注目の記事 PICK UP

コーナリング実践倒し込みから旋回立ち上がりまで

コーナリング実践倒し込みから旋回立ち上がりのポイント

コーナリング実践倒し込みから旋回立ち上がりまで
コーナリングは予測と判断そして制動でほぼ決まります。だからといってコーナリングの動作、倒し込みから旋回、立ち上がりが簡単というわけではありません。直立していたロードバイクを倒し、旋回し、また立てるという不安定な動きが連続するからです。実際、倒し込みを苦手としている人は結構多いと思います。

ロードバイクと体一緒に倒すイメージを持つ

ハンドルだけを曲げても自転車は曲がってくれません。スピードが上がれば上がるほど自転車は直立しようする力が働き倒れにくくなります。自転車よりも体の方が重いので、自転車と体を一緒に倒すイメージを持つといいと思います。上下方向の重心位置も大切です。重心が高いとロードバイクを倒しにくくなります。バイクが中々倒れてくれないという人は、上体を低くしてみてください。重心が下がるのでバイクが素直にストンと倒れてくれると思います。

旋回時のフォームは?

旋回時のフォームは、前輪と後輪にきちんと荷重がかかるフォームが正解です。自然なペダリングができるポジションであれば、自動的に荷重バランスがやや後ろ寄りになります。それがコーナリングに適したフォームでもあるのです。
ペダリングしやすく操作しやすい基本のフォームが、そっくりそのままコーナリングに適した荷重バランスになっています。

コーナリングの基本はリーンウィズ

基本はリーンウィズのフォームです。危険回避でもしない限り、リーンインやリーンアウトは使いません。コーナリング中、バイクと路面の接地感がなくなってしまうというライダーも多いですが、原因はバイクと自分の中心線がズレているからだと思います。バイクとライダー中心線が一致していると、自分の体重がタイヤにしっかりかかりますし、バイクから路面状況が伝わりやすくなります。バイクと体の傾きを一致させて倒し込むことが基本になります。

旋回中の頭の角度や視線の方向

コーナリング中はどこを見ればいいのでしょうか。全体の状況をチェックしつつ、コーナー出口に視線を向けておくことが大切です。コーナリング中でバイクと体が傾いている時でも、頭の角度は地面に対して垂直気味になります。頭と体が一緒に傾いてしまうと、自分がどの角度になっているのかを感じ取りにくくなるので、不自然にならない程度に首を曲げて、地面に対して垂直気味になるようにしましょう。ただ、完全に垂直にする必要はありません。自分が見やすい角度で問題ありません。

膝は開くか開かないか

膝の開きは個人の好みになります。開いたほうがバランスを取りやすいという人もいれば、開かなくても上手く曲がれる人もいます。トッププロでも様々です。例えばクリス・フルーム等は膝をよく開く選手です。骨格も含めて、その人のクセなのだと思います。コーナリングの途中でラインを修正してさらに内側に切れ込んでいくときは、きっかけ作りとして膝を開いて、素早く荷重移動をすることが多いです。

コーナリング中は外脚荷重が基本

コーナリング中は外脚荷重が基本になります。外側のペダルに荷重をかけて、バイクを地面に押し付けるイメージを持ちます。クランクは水平でもいいという人もいますが、クランクが水平だとペダルに荷重がかけられません。コーナー内側の脚を下げるのは絶対にNGです。ペダルが地面に接触してしまい、ペダルの接触がきっかけでタイヤにかかっていた荷重が抜けて転倒の原因になる場合があります。曲がる方向の脚は上げるのが鉄則です。

コーナリング時のフォームも前4:後6

コーナリング中に、ハンドルにしがみついて前荷重になっている人や、腰を引きすぎて極端な後ろ荷重になっている人も多いですが、旋回中も通常走行時と同じフォームで大丈夫です。バイクの真ん中に乗って前輪と後輪にしっかりと荷重をかけるイメージです。下りでも腰を引きすぎるのはよくありません。腰を極端に引くのは急制動時だけです。

ハンドルはどこを握るのか

スピード域にもよりますが、高速なら下ハンドルがいいでしょう。下ハンドルを握った方が重心が低くなるので旋回時に安定します。ブレーキレバーを強く握れるというメリットもあります。また、ブラケット部分に比べてハンドルをしっかりと握り込むことができるので、衝撃を受けた時に手からハンドルが離れてしまうということを防げます。でも、あまり強く握りすぎないことです。当て効きがしやすく、体重を支えて操舵が自然にできるくらいがいいでしょう。コーナリングスピードが低いなら、ブラケットを握るのも問題無いと思います。また、下ハンドルを握ると前傾が強くなりすぎて怖いという人は、ブラケットを持って慣れることが先決です。下ハンドルを握ると視線が低くなり、スピード感が上がってしまいます。

旋回から立ち上がりの注意点

旋回中に意識するべきことは、基本的にコーナリングラインに乗ることを意識します。コーナーのアールが一定なら、旋回中にすることはほとんどありません。フォームは基本的に外脚荷重のままです。腕は軽く曲げておきます。腕を伸ばしきっていると操舵がしにくい上、路面からの衝撃を吸収できません。タイヤが滑った時も腕を伸ばして対処できます。旋回中は基本的に下り以外でブレーキはかけません。でも何があるかわかりませんので、ブレーキレバーに指は添えておきましょう。立ち上がりでは、ペダルが地面に当たらない角度までバイクが起き上がってからペダリングを始めます。もしペダルが地面に当たってもひるんで脚を止めないようにしましょう。

反復練習でコーナリングを体に染み込ませる

コーナーを苦手としている人は意外と多いです。実際にコーナーで転んでケガをしてしまう人もたくさんいます。しかし、何故か速く安全に曲がれるようになるコーナリングの練習法を提唱する人は少ないです。オートバイではよくコーナリングの練習法を解説している書籍やDVDはありますが、ロードバイクでは皆無です。ロードバイクも二輪車なのでコーナリングの技術をもっと磨くべきだと思います。
自転車はペダリング以外の反復練習をあまりしませんが、基礎を養う上で反復練習は非常に大切です。サッカーや水泳はトッププロでも必ず反復練習をしています。自転車のコーナリング上達にも反復練習が有効です。
コーナリングの練習といえば、8の字や定常円旋回等が定番ですが、バランスの改善や重心位置の意識付けには有効だと思いますし、それが結果としてコーナリング中のバランス向上に繋がるので的外れではないでしょう。しかし、低速で行う練習なので、実際のコーナリング技術の初歩の初歩に過ぎません。

同じコーナーを様々な条件で曲がる練習をする

スピードを変え、コーナリングラインを変え、ブレーキングポイントを変え、と様々な条件で何度も同じコーナーを曲がることはコーナリングのいい練習になります。同じコーナーで同じラインでも、速度が違えばコーナリングの感覚は全く違うものになります。スピードが1.5倍になれば運動エネルギーは2.25倍になります。スピードが2倍になれば運動エネルギーは4倍になります。同じコーナーで速度を変えて、ブレーキングを意識しながら何度も何度も走ってみるといろんなことが分かってきます。時速30kmならこんな感じ。じゃあ時速35kmにしたら、時速40kmにしたらと意識しながら速度を変えて何度も曲がってみることです。ただ漠然と走るのではなく、一回一回のコーナリングにテーマを設けて曲がってみると、それが自分の中に経験値として積み重なっていきます。それがコーナリングの上達に直結します。あるコーナーの最速ラインは一本ですが、あえてラインを変えて走る意味があるのでしょうか。
どのラインを選ぶべきかの判断能力向上と、危険回避能力の向上に繋がります。最速ラインが判断できても、そのライン上にマンホールがあるかもしれません。コーナリング途中でラインを変えた時に、このあとどうすればいいのか分からないじゃダメなのです。自分で様々なラインを選べる、どんなラインでコーナリングしても安全に脱出できる、という能力は、同じコーナーを違うラインで何度も走ることで習得できます。

危険回避時の動きを体に覚え込ませる

コーナリング中に急に障害物が現れたことを想定して、同じコーナーでロードバイクを立てるそして寝かせる、もしくはロードバイクを立てるそして急制動してまた寝かせるを繰り返し練習すると、緊急時の対応能力の向上が期待できます。一つのコーナーの中で、ロードバイクを立てるそして寝かせるを何度も繰り返して、その動作に慣れておくことは、緊急時に対する心構えを養ううえでとても有効です。
コーナリング中に障害物が現れた時に、いきなり冷静な対応をとることは難しいです。ロードバイクを立ててブレーキングまではできても、再び寝かせることは難しいのです。体は急制動に耐えてギュッと固まっていますし、精神的にも余裕がありません。でもバイクを寝かせられないとそのまま直進してしまいます。何度も反復練習をしておくと、実は体を硬直させなくてもバイクを立てて減速させることはできるということが分かってきます。必ず左右ともに練習してどちらのコーナーでもできるようにしておきましょう。咄嗟な状況に余裕を持って対応できるようになるでしょう。

悪路を体験して適応能力を上げる

高速コーナリング中にライン上に砂が浮いていた。そんなとき、恐怖で体が固まってしまう人は多いと思います。挙げ句の果てに、その砂の上でブレーキをかけてしまいます。そんな時の対応能力を養うには、あえて路面状況の悪いところを走ってみることが有効です。路面状況の悪い場所ではどんな接地感になるのか。どんなグリップ感になるのか。そういうときにはバイクがどういう動きをするのか。それを感じておくことで適応能力が上がり、実際のコーナーで悪条件に遭遇しても、慌てずに正しい対処ができるようになります。路面状況の悪い場所で実際にどのような走行感になるのかを知っておくことは、適応能力を上げるうえで非常に有効なのです。ただ、危険なので周囲の状況をよく確認して、最初は低速から試してみることをおすすめします。

コーナリングも反復練習で体に覚え込ませる

ロードバイクのコーナリングもペダリングと同じで、反復練習して体に覚え込ませることが大切です。理論だけ頭に入っているだけでは、いざコーナリングの場面に危険な状況になった時に体が反応してくれないかもしれません。公園のサイクリングコース等、安全な場所でコーナリングの練習を繰り返し練習することで確実に、コーナリングの技術は上達していきます。外脚荷重を意識してタイヤへ荷重することで、タイヤのグリップの感覚も分かるようになってきます。
オートバイに乗っていた経験のある方ならコーナリングの重要性は理解していただけると思いますが、オートバイの経験の無い方だとコーナリングの重要性に気づきにくいと思います。
たかが自転車でしょと思っていると、下りのコーナーでオーバースピードになって事故を起こしてしまう可能性もあります。
普段サイクリングしている時でも、コーナリングを意識してリーンウィズを意識して外脚荷重で、タイヤのグリップを感じる感覚を養うことで、今よりも一段ロードバイクに乗る技術が向上することでしょう。

自転車は何故曲がるのか?-ロードバイクのコーナリング力学
ロードバイクで曲がるということを意識した方は少ないのではないでしょうか。ロードバイクも二輪車なのでコーナリングには技術が必要です。コーナリングの理論の中でもコーナリング中の力学について解説します。

自転車は何故曲がるのか?ロードバイクのコーナリング力学の基本については上記の記事をご覧ください。

摩擦円とは何か-コーナリング時のグリップ
ロードバイクのコーナリング時に考えないといけないのがタイヤのグリップの限界値です。専門用語で摩擦円と表現されますがこの摩擦円の理論を理解するとコーナリング時のタイヤのグリップを理解することができます。

コーナリング時のタイヤのグリップ摩擦円とは何か?については上記の記事をご覧ください。

コーナリング時に最適な荷重バランス-セーフティコーナリング
ロードバイクでコーナリングする時の最適な荷重バランスは?前荷重なのかそれとも後ろ荷重なのか。前後の荷重バランスからコーナリング時の最適な荷重バランスを考えます。

コーナリング時の最適な荷重バランスセーフティコーナリングについては上記の記事をご覧ください。

コーナリング時のライディングフォーム-フォームごとの特徴
ロードバイクにもオートバイと同じように3種類のコーナリングフォームがあります。リーンウィズ・リーンイン・リーンアウト。どのフォームがロードバイクのコーナリングに適しているのかその理由を解説します。

コーナリング時のライディングフォーム、フォームごとの特徴については上記の記事をご覧ください。

コーナリングの動作を学ぶ-予測と判断
コーナリングの理論を理解したら次は実際にコーナリングの動作について実践していきます。コーナリング時には一瞬で予測と判断が要求されます。その予測と判断についてもう一度見直してみます。

コーナリングの動作時の予測と判断については上記の記事をご覧ください。

コーナリングの成否を決定づけるブレーキング
ブレーキングはコーナリング時に非常に重要な要素です。オーバースピードで入ってしまうと曲がりきれませんし減速しすぎると立ち上がりにパワーを使います。コーナー進入時に正確にブレーキングする判断について解説します。

コーナリングの成否を決定づけるブレーキングについては上記の記事をご覧ください。

一瞬の判断で生死が分かれる-危険回避
自分が慎重に走行していもコーナリング中ブラインド状態から突然危険な状況になる時があります。コーナリング中に危険な場面に遭遇してしまった時の危険回避の方法について解説します。

一瞬の判断で生死が分かれる-危険回避については上記の記事をご覧ください。

関連記事

  1. ロードバイクのハンドルポジションの決め方

    ロードバイクのハンドルポジションの決め方

  2. ハンドルの握り方を正せば上半身がうまく使える

    ハンドルの握り方を正せば上半身がうまく使える

  3. シマノR8000新型アルテグラ徹底解剖

    シマノから新型アルテグラR8000系を発表

  4. 消耗品の交換時期を見極める

    自転車通勤に便利な都内のバイクステーション

  5. バイクパッキング大型サドルバッグアイキャッチ

    バイクパッキング大型サドルバッグの選び方

  6. Garmin EDGE 820J

    Garmin EDGE 820Jでバッテリー消費を抑える設定

  7. ロードバイク乗車時の具体的な呼吸法とは何か

    おすすめロードバイクプロショップ-多摩川サイクリングロード周辺

  8. ロードバイクトレーニングの基礎の基礎

    ロードバイクトレーニングの基礎の基礎

  9. インターバルトレーニングのメカニズム

    インターバルトレーニングのメカニズム-40歳からでも速くなる方法

特集記事

  1. サプリメントを活用してパフォーマンスアップ サプリメントを活用してパフォーマンスアップ
  2. 短期間で鍛えるヒルクライム力-食事コンディション編 短期間で鍛えるヒルクライム力-食事コンディション編
  3. インターバルトレーニングのウォーミングアップとリカバリー インターバルトレーニングのウォーミングアップとリカバリー-40歳からでも速くなる…
  4. Let's Encryptアイキャッチ Let’s Encrypt-無料SSLサーバー証明書をSSL BOX…
  5. コーナリング時に最適な荷重バランス-セーフティコーナリング コーナリング時に最適な荷重バランス-セーフティコーナリング
  6. Garmin EDGE 820J Garmin EDGE 820Jのソフトウェアアップデートの方法
  7. ヒルクライム・エンデューロに向けたトレーニング方法 ヒルクライム・エンデューロに向けたトレーニング方法
  8. ロードバイク乗車時の具体的な呼吸法とは何か ロードバイク乗車時の具体的な呼吸法とは何か
  9. ヘブンウィークブルベアイキャッチ AJ神奈川主催のヘブンウィークブルベ-イザベラ・バードBRM501
  10. 40代からのロードバイク-体力の低下に向き合う 40代からのロードバイク-体力の低下に向き合う

PICK UP記事

  1. 主要3社のディスクロードバイクフィーリング比較 主要3社のディスクロードバイクフィーリング比較
  2. ペダリング動作を正確に行う神経トレーニング ペダリング動作を正確に行う神経トレーニング
  3. ロードバイク初心者の100kmロングライド-コースの選び方 ロードバイク初心者の100kmロングライド-コースの選び方
  4. R250シューズカバープラス試用レビュー ワールドサイクルのR250シューズカバープラス試用レビュー
  5. ヒルクライム・エンデューロに向けたトレーニング方法 ヒルクライム・エンデューロに向けたトレーニング方法
  6. カーボンクリンチャーホイールの進化 カーボンクリンチャーホイールの進化
  7. ペダリング時の筋肉の働きを理解して意識することで変わる ペダリング時の筋肉の働きを理解して意識することで変わる
  8. 主要3社のディスクブレーキ比較 主要3社のディスクブレーキ比較
  9. 修善寺伊豆急下田-サイクルスポーツ聖地の旅コース 修善寺伊豆急下田-サイクルスポーツ聖地の旅コース
  10. ワールドサイクルのR250ドラム型フロントバッグ試用レビュー ワールドサイクルのR250ドラム型フロントバッグ試用レビュー

おすすめ記事

  1. PBP パリ・ブレスト・パリ
  2. ロードバイクにおすすめの小さめなサドルバッグ10選
  3. ピレリからロードバイク用クリンチャータイヤが新発売
  4. ワールドサイクルのR250防水スマートライドポーチDX試用レビュー
  5. PBP パリ・ブレスト・パリ
  6. ロードバイクのハンドルポジションの決め方
  7. ディスクロードバイクのメリットとは
  8. ワールドサイクルのR250フロントポーチラージ試用レビュー
  9. ロードバイクのポジションの考え方
  10. パールイズミ2017年秋冬モデルアイキャッチ

Twitter

最近の記事

  1. ディスクロードの狙い目はアルテグラの完成車
  2. 主要3社のディスクロードバイクフィーリング比較
  3. 主要3社のディスクブレーキ比較
  4. ディスクロードの様々な疑問
  5. ディスクロードバイクの基本的知識
  6. ディスクロードバイクは油圧式を選ぶ
  7. ディスクロードバイクのメリットとは
  8. サイクルトレインBBベースがスタート
  9. サプリメントを活用してパフォーマンスアップ
  10. インドアトレーニングにおすすめのサイクルトレーナー

人気記事

  1. 2018年版予算20万円で買えるロードバイク
  2. 平地と上りの苦手を克服するためのポイント
  3. 平地と上りそれぞれ苦手な人の傾向
  4. 平地が得意の人と苦手の人の特徴
  5. 上りが得意の人と苦手の人の特徴
  6. ハンドルは握り方を意識すると走りが変わる
  7. 平地が苦手上りが苦手それは何故なのか
  8. 平地と上りが苦手なサイクリストの疑問とは
  9. ハンドルの握り方を正せば上半身がうまく使える
  10. ハンドルのドロップ形状を選ぶ
PAGE TOP
Translate »