注目の記事 PICK UP

ハンドルは握り方を意識すると走りが変わる

ロードバイクはハンドルの握り方も速くなるために重要

ハンドルは握り方を意識すると走りが変わる
ロードバイクに乗り始めてからサドルを色々な種類を試してみたりしているけど、ハンドルは購入した完成車のままという方。サドル高はミリ単位で調整するけど、ハンドルのセッティングは購入した時のままもしくは適当という方。ペダリング理論には詳しいけど、ハンドルはただ握っているだけという方。サドル周りやペダリングなど、出力に関することにこだわる人は多いですが、ハンドルのセッティングや握り方に関しては何故か扱いがおざなりになってしまってはいないでしょうか。
ハンドルの握り方や選び方というのは、皆さんが思っている以上に重要度が高いのです。それはハンドルの使い方がライディングに大きな影響を及ぼすからです。当サイトも今までトレーニング方法やペダリング理論等、ロードバイクの出力の部分には焦点を当てて記事を公開してきましたが、本記事ではハンドルを握る”手”に焦点を当てて記事を執筆することにしました。今まで何をやってもしっくりこなかったという方。中々理想の走りができないという方。その原因はフォームやポジションやペダリングではなくハンドルなのかもしれません。本記事をきっかけにハンドルの握り方、手の使い方を見直してみてはどうでしょうか。

手は身体の動きの全てが表れる

手やハンドルの握り方の重要性について、プロのトレーナーはこう解説しています。手は体のごく一部です。末端にすぎません。しかし、身体の動きを司るという意味においては非常に重要で、動きの要となる部分なのです。例えば、中国武術では体の様子が手に表れると言われます。剣術では手で操る剣が体を導くと言われます。手を体の一部分としてしか考えてはいけないのです。手の使い方が身体の動きに大きく影響するということなのです。手が全ての動きを表しているとも言えます。それはロードバイクにおいても同じことが言えるのです。しかし、ロードバイクではフォームやポジションやペダリング等は重視されても、ハンドルの握り方でとやかく言われる事は少なかったです。そこまでハンドルの握り方が重要ならば、なぜ今まで手に注目されなかったのでしょうか。
野球やテニス、剣道などとは違いロードバイクはハンドルの握り方を間違えていても結果に表れにくいからです。変な持ち方でバットやラケットを振ると、ボールは飛びませんし当たらないと思います。しかし、ロードバイクの場合は間違った握り方でハンドルを持っていても、何となく走れてしまいます。そのため多くの人はハンドルの握り方について注目してこなかったのです。

ロードバイクでも手の使い方が重要

手が重要とはいえ、ロードバイクを進ませる仕事をしているのは下半身である両脚です。手が重要と言われても腑に落ちないという人も多いと思います。腕が仕事をする野球やゴルフでは、ボールを投げるときやバットやゴルフクラブでボールを打つ時に、下半身の脚を踏み替える動作が動力源となって、上半身と連動することによって大きな力を発揮します。剣道でも脚さばきが最も重要だと言われます。逆に、下半身が仕事をするマラソンや短距離走では、腕振りが大切だと言われるように、上半身が動力源となって下半身と連動することにより、推進力を発揮します。ペダリングで進むロードバイクも同じことが言えます。上半身の手や腕の使い方が重要になってくるのです。だから、ロードバイクにとってはハンドルの握り方が重要なのです。

ペンフィールドのホムンクルスとは

ペンフィールドのホムンクルスと呼ばれるイラストがあります。これはカナダの脳神経外科医ワイルダー・ペンフィールドが、電気刺激を用いて大脳のどの部分が体のどの部分の運動を司っているかを研究し、体の各部分に対する脳の対応領域の割合をビジュアルとして分かりやすく示したものです。手が非常に大きいことから、脳の中で手を司る部分の割合が大きいということをイラストで表現したものです。人間が行動を起こす時、手からの情報が重視されているということを意味しています。

手の使い方が正されれば体全体の動きも正される

ペンフィールドのホムンクルスのイラストからも分かるように、体の中で最も器用で敏感な器官は手です。しかも上半身と下半身は連動して動くので、手が先生になってあげることで、脚の動きが改善されます。手の使い方が変われば体の動きが変わって、必ずペダリングが良くなります。ハンドルの握り方が良くなれば、ペダルの踏み方も良くなります。手の使い方、ハンドルの握り方がライディングにとって非常に重要であることが、何となく分かっていただけたでしょうか。では、具体的にどうすればいいのでしょうか。キーワードは手の中にある小さな手です。この小さな手について詳しく解説していきます。

小さな手でハンドルを握る

上半身をリラックスさせてブラブラと動かしてみてください。皆さん簡単に動かす事ができると思います。では、手をギュッと握った状態で同じように上半身をリラックスさせてブラブラを動かすことはできるでしょうか。全身が緊張して動かしにくいはずです。そのような状態では正しい動きができません。剣道、野球、テニスなど道具を持つ世界では、道具をギュッと握ることはご法度です。ロードバイクのハンドルも同じです。力を込めてギュッと握ると手首が固定されてしまい、体全体が動かしにくくなってしまいます。歩く時に手をギュッと握りしめる人はいないと思います。自然と手を開いているはずです。そのほうが体が動かしやすいからです。しかし、ロードバイクを操作するためにはハンドルを握らなければいけません。どのようにすれば正しい握り方になるのでしょうか。ここでキーワードである小さな手が登場してきます。

手のひらの中にある小さな手を意識する

手全体と手の中にある骨を見ると、骨の指が見た目の外観の指より長いことが分かります。そして手の指の付け根より手のひら寄りの骨をよく見てみるともう一つの手が隠れているように見えてこないでしょうか。この隠れている手は見た目の手より小さいので、小さな手と呼ぶことにしています。この小さな手をうまく機能させることがライディングの改善に直結するのだとプロのトレーナーは解説しています。この手のひらの中にある小さな手をイメージしながらハンドルを握ると、おのずと然るべき持ち方になり、動きが改善されるのです。見えている指をフルに使ってギュッとハンドルを握ると、肩周りが緊張してしまい、いい動きができません。しかし、小さな手を意識してうまくハンドルを握ると、手先や肩がリラックスして、全身が連動してお腹から力を出せるようになるのです。

手のひらでハンドルを握る意識を持つ

具体的なハンドルの握り方を説明します。まず、ペットボトルのキャップを手のひらの中心でつかむようなイメージでブラケットを握ります。これが、小さな手が機能しているハンドルの握り方の基本になります。しかし、これだけではブラケットをしっかりと保持することはできません。小さな手で握った上で、指をハンドルやブラケットに引っ掛けてください。勘違いしている人が多いのですが、手でハンドルを掴んだり引いたりするのではありません。小さな手でハンドルを握って、指はハンドルに引っ掛けるだけです。そうすればハンドルやブラケットをしっかりとホールドしつつ、手首が自由になり、身体が固まらずに動きやすくなります。走りながらポジションを変えることもできます。これはハンドルのどこを握っている時でも同じです。小さな手でハンドルをつかみ、指は引っ掛けるだけです。この持ち方をすると、結果的に身体に優しい動きになり、効率的に走れるようになります。ダンシングでハンドルを引くときも、ハンドルをギュッと握る必要はありません。ハンドルを引くときには指を引っ掛けておけば大丈夫です。指は握るためではなく、引っ掛けるために使うのです。

小さな手を意識する方法

手のひらの中にある骨が小さな手と定義している部分です。ペットボトルのキャップを手のひらで包み込んで握ってみると、小さな手をイメージしやすいと思います。この小さな手でハンドルを握ると、走りが見違える程良くなるとプロのトレーナーは言っています。指先までフルに使って力んで握るダメな握り方をすると、全身が固まってしまい、力を発揮しにくくなります。よくわからないという方は、レモンを片手で搾るようなイメージでハンドルを握ってみてください。人差し指と親指がv字を描くような握り方なるはずです。それが小さな手を機能させたハンドルの握り方になります。

ハンドルを正しく握ると上半身の動きが変わる

ハンドルをギュッと握り込んでしまうと、肩周りが固まってしまうような感じがするはずです。しかし、小さな手でハンドルを握ると、肩周りが自由に動かせるような感覚になるでしょう。ハンドルの持ち方の意識を変えるだけで肩の力が抜けて、上半身の動きが変わり、それと連動してペダリングも良くなります。胸郭が緩むので、心肺機能にとってもメリットがあります。正しいハンドルの握り方とは、この小さな手をイメージしながらハンドルやブラケットを持つことです。それだけなのです。

手はロードバイクを繋ぐ関節と考える

手が人の身体とロードバイクを繋ぐ関節だと思ってください。小さな手で握ると、ロードバイクと人とを繋ぐ関節が柔らかくなり、ロードバイクに乗った瞬間にロードバイクも身体の一部になってくれます。ギュッとハンドルを握ってしまうと、手とハンドルがガチッと固まってしまいます。それはロードバイクと人との関節が硬くなっている状態です。そんな状態では、身体の柔軟性をいくらあげても身体はうまく動いてはくれません。ハンドルとを手が出合うところが関節となり、ロードバイクが乗り手の骨格の延長となり、ロードバイクも身体の一部となります。これは、スピードやペダリングパワーの高低に関係なく、ライディングの一つの究極の形態、全てのロードバイク乗りが目指すべき極地と言えるでしょう。

小さな手はどのポジションでも握り方は同じ

ブラケットポジションでも、ドロップポジションでもダンシングの時も、小さな手で握ることに変わりはありません。この小さな手を意識しつつブラケットを握ると、ブラケット形状の好みがガラりと変わることもあるでしょう。あるレバーは小さな手で握ると自然に指がブラケットに引っかかってくれる。これは、小さな手を前提に設計されたブラケットなのだとわかります。体の使い方を変えると、機材においても新たな発見があるのです。同様に、ハンドルの好みも変わるかもしれません。ロードバイクは奥が深いスポーツです。

ハンドルの握り方を正せば上半身がうまく使える
ロードバイクで正しくハンドルを握ることができるようになると上半身の体幹をうまく使えるようになりペダリングも良くなります。上半身と下半身の連動がうまくできるようになるとより楽にライディングできるようになります。


理想のハンドルの選び方
ロードバイクで自分に合った理想のハンドルを選ぶにはどのような知識が必要なのか。ドロップハンドルの基本的な各部分について詳しく解説し自分に合ったロードバイクのハンドル選びの参考にしてください。


ハンドルのドロップ形状を選ぶ
ロードバイクのドロップハンドルの形状について特徴を詳しく解説します。ロードバイクのドロップハンドルはカーボンハンドルの普及で様々な形状のものがありますが、大きく分類すると4種類にわけることができます。

関連記事

  1. グランフォンドを完走するためのヒルクライムのテクニック

    グランフォンドを完走するためのヒルクライムのテクニック

  2. ロードバイクのクリンチャータイヤについて知っておきたい知識

    ロードバイクのクリンチャータイヤについて知っておきたい知識

  3. ブルベエントリー情報一覧

    ブルベエントリー情報一覧9月開催

  4. AJ稲垣氏訃報アイキャッチ

    【訃報】Audax Japan稲垣会長事故により亡くなられました

  5. ブルベやロングライドにおすすめのロードバイク

    ブルベやロングライドにおすすめのロードバイク

  6. サドルの位置によって使う脚の筋肉が変わる

    サドルの位置によって使う脚の筋肉が変わる

  7. 消耗品の交換時期を見極める

    自転車通勤に便利な都内のバイクステーション

  8. デキるローディのUVケア-春から秋にかけての紫外線対策

    デキるローディのUVケア-春から秋にかけての紫外線対策

  9. サイクルコンピュータアイキャッチ

    ロードバイク初心者が考えるサイクルコンピュータの選び方

特集記事

  1. 2017年予算20万円のロードバイクアイキャッチ 2017年版予算20万円で買えるロードバイク
  2. TCDのテーマのメリットとデメリット TCDのテーマのメリットとデメリット
  3. コーナリングの動作を学ぶ-予測と判断 コーナリングの動作を学ぶ-予測と判断
  4. ハンドルは握り方を意識すると走りが変わる ハンドルは握り方を意識すると走りが変わる
  5. ヘブンウィークブルベアイキャッチ AJ神奈川主催のヘブンウィークブルベ-イザベラ・バードBRM429
  6. インターバルトレーニングの効果とは インターバルトレーニングの効果とは-40歳からでも速くなる方法
  7. コスパだけじゃないジャイアントのTCRシリーズの真価とは コスパだけじゃないジャイアントのTCRシリーズの真価
  8. インターバルトレーニングを実践する上のポイント インターバルトレーニングを実践する上のポイント-40歳からでも速くなる方法
  9. TCD IZMテーマアイキャッチ TCD IZMテーマにリニューアルしました
  10. WordPressUpdraftPlusアイキャッチ WordPressを簡単にバックアップ&復元するUpdraftPlus

PICK UP記事

  1. ワールドサイクルのR250フロントポーチラージ試用レビュー ワールドサイクルのR250フロントポーチラージ試用レビュー
  2. ワールドサイクルのR250おにぎりリフレクター試用レビュー ワールドサイクルのR250おにぎりリフレクター試用レビュー
  3. 女性のためのロードバイクの選び方 女性のためのロードバイクの選び方
  4. ヘブンウィークブルベアイキャッチ AJ神奈川主催のヘブンウィークブルベ-イザベラ・バードBRM503
  5. インドアサイクリングZWIFTを始めるのに必要なもの インドアサイクリングZWIFTを始めるのに必要なもの
  6. 40代からのロードバイク-体力の低下に向き合う 40代からのロードバイク-体力の低下に向き合う
  7. ロードバイクの平均時速30kmに壁を突破する方法 ロードバイク平均時速30kmの壁を突破する方法
  8. ロードバイクにおすすめの小さめなサドルバッグ10選 ロードバイクにおすすめの小さめなサドルバッグ10選
  9. サイクルイベント別参加する時に抑えるべきポイント サイクルイベント別参加する時に抑えるべきポイント
  10. ロードバイク乗車時の具体的な呼吸法とは何か ロードバイク乗車時の具体的な呼吸法とは何か

おすすめ記事

  1. ろんぐらいだぁす!高宮紗希のロードバイクの装備がすごいことに
  2. 平地と上りの苦手を克服するためのポイント
  3. 短期間で鍛えるヒルクライム力-フィジカル編
  4. ロードバイク用度付き対応のスポーツアイウェア
  5. 上りが得意の人と苦手の人の特徴
  6. R250シューズカバープラス試用レビュー
  7. スペシャライズドのプレミアムフィッティング販売システム
  8. ペダリングトレーニング最終奥義ハイパワーペダリング
  9. グランフォンドを完走するための平地と下りのテクニック
  10. ロードバイクライフを始めるために必要なこと

Twitter

最近の記事

  1. サプリメントを活用してパフォーマンスアップ
  2. インドアトレーニングにおすすめのサイクルトレーナー
  3. 冬場のオフトレーニングのすすめ
  4. ウェアマニアが作ったウェアブランドQ36.5
  5. パナソニックボディトリマーで簡単ボディケア
  6. プロ選手達はトラブル時にはどう対処しているのか
  7. 新型アルテグラ8000系の情報
  8. ブルベエントリー情報一覧
  9. ブルベエントリー情報一覧
  10. ブルベエントリー情報一覧

人気記事

  1. 平地と上りの苦手を克服するためのポイント
  2. 2018年版予算20万円で買えるロードバイク
  3. インターバルトレーニングの効果とは
  4. トレンドはショートクランク?クランク長の選び方
  5. 冬場のオフトレーニングのすすめ
  6. 平地と上りそれぞれ苦手な人の傾向
  7. R250ツールケースホルダー試用レビュー
  8. インターバルトレーニングの実践方法
  9. インターバルトレーニングを実践する上のポイント
  10. インターバルトレーニングのメカニズム
PAGE TOP
Translate »