注目の記事 PICK UP

ロードバイクは恥骨で座ると安定する

恥骨でサドルに座る事でお尻の痛みからも開放できる

ロードバイクは恥骨で座ると安定する
ロードバイクで走行中にロードバイクがふらついて怖いという、ロードバイク初心者はロードバイクが安定していません。どういうことかというと、不安定なライディングフォームになっているということです。ロードバイクとライダーは、ペダル、サドル、ハンドルの3点で接しています。それぞれにバランス良く荷重をして、身体をしっかりと安定できるフォームをマスターできれば、ライディングがずっと楽に、快適になります。

ロードバイクを安定させるポイントは恥骨で座る事

骨盤のイメージ図
出典:Wikipedia
ロードバイクを安定させてライディングするためのポイントとなるのが、恥骨で座るフォームです。上図の骨盤の画像で、Ischiumは坐骨、Pubisが恥骨です。骨盤を寝かせて適度な前傾姿勢をキープしつつ、腕や肩をリラックスした状態でサドルに座ることでパワーを発揮することができます。
まずは坐骨と恥骨の位置を理解して、坐骨でどっしりと座るフォームではなく、恥骨でサドルに座ることを身に着けましょう。そして、へそでロードバイクの重心を捉えるようなイメージで乗ります。こうすることでロードバイクの挙動が安定してコントロールしやすくなります。

恥骨の位置を理解してサドルに座ってみましょう

上図の骨盤のイメージ図をみてみましょう。Ischiumが坐骨で、Pubisが恥骨です。恥骨で座りながらハンドルに軽く手を置くイメージで走ると、腕等に無駄な力が入らず、リラックスすることができます。ロードバイクのコントロールもしやすくなります。

恥骨でサドルに座るイメージ

骨盤を立てて坐骨で座ると荷重が坐骨に集中するだけでなく、前後の荷重移動がしづらくなるので不安定になります。また、坐骨に体重が集中するためにお尻の痛みの原因にもなります。恥骨で座れば荷重を前後に分散することができて、荷重移動もしやすくなってロードバイクを安定させやすくなります。
骨盤を立てて乗るのがロードバイクの正しい乗り方と教わって、無理に骨盤を立ててサドルに座る事を意識すると、ハンドルまでの距離が遠くなってしまうために、腕が張ってしまいます。ロードバイクも安定しなくなり、ハンドル操作もしにくくなってしまいます。

下ハンドルを握る時は少し肘を開くのがポイント

ブラケットポジションである程度の前傾姿勢をキープできるようになったら、次に挑戦したいのが下ハンドルのポジションです。ハムストリングスを積極的に使った走りができる事に加えて、エアロ効果も期待できます。しかし、下ハンドルは怖いと苦手なロードバイク初心者の方は結構多いと思います。下ハンドルが苦手なライダーは、肘を絞ってしまっているのが特徴です。肘を絞ると骨盤が立ってしまい、前傾姿勢をキープするのが辛くなってしまいます。そうならないためには、肘を少し開く、内側に向けるようにするのがポイントです。ロード選手や競輪選手のスプリントをイメージするとわかるように、肘をやや開きながら、外側から抱え込むようにしてハンドルを握るとパワフルに走ることができます。
ただし、ハンドルにしがみついたり、荷重しすぎたりするのはいけません。前傾姿勢から伸ばした腕が突っ張らないように、少し胸を落として肘に余裕を作り、ハンドルにはあまり荷重しないのがコツです。肘を曲げることで、路面からのショックを上手に吸収するという役割もあります。
ブラケットに比べると、ブレーキ操作がやややりづらくなるので、見通しの良い場所や信号のない広いコース等で使うのがおすすめです。

下ハンドルを握る時の良いイメージ

サドルの後方に恥骨で座るようなイメージで、前傾姿勢を深くとります。胸を軽く落とすと、肘に余裕ができて腕が突っ張りません。肘を開いてハンドルを握るようにしましょう。頭は上げたまま胸を落とすイメージで進行方向への視線は落とさないようにしましょう。肘は少し開いてハンドルを外から抱え込むようなイメージで、ハンドルを握るのがポイントです。

下ハンドル時の悪いイメージ

骨盤を立てる事を意識しすぎてしまい、ハンドルまでの距離が遠くなってしまい、腕が突っ張ってしまうのはよくありません。骨盤をたてて坐骨で座ると前傾姿勢が辛くなってしまいます。逆に肘を絞りすぎるのもよくありません。急なハンドル操作がしづらくなってしまいます。骨盤も立ってしまい前傾姿勢をキープするのが辛くなってしまいます。

宮澤崇史さんがお尻が痛くならない正しい乗車姿勢を解説
元プロロードレーサーの宮澤崇史さんがお尻が痛くならないロードバイクの乗り方を解説しています。ロードバイク初心者でも論理的で分かりやすい内容になっていますのでお尻が痛くて悩んでいる方はぜひ参考にしてください。


サドルの位置によって使う脚の筋肉が変わる
サドルの位置を調整することでも使う脚の筋肉が変わってきます。サドルの高さと前後の位置を自分のライディングに合わせて調節することで効率よく脚の筋肉を使うことができるようになります。


ロードバイクのサドルポジションの決め方
ロードバイクの乗車ポジションを決める基本としてサドルの高さがあります。サドル高が合っていないと100%力をロードバイクに伝えられないだけでなく、ペダリングにも変な癖がついてしまいます。サドル高を正しく設定して乗車ポジションを見直してみましょう。

関連記事

  1. ヘブンウィークブルベアイキャッチ

    AJ神奈川主催のヘブンウィークブルベ-イザベラ・バードBRM504

  2. インターバルトレーニングのメカニズム

    インターバルトレーニングのメカニズム-40歳からでも速くなる方法

  3. Garmin EDGE 820J

    Garmin EDGE 820Jのソフトウェアバージョン6.20リリース

  4. 3つ目のボトルケージ ELITE VIPボトルケージクリップ

    ブルベの装備-ロードバイク初心者が辿り着いたブルベ用装備

  5. 短期間で鍛えるヒルクライム力-トレーニング編

    短期間で鍛えるヒルクライム力-トレーニング編

  6. コーナリングに合わせたタイヤの空気圧セッティング

    コーナリングに合わせたタイヤの空気圧セッティング

  7. シマノR8000新型アルテグラ徹底解剖

    シマノR8000新型アルテグラ徹底解剖

  8. インターバルトレーニングの実践方法

    インターバルトレーニングの実践方法-40歳からでも速くなる方法

  9. 短期間で鍛えるヒルクライム力-フィジカル編

    短期間で鍛えるヒルクライム力-フィジカル編

特集記事

  1. コーナリング実践倒し込みから旋回立ち上がりまで コーナリング実践倒し込みから旋回立ち上がりまで
  2. 40代からのロードバイク-ミトコンドリアを活性化させる 40代からのロードバイク-ミトコンドリアを活性化させる
  3. ブルベのルールアイキャッチ ブルベのルール
  4. WordPress(ワードプレス)アイキャッチ WordPress(ワードプレス)はブログサイト構築システム
  5. 40代からのロードバイク-40代から速く強くなる方法 40代からのロードバイク-40代から速く強くなる方法
  6. インドアサイクリングZWIFTを始めるのに必要なもの インドアサイクリングZWIFTを始めるのに必要なもの
  7. 40代からのロードバイク-体力の低下に向き合う 40代からのロードバイク-体力の低下に向き合う
  8. 短期間で鍛えるヒルクライム力-食事コンディション編 短期間で鍛えるヒルクライム力-食事コンディション編
  9. BizVektor(ビズベクトル)SEO対策万全の大規模サイト向け無料テーマアイキャッチ BizVektor(ビズベクトル)SEO対策万全の大規模サイト向け無料テーマ
  10. バイクパッキングの入門にピッタリ-ワールドサイクルからR250サドルバッグ発売 バイクパッキングの入門にピッタリ-ワールドサイクルからR250サドルバッグ発売

PICK UP記事

  1. ロードバイク乗りと相性の良いおすすめクレジットカード ロードバイク乗りと相性の良いおすすめクレジットカード
  2. Garmin EDGE 820J Garmin EDGE 820Jアクティビティデータ表示項目の設定
  3. バイクパッキングの入門にピッタリ-ワールドサイクルからR250サドルバッグ発売 バイクパッキングの入門にピッタリ-ワールドサイクルからR250サドルバッグ発売
  4. ロードバイク初心者の100kmロングライド-フォームとペース管理 ロードバイク初心者の100kmロングライド-フォームとペース管理
  5. サイクルイベントにこれから参加する人に向けての心構え サイクルイベントにこれから参加する人に向けての心構え
  6. ペダリング時の筋肉の働きを理解して意識することで変わる ペダリング時の筋肉の働きを理解して意識することで変わる
  7. 尾根幹からロングコース-道志みち箱根てんこ盛り ヤビツ峠-ロードバイク乗り人気の峠
  8. ブルベエントリー情報一覧6月開催アイキャッチ ブルベエントリー情報一覧7月開催
  9. eneloopアイキャッチ テールライトの電池をeneloopの充電池にした理由
  10. 自転車は何故曲がるのか?-ロードバイクのコーナリング力学 自転車は何故曲がるのか?-ロードバイクのコーナリング力学

おすすめ記事

  1. 3つ目のボトルケージ ELITE VIPボトルケージクリップ
  2. Garmin EDGE 820J
  3. KUREのMade For SPeedシリーズのケミカルが気になる存在に
  4. ヒルクライム・エンデューロに向けたトレーニング方法
  5. Google Language Translatorを使ってプチ多言語サイト化してみた
  6. お名前.comアイキャッチ
  7. Garmin EDGE 820J
  8. 消耗品の交換時期を見極める-タイヤ編
  9. サイクルイベントにこれから参加する人に向けての心構え
  10. コーナリング時に最適な荷重バランス-セーフティコーナリング

Twitter

最近の記事

  1. 2018年版予算20万円で買えるロードバイク
  2. 平地と上りが苦手なサイクリストの疑問とは
  3. 平地と上りの苦手を克服するためのポイント
  4. 平地と上りそれぞれ苦手な人の傾向
  5. 上りが得意の人と苦手の人の特徴
  6. 平地が得意の人と苦手の人の特徴
  7. 平地が苦手上りが苦手それは何故なのか
  8. ブルベエントリー情報一覧
  9. ブルベエントリー情報一覧
  10. クランク長のセルフチェックとクランク交換のQ&A

人気記事

  1. ワールドサイクルのR250サイクル反射ベスト試用レビュー
  2. ワールドサイクルのR250おにぎりリフレクター試用レビュー
  3. ロードバイク初心者の100kmロングライド-装備と持ち物
  4. ピレリからロードバイク用クリンチャータイヤが新発売
  5. ロードバイク初心者の100kmロングライド-補給のポイント
  6. PBP パリ・ブレスト・パリ
  7. パールイズミ2017年秋冬モデルアイキャッチ
  8. ワールドサイクルのR250防水スマートライドポーチDX試用レビュー
  9. ロードバイク初心者の100kmロングライド-暑さ対策のポイント
  10. 保冷効果が長いおすすめの保冷ボトル
PAGE TOP
Translate »