注目の記事 PICK UP

ハンドルの握り方を正せば上半身がうまく使える

ハンドルを正しく握れると体幹の揺らぎで走れる

ハンドルの握り方を正せば上半身がうまく使える
ハンドルの正しい握り方ができるようになると、上半身と下半身の連動ができるようになります。上半身と下半身の連動とは走っている時に体幹が微妙に揺らぐことです。ハンドルをギュッと握って上半身が固まってしまうと、上半身がカチッと固定されてしまい上半身の体幹がうまく使えません。上半身を固定したまま走るのは、腕を振らずに歩いているようなものなのです。
よく上半身はブラさないようにするべきと言われる事も多いですが、上半身と下半身は連動して体幹が揺らいでいるものです。歩く時に手を振るのと同じように、ライディング時も体幹の揺らぎとペダリングが同調していないといけないのです。

上半身を固定すると下半身だけのペダリングになる

上半身が固定されていると、上半身と下半身が連動せず下半身、つまり両脚だけでペダルを踏むことになってしまいます。それでは膝に負担がかかり大腿筋に疲れが集中します。しかも、引き脚も機能しにくくなります。当然ペダリング効率が悪くなってしまいます。
体幹の揺らぎを意識すると上半身と下半身が連動して、疲労が軽減されてペダリング効率も高まるのです。上半身と下半身を連動させるには、以前の記事で解説した小さな手が必要になります。ハンドルをギュッと握ってしまうダメな握り方だと、上半身が固定されてしまうからです。小さな手で握ることに加えて、肩甲骨を下げて肩甲骨でリズムを取りながらペダリングすることも必要になります。

ハンドルに上体を預けない事も大切

ハンドルに体重が乗ってしまうと、肩甲骨の位置が上がり上半身が固まってしまい、下半身だけを使ってペダリングすることになります。そんな状態では効率の良い走りはできません。改善するには、小さな手でハンドルを握ることと肩甲骨の位置を下げることが必要です。肩甲骨を下げないと上半身と下半身が連動してくれません。

肩甲骨が上がってきたら一度ハンドルの握り方をリセットする

肩甲骨が上がっていると上半身と下半身が連動してくれません。ハンドルに寄りかかって肩甲骨をロックした状態でペダルを回してもダメです。肩甲骨は必ず落としてハンドルを握らないといけません。そうすればお腹からハンドルを引く事ができます。疲れてきたり呼吸が乱れたりして肩甲骨が上がってきたら、一度ハンドルから手を離して、下からブラーンとすくい上げるように手を出してハンドルを握り直すと、肩甲骨の位置が下がり良いフォームになります。それだけで腰に力が入るようになり、お腹からハンドルを引けるようになり、それと連動してお腹からペダルを踏めるようになります。小さな手でハンドルを握り、肩甲骨を落として上体をリラックスさせて、指をハンドルに引っ掛けながら、ロードバイクの揺らぎとペダリングと全身を同調させて走ります。これが理想の走り方です。

小さな手で正しくハンドルを握るだけで全て改善される

骨盤を立てる、または骨盤を寝かせる、正しいフォームはこれだ、大殿筋を使う意識で走るなどなど、ロードバイクに関するノウハウや説は多々ありますが、小さな手を意識してハンドルを正しく握ることによって上半身と下半身を連動させれば、フォームもペダリングも自然と改善されるはずだとプロのトレーナーは言っています。小さな手で自然な握り方をして、手とロードバイクとの間に正しい関係ができれば、自然とサドルとお尻の関係もよくなり、ペダルと脚の関係も良くなります。ハンドルの握り方を見直せば、ポジションやフォームやペダリングも改善されるのです。強制的に良いフォームを作ろうとしがちですが、良いフォームになる方法を見つけることが大切です。その手がかりとなるのがハンドルの握り方なのです。

ダメな握り方をリセットする意識付けをする方法

必死に走っていると、いつの間にか肩甲骨が上がって上半身が力んできてしまうものです。そんなときは、一旦ハンドルから手を離して、前後に腕をブランと振ってハンドルを握り直すと肩甲骨が下がり、上半身のロックが解除されます。疲れてきてしまって、いつの間にかハンドルに上半身を預けてしまっていて、肩甲骨が上がって上半身が固くなってしまっている時にぜひ試してみてください。

身体と対話して感じることも大切

大切なのは知識を詰め込むだけではなく、自分の身体と対話をして身体の中で何が起こっているのかを感じ取ることです。
剣道の竹刀でも料理における包丁でもなんでもそうですが、道具の持ち方で身体の動きはガラリと変わります。道具の扱い方の上手い下手は、物の持ち方で分かります。もちろんロードバイクのハンドルについても同じことが言えます。ハンドルの持ち方は人それぞれです。色々な持ち方があってもいいです。ただ、本記事をきっかけにして、ハンドルの持ち方の意識を少しだけ変えて欲しいと思います。今まではロードバイクはペダリングという仕事側ばかりに目がいっていましたが、逆側、ハンドル側にも意識を向けることが大切なのです。オフシーズンにじっくりとハンドルの持ち方について考え直して、小さな手を意識するとペダリングがどう変わるのかを感じてほしいと思います。
この感じるというのが大事なのです。皆さんパワーやペダリング効率など、理屈・データ・数字にばかりにとらわれているような気がします。小さな手を意識したら確かに股関節の動きが良くなったとか、足首がすごく楽になったとか、今までは上半身を固めていたけど、ロードバイクが揺らいでいる感じが出てきたな等、自分の身体の中で起きていることを感じてください。そうするとロードバイクとの関係性が変わって、ロードバイクに乗っている時間がもっと楽しくなると思います。そういう時間が実は一番自分を高めてくれるのではないかなと思います。ロードバイク乗りの皆さんには、すごいこうやってハンドルを持つだけで変わるんだ、という驚きとともにロードバイクを楽しんでほしいと思います。小さな手をきっかけにして、良い動きへの手がかりや楽しみどころを見つけてほしいと思います。

ハンドルは握り方を意識すると走りが変わる
ロードバイクはペダリング理論等下半身中心の動きに目がいきがちですが、手も重要です。ハンドルの握り方を意識することでロードバイクでの手の正しい使い方が分かりより楽に速く走れるようになります。


理想のハンドルの選び方
ロードバイクで自分に合った理想のハンドルを選ぶにはどのような知識が必要なのか。ドロップハンドルの基本的な各部分について詳しく解説し自分に合ったロードバイクのハンドル選びの参考にしてください。


ハンドルのドロップ形状を選ぶ
ロードバイクのドロップハンドルの形状について特徴を詳しく解説します。ロードバイクのドロップハンドルはカーボンハンドルの普及で様々な形状のものがありますが、大きく分類すると4種類にわけることができます。

関連記事

  1. ロードバイクライフを始めるために必要なこと

    ロードバイクライフを始めるために必要なこと

  2. Garmin EDGE 820J

    Garmin EDGE 820Jナビゲーション機能の使い方

  3. ロードバイクイベントの直前対策

    ロードバイクイベントの直前対策

  4. ブルベエントリー情報一覧

    ブルベエントリー情報一覧10月開催

  5. 短期間で鍛えるヒルクライム力-トレーニング編

    短期間で鍛えるヒルクライム力-トレーニング編

  6. ロードバイクライフを始めるために必要なこと

    ロードバイク初心者に最低限必要な装備

  7. サドルの位置によって使う脚の筋肉が変わる

    サドルの位置によって使う脚の筋肉が変わる

  8. 女性のためのロードバイクの選び方

    女性のためのロードバイクの選び方

  9. ロードバイク乗車時の具体的な呼吸法とは何か

    ロードバイク乗車時の具体的な呼吸法とは何か

特集記事

  1. ヘブンウィークブルベアイキャッチ AJ神奈川主催のヘブンウィークブルベ-イザベラ・バードBRM429
  2. インターバルトレーニングを実践する上のポイント インターバルトレーニングを実践する上のポイント-40歳からでも速くなる方法
  3. 40代からのロードバイク-40代から速く強くなる方法 40代からのロードバイク-40代から速く強くなる方法
  4. ロードバイク初心者の100kmロングライド-休憩のポイント ロードバイク初心者の100kmロングライド-休憩のポイント
  5. WordPressSSL化アイキャッチ WordPressサイトを常時SSL化する-CORESERVER(コアサーバー)…
  6. ロードバイク初心者の100kmロングライド-装備と持ち物 ロードバイク初心者の100kmロングライド-装備と持ち物
  7. 40代からのロードバイク-ミトコンドリアを活性化させる 40代からのロードバイク-ミトコンドリアを活性化させる
  8. ロードバイク初心者の100kmロングライド-効率的な楽な走り方 ロードバイク初心者の100kmロングライド-効率的な楽な走り方
  9. 新型アルテグラ8000系の情報 新型アルテグラDi2の実力とは
  10. インドアトレーニングにおすすめのサイクルトレーナー インドアトレーニングにおすすめのサイクルトレーナー

PICK UP記事

  1. コーナリングの動作を学ぶ-予測と判断 コーナリングの動作を学ぶ-予測と判断
  2. ロードバイク用度付き対応のスポーツアイウェア ロードバイク用度付き対応のスポーツアイウェア
  3. ヒルクライムを楽に登るハンドルの握り方とペダリング ヒルクライムを楽に登るハンドルの握り方とペダリング
  4. 東レがカーボンを値上げ来年モデルの価格に影響か フロントディレーラーの調整-ロードバイク初心者脱出メンテナンス
  5. コーナリング実践倒し込みから旋回立ち上がりまで コーナリング実践倒し込みから旋回立ち上がりまで
  6. ロードバイクイベントの直前対策 ロードバイクイベントの直前対策
  7. ワールドサイクルスマートポーチアイキャッチ ブルベカード入れにもなる財布一体型ポーチがワールドサイクルから発売
  8. ロードバイクトレーニングの基礎の基礎 ロードバイクトレーニングの基礎の基礎
  9. EN1150規格をクリアしたブルベに最適な反射ベスト EN1150規格をクリアしたブルベに最適な反射ベスト
  10. AJ自転車保険の規定を改定2018年以降は個人賠償補償1億円以上へ AJ自転車保険の規定を改定2018年以降は個人賠償補償1億円以上へ

おすすめ記事

  1. インターバルトレーニングの実践方法
  2. 修善寺伊豆急下田-サイクルスポーツ聖地の旅コース
  3. 尾根幹からロングコース-道志みち箱根てんこ盛り
  4. インターバルトレーニングのメカニズム
  5. 40代からのロードバイク-40代から速く強くなる方法
  6. WordPressにおける投稿ページと固定ページの違い
  7. Garmin EDGE 820J
  8. ワールドサイクルのR250サイクル反射ベスト試用レビュー
  9. ロードバイク用度付き対応のスポーツアイウェア
  10. ロードバイク初心者がビンディングペダルを使いこなすポイント

Twitter

最近の記事

  1. サプリメントを活用してパフォーマンスアップ
  2. インドアトレーニングにおすすめのサイクルトレーナー
  3. 冬場のオフトレーニングのすすめ
  4. ウェアマニアが作ったウェアブランドQ36.5
  5. パナソニックボディトリマーで簡単ボディケア
  6. プロ選手達はトラブル時にはどう対処しているのか
  7. 新型アルテグラ8000系の情報
  8. ブルベエントリー情報一覧
  9. ブルベエントリー情報一覧
  10. ブルベエントリー情報一覧

人気記事

  1. 平地と上りの苦手を克服するためのポイント
  2. 2018年版予算20万円で買えるロードバイク
  3. インターバルトレーニングの効果とは
  4. トレンドはショートクランク?クランク長の選び方
  5. 冬場のオフトレーニングのすすめ
  6. 平地と上りそれぞれ苦手な人の傾向
  7. R250ツールケースホルダー試用レビュー
  8. インターバルトレーニングの実践方法
  9. インターバルトレーニングを実践する上のポイント
  10. インターバルトレーニングのメカニズム
PAGE TOP
Translate »