注目の記事 PICK UP

ブルベとは何か

ブルベは長距離サイクリングイベント

ブルベの完走メダル
出典:http://www.randonneurs.bc.ca/
ブルベはフランス語で認定を意味します。
最低でも200kmのルートをロードバイク等の自転車で制限時間内に完走するという長距離サイクリングイベントです。
ここで何故イベントと言っているのは、ブルベは競技やレースではなくあくまで一般公道を使用した長距離サイクリングのことを指すからです。
ブルベの参加者は一般公道を普通にサイクリングしているわけですから当然参加国内の交通法規を遵守しないといけません。

オダックス・クラブ・パリジャン(ACP)

ブルベについて理解を深めるために歴史について少し触れていきましょう。
オダックスは1897年にイタリアのサイクリストがローマからナポリまで230kmを1日で走ったことから始まりました。当時の道路事情や自転車の性能から考えると、オダックス(Audax)意味は大胆なものだったということになります。
日の出から日没までに200km走破できるサイクリストのことをオダックスと言ったそうです。
このオダックス(Audax)という長距離サイクリングを1904年、ツールドフランスの創始者であるアンリ・デグランジェ(Henri Desgrange)がフランスに導入しました。それがACP(Audax Club Parisien オダックス・クラブ・パリジャン)の始まりです。
ACP自体もフランス・パリのオダックス組織の一つで、世界中のブルベ組織をまとめるためにランドヌール・モンディオ(RM)という組織があります。
ランドヌール・モンディオ(RM)は世界中のAudaxをまとめるために1983年に創設されたそうです。

ACPは1904年から16年間Audaxイベントを実施してきていました。しかしACPとアンリ・デグランジュとの間に軋轢が生じてデグランジュはACPからオダックスの認定権を剥奪してしまいます。
オダックスの存続を望むメンバーはACPを脱退してデグランジュとともに別の組織を設立してBrevet Audaxを実施するようになりました。

BRM(Brevet Randonneurs Mondiaux ブルベ)の創設

ACPに残ったメンバーは1921年に個人個人が自由な速度で走るスタイルのBrevet de Randonneurs Francaises(現在のBrevet Randonneurs Mondiaux ブルベ・ランドヌール・モンディオ)ブルベを開催するようになりました。
日本で開催されるブルベ(BRM)はACPから公認を受けて、日本のAudax Japan(オダックス・ジャパン AJ)がACPから委託されて主催しているものがほとんどです。

ブルベ(BRM)のカテゴリー

ACPとRMから認定を受けた200km・300km・400km・1000km・1200kmとそれ以上のカテゴリーがあります。
完走認定は距離によって全てACPとRMが実施します。そしてブルベを完走した記録はACPとRMが認定して記録として公表され未来まで世界に残ります。

ブルベは競技やレースではなくランドネである

ランドヌールはランドネ(フランス語でハイキング等の小旅行)をする人のことを指します。自転車でランドネする場合にはサポートがない長距離サイクリングを意味します。天候の変化やミスコース、メカトラブル、公道を走るため交通事故のリスクも生じますがそれらは全て自分で対処しなければなりません。
補給やリタイヤした時の回収車もありません。あらゆる事態に自力あるいは走者同士で助け合いながら完走を目指すのがランドネであり、フランスはもちろんですが欧米では伝統のあるサイクルスポーツとしてなじまれています。
ブルベはランドネであり、ブルベ(BRM)開催中でも参加者は私的な走行をしているとみなされており、主催者(AJ及びその関連団体主催者)は責任を負いません。
ここが他のロードバイクのイベントやレース、競技とは違う点です。あくまでも私的な長距離サイクリングであるということです。
ランドネの精神を理解してACPが定めたBRM規則と各国の交通法規、これらを遵守して他人に迷惑をかけないように十分配慮すればブルベ(BRM)の楽しみ方は自由です。走っているコースの景色を楽しんだりコース周辺の名物料理を堪能したり、ひたすら走り続けるのも自由です。

ブルベ(BRM)の制約

ブルベ(BRM)には厳しい制約があります。
それは営利目的でブルベを開催してはならないということです。
日本のAJ以下各地のBRM主催団体もすべてブルベを実際に走る人たちが集まってボランティアで開催しており、そこには商業イベント的な要素は一切ありません。

関連記事

  1. ヒルクライム・エンデューロに向けたトレーニング方法

    ヒルクライム・エンデューロに向けたトレーニング方法

  2. ブルベエントリー情報一覧6月開催アイキャッチ

    ブルベエントリー情報一覧7月開催

  3. ブルベエントリー情報一覧6月開催アイキャッチ

    ブルベエントリー情報一覧4月開催

  4. ディスクロードの様々な疑問

    ディスクロードバイクの様々な疑問

  5. 主要3社のディスクロードバイクフィーリング比較

    主要3社のディスクロードバイクフィーリング比較

  6. PBP パリ・ブレスト・パリ

    2019年パリ-ブレスト-パリ(PBP)の優先エントリーについて発表

  7. ブルベエントリー情報一覧

    ブルベエントリー情報一覧2018年9月開催

  8. シマノR8000新型アルテグラ徹底解剖

    シマノから新型アルテグラR8000系を発表

  9. ヒルクライムを楽に登るハンドルの握り方とペダリング

    ヒルクライムを楽に登るハンドルの握り方とペダリング

特集記事

  1. TCD IZMテーマアイキャッチ TCD IZMテーマにリニューアルしました
  2. カラーパーツでロードバイクをカスタムして個性を強調 カラーパーツでロードバイクをカスタムして個性を強調
  3. ブルベにエントリーするアイキャッチ ブルベにエントリーする
  4. ワールドサイクルのR250ドラム型フロントバッグ試用レビュー ワールドサイクルのR250ドラム型フロントバッグ試用レビュー
  5. ハンドルのドロップ形状を選ぶ ハンドルのドロップ形状を選ぶ
  6. 2017年予算20万円のロードバイクアイキャッチ 2017年版予算20万円で買えるロードバイク
  7. ペダリング動作を正確に行う神経トレーニング ペダリング動作を正確に行う神経トレーニング
  8. コーナリング実践倒し込みから旋回立ち上がりまで コーナリング実践倒し込みから旋回立ち上がりまで
  9. PBP パリ・ブレスト・パリ PBP ブルベの最高峰パリ・ブレスト・パリ
  10. インターバルトレーニングのメカニズム インターバルトレーニングのメカニズム-40歳からでも速くなる方法

PICK UP記事

  1. ブルベエントリー情報一覧 ブルベエントリー情報一覧2018年8月開催
  2. バイクパッキングの入門にピッタリ-ワールドサイクルからR250サドルバッグ発売 バイクパッキングの入門にピッタリ-ワールドサイクルからR250サドルバッグ発売
  3. ピナレロ2018年ニューモデルモデル発表会-DOGMAF10 ピナレロ2018年ニューモデル発表会-DOGMAF10
  4. ロードバイク初心者の100kmロングライド-フォームとペース管理 ロードバイク初心者の100kmロングライド-フォームとペース管理
  5. ロードバイク初心者が最初に変えるべきパーツとは何か 尾根幹周辺の坂コース-ロードバイク乗りのトレーニングコース
  6. バイクパッキング大型サドルバッグアイキャッチ バイクパッキング大型サドルバッグの選び方
  7. ブルベエントリー情報一覧 ブルベエントリー情報一覧2018年10月開催
  8. ディスクロードバイクのメリットとは ディスクロードバイクのメリットとは
  9. ロードバイクの平均時速30kmに壁を突破する方法 ロードバイク平均時速30kmの壁を突破する方法
  10. WordPress(ワードプレス)アイキャッチ WordPressのリビジョンを削除・管理してデータベースを最適化するプラグイン…

おすすめ記事

  1. パナソニックボディトリマーで簡単ボディケア
  2. ロードバイク初心者が最初に変えるべきパーツとは何か
  3. ロードバイクのテールライトアイキャッチ
  4. ハンドルのドロップ形状を選ぶ
  5. 消耗品の交換時期を見極める
  6. 短期間で鍛えるヒルクライム力-機材編
  7. 自転車は何故曲がるのか?-ロードバイクのコーナリング力学
  8. バイクパッキングフレームバッグアイキャッチ
  9. バイクパッキングの入門にピッタリ-ワールドサイクルからR250サドルバッグ発売
  10. ハンドルは握り方を意識すると走りが変わる

Twitter

最近の記事

  1. ディスクロードの狙い目はアルテグラの完成車
  2. 主要3社のディスクロードバイクフィーリング比較
  3. 主要3社のディスクブレーキ比較
  4. ディスクロードの様々な疑問
  5. ディスクロードバイクの基本的知識
  6. ディスクロードバイクは油圧式を選ぶ
  7. ディスクロードバイクのメリットとは
  8. サイクルトレインBBベースがスタート
  9. サプリメントを活用してパフォーマンスアップ
  10. インドアトレーニングにおすすめのサイクルトレーナー

人気記事

  1. 2018年版予算20万円で買えるロードバイク
  2. 平地と上りの苦手を克服するためのポイント
  3. 平地と上りそれぞれ苦手な人の傾向
  4. 平地が得意の人と苦手の人の特徴
  5. 上りが得意の人と苦手の人の特徴
  6. ハンドルは握り方を意識すると走りが変わる
  7. 平地が苦手上りが苦手それは何故なのか
  8. 平地と上りが苦手なサイクリストの疑問とは
  9. ハンドルの握り方を正せば上半身がうまく使える
  10. ハンドルのドロップ形状を選ぶ
PAGE TOP
Translate »