注目の記事 PICK UP

ロードバイク初心者の100kmロングライド-装備と持ち物

ロングライドで用意しておきたい装備と持ち物

ロードバイク初心者の100kmロングライド-装備と持ち物
ロングライドで100km程度の距離を周回コースで帰ってくるとしても、100kmも走ると考えるとそれなりの装備が必要になります。特に大切になってくるのは水分を補給するためのボトルとパンク修理に対応するためのパンク修理用ツールです。万が一のトラブルには、ロードバイクを分解して袋に入れて帰ってくるための輪行袋で対応します。あとは最終的には現金がエマージェンシーとして重要になります。ロングライドに出かける時は1万円程度はバックポケットの財布に入れておきましょう。これだけあればなんとか帰ってくることはできるでしょう。
ロードバイク初心者にありがちなのが、ロングライドを心配するあまりに、やたら荷物が多くなる事です。必要なものは持ちながらも少し大きめのサドルバッグに全てを収められるようにしたいところです。サドルバッグが少し大きくなる程度ならば、さほど走りに影響する事はありません。備えも大切ですが、過剰にならないようにする事がポイントです。また必要な時は自分でリカバリーできるようにパンク修理などの予行演習も必要です。

少し大きめのサドルバッグを用意する

ロングライドに最低限のものを入れるにしても、ちょっと大きめのサドルバッグが必要になります。輪行袋も入れるとなると1.5Lぐらいの容量のサドルバッグは欲しいところです。ロングライドでおすすめのサドルバッグはオルトリーブのサドルバッグです。完全防水で固定力もありサイズの展開も多く最適な容量のサドルバッグを選ぶ事ができます。

コンパクトな輪行袋を用意する

万が一のロードバイクのトラブルなど、走行不能になった時には輪行袋に入れて電車やタクシーで帰る事ができます。エマージェンシーとして用意しておくとロングライドでも安心です。

パンク修理用パッチと替えチューブ

100kmで2度もパンクするかなと思うところですが、不幸にしてパンクする時は2度パンクする事はありえるので、替えのチューブは2本持ってくと安心です。替えのチューブがあれば基本的にはパンク修理パッチは必要ありませんが、2回以上パンクしたりお守りとしてパンク修理用パッチがあると安心感が違います。ロングライドでパンクは侮れない存在です。

携帯ポンプとCO2ボンベ

パンク修理の時に必須なのが携帯ポンプです。CO2ボンベも持っていくとパンク修理の時の空気入れが楽になりますが、パンク修理時に少しチューブに空気を入れたりする時には携帯ポンプの方が利便性が良いです。また、CO2ボンベは一回の使い切りなので空気入れに失敗すると次がありません。やはりロードバイク初心者は携帯ポンプも持っていくと良いでしょう。

タイヤレバー

タイヤレバーもパンク修理の時に必須の持ち物です。ロードバイク初心者はタイヤレバー3本使う方がタイヤをホイールから外しやすいですが、タイヤをホイールから外す練習をして慣れてきたらタイヤレバーは2本あれば十分です。

携帯工具

ロードバイクは六角のボルトが多く使われているので、複数のサイズのアーレンキーとプラスドライバーが付いている携帯工具があると問題ないでしょう。携帯工具の中にはチェーン切りも付属したものがありますが、ロードバイク初心者でチェーントラブルがあった時に自分でチェーンの修理をするのは難易度が高いので輪行で緊急避難すると割り切ってチェーン切りがない携帯工具でも問題はありません。

軽量なカギ

ロングライド中ロードバイクを盗難から守るために、ロックは用意しておきたいところです。ですが、頑丈なロックは重量も重くライドに影響があります。基本的にはロードバイクから長時間離れないで盗難を予防する事です。そういう考え方からロックは軽量で、簡単に施錠と解錠できるもので問題ないでしょう。

現金と自転車用財布

ロングライドで万が一のトラブルがあった時、自走で帰宅が困難になった時に輪行袋にロードバイクを収納して、電車などの公共交通機関やタクシー等を利用して帰宅することを想定してある程度の現金を持ってロングライドに出かけたいです。目安となるのは100km程度のロングライドでしたら1万円です。その時現金をどう持ち歩くかで迷走するのが財布です。普段使用している財布がジャージのバックポケットに入るくらいコンパクトなものならばそのまま使用しても問題ありませんが、ロードバイク乗りの方で意外と迷走するのがロードバイクに乗る時に持ち歩く財布です。おすすめはワールドサイクルから発売されている防水のスマートフォンも入る財布です。お札も折り曲げる事なく収納できてスマートフォンもiPhone6Sサイズでも収納できて、サイクルジャージのバックポケットにすっぽり収まるサイズに設計されていてとても使いやすい財布です。ロードバイクに乗る用の財布に困っている方は一度検討してみてください。

【M便】R250 防水スマートライドポーチ マットブラック
【M便】R250 防水スマートライドポーチ マットブラック/ワールドサイクル(本店)


【特急】【M便】R250 防水スマートライドポーチ カーボン
【特急】【M便】R250 防水スマートライドポーチ カーボン/ワールドサイクル(本店)


ワールドサイクルのR250防水スマートライドポーチ試用レビュー
ワールドサイクルから発売中の防水スマートライドポーチの実力は如何に。ブルベカード入れにもなるこの財布気になっている方も多いのではないでしょうか。今回スマートライドポーチを徹底的にテストしてみました。

ロードバイク初心者は荷物は背負わない

多少の荷物なら、ロードバイクに装着するよりもバックパックを背負ったほうが、ロードバイクの挙動が良いという意見もありますが、ロングライドとなるとバックパックを背負うのは上半身や腰への負担となるので避けたほうが良いでしょう。また背中や肩も蒸れやすくなり悪影響が大きいです。

パンク修理の予行練習をしておきましょう

いくらパンク修理キットを持っていても実際にパンク修理できなくては意味がありません。ロングライドに挑戦する前に、タイヤのチューブ交換ができるようにタイヤをホイールから外すところからチューブを交換してタイヤをホイールにはめなおして空気を入れるまでの流れを練習しておきましょう。

ビンディングペダルを導入してみる

ロードバイクに乗る事に慣れてきたら、ロングライドに出る前にビンディングペダルを導入しておきたいところです。ビンディングペダルはペダルを回すペダリングに有効で、パワーを効率的に走りに生かす事ができます。まずは片面フラットタイプのペダルを装着するのもいいでしょう。片面がフラットなのでビンディングに慣れない内はフラットペダルも併用することもできます。ただ、ロードバイクに乗る事に慣れてきたらビンディングペダルも本格的なものに一気に変えてしまうのも問題ありません。SPD-SLペダルでも少し練習するだけで違和感なく付け外しできるようになります。

ロードバイクのビンディングペダルは最後は結局SPD-SLを選んでしまう
ロードバイクのビンディングペダルを何を選べばいいのか?私は最初からSPD-SLのペダルをおすすめします。ビンディング初心者でもSPD-SLペダルをおすすめする理由は何故か?にお答えします。


ロードバイク初心者がビンディングペダルを使いこなすポイント
ロードバイク初心者の方の最初の関門がビンディングペダルの着脱だと思います。安全のためにペダルを見ずにビンディングペダルを着脱するためのポイントとは何か。ペダルを見ずにビンディングを着脱するためのポイントを解説します。

サイクルジャージのバックポケットを活用する

サイクルジャージのバックポケットは荷物を取り出しやすく便利なスペースです。利き手側のポケットにすぐに取り出せるように補給食、中央は財布とスマートフォンなど、利き手と反対側には折りたたんだウィンドブレーカーなど、背中への重量配分も考えて3つあるバックポケットを有効に活用しましょう。

サイコンやライト類はきちんと装備と確認

スピードの維持管理にサイクルコンピュータはぜひ導入しておきたいところです。走った距離の確認などロングライドにはサイクルコンピュータが無いと不便です。ライト類は夜間走行を想定していなくても、遅くなって日没後も走行することになってしまう事態はありえるので1灯は用意しておきましょう。また、トンネル内などを走行することなどもあるのでLED式のリアライトも装着しましょう。また、忘れがちですがベルは保安部品として装着義務のあるパーツです。使用する場面はほとんどありませんが、ベルはきちんと装着しておくようにしましょう。

ライド前の事前チェックでトラブルを未然に防ぐ

転倒でもしない限りは、まさかのトラブルは事前の点検で防げる事が多いです。ロングライドに出かける前に、タイヤの空気圧や異物が刺さってないか等のチェック、ライト類の充電と点灯確認、ブレーキの制動確認、サイコン類の電池の交換等、簡単な事前チェックをしておきましょう。ディレーラー類などメカ類のトラブルが心配なようでしたらショップに持ち込んでチェックしてもらいましょう。

ロードバイク初心者の100kmロングライド-フォームとペース管理
ロードバイク初心者がまず達成したいのが100kmのロングライド。慣れたライダーなら毎週100km走る人もいますがやはりロードバイク初心者にとって100km走破は目標の一つです。100kmロングライドを走破するためのフォームとペース管理について解説します。


ロードバイク初心者の100kmロングライド-コースの選び方
ロードバイク初心者で100kmのロングライドを完走するためのコース設定はまずは無理のない平地主体でコースを設定することです。安全に走れるサイクリングロード等もコースに組み込んで余裕を持ったスケジュールでチャレンジしましょう。


ロードバイク初心者の100kmロングライド-効率的な楽な走り方
ロードバイク初心者が100kmを走破するポイントはいかに楽に走りきるかです。無駄にパワーを出す事なくパワーをロスせず疲れを溜めない事が大切です。楽に走るためにがんばらない事。100kmロングライドを成功するための走法について解説します。


ロードバイク初心者の100kmロングライド-休憩のポイント
ロングライドでは休憩もポイントになります。ポイントは疲れてしまう前に休憩を取る事。そして一定時間ごとに休息を取ることです。ロングライドにおける休憩の仕方とポイントを解説します。


ロードバイク初心者の100kmロングライド-補給のポイント
ロングライドではハンガーノックを防ぐためにも補給が重要です。補給を摂るにしても補給に適したものと適さないものがあります。また水分補給も暑い時期には工夫が必要です。ロングライドする時の補給のポイントを解説します。


ロードバイク初心者の100kmロングライド-暑さ対策のポイント
暑い夏場から初秋にかけてのロングライドにおける暑さ対策のポイントを解説します。ポイントは熱中症にならないために水分を補給することと身体を早めに冷やす事です。暑い時期のロングライドのポイントを解説します。

関連記事

  1. ロードバイクは恥骨で座ると安定する

    ロードバイクは恥骨で座ると安定する

  2. 消耗品の交換時期を見極める-タイヤ編

    消耗品の交換時期を見極める-タイヤ編

  3. パールイズミのバックパック

    パールイズミがサイクリング用バックパックを発表

  4. コーナリングの成否を決定づけるブレーキング

    コーナリングの成否を決定づけるブレーキング

  5. ペダリングトレーニング最終奥義ハイパワーペダリング

    ペダリングトレーニング最終奥義ハイパワーペダリング

  6. ロードバイクの平均時速30kmに壁を突破する方法

    ロードバイク平均時速30kmの壁を突破する方法

  7. 消耗品の交換時期を見極める

    消耗品の交換時期を見極める-ワイヤー編

  8. 消耗品の交換時期を見極める

    自転車通勤に便利な都内のバイクステーション

  9. ロードバイクにおすすめの小さめなサドルバッグ10選

    ロードバイクにおすすめの小さめなサドルバッグ10選

特集記事

  1. TCDのおすすめテーマ一覧 TCDのおすすめテーマ一覧
  2. ワールドサイクルのR250サイクル反射ベスト試用レビュー ワールドサイクルのR250サイクル反射ベスト試用レビュー
  3. ロードバイクライフを始めるために必要なこと ロードバイク初心者に最低限必要な装備
  4. コーナリング実践倒し込みから旋回立ち上がりまで コーナリング実践倒し込みから旋回立ち上がりまで
  5. ロードバイクトレーニングの基礎の基礎 ロードバイクトレーニングの基礎の基礎
  6. ロードバイク初心者の100kmロングライド-装備と持ち物 ロードバイク初心者の100kmロングライド-装備と持ち物
  7. ワールドサイクルのR250おにぎりリフレクター試用レビュー ワールドサイクルのR250おにぎりリフレクター試用レビュー
  8. 短期間で鍛えるヒルクライム力-食事コンディション編 短期間で鍛えるヒルクライム力-食事コンディション編
  9. Garmin EDGE 820J Garmin EDGE 820Jの設定方法のまとめ
  10. ヘブンウィークブルベアイキャッチ AJ神奈川主催のヘブンウィークブルベ-イザベラ・バードBRM504

PICK UP記事

  1. ヘブンウィークブルベアイキャッチ AJ神奈川主催のヘブンウィークブルベ-イザベラ・バードBRM504
  2. ミドルグレードのカーボンクリンチャーホイール ミドルグレードのカーボンクリンチャーホイール
  3. ピナレロ2018年ニューモデル発表会-GANシリーズ ピナレロ2018年ニューモデル発表会-GANシリーズ
  4. コーナリングの動作を学ぶ-予測と判断 コーナリングの動作を学ぶ-予測と判断
  5. グランフォンドを完走するためのポイント グランフォンドを完走するためのポイント
  6. 消耗品の交換時期を見極める 消耗品の交換時期を見極める-ワイヤー編
  7. ブルベやロングライドにおすすめのロードバイク ブルベやロングライドにおすすめのロードバイク
  8. ロードバイク用度付き対応のスポーツアイウェア ロードバイク用度付き対応のスポーツアイウェア
  9. ギアチェンジする時はケイデンスを意識する事で無駄がなくなる ギアチェンジする時はケイデンスを意識する事で無駄がなくなる
  10. ロードバイク初心者の100kmロングライド-フォームとペース管理 ロードバイク初心者の100kmロングライド-フォームとペース管理

おすすめ記事

  1. グランフォンドを完走するための補給のテクニック
  2. ろんぐらいだぁす!ツーリングガイド
  3. パールイズミ2017年秋冬モデルアイキャッチ
  4. ロードバイクにおすすめの小さめなサドルバッグ10選
  5. ギアチェンジする時はケイデンスを意識する事で無駄がなくなる
  6. PBP パリ・ブレスト・パリ
  7. Garmin EDGE 820J
  8. ロードバイクのクリンチャータイヤについて知っておきたい知識
  9. KUREのMade For SPeedシリーズのケミカルが気になる存在に
  10. ロードバイクライフを始めるために必要なこと

Twitter

最近の記事

  1. パールイズミ2017年秋冬モデルアイキャッチ
  2. ピレリからロードバイク用クリンチャータイヤが新発売
  3. PBP パリ・ブレスト・パリ
  4. ワールドサイクルのR250防水スマートライドポーチDX試用レビュー
  5. ワールドサイクルのR250サイクル反射ベスト試用レビュー
  6. ワールドサイクルのR250おにぎりリフレクター試用レビュー
  7. 保冷効果が長いおすすめの保冷ボトル
  8. デキるローディのUVケア-春から秋にかけての紫外線対策
  9. ロードバイク初心者の100kmロングライド-暑さ対策のポイント
  10. ロードバイク初心者の100kmロングライド-装備と持ち物

人気記事

  1. ワールドサイクルのR250サイクル反射ベスト試用レビュー
  2. ワールドサイクルのR250おにぎりリフレクター試用レビュー
  3. シマノR8000新型アルテグラ徹底解剖
  4. ワールドサイクルのR250防水大型サドルバッグラージ試用レビュー
  5. ロードバイク初心者がビンディングペダルを使いこなすポイント
  6. PBP パリ・ブレスト・パリ
  7. ワールドサイクルのR250パーキングストッパー&チェーンフック試用レビュー
  8. ロードバイク初心者の100kmロングライド-フォームとペース管理
  9. 普段の走行で意識することでトラブルを回避するポイント
  10. ロードバイクは恥骨で座ると安定する
PAGE TOP
Translate »