注目の記事 PICK UP

グランフォンドを完走するためのヒルクライムのテクニック

グランフォンドを攻略するためのヒルクライム

グランフォンドを完走するためのヒルクライムのテクニック
グランフォンドではロングライドで重要なペース配分と、いくつもの山を越えるヒルクライム力が必要になります。長距離を走るためのスタミナを温存しつつ、いくつものヒルクライムを攻略するためにはどういう走り方が必要になるのでしょうか。グランフォンドを完走するためにぜひ身に付けておきたいヒルクライムのテクニックを紹介します。

グランフォンドでは頑張らないのが鉄則

グランフォンドでは長距離でしかもいくつもの山を越えるヒルクライムもあるため、どれだけ頑張らない走り方をするかがカギになります。心拍数が上がらないようにするには、運動強度を下げる=頑張らない事が鉄則になります。しかし、実際にはある程度のスピードも必要になるわけで、頑張らないけど進む走り方が必要になります。
今よりも効率よく走るという事なのですが、そのためにはエネルギーの代わりとなる何かをパワーに変換しなければなりません。そこで自分の体重を上手く使ってみましょう。

体重を上手く使ったペダリング

山を上る時に、前へ進もうという意識から身体はやや前荷重になります。正しい動作ではあるのですが、やりすぎて逆にパワーロスしている場合もあります。身体はやや前傾しますが、見た目にはわずかな違いです。まずハンドルに手を軽く添えた状態で走れるニュートラルな位置をつかみます。そして上体はリラックスしたまま、ペダルに体重を乗せて走るイメージをしましょう。
ハンドルにかかっていた余計な荷重をペダルに乗せる事で、脚の力を使わずにパワーを増加させる事ができるこのテクニック。腰を浮かせた状態でできれば、頑張らずにシッティングとは違う筋肉を使って走る、休むダンシングにもなります。感覚をつかむには少し時間がかかりますが、繰り返し練習して身に付けておきたいテクニックです。

ペダル荷重を意識して上体はリラックスする

上体はリラックスしましょう。上体に力が入ってしまうと、肩や首まわりが痛んで効率の良いペダリングができなくなってしまいます。まずは荷重をハンドルからペダルにかける事を意識しましょう。上体は体幹を意識して安定させて肩から腕はリラックスさせましょう。肘を脱力して少し折り曲げる位がちょうどよいです。上体の体重をペダルにすとんと落とすイメージを持ちましょう。
ペダリングは、3時から踏み下ろすのではなく1時から2時あたりから徐々にペダルに体重を乗せていくイメージを持ちます。下死点まで踏み切らずに3時を過ぎたら、逆脚の荷重の準備をしましょう。これをスムーズに繰り返す事ができるように練習しましょう。

ヒルクライムを楽に登るフォーム-重心を意識する
ヒルクライムのフォームは重心を意識するロードバイクに乗るとなると日本は山が多い地形のため、ヒルクライムは避けては通れない道です。多くの方はなるべくならヒルクライムは避けたいと考えると思います。しかし、ヒルクライムの苦手意識を克服することができれば...


ヒルクライムを楽に登るハンドルの握り方とペダリング
ヒルクライムはハンドルの握り方とペダリングで楽になるヒルクライムはロードバイクに本当の意味で乗れているかどうかが分かりやすく結果として出ます。平地ではそこそこ走れていても、ヒルクライムになると途端に腰が痛くなったりペダリングが重くなって速く登れな...

休むダンシングを身につけましょう

ヒルクライムではシッティングで上りきった方が効率のよい走りができますが、シッティングだけだと同じ筋肉を使い続けるので、脚の筋肉の疲労が溜まってしまいます。休むダンシングをマスターする事でシッティングで疲労した脚の筋肉を休ませる事ができるようになります。シッティングとは違う筋肉を使う事で、リフレッシュ効果も期待できます。シッティングの状態から腰を浮かせて、ペダリングした状態でニュートラルの位置を探すのは少し難しいですが、繰り返し練習すれば少しづつコツをつかめると思います。シッティングから休むダンシングへ移行する時は、腰が沈み込まないようにギアを1枚~2枚シフトアップしてから腰を上げるのがポイントです。

休むダンシングのポイント

ダンシングは前荷重になりやすいため、ニュートラルな位置をつかめていないと上体を支えようと腕に頼ってしまい、ハンドル荷重になりやすくなります。頭の上からヒモで引っ張られているようなイメージを持ってみましょう。
ハンドルを握りすぎるとハンドル荷重になってしまい、腕でハンドルを引き上げるような動作になってしまい逆側の脚でペダルを踏み込む形になってしまいます。手はハンドルに軽く添える事を意識して、シッティング同様ダンシングでも腕や上体はリラックスさせる事が大切です。体重をペダルの上から垂直に落とすだけで、脚の力で踏み込まない事がポイントです。

休むダンシングの時のペダリング

休むダンシングでのペダリングは、シッティングでのペダル荷重と同じイメージで1時から2時を意識します。ペダルに体重を乗せて、3時の位置から下では踏み込まずに逆脚へ荷重を乗せかえるのがポイントです。これをスムーズにできるように繰り返し練習しましょう。
左右のペダルへの荷重移動がスムーズかつ綺麗にできれば、上体の肩や腰はほぼ上下せず、極端な前後運動もしなくなります。高いサドルに座っているイメージを持って腰の位置を高く保つペダリングを意識するとコツを掴みやすいです。ペダリング中にこれらの動作を正確にできるようになるには、実はややレベルが高いです。ギアを少し重くすれば、スピードもクランクの回転速度もゆっくりになるので、感覚を掴めるようになるまではその状態で練習するのがおすすめです。

ヒルクライムを楽に登る正しいダンシング
ヒルクライムでダンシングをして筋肉を休ませるヒルクライムの時にサドルから立ち上がり、自重を使ってペダリングができるダンシングは、パワーもありヒルクライムにかなり有効と感じられます。しかし、ダンシングは負荷が大きく、実際のところはダンシングしないで...


グランフォンドとは何か-人気の高まる山岳ロングライド
日本でも人気が高まりつつあるグランフォンドとはグランフォンドは世界的には盛んなサイクルイベントで、例えるなら自転車によるマラソン大会です。着順を争うトップ選手から完走目的のライダーまで幅広く楽しめるサイクルイベントなのが魅力です。ロングライドの要...


グランフォンドを完走するためのポイント
グランフォンドを完走するための走り方とはグランフォンドは121kmから長いイベントで200kmオーバーのロングライドでありながら、複数の山や峠を越えるヒルクライムの要素もある非常に過酷なサイクルイベントです。このようなロングライドでかつヒルクライムである程...


グランフォンドを完走するための平地と下りのテクニック
グランフォンドでは安全に下る事と楽に平地を走る事が重要グランフォンドでは上りで無駄のない走りができても、限りのあるエネルギーは確実に消費されます。山をいくつも越えればその先の下りや平地で集中力が途切れてしまったり、落車したりしまう危険性は十分にあ...

関連記事

  1. ロードバイク乗車時の具体的な呼吸法とは何か

    おすすめロードバイクプロショップ-多摩川サイクリングロード周辺

  2. 尾根幹からロングコース-道志みち箱根てんこ盛り

    ヤビツ峠-ロードバイク乗り人気の峠

  3. カンパニョーロゾンダアイキャッチ

    CampagnoloZONDAがWiggleで42,564円

  4. コーナリングの成否を決定づけるブレーキング

    コーナリングの成否を決定づけるブレーキング

  5. 普段の走行で意識することでトラブルを回避するポイント

    普段の走行で意識することでトラブルを回避するポイント

  6. ロードバイク乗りと相性の良いおすすめクレジットカード

    ロードバイク乗りと相性の良いおすすめクレジットカード

  7. グランフォンドを完走するための補給のテクニック

    グランフォンドを完走するための補給のテクニック

  8. 消耗品の交換時期を見極める-タイヤ編

    9070系デュラエースと6870アルテグラでシンクロシフト実装へ

  9. ロードバイク乗車時の具体的な呼吸法とは何か

    おすすめロードバイクプロショップ-新宿周辺

特集記事

  1. ロードバイクの平均時速30kmに壁を突破する方法 ロードバイク平均時速30kmの壁を突破する方法
  2. ワールドサイクルのR250フロントポーチラージ試用レビュー ワールドサイクルのR250フロントポーチラージ試用レビュー
  3. ロードバイクのサドルポジションの決め方 ロードバイクのサドルポジションの決め方
  4. ロードバイクのハンドルポジションの決め方 ロードバイクのハンドルポジションの決め方
  5. ロードバイクライフを始めるために必要なこと ロードバイク初心者に最低限必要な装備
  6. TCDのテーマのメリットとデメリット TCDのテーマのメリットとデメリット
  7. カラーパーツでロードバイクをカスタムして個性を強調 カラーパーツでロードバイクをカスタムして個性を強調
  8. ヒルクライムを楽に登るペースの作り方 ヒルクライムを楽に登るペースの作り方
  9. ブルベにエントリーするアイキャッチ ブルベにエントリーする
  10. Garmin EDGE 820J Garmin EDGE 820Jのソフトウェアアップデートの方法

PICK UP記事

  1. ロードバイクライフを始めるために必要なこと 自転車保険の選び方【2017年版】
  2. ロードバイクのエアロフォーム ロードバイクのメンテナンス時にやっておきたいアップグレード
  3. ピナレロ2018年ニューモデル発表会-GANシリーズ ピナレロ2018年ニューモデル発表会-GANシリーズ
  4. ブルベにおすすめのアルミクリンチャーホイール ブルベにおすすめのアルミクリンチャーホイール
  5. サイクルイベントにこれから参加する人に向けての心構え サイクルイベントにこれから参加する人に向けての心構え
  6. 消耗品の交換時期を見極める-タイヤ編 キャノンデールのヘルメットが価格改定で値下げへ
  7. 自転車ナビルートアイキャッチ 自転車ナビルート設置2020年までに100地区拡大へ
  8. グランフォンドを完走するための補給のテクニック グランフォンドを完走するための補給のテクニック
  9. カラーパーツでロードバイクをカスタムして個性を強調 サドル沼にハマる前にレンタルサドルを試してみる
  10. Garmin EDGE 820J Garmin EDGE 820Jのソフトウェアバージョン6.20リリース

おすすめ記事

  1. ロードバイク初心者が最初に変えるべきパーツとは何か
  2. カラーパーツでロードバイクをカスタムして個性を強調
  3. フィジークのスパインコンセプトエボアプリで適正サドル探す
  4. RIDE WITH GPSアイキャッチ
  5. コーナリング実践倒し込みから旋回立ち上がりまで
  6. ロードバイク乗車時の具体的な呼吸法とは何か
  7. ミドルグレードのロードバイクの賢い買い方選び方
  8. シマノアルテグラコンポーネント
  9. 短期間で鍛えるヒルクライム力-トレーニング編
  10. 携帯ポンプ一挙徹底比較

Twitter

最近の記事

  1. PBP パリ・ブレスト・パリ
  2. ロードバイク初心者がビンディングペダルを使いこなすポイント
  3. シマノR8000新型アルテグラ徹底解剖
  4. ワールドサイクルのR250パーキングストッパー&チェーンフック試用レビュー
  5. ワールドサイクルのR250防水大型サドルバッグラージ試用レビュー
  6. 普段の走行で意識することでトラブルを回避するポイント
  7. サイクルイベント別参加する時に抑えるべきポイント
  8. サイクルイベントにこれから参加する人に向けての心構え
  9. ワールドサイクルのR250ドラム型フロントバッグ試用レビュー
  10. ワールドサイクルのR250フロントポーチラージ試用レビュー

人気記事

  1. ワールドサイクルのR250防水スマートライドポーチ試用レビュー
  2. ピナレロ2018年ニューモデル発表会-GANシリーズ
  3. ワールドサイクルのR250フロントポーチラージ試用レビュー
  4. コスパだけじゃないジャイアントのTCRシリーズの真価とは
  5. ブルベにおすすめのアルミクリンチャーホイール
  6. シマノR8000新型アルテグラ徹底解剖
  7. 40代からのロードバイク-40代から速く強くなる方法
  8. ヒルクライムを楽に登るハンドルの握り方とペダリング
  9. 自転車活用推進法でロードバイクは走りやすくなったのか
  10. 東京湾一周-一度はチャレンジしたいワンイチコース
PAGE TOP
Translate »