注目の記事 PICK UP

ハンドルのドロップ形状を選ぶ

ハンドルのドロップ形状を選ぶ時のポイント

ハンドルのドロップ形状を選ぶ
ロードバイクのドロップハンドルのドロップ部のカーブも様々な形状があります。ドロップ形状は近年どんどん多様化してきていますが、大きく分類するとラウンド形状、アナトミック形状、コンパクト形状、その他と4種類にわけられます。どのカーブ形状がフィットするかは完全に好みになります。筋肉の付き方、ロードバイク歴、走り方、目的によって変わるため色々と試してみるしかありません。本記事では、ロードバイクのハンドルのドロップ形状について特徴を詳しく紹介します。

ラウンド

ベテランライダーに愛用者が多い昔ながらの形状がラウンドタイプです。トラディショナル、丸ハンドル、ラウンド、クラシックなど様々な名称で呼ばれています。ショルダー部が前下がりになっており、ドロップ部が大きなアールを描いているのが特徴です。ドロップポジションで手が身体から遠くなるうえ、レバーを取り付けた時にブラケットとハンドルとの間に段差ができるため、握る位置が限定されてしまいます。このラウンド形状をシャローと表記することもありますが、シャローとは本来浅いという意味なので、ドロップが小さいハンドルのことを指します。

アナトミック

ドロップ部が直線で構成されていることが特徴のアナトミックです。ラウンドに比べるとドロップ部が身体に近くなり、無理なくドロップポジションをとることができますが、直線部分しか握ることができないためポジションが限定されるというデメリットがあります。また、中にはブレーキレバーまでの距離が遠くなり、ドロップポジションでブレーキがかけにくくなるモデルもあるので選ぶ時には注意が必要です。握りやすさから愛用者が多く、日本で人気のディズナのジェイフィットモアというモデルもアナトミックに分類されます。

コンパクト

ストレスの少なさでシェアを伸ばしている新形状のハンドルで、アナトミックシャローとも呼ばれる比較的新しい形状のハンドル形状です。リーチが短くドロップも浅いため、深い前傾姿勢をとることはできません。ドロップ部はアナトミックとは異なり曲線で構成されていて、あらゆるところを握ることができます。ブラケットを握った時にブレーキレバーに近くなるため、手の小さい人にも向いています。また、レバーの取り付け位置が高く、ショルダー部とブラケットがフラットになるように設計されており、手へのストレスが少ないのがメリットです。ディズナのジェイフィットアークFZというモデルは、コンパクトタイプの代表的なハンドルです。

その他

カーボンハンドルの普及やアルミ成型技術の向上が追い風となり、最近はどのカテゴリーにも分類できない独特なドロップ形状のハンドルも増えてきています。その一つがワンバイエスのジェイカーボンというモデルのハンドルです。レバー取り付け位置を近くするためにドロップ部の上側は直線的な形状になっていますが、ドロップ部の下部分は曲線としてポジションの自由度を持たせたモデルです。いずれにせよ、実際に使ってみないと形状の良し悪しは判断できません。サドル選びと同様にハンドルも試してみるしかありません。

ブレーキレバーまでの距離にも注意

ドロップ部を握った時に指がブレーキレバーに届くようなセッティングにすることも大切です。アナトミックはレバーが遠く、ラウンドやコンパクトはレバーが近くなりやすいです。最近のレバーにはリーチ調整機構が設けられているものも多いため、レバー側で調整することもできます。

レバー取り付け位置はどこにするべきか

好みのハンドルを決めただけでは終わりません。レバーの取り付け位置やハンドルの取り付け角度というセッティングの問題が残っています。レバーはどこに取り付けてもいいというわけではなく、ハンドルごとに取り付け位置のスイートスポットがあると思います。おすすめは、アナトミックやコンパクトタイプのハンドルはブラケット上面が1度から2度くらい前上がりになるセッティングが良いと思います。ブラケット上面が水平以下だと、前に落ちてしまうような感覚になります。走行中に何があっても対応しやすいのは、ブラケットがやや前上がりのセッティングです。ラウンド形状はショルダー部とブラケットとの間に谷ができるので、そこに手を置きやすいセッティングが良いでしょう。いずれにせよ、ブラケットとハンドルの関係を意識しながら、様々なセッティングを試してみるしかありません。レバーのメーカーによって取り付けバンドの位置が異なることにも注意が必要です。ブラケット上面を同じ角度にした場合、シマノとカンパニョーロはバンドの位置が上になります。これはショルダー形状にレバー位置が影響を受けやすいということでもあります。スラムはバンド位置が下にあるため、セッティングの自由度が高く、ショルダーのアールが大きいラウンド形状のハンドルにも無理なく装着することができます。

おすすめハンドル

ハンドルは握り方を意識すると走りが変わる
ロードバイクはペダリング理論等下半身中心の動きに目がいきがちですが、手も重要です。ハンドルの握り方を意識することでロードバイクでの手の正しい使い方が分かりより楽に速く走れるようになります。


ハンドルの握り方を正せば上半身がうまく使える
ロードバイクで正しくハンドルを握ることができるようになると上半身の体幹をうまく使えるようになりペダリングも良くなります。上半身と下半身の連動がうまくできるようになるとより楽にライディングできるようになります。


理想のハンドルの選び方
ロードバイクで自分に合った理想のハンドルを選ぶにはどのような知識が必要なのか。ドロップハンドルの基本的な各部分について詳しく解説し自分に合ったロードバイクのハンドル選びの参考にしてください。

関連記事

  1. ヒルクライムを楽に登るペースの作り方

    ヒルクライムを楽に登るペースの作り方

  2. ヘブンウィークブルベアイキャッチ

    AJ神奈川主催のヘブンウィークブルベ-イザベラ・バードBRM504

  3. 平地と上りが苦手なサイクリストの疑問とは

    平地と上りが苦手なサイクリストの疑問とは

  4. サドルの位置によって使う脚の筋肉が変わる

    サドルの位置によって使う脚の筋肉が変わる

  5. ピナレロ2018年ニューモデル発表会-GANシリーズ

    ピナレロ2018年ニューモデル発表会-GANシリーズ

  6. 宮澤崇史さんがお尻が痛くならない正しい乗車姿勢を解説

    宮澤崇史さんがお尻が痛くならない正しい乗車姿勢を解説

  7. ロードバイク初心者の100kmロングライド-補給のポイント

    ロードバイク初心者の100kmロングライド-補給のポイント

  8. ロードバイク初心者が最初に変えるべきパーツとは何か

    尾根幹周辺の坂コース-ロードバイク乗りのトレーニングコース

  9. 消耗品の交換時期を見極める-タイヤ編

    キャノンデールのヘルメットが価格改定で値下げへ

特集記事

  1. ロードバイクのクリンチャータイヤについて知っておきたい知識 ロードバイクのクリンチャータイヤについて知っておきたい知識
  2. カラーパーツでロードバイクをカスタムして個性を強調 カラーパーツでロードバイクをカスタムして個性を強調
  3. ロードバイク初心者の100kmロングライド-暑さ対策のポイント ロードバイク初心者の100kmロングライド-暑さ対策のポイント
  4. WordPressをインストールして最初にやるべき初期設定アイキャッチ WordPressをインストールして最初にやるべき初期設定
  5. ペダリング時の筋肉の働きを理解して意識することで変わる ペダリング時の筋肉の働きを理解して意識することで変わる
  6. 短期間で鍛えるヒルクライム力-食事コンディション編 短期間で鍛えるヒルクライム力-食事コンディション編
  7. お名前.comアイキャッチ お名前.comで取得したドメインのDNS設定をする-CORESERVER編
  8. ハンドルの握り方を正せば上半身がうまく使える ハンドルの握り方を正せば上半身がうまく使える
  9. コーナリングの動作を学ぶ-予測と判断 コーナリングの動作を学ぶ-予測と判断
  10. ギアチェンジする時はケイデンスを意識する事で無駄がなくなる ロードバイク目的別おすすめクリンチャータイヤ

PICK UP記事

  1. ロードバイクの平均時速30kmに壁を突破する方法 ロードバイク平均時速30kmの壁を突破する方法
  2. カーマーからフラッグシップモデルDITROが登場
  3. ブルベエントリー情報一覧6月開催アイキャッチ ブルベエントリー情報一覧7月開催
  4. 平地と上りが苦手なサイクリストの疑問とは 平地と上りが苦手なサイクリストの疑問とは
  5. ワールドサイクルスマートポーチアイキャッチ ブルベカード入れにもなる財布一体型ポーチがワールドサイクルから発売
  6. ORTRIEBサドルバッグLスレートアイキャッチ ORTLIEB(オルトリーブ)のサドルバッグはブルベの装備の定番に納得
  7. ハンドルの握り方を正せば上半身がうまく使える ハンドルの握り方を正せば上半身がうまく使える
  8. 冬場のオフトレーニングのすすめ 尾根幹線コース-ロードバイク乗りのトレーニングコース
  9. ロードバイク乗車時の具体的な呼吸法とは何か ロードバイク乗車時の具体的な呼吸法とは何か
  10. 冬場のオフトレーニングのすすめ クランク長のセルフチェックとクランク交換のQ&A

おすすめ記事

  1. ブルベ用サイクルウェアアイキャッチ
  2. サイクルイベント別参加する時に抑えるべきポイント
  3. プロ選手達はトラブル時にはどう対処しているのか
  4. 平地と上りの苦手を克服するためのポイント
  5. スペシャライズドのプレミアムフィッティング販売システム
  6. ロードバイクライフを始めるために必要なこと
  7. ロードバイクのおすすめヘルメットブランド
  8. コーナリングに合わせたタイヤの空気圧セッティング
  9. ロードバイク初心者の100kmロングライド-暑さ対策のポイント
  10. ろんぐらいだぁす!聖地巡礼

Twitter

最近の記事

  1. サプリメントを活用してパフォーマンスアップ
  2. インドアトレーニングにおすすめのサイクルトレーナー
  3. 冬場のオフトレーニングのすすめ
  4. ウェアマニアが作ったウェアブランドQ36.5
  5. パナソニックボディトリマーで簡単ボディケア
  6. プロ選手達はトラブル時にはどう対処しているのか
  7. 新型アルテグラ8000系の情報
  8. ブルベエントリー情報一覧
  9. ブルベエントリー情報一覧
  10. ブルベエントリー情報一覧

人気記事

  1. 平地と上りの苦手を克服するためのポイント
  2. 2018年版予算20万円で買えるロードバイク
  3. インターバルトレーニングの効果とは
  4. トレンドはショートクランク?クランク長の選び方
  5. 冬場のオフトレーニングのすすめ
  6. 平地と上りそれぞれ苦手な人の傾向
  7. R250ツールケースホルダー試用レビュー
  8. インターバルトレーニングの実践方法
  9. インターバルトレーニングを実践する上のポイント
  10. インターバルトレーニングのメカニズム
PAGE TOP
Translate »