注目の記事 PICK UP

デキるローディのUVケア-春から秋にかけての紫外線対策

ロードバイクに乗るなら男性もUVケアは意識高く持ちましょう

デキるローディのUVケア-春から秋にかけての紫外線対策
女性なら身近な話題である紫外線対策UVケアですが、スポーツをする男性でUVケアを意識している人はどれくらいいるのでしょうか。肌が日焼けして黒くなっても気にしないという人が多く、それ以上の事は意識していないのかもしれません。UVケアは単に日焼けを防ぐだけではなく、疲労を軽減して、パフォーマンス向上に繋げるという点でもUV対策は重要です。その点では女性よりも男性の方が興味あるのではないでしょうか。肌の色が黒くなることを気にしなくても、紫外線を浴びる事で、その蓄積によってシミができたり、皮膚がたるんできてしまったりする悪影響が出るのは望ましくありません。男性でも、疲れにくく快適にロードバイクに乗れるように、そして長い目で見て美しく健康な身体を守るため、UVケアに目を向けてみてはどうでしょうか。

UVカット対応のサイクルウェア

物理的に肌の上に布がかぶさっているだけで、何も付けないより紫外線による影響は少なくなります。そんな中でサイクルウェアに限らず、紫外線が強くなる季節はUVカット効果をうたっているサイクルウェアが登場しています。UVカット効果のある素材を生地に練り込んでいたり、吹き付けている等聞きますが、実際はどうなのでしょうか。例としてサイクルウェアで有名なパールイズミでは、UVカットは、特別な素材をあとから生地に付けているのではなく、サイクリングに適した繊維そのものの織り方と繊維の密度を調整することで、物理的に光を通さない方法でUVカット効果の期待できる生地を仕上げているそうです。

パールイズミのコールドブラック

パールイズミは基準を満たしたサイクリングウェアに特化した素材に、スイスのショーラー社の作るコールドブラックという染料を使用しています。コールドブラックはUVカットとは直接関係ありませんが、コールドブラックの効果として赤外線を反射するのでウェアを着ている方が、肌を直接日光に晒している状態より涼しいという効果があります。そしてコールドブラックを使用することが、UPFの高い生地であることの証明にもなるといわれています。UPFとは、肌に何も身につけていない状態と比べて、その何倍の時間まで日差しを浴びないと同様のレベルまで日焼けしない事を示す指標です。

日焼け止めクリーム

男性はベタベタするのが嫌、日焼け止めクリームを塗ると重たい感じがするという理由で日焼け止めを塗らない人も多いです。物理的に肌の上に布をかぶせることができればいいですが、全身黒づくめというわけにもいきません。疲労を軽減させるためにも、顔など直接日光が当たる部分は日焼け止めクリームでカバーしましょう。日焼け止めクリームにも、汗や水に強いミルクタイプや肌に馴染んでみずみずしいジェルタイプ、つけ心地の軽いスプレータイプなど様々な日焼け止めがあります。分離式のものは使用前に30回以上振る、どの日焼け止めも定着し効果を発揮するのに30分ほどかかるので、日に当たる直前に塗るのはやめておきましょう。また、自分に合った日焼け止めを探す事も大切で、効果の高いものでも顔は皮膚が薄くデリケートなので、肌に合わないと思ったら、軽いものに変えましょう。使用後は日焼け止めを洗い流して、日に当たった部分を冷やしてケアをしましょう。

効果的な日焼け止めの顔への塗り方

日焼け止めクリームを手のひらに乗せます。目安は500円玉くらいの大きさです。かなり量を感じますが、日焼け止めの効果を発揮させるのに必要な量になります。両方の手のひらを合わせてゆっくりと数回回します。体温で日焼け止めを温めながら手のひら全体に広げるイメージで伸ばしていきます。
顔の中心から外側に向けて手のひら全体でゆっくりと日焼け止めを塗っていきます。同じ動作を3回程繰り返します。おでこ、顎にも日焼け止めを塗っていきます。また髪の生え際や耳の下、顎の下まで塗り残しが無いように丁寧に塗っていきます。汗で日焼け止めが溜まりやすい場所は、目の下と小鼻の横です。それぞれ指でなぞって日焼け止めをなじませていきましょう。特に日焼けをしやすいのは、鼻や顎骨など、顔の突き出ている部分です。日焼け止めを入念に塗り込んでいきましょう。意外と忘れがちなのが耳の裏と首の後ろです。地面からの照り返しが当たりやすい喉にも塗っておきましょう。

腕への日焼け止めの塗り方

腕や脚に日焼け止めを塗る時は、塗り残しがないようにウェアを少しめくってから塗っていきましょう。できればサイクルウェアを着る前に塗ってしまうのが理想です。顔に塗った時よりも少し多めに日焼け止めを手のひらに取って、同様に温めながら広げていきましょう。
肩のほうから指先まで塗り伸ばしていき、それを3回程繰り返します。ゴシゴシするのではなく一定方向に塗って伸ばしていくイメージで塗っていきましょう。肩から指先まで日焼け止めを塗り伸ばしたら、今度は垂直になるように横方向に塗り伸ばしていきます。こうすることですき間なく広げる事ができます。手に残った日焼け止めを使って、手の甲と塗り残しの多い指と指の間にも丁寧にぬっていきます。

アイウェア

サイクリングの時にアイウェアをかけるのは、風で目が乾かないようにするため、ゴミから目を守るため、その他重要なポイントを占めるのはやはりUV対策としてです。肌をケアするのと同じように目もしっかり守ってあげましょう。
五感で得る情報のうち、約90%が視覚情報からといわれています。それほど多くの情報を取り入れている目からは、紫外線も入ってきます。肌は直接日に当たるだけではなく、目から紫外線を受ける事でも色が濃くなり疲労も溜まります。また、紫外線を浴びすぎると、将来的に目自体に疾患が残るリスクもあります。アイウェアを装着する上で注意したいのは、レンズの色が濃すぎるのはかえってよくないという事です。レンズが濃い事で良く見ようとして瞳孔が開くので目に悪影響となり、判断力も落ちてしまいます。日差しの強い日に使うには効果的ですが、曇の日に使うと視界が悪くなるので、使い分けが必要になります。調光レンズは、紫外線の量に合わせて色が変化するので便利ですが、デメリットもあります。それぞれのレンズの特徴について解説します。

色の濃いレンズ

眩しさを防ぐのに効果的です。かけると視界が暗くなるので、瞳孔が開き周囲の紫外線をその分取り入れる事になるので、紫外線対策という意味ではベストではありません。

色の薄いレンズ

色が薄くなるほど眩しくなります。眩しさを感じない程度でできるだけ薄い色のレンズを探す事が大切になってきます。眩しいと感じる色は人によって違うため、レンズの色も様々な種類があります。

調光レンズ

紫外線の量に応じて、レンズの色の濃さが変化します。紫外線が弱いと色が薄くなり、紫外線が強いと濃くなります。室内と屋外でも色に違いが出てきます。

アイウェアに関するQ&A

UVカットレンズの寿命

プラスチック製品は経年劣化するので、ついた汗や汚れを手入れしながら望ましい状態で使っていても寿命は3年程です。ヘルメットの寿命が3年と言われるように、サングラスも同じように考えた方がいいです。調光レンズも3年程で変化がしにくくなり、機能の低下が目にみえてわかりやすくなります。

レンズに傷が付いてしまったら

レンズに傷がついてしまったらその部分だけUVカットコーティングがはがれると思っている人が多いですが、それは勘違いです。UVカットレンズはレンズの上からコーティングをしているわけではなく、レンズ自体にUVカット効果があるので、多少の傷がついてもUVカット効果に影響はありません。

アイウェアのお手入れ方法

洋服を洗うように、アイウェアも使った後は毎回洗うのが理想的です。放っておくと汗の塩分で劣化してしまうからです。方法としては水洗いで十分です。洗った後はティッシュやクロスでふいて水分を取ります。そのクロスも定期的に洗濯する必要があります。食器用の中性洗剤は使ってもいいですが、ハンドソープは弱酸性なので使わないようにしましょう。

アイウェアの保管方法

プラスチックは熱にデリケートで、60度以上の環境ではコーティングのひび割れやフレームの変形に繋がってしまうので、炎天下の車内保管はやめましょう。基本的に人間の耐えうる環境であれば問題ないです。濡れたままの状態でのケース保管は禁物です。濡れたまま乾かすと水アカが残ってしまいます。

ライド後の目のケア

目の表面はデリケートで紫外線を浴びて充血したり、痛みやかゆみを感じたりしますが、回復力がいいので、基本的にしっかり休ませてあげれば大丈夫です。炎症がひどい場合は水で絞ったタオルを当てて冷やす、または目薬を差すなどが効果的です。だからといって日焼けをしてもいいということはなく、根本から目を守るために普段からの対策が必要です。

ZOFFアスリートの調光レンズ度付きスポーツアイウェア
ZOFF(ゾフ)と言えばお洒落なメガネストアですが、そこで調光レンズの度付きサングラスが作れるって知ってましたか?ZOFF ATHLETE(ゾフ・アスリート)というスポーツ用フレームと調光レンズを合わせれば1万円でインナーフレームではない度付きのロードバイク用のア...


ロードバイク用度付き対応のスポーツアイウェア
ロードバイクに乗る時は風や埃、飛んでくる小石等から目を保護するためにアイウェアを装着するのがおすすめです。調光レンズにも対応したロードバイクに乗る時におすすめの度付きのスポーツサングラスを紹介します。

関連記事

  1. 自転車は何故曲がるのか?-ロードバイクのコーナリング力学

    自転車は何故曲がるのか?-ロードバイクのコーナリング力学

  2. ペダリング動作を正確に行う神経トレーニング

    ペダリング動作を正確に行う神経トレーニング

  3. 短期間で鍛えるヒルクライム力-機材編

    短期間で鍛えるヒルクライム力-機材編

  4. ペダリングトレーニング最終奥義ハイパワーペダリング

    ペダリングトレーニング最終奥義ハイパワーペダリング

  5. ロードバイクの平均時速30kmに壁を突破する方法

    ロードバイク平均時速30kmの壁を突破する方法

  6. ロードバイクイベントの直前対策

    ロードバイクイベントの直前対策

  7. 消耗品の交換時期を見極める-タイヤ編

    9070系デュラエースと6870アルテグラでシンクロシフト実装へ

  8. 女性のためのロードバイクの選び方

    女性のためのロードバイクウェアの選び方

  9. 消耗品の交換時期を見極める

    消耗品の交換時期を見極める-ワイヤー編

特集記事

  1. Let's Encryptアイキャッチ Let’s Encrypt-無料SSLサーバー証明書をSSL BOX…
  2. ロードバイクのハンドルポジションの決め方 ロードバイクのハンドルポジションの決め方
  3. ブルベにエントリーするアイキャッチ ブルベにエントリーする
  4. Garmin EDGE 820J Garmin EDGE 820Jでバッテリー消費を抑える設定
  5. 短期間で鍛えるヒルクライム力-機材編 短期間で鍛えるヒルクライム力-機材編
  6. 40代からのロードバイク-40代から速く強くなる方法 40代からのロードバイク-40代から速く強くなる方法
  7. Garmin EDGE 820J Garmin EDGE 820Jアクティビティデータ表示項目の設定
  8. LastPassパスワード管理サービスアイキャッチ LastPass-アカウント情報管理クラウドサービス
  9. 安全に曲がるためのブレーキセッティング 安全に曲がるためのブレーキセッティング
  10. ペダリング動作を正確に行う神経トレーニング ペダリング動作を正確に行う神経トレーニング

PICK UP記事

  1. 東レがカーボンを値上げ来年モデルの価格に影響か リアディレイラーの調整-ロードバイク初心者向けメンテナンス
  2. ロードバイクにおすすめの小さめなサドルバッグ10選 ロードバイクにおすすめの小さめなサドルバッグ10選
  3. AJ自転車保険の規定を改定2018年以降は個人賠償補償1億円以上へ AJ自転車保険の規定を改定2018年以降は個人賠償補償1億円以上へ
  4. 飛行機輪行の時に抑えておきたいポイント 飛行機輪行の時に抑えておきたいポイント
  5. ロードバイクライフを始めるために必要なこと 自転車保険の選び方【2017年版】
  6. ピレリからロードバイク用クリンチャータイヤが新発売 ピレリからロードバイク用クリンチャータイヤが新発売
  7. ロードバイク乗りと相性の良いおすすめクレジットカード ロードバイク乗りと相性の良いおすすめクレジットカード
  8. パールイズミ2017年秋冬モデルアイキャッチ パールイズミ2017年秋冬モデルから注目モデルをピックアップ
  9. Garmin EDGE 820J Garmin EDGE 820Jの設定方法のまとめ
  10. WordPressUpdraftPlusアイキャッチ WordPressを簡単にバックアップ&復元するUpdraftPlus

おすすめ記事

  1. パールイズミ2017年秋冬モデルアイキャッチ
  2. ロードバイクのブレーキパッド一挙比較
  3. ロードバイク初心者の100kmロングライド-補給のポイント
  4. ロードバイクのエアロフォーム
  5. スペシャライズドのプレミアムフィッティング販売システム
  6. ORTRIEBサドルバッグLスレートアイキャッチ
  7. ロードバイクのおすすめヘルメットブランド
  8. Garmin EDGE 820J
  9. コーナリング時に最適な荷重バランス-セーフティコーナリング
  10. 安全に曲がるためのブレーキセッティング

Twitter

最近の記事

  1. パールイズミ2017年秋冬モデルアイキャッチ
  2. ピレリからロードバイク用クリンチャータイヤが新発売
  3. PBP パリ・ブレスト・パリ
  4. ワールドサイクルのR250防水スマートライドポーチDX試用レビュー
  5. ワールドサイクルのR250サイクル反射ベスト試用レビュー
  6. ワールドサイクルのR250おにぎりリフレクター試用レビュー
  7. 保冷効果が長いおすすめの保冷ボトル
  8. デキるローディのUVケア-春から秋にかけての紫外線対策
  9. ロードバイク初心者の100kmロングライド-暑さ対策のポイント
  10. ロードバイク初心者の100kmロングライド-装備と持ち物

人気記事

  1. ワールドサイクルのR250サイクル反射ベスト試用レビュー
  2. ワールドサイクルのR250おにぎりリフレクター試用レビュー
  3. シマノR8000新型アルテグラ徹底解剖
  4. ワールドサイクルのR250防水大型サドルバッグラージ試用レビュー
  5. ロードバイク初心者がビンディングペダルを使いこなすポイント
  6. PBP パリ・ブレスト・パリ
  7. ワールドサイクルのR250パーキングストッパー&チェーンフック試用レビュー
  8. ロードバイク初心者の100kmロングライド-フォームとペース管理
  9. 普段の走行で意識することでトラブルを回避するポイント
  10. ロードバイクは恥骨で座ると安定する
PAGE TOP
Translate »