注目の記事 PICK UP

ブルベに最適なロードバイクとはどんなモデルか

ブルベに最適なロードバイクとは

ブルベに最適なロードバイクとはどんなモデルか
ブルベに参加するにはBRM規則で

第2条 参加資格
ブルベは、保険に契約しているいかなるアマチュアサイクリストに対しても開かれており、そのサイクリストの加入する自転車クラブの如何によらない。20歳未満のサイクリストは参加できない。
人力で動く車両(Human-Powerd Vehicle)であれば参加可能である。唯一の条件は、該当の車両が走者の力のみによって駆動されることである。
日本の公道で使用可能な車両であること(スケートボードなど遊具に分類されるものは公道では使用不可能です)。

とありどんな自転車でも参加できます。
日本では公道で走行できる自転車は一部地域を除いて、一人乗りの自転車になりますので、その中から速く・遠くへ・楽に走っていける自転車ということに焦点を置くと選ばれるのがロードバイクが多くなるということになります。

ロードバイクにも様々なモデルがあります

速く・遠くへ・楽に走ることに特化したロードバイクですが、ロードバイクという括りの中でさらにカテゴライズすると、ロードバイクをどのような目的で乗るのか?という目的に合わせたモデルがラインナップされています。

レースモデル

ロードバイクのレースモデル
ロードバイクでクリテリウムやロードレースといったレースに出場することを目的としたモデルです。特徴はペダルを踏み込んだパワーをそのままロスすることなく推進力に変える剛性の高いフレームです。

各ブランドのロードバイクのレースモデルは高剛性のカーボンでフレームを作り、プロのロードレーサーのペダルを踏み込むパワーを受け止める位の剛性があります。
アマチュアのロードバイク乗りの方にはフレームが硬すぎて膝などの関節を痛める可能性があります。ある程度トレーニングをしてそれなりのパワーが出せる方でないと逆に乗りづらく感じることもあると思います。

日本人は高級志向があり趣味的志向で高級なレースモデルを所有欲を満たすために持つ傾向がありますが、このようなレースモデルをブルベのような長距離サイクリングで使用するとあまり筋力がない方だと逆に関節に負担がかかったり、疲労が溜まって長距離乗るには合わない可能性があります。

オールラウンドモデル

ロードバイクのオールラウンドモデル
各ブランドのミドルグレードに多いのがオールラウンドモデルと呼ばれる、レースにもロングライドにも使用できる様々なシーンを想定してフレームを設計されたモデルです。
多くのロードバイクブランドでオールラウンドモデルがラインナップされており、ロードバイク初心者の方も、まだどのような目的でロードバイクに乗るか決まっていない時にはこのオールラウンドモデルを選ぶのがおすすめです。

オールラウンドモデルの特徴は適度な剛性のあるカーボン素材を使用してフレームを成形し、乗った時のポジションもレースモデルより前傾姿勢がきつくなく適度な前傾姿勢になるようなハンドルポジションに設定されています。
フレームの設計自体レースやロングライド、様々なシーンを想定して設計しているために癖のないニュートラルなものになっていて、コンポーネントやホイールをグレードアップすることでレース用に特化したり、ロングライド向けのセッティングにすることもできます。

ブルベに使用するならこのオールラウンドモデルは選択肢の一つになります。
完成車の時点でも十分ブルベのような長距離サイクリングに使用できますが、ハンドルのポジションやホイールをミドルグレードの少し軽いホイールに交換するだけで、長距離サイクリングでも疲れにくいロードバイクに仕上げることができます。

エンデュランスモデル

ロードバイクのエンデュランスモデル
ロードバイクで遠くへ走るロングライドに特化されたモデルです。
エンデュランスモデルのロードバイクの特徴は、ロードバイクで遠くへ楽に走るためにレースモデルに比べてハンドルポジションが少し高めに設定されています。
前傾姿勢がきつくならない乗車姿勢で呼吸も楽にできるポジションで乗れるようになっています。
ブランドによってはフレーム自体に色々な工夫がされていて、路面からの衝撃をフレームの特殊な加工によって吸収して乗り手に衝撃が伝わりにくくして疲労軽減できるようになっているモデルもあります。

ロードバイクに乗る目的がブルベや長距離ツーリングが目的であるならエンデュランスモデルを選択するのがおすすめです。
エンデュランスモデルはフレームの設計自体が、ロングライドを想定して設計されていますので、完成車の時点で乗車ポジションを出せばすぐに長距離サイクリングできる状態にできます。

プロのロードレースシーンでも未舗装路や石畳のような走りにくい路面でレースが行われる場合、レースモデルではなくエンデュランスモデルでレースに出る場合もあります。

機材選びでブルベを完走する

ブルベは最低でも200kmを13時間半以内で完走しないといけない長距離サイクリングですから、日頃からある程度のトレーニングをしてロードバイクに長時間乗ることに慣れる必要がありますが、足りない脚力を機材でカバーすると考えた時、目的に特化したロードバイクのモデルを選択するというのもブルベや長距離サイクリングを完走するための一つの方法です。

特にエンデュランスモデルでフレーム自体に衝撃吸収の特殊な加工がされているモデルに乗るとレースモデルのロードバイクとは全く違う乗り味でロードバイクなのにここまで違う乗り味なのかと感じることでしょう。

レースモデルだから長距離サイクリングには向かないということはありませんが、路面からの衝撃の伝わり方や乗車ポジションはエンデュランスモデルとレースモデルでは確実に違います。

ロードバイクといっても目的によって様々なモデルがありますので、ロードバイクに乗る目的が決まったら目的にあったロードバイクのモデルにも注目してみてください。

ブルベやロングライドにおすすめのロードバイクのモデルを紹介します。ロードバイクの中でもロングライドを快適に走るために工夫されたモデルが多く衝撃吸収性に優れたモデルが多いのが特徴です。

参考になったらぜひシェアしてください。

関連記事

  1. バイクパッキング大型サドルバッグアイキャッチ

    バイクパッキング大型サドルバッグの選び方

  2. 東京湾一周-一度はチャレンジしたいワンイチコース

    東京湾一周-一度はチャレンジしたいワンイチコース

  3. 女性のためのロードバイクの選び方

    女性のためのロードバイクウェアの選び方

  4. ヘブンウィークブルベアイキャッチ

    AJ神奈川主催のヘブンウィークブルベ-イザベラ・バードBRM503

  5. 自転車ナビルートアイキャッチ

    自転車ナビルート設置2020年までに100地区拡大へ

  6. 消耗品の交換時期を見極める

    自転車通勤に便利な都内のバイクステーション

  7. Garmin EDGE 820J

    Garmin EDGE 820Jの基本設定アクティビティプロフィール

  8. AJ稲垣氏訃報アイキャッチ

    【訃報】Audax Japan稲垣会長事故により亡くなられました

  9. ギアチェンジする時はケイデンスを意識する事で無駄がなくなる

    ロードバイク目的別おすすめクリンチャータイヤ

特集記事

  1. Garmin EDGE 820J Garmin EDGE 820Jアクティビティデータ表示項目の設定
  2. WordPress(ワードプレス)アイキャッチ WordPress(ワードプレス)はブログサイト構築システム
  3. TCD IZM WordPressのテーマアイキャッチ TCDテーマのSEO対策について問い合わせてみました
  4. バイクパッキング大型サドルバッグアイキャッチ バイクパッキング大型サドルバッグの選び方
  5. Garmin EDGE 820J Garmin EDGE 820Jナビゲーション機能の使い方
  6. Google Language Translatorを使ってプチ多言語サイト化してみた Google Language Translatorを使ってプチ多言語サイト化し…
  7. Garmin EDGE 820J Garmin EDGE 820Jでバッテリー消費を抑える設定
  8. ロードバイクのクリンチャータイヤについて知っておきたい知識 ロードバイクのクリンチャータイヤについて知っておきたい知識
  9. TCDのテーマのメリットとデメリット TCDのテーマのメリットとデメリット
  10. 3つ目のボトルケージ ELITE VIPボトルケージクリップ ブルベの装備-ロードバイク初心者が辿り着いたブルベ用装備

PICK UP記事

  1. 摩擦円とは何か-コーナリング時のグリップ ロードバイクのビンディングペダルは最後は結局SPD-SLを選んでしまう
  2. 東レがカーボンを値上げ来年モデルの価格に影響か 東レがカーボンを値上げ2018年のロードバイク価格に影響か
  3. ブルベやロングライドにおすすめのロードバイク ブルベやロングライドにおすすめのロードバイク
  4. ブルベエントリー情報一覧 ブルベエントリー情報一覧2018年1月開催
  5. ブルベエントリー情報一覧 ブルベエントリー情報一覧2018年4月開催
  6. ワールドサイクルのR250フロントポーチラージ試用レビュー ワールドサイクルのR250フロントポーチラージ試用レビュー
  7. ディスクロードバイクのメリットとは ロードバイクライフを始めるために必要なこと
  8. シマノR8000新型アルテグラ徹底解剖 シマノから新型アルテグラR8000系を発表
  9. Knog Oiベルアイキャッチ Knog Oi (ノグ・オイ)ノグからスタイリッシュなベルが出ていた
  10. インドアトレーニングにおすすめのサイクルトレーナー ELITE ARION MAG 負荷付き3本ローラーのメリットとデメリット

おすすめ記事

  1. 都民の森ヒルクライム
  2. RIDE WITH GPSアイキャッチ
  3. Garmin EDGE 820J
  4. Garmin EDGE 820J
  5. 消耗品の交換時期を見極める-タイヤ編
  6. R250ツールケースホルダー試用レビュー
  7. 東レがカーボンを値上げ来年モデルの価格に影響か
  8. 3つ目のボトルケージ ELITE VIPボトルケージクリップ
  9. カラーパーツでロードバイクをカスタムして個性を強調
  10. ワイドレシオギアを入れて坂道を楽に登る方法アイキャッチ

Twitter

最近の記事

  1. 女性が参加しやすく楽しめるサイクルイベントシクロクエスト
  2. ブルベエントリー情報一覧
  3. ブルベエントリー情報一覧
  4. ブルベエントリー情報一覧
  5. ブルベエントリー情報一覧
  6. ブルベエントリー情報一覧
  7. ブルベエントリー情報一覧
  8. ブルベエントリー情報一覧
  9. ブルベエントリー情報一覧
  10. 2018年版予算20万円で買えるロードバイク

人気記事

  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP
Translate »