

レースに出ている人がクランクを変えるとしたら、オフシーズンが良いでしょう。最後のレースを終えてから、来シーズンに向けての走り込みが始まるまでに、様々なクランクの長さを経験して、本当に自分に合ったクランク長を決めておきたいところです。また、普段と違うクランク長を試すときは、ある程度の距離を走ってから判断することです。何年も同じ長さのクランクを使ってきた人は、その長さに身体が慣れているものです。新しいクランク長に慣れるために、少なくても4週間程度はかけたほうが良いと思います。

年齢によってクランク長は変えるべきなのか

年齢を重ねるにつれて身体は変わってくるものです。若いときは長いクランクをブン回せても、年を取ると身体の柔軟性が落ちて、短いクランクに変えたほうが良いケースは多いです。ポジションは加齢につれて常に変わっていくものです。一生同じポジションはありえません。また、ケガによってもクランク長やポジションは変わります。今のポジションに固執するのではなく、常に今の自分に合った新しいポジションを模索し続ける事が大切です。

トレンドはショートクランク?クランク長の選び方
最新のクランク長のキーワードはショートクランクって本当?海外ではショートクランクが流行の兆しがあり今注目のクランク長についてクランク長の選び方とその理由について解説します。


骨盤の安定性と柔軟性がポイントクランク長の選び方
最新のトレンドはショートクランク。しかし短すぎてもペダリング効率は悪くなります。クランク長を選ぶ時のポイントは骨盤が安定してペダリングできる事と骨盤の柔軟性です。骨盤を基準にしたクランク長の選び方を解説します。


ペダリング時の筋肉の働きを理解して意識することで変わる
ロードバイクのペダリングで普段からこの筋肉を使うなんて意識している方は少ないと思います。ペダリング時に働く筋肉の役割を理解してペダリング時に効率よく筋肉を使う事を意識することでペダリング効率が良くなります。


ペダリング動作を正確に行う神経トレーニング
ロードバイクのペダリングスキル向上は永遠のテーマです。本記事ではロードバイク初心者からベテランの方までペダリングスキルを向上させるトレーニングを解説します。ペダリングスキル向上のトレーニングをして今までよりより速く遠くへ走りに出かけましょう。


ペダリングトレーニング最終奥義ハイパワーペダリング
ロードバイクのペダリングトレーニング最後はハイパワーペダリングトレーニングです。全ての力をペダルに伝達することからキネティックチェーン(運動連鎖)トレーニングといいます。このペダリングをマスターすれば自分史上最高のパワーを手にすることができるでし...


サドルの位置によって使う脚の筋肉が変わる
サドルの位置を調整することでも使う脚の筋肉が変わってきます。サドルの高さと前後の位置を自分のライディングに合わせて調節することで効率よく脚の筋肉を使うことができるようになります。

関連記事

  1. グランフォンドを完走するための平地と下りのテクニック

    グランフォンドを完走するための平地と下りのテクニック

  2. ブルベエントリー情報一覧6月開催アイキャッチ

    ブルベエントリー情報一覧6月開催

  3. Garmin EDGE 820J

    Garmin EDGE 820Jの設定方法のまとめ

  4. グランフォンドを完走するためのポイント

    グランフォンドを完走するためのポイント

  5. コスパだけじゃないジャイアントのTCRシリーズの真価とは

    コスパだけじゃないジャイアントのTCRシリーズの真価

  6. ロードバイクのポジションの考え方

    ロードバイクのポジションの考え方

  7. ELITE ARION MAG3本ローラー

    5ヶ月間3本ローラーでトレーニングした効果

  8. サドルの位置によって使う脚の筋肉が変わる

    サドルの位置によって使う脚の筋肉が変わる

  9. MOTHERLODEサイクリスト専用財布アイキャッチ

    MOTHERLODE-自転車乗りのための財布

特集記事

  1. Garmin EDGE 820J Garmin EDGE 820Jでバッテリー消費を抑える設定
  2. コスパだけじゃないジャイアントのTCRシリーズの真価とは コスパだけじゃないジャイアントのTCRシリーズの真価
  3. 摩擦円とは何か-コーナリング時のグリップ 摩擦円とは何か-コーナリング時のグリップ
  4. 自転車は何故曲がるのか?-ロードバイクのコーナリング力学 自転車は何故曲がるのか?-ロードバイクのコーナリング力学
  5. WordPressをインストールして最初にやるべき初期設定アイキャッチ WordPressをインストールして最初にやるべき初期設定
  6. TCDのテーマのメリットとデメリット TCDのテーマのメリットとデメリット
  7. コーナリング時に最適な荷重バランス-セーフティコーナリング コーナリング時に最適な荷重バランス-セーフティコーナリング
  8. TCD IZM WordPressのテーマアイキャッチ TCDテーマのSEO対策について問い合わせてみました
  9. ヒルクライムを楽に登るフォーム-重心を意識する ヒルクライムを楽に登るフォーム-重心を意識する
  10. 一瞬の判断で生死が分かれる-危険回避 一瞬の判断で生死が分かれる-危険回避

PICK UP記事

  1. ロードバイクは恥骨で座ると安定する ロードバイクは恥骨で座ると安定する
  2. eneloopアイキャッチ テールライトの電池をeneloopの充電池にした理由
  3. インターバルトレーニングの効果とは インターバルトレーニングの効果とは-40歳からでも速くなる方法
  4. 修善寺伊豆急下田-サイクルスポーツ聖地の旅コース 修善寺伊豆急下田-サイクルスポーツ聖地の旅コース
  5. Garmin EDGE 820J Garmin EDGE 820Jのソフトウェアアップデートの方法
  6. Garmin EDGE 820J Garmin EDGE 820Jに海外の地図を入れて海外ブルベに使う方法
  7. ロードバイク初心者の100kmロングライド-休憩のポイント ロードバイク初心者の100kmロングライド-休憩のポイント
  8. インターバルトレーニングを実践する上のポイント インターバルトレーニングを実践する上のポイント-40歳からでも速くなる方法
  9. 平地と上りの苦手を克服するためのポイント 平地と上りの苦手を克服するためのポイント
  10. ロードバイクのおすすめヘルメットブランド カーマー(karmor)-リアルアジアンフィットのキノコ頭にならないヘルメット

おすすめ記事

  1. ブルベにおすすめのアルミクリンチャーホイール
  2. グランフォンドを完走するためのポイント
  3. 尾根幹からロングコース-道志みち箱根てんこ盛り
  4. 新型アルテグラ8000系の情報がリーク
  5. コスパだけじゃないジャイアントのTCRシリーズの真価とは
  6. TCD IZM WordPressのテーマアイキャッチ
  7. 平地と上りの苦手を克服するためのポイント
  8. ワールドサイクルのR250おにぎりリフレクター試用レビュー
  9. ピレリからロードバイク用クリンチャータイヤが新発売
  10. ミドルグレードのロードバイクの賢い買い方選び方

Twitter

最近の記事

  1. 2018年版予算20万円で買えるロードバイク
  2. 平地と上りが苦手なサイクリストの疑問とは
  3. 平地と上りの苦手を克服するためのポイント
  4. 平地と上りそれぞれ苦手な人の傾向
  5. 上りが得意の人と苦手の人の特徴
  6. 平地が得意の人と苦手の人の特徴
  7. 平地が苦手上りが苦手それは何故なのか
  8. ブルベエントリー情報一覧
  9. ブルベエントリー情報一覧
  10. クランク長のセルフチェックとクランク交換のQ&A

人気記事

  1. ワールドサイクルのR250サイクル反射ベスト試用レビュー
  2. ワールドサイクルのR250おにぎりリフレクター試用レビュー
  3. ロードバイク初心者の100kmロングライド-装備と持ち物
  4. ピレリからロードバイク用クリンチャータイヤが新発売
  5. ロードバイク初心者の100kmロングライド-補給のポイント
  6. PBP パリ・ブレスト・パリ
  7. パールイズミ2017年秋冬モデルアイキャッチ
  8. ワールドサイクルのR250防水スマートライドポーチDX試用レビュー
  9. ロードバイク初心者の100kmロングライド-暑さ対策のポイント
  10. 保冷効果が長いおすすめの保冷ボトル
PAGE TOP
Translate »