注目の記事 PICK UP

一瞬の判断で生死が分かれる-危険回避

コーナリング中は危険は向こうからやってくる

一瞬の判断で生死が分かれる-危険回避
ロードバイクが曲がる理論について理解して、コーナリング中はきちんとブレーキングして余裕のあるスピード域で安全にコーナリングに進入。ラインも安定していてコーナーの先をみつつコーナリング。コーナーの出口が見えてきたら突然目の前に車が。なんてことが無いとは言えません。
公道を走行している以上は、対向車、グレーチング、浮き砂、歩行者等、コーナリングの先に何があるか分かりません。危険は時に向こうからやってくるのです。いざという時のために、コーナリング中の危険回避の方法について解説します。

公道では不測の事態をいつも想定しておく

ロードバイクが曲がる理論は理解しました。コーナリング中のタイヤのグリップやコーナリングに最適な荷重のかけ方も理解しました。予測と判断、コーナー進入前にきちんとブレーキングすることも学びました。これであなたのコーナリングも完璧です。不測の事態が起きない限りは。
あなた以外に誰も走っていない綺麗な路面のサーキットで、コーナーを攻めるなら正しいコーナリング術を学び実践するだけでいいかもしれません。しかし、現実の公道では危険であふれています。路面状況は刻々と変わります。ブラインドコーナーの先には障害物があるかもしれません。それに、人間は必ず過ちを犯します。判断ミスによるオーバースピード。パニックブレーキ。倒しすぎによるスリップダウン。事実、落車はロードバイクが不安定な動きになるコーナリング中に起こることが圧倒的に多いです。不測の事態は必ずやってきます。そんな予想外の状況に遭遇した時、どう対処すればいいのでしょうか。

危険回避は実走経験がものをいう

危険回避が上手い人は対処法のバリエーションが多いです。状況、速度域、障害物の種類や大きさ等を冷静に判断して、いくつもの対処法の中から最適なものを選んで実行できます。ブレーキの当て効きでコーナリングラインの変更するのか、バイクを立てて減速するのか、さらに倒しこんで避けるのか。慣れていない人は驚いて体が固まってしまい、ブレーキを思いきりかけるくらいしかできません。
対処法はコーナリング中の余裕の有無によって変わります。グリップに余裕がない時は、バイクを立ててフルブレーキングするしかありません。グリップに余裕がある時は、当て効きをしながらコーナリングライン変更で対処します。
しかし、コーナリング中にブレーキをかけるのは怖いものです。このくらいのバンク角ならブレーキをこのくらいかけても大丈夫という感覚を養うにはどうしたらいいのでしょうか。
それは経験と意識しかありません。よくパニックブレーキといいますが、びっくりするとブレーキを急にグッとかけてしまいがちです。しかも、日本で売られているロードバイクのほとんどは右側のブレーキが前輪のブレーキで組まれているので、とっさに利き手で前輪ブレーキを強くかけてしまいやすいのです。利き手の方が反応が速く、握力も強いからです。そうなると前輪が一気に滑って頭部から路面に落ちてしまいます。パニックブレーキをしないように常に意識しておくだけでもかなり違うと思います。例え転ぶとしても、上手い人は後輪を先に滑らせてお尻から転ぶものです。パニックブレーキをしないということが意識に刷り込まれているのです。
咄嗟の事態を冷静に判断し正しく対処する。落車するならできるだけ被害を小さくする。それができなければコーナリングがうまいとはいえないのです。

余裕の無い場合の回避方法

コーナリング中に限界近いグリップでコーナリングしていて、危険な場面に遭遇した時の対処法はどうすればいいのでしょうか。当て効きしてブレーキングするとタイヤのグリップが限界を越えてしまって滑ってしまいます。この場合はコーナリングをいったん止めてバイクを立てて、タイヤに制動力を受け止めるだけの余地を持たせてからブレーキングします。急制動する時は腰を思い切り引くと安定します。引く余裕がなくても、とにかくバイクを立てて減速します。転ぶにしても、転ぶまでに速度をできるだけ落とすことを考えましょう。ただでさえ精神的に余裕がない限界コーナリング時に危険に遭遇すると固まってしまいがちですが、バイクを立てて、腰を引き、急制動するという冷静さが必要なのです。

急制動でバイクを立てる理由

限界に近いコーナリングをしているとき、摩擦円上では矢印が横方向に長く伸びています。そんな状態のままブレーキングすると、後ろ向きにもグリップを使うことになるので、矢印は横方向と後ろ方向を合成したものとなり、摩擦円の円周上から飛び出してしまいます。コーナリングを止めてバイクを立てれば、横方向の矢印は消えるので、グリップを後ろ方向=ブレーキングに目一杯使えるのです。

余裕がある場合の回避方法

コーナー進入前にきちんとブレーキングして、タイヤのグリップに余裕がある状態でコーナリングしている時に危険な場面に遭遇した場合の対処法はどうすればいいのでしょうか。
タイヤが滑ってしまわない程度にブレーキングをして速度を落としつつ、バイクをさらに傾けて、もしくはバイクを立ててコーナリングラインを変更します。グリップに余裕があるとはいえ、コーナリング中はブレーキをかけすぎないように注意しましょう。グレーチングや浮き砂等がある場合は、その上を通過しても滑らない速度までスピードダウンする必要があります。滑りやすいものの上を通る時はバイクを立てておくことが重要です。ただし、バイクを立てるのは滑りやすいものの上を通過する瞬間だけです。あまり長く立てているとコーナリングラインがズレすぎてしまいます。

被害を最小限にする努力をする

攻めすぎてタイヤが滑ってしまった。オーバースピードでどう考えても曲がりきれない速度でコーナーに進入してしまった。そんなとき、被害をできるだけ小さくするためにできることはあるのでしょうか。滑って行く方向、突っ込んでしまう方向をしっかり見て、危険な場所をできるだけ避けることです。安全な場所を見つけて、そこに向かうように努力することです。そんな余裕があるか分かりませんが、最後まで諦めずにバイクのコントロールを放棄しないことです。対向車が来ていた場合等では、その一瞬の判断が生死を分けることもあります。

レースのコーナリングは独自のルールがあります

サーキットや封鎖した公道で行われるエンデューロレースやクリテリウムレースでは、右側か左側が遅い人用のスペースになっていることが多く、そのイベントのルールに則ってライン取りをする必要があります。イベントによってルールは様々ですが、エンデューロレースはイベントの性格上、ライダー間の速度差が大きいことが多いので、常に速い人が抜いていくかもしれない、遅いライダー用にスペースを空けてあげなくてはと考えながら走りましょう。

集団内でのコーナリング

集団内でのコーナリングは、前の選手と同じラインを通ることが基本になります。コーナーで前走者のイン側には入らないことです。コーナリング中に膨らんでしまった時に逃げ場がありません。コーナリング中に前走者と重なってしまう場合、重なり具合が中途半端だと接触時にタイヤとタイヤが当たってバランスを崩しやすくなります。重なるなら、もし接触しても相手の体と自分の体が当たるくらいまでにしましょう。体同士が当たってもバランスは崩れにくいためです。また、急制動は避けることです。追突されると自分はもちろん、追突する相手も落車に巻き込んでしまうことになります。

自転車は何故曲がるのか?-ロードバイクのコーナリング力学
ロードバイクで曲がるということを意識した方は少ないのではないでしょうか。ロードバイクも二輪車なのでコーナリングには技術が必要です。コーナリングの理論の中でもコーナリング中の力学について解説します。

自転車は何故曲がるのか?ロードバイクのコーナリング力学の基本については上記の記事をご覧ください。

摩擦円とは何か-コーナリング時のグリップ
ロードバイクのコーナリング時に考えないといけないのがタイヤのグリップの限界値です。専門用語で摩擦円と表現されますがこの摩擦円の理論を理解するとコーナリング時のタイヤのグリップを理解することができます。

コーナリング時のタイヤのグリップ摩擦円とは何か?については上記の記事をご覧ください。

コーナリング時に最適な荷重バランス-セーフティコーナリング
ロードバイクでコーナリングする時の最適な荷重バランスは?前荷重なのかそれとも後ろ荷重なのか。前後の荷重バランスからコーナリング時の最適な荷重バランスを考えます。

コーナリング時の最適な荷重バランスセーフティコーナリングについては上記の記事をご覧ください。

コーナリング時のライディングフォーム-フォームごとの特徴
ロードバイクにもオートバイと同じように3種類のコーナリングフォームがあります。リーンウィズ・リーンイン・リーンアウト。どのフォームがロードバイクのコーナリングに適しているのかその理由を解説します。

コーナリング時のライディングフォーム、フォームごとの特徴については上記の記事をご覧ください。

コーナリングの動作を学ぶ-予測と判断
コーナリングの理論を理解したら次は実際にコーナリングの動作について実践していきます。コーナリング時には一瞬で予測と判断が要求されます。その予測と判断についてもう一度見直してみます。

コーナリングの動作時の予測と判断については上記の記事をご覧ください。

コーナリングの成否を決定づけるブレーキング
ブレーキングはコーナリング時に非常に重要な要素です。オーバースピードで入ってしまうと曲がりきれませんし減速しすぎると立ち上がりにパワーを使います。コーナー進入時に正確にブレーキングする判断について解説します。

コーナリングの成否を決定づけるブレーキングについては上記の記事をご覧ください。

コーナリング実践倒し込みから旋回立ち上がりまで
コーナリングの実践です。ブレーキングを終えたらコーナーに向けてロードバイクを倒しこんで旋回していきます。正しい旋回フォームやコーナーからの立ち上がり時に注意することを解説します。

コーナリング実践倒し込みから旋回立ち上がりまでについては上記の記事をご覧ください。

コーナリングに合わせたタイヤの空気圧セッティング
コーナリングにおいて重要なのはタイヤです。タイヤの空気圧のセッティングによってコーナリングの特性も変わってきます。また、タイヤのサイズによってもコーナリングの安定感が変わってきます。

コーナリングに合わせたタイヤの空気圧セッティングについては上記の記事をご覧ください。

関連記事

  1. ロードバイク乗車時の具体的な呼吸法とは何か

    おすすめロードバイクプロショップ-多摩川サイクリングロード周辺

  2. ギアチェンジする時はケイデンスを意識する事で無駄がなくなる

    ギアチェンジする時はケイデンスを意識する事で無駄がなくなる

  3. ディスクロードバイクのメリットとは

    ロードバイク初心者に最低限必要な装備

  4. コーナリングの成否を決定づけるブレーキング

    コーナリングの成否を決定づけるブレーキング

  5. 霞ヶ浦一周-ロードバイク初心者におすすめの一周コース

    霞ヶ浦一周-ロードバイク初心者におすすめの一周コース

  6. Garmin EDGE 820J

    Garmin EDGE 820Jの設定方法のまとめ

  7. Garmin EDGE 820J

    Garmin EDGE 820Jのソフトウェアバージョン8.50リリース

  8. eneloopアイキャッチ

    テールライトの電池をeneloopの充電池にした理由

  9. コスパだけじゃないジャイアントのTCRシリーズの真価とは

    コスパだけじゃないジャイアントのTCRシリーズの真価

特集記事

  1. 3つ目のボトルケージ ELITE VIPボトルケージクリップ ブルベの装備-ロードバイク初心者が辿り着いたブルベ用装備
  2. WordPressにおける投稿ページと固定ページの違い WordPressにおける投稿ページと固定ページの違い
  3. WordPress(ワードプレス)アイキャッチ WordPressのリビジョンを削除・管理してデータベースを最適化するプラグイン…
  4. ロードバイクのハンドルポジションの決め方 ロードバイクのハンドルポジションの決め方
  5. インドアサイクリングZWIFTを始めるのに必要なもの インドアサイクリングZWIFTを始めるのに必要なもの
  6. ハンドルのドロップ形状を選ぶ ハンドルのドロップ形状を選ぶ
  7. ロードバイク初心者の100kmロングライド-休憩のポイント ロードバイク初心者の100kmロングライド-休憩のポイント
  8. 一瞬の判断で生死が分かれる-危険回避 一瞬の判断で生死が分かれる-危険回避
  9. ディスクロードの狙い目はアルテグラの完成車 ディスクロードバイクの狙い目はアルテグラの完成車
  10. 40代からのロードバイク-加齢について考える 40代からのロードバイク-加齢について考える

PICK UP記事

  1. 3つ目のボトルケージ ELITE VIPボトルケージクリップ 3つ目のボトルケージを取付ける-ELITE VIPボトルケージクリップ
  2. ハンドルは握り方を意識すると走りが変わる ハンドルは握り方を意識すると走りが変わる
  3. 理想のハンドルの選び方 理想のハンドルの選び方
  4. 短期間で鍛えるヒルクライム力-トレーニング編 短期間で鍛えるヒルクライム力-トレーニング編
  5. サプリメントを活用してパフォーマンスアップ サプリメントを活用してパフォーマンスアップ
  6. デキるローディのUVケア-春から秋にかけての紫外線対策 デキるローディのUVケア-春から秋にかけての紫外線対策
  7. ブルベエントリー情報一覧 ブルベエントリー情報一覧2018年4月開催
  8. パールイズミ2017年秋冬モデルアイキャッチ パールイズミ2017年秋冬モデルから注目モデルをピックアップ
  9. 消耗品の交換時期を見極める 消耗品の交換時期を見極める-ワイヤー編
  10. ワールドサイクルのR250防水スマートライドポーチDX試用レビュー ワールドサイクルのR250防水スマートライドポーチDX試用レビュー

おすすめ記事

  1. 摩擦円とは何か-コーナリング時のグリップ
  2. ロードバイク初心者の100kmロングライド-コースの選び方
  3. コスパだけじゃないジャイアントのTCRシリーズの真価とは
  4. シマノアルテグラコンポーネント
  5. 平地と上りそれぞれ苦手な人の傾向
  6. ロードバイク初心者の100kmロングライド-フォームとペース管理
  7. 尾根幹からロングコース-道志みち箱根てんこ盛り
  8. ディスクロードの狙い目はアルテグラの完成車
  9. 尾根幹からロングコース-道志みち箱根てんこ盛り
  10. 短期間で鍛えるヒルクライム力-トレーニング編

Twitter

最近の記事

  1. ディスクロードの狙い目はアルテグラの完成車
  2. 主要3社のディスクロードバイクフィーリング比較
  3. 主要3社のディスクブレーキ比較
  4. ディスクロードの様々な疑問
  5. ディスクロードバイクの基本的知識
  6. ディスクロードバイクは油圧式を選ぶ
  7. ディスクロードバイクのメリットとは
  8. サイクルトレインBBベースがスタート
  9. サプリメントを活用してパフォーマンスアップ
  10. インドアトレーニングにおすすめのサイクルトレーナー

人気記事

  1. 2018年版予算20万円で買えるロードバイク
  2. 平地と上りの苦手を克服するためのポイント
  3. 平地と上りそれぞれ苦手な人の傾向
  4. 平地が得意の人と苦手の人の特徴
  5. 上りが得意の人と苦手の人の特徴
  6. ハンドルは握り方を意識すると走りが変わる
  7. 平地が苦手上りが苦手それは何故なのか
  8. 平地と上りが苦手なサイクリストの疑問とは
  9. ハンドルの握り方を正せば上半身がうまく使える
  10. ハンドルのドロップ形状を選ぶ
PAGE TOP
Translate »