注目の記事 PICK UP

パールイズミ2017年春夏モデルから注目モデルをピックアップ

パールイズミ2017年春夏モデル

パールイズミ2017年春夏モデルヘッダ
日本国内のサイクルウェアメーカーとして有名なパールイズミから2017年春夏モデルのカタログが届きました。
パールイズミは1950年からサイクルウェアブランドとしてサイクルウェアを作り続けている老舗ブランドです。
ロードバイク初心者の方でも少しロードバイクの事を知ってきたら聞いたことはあるのではないでしょうか。
本記事では私的偏見な視点でカタログを見てこれはおすすめできるかなというモデルを紹介したいと思います。

パールイズミ春夏モデルの新素材

SKYFRESCO DRY スカイフレスコドライ

真夏に涼しく快適な画期的素材。登りでかいた大量の汗が、下りで一気に冷える、運動量の変化が多い自転車競技で圧倒的な優位性を発揮します。特殊3層構造が、究極の吸汗速乾性機能を実現。肌面の凹凸組織に吸水糸と撥水糸を織り込むことで、吸った汗が濡れ戻らないため、素材が肌に張りつきません。また、特殊遮熱糸が太陽の熱を遮り、衣服内温度の上昇を抑え、日焼けも防止。パールイズミと帝人ファイバー(株)の共同開発素材です。

SKYFRESCO スカイフレスコ

真夏に屋外を走る自転車競技に最適な、涼しく快適な素材です。特殊遮熱糸により太陽の熱を遮り、衣服内の温度上昇を3~4℃抑えます。さらに優れた吸汗速乾性能と肌面の特殊凹凸編みで、かいた汗を瞬時に吸収し乾かし、素材が肌に張り付くことを防ぎます。日焼け防止機能と抗菌防臭機能も併せ持つため、炎天下で大量に汗をかいても安心の素材です。

パンツ系の素材でコールドブラックという着ているだけで清涼感を感じる、日焼け防止と着用時の体感温度の低下効果があるというシリーズがあるのですが、それのトップス版という位置づけな感じがします。
このスカイフレスコ素材が使われているのはレースグレードというパールイズミではフラッグシップモデルシリーズに採用されていますが、夏場の日焼け対策や熱中症対策としてこのスカイフレスコ素材のジャージを選択するというのはいいかもしれません。

パールイズミのサイクルパンツのパッドの種類

パールイズミのサイクルウェアの特徴としてサイクルパンツに使用されているパッドが使用する用途に分けて4種類展開されています。ロードバイク初心者は少しサドルに座っているだけでもお尻が痛くなってしまう事が多いと思います。そんな時はサイクルパンツのパッドに注目して厚めのパッドが付いているサイクルパンツにしてみるのも一つの解決法だと思います。

3D NEO Plus

3D NEO Plusパッドイメージ
個人的にはロードバイク初心者からロングライド派の人までおすすめできるパッドだと思います。
パッドの厚みの部分が立体形状になっていて、男性用と女性用で形状が変わっています。
オールラウンドモデルの3D NEOと比べるとパッドの厚みや立体形状の違いは明らかで、3D NEO Plusの方が立体的で厚みもありこのパッドが付いたサイクルパンツを履いていればお尻の痛みは軽減されるだろうなと感じさせる安心感があります。

3D MEGA

3D MEGAパッドイメージ
3D NEO Plusをより厚くしたパッドでロングライドやロードバイク初心者向けのパッドです。
ブルベで400kmオーバーの長距離をサイクリングする時やロードバイク初心者でまだサドルの硬さになれていない方におすすめできるパッドです。私も最初はこの3D MEGAパッドが付いているパールイズミのサイクルパンツを履いていましたが、今はお尻の筋肉も付いてきて3D MEGAは少しパッドの厚みが少し厚いかなと感じるようになりました。
しかし、ブルベで400km以上に参加するようになった時にはこの3D MEGAパッド付きのサイクルパンツを選択するかもしれません。そのくらいこのパッドの厚みは群を抜いています。

3D NEO

3D NEOパッドイメージ
パールイズミのサイクルパンツのパッドではオールラウンド用モデルのパッドで標準となるパッドです。
立体感は3D NEO Plusや3D MEGAと比べるとありませんが、素材の柔らかさや坐骨付近のパッドは密度を変えてクッション性を向上させていたりと、手を抜いている感じはありません。
パッドが厚すぎて擦れによる痛みを感じるという人はこちらのパッドを選択するのもいいかもしれません。
ある程度ロードバイクに乗っていてお尻の筋肉が付いている人や坐骨の痛みを感じない人向けのパッドだと思います。

3D E

3D Eパッドイメージ
パールイズミのサイクルパンツの中でも入門モデルに付いているパッドです。
正直なところ、このパッドが付いているサイクルパンツを買うなら他のメーカーのもっときちんとしたパッドがついているサイクルパンツを買った方がいいと思います。
パールイズミのサイクルパンツを買う上でこの3D Eパッドが付いているものを買うメリットは無いと思います。
価格が安いのでとりあえずサイクルパンツってどんなものだろうということで買ってみるには良いかもしれませんが、それならばパールイズミ製ではなくもっと安いサイクルパンツでも同じだと思います。

パールイズミ2017年春夏ジャージ注目モデル

パールイズミの2017年春夏モデルのジャージで注目のモデルをピックアップしていきたいと思います。

UV フレスコジャージ

311-B:UV フレスコ プリント ジャージ | パールイズミ(Pearl Izumi) /春用/夏...
涼しい素材と長めの袖丈と細身のシルエット、シャープなプリントデザインが魅力のジャージ/サラサラな素材「スカイフレスコ」/春用/夏用/ジャージ半袖/サイクルウェア/ジャージ/レース/メンズ


317-BL:UV フレスコ ロングスリーブ ジャージ | パールイズミ(Pearl Izumi) /...
日焼けを防ぐ涼しい長袖ジャージ/サラサラな状態を保つ素材「スカイフレスコ」を採用/ウェア内の温度を4~5℃下げます//春用/夏用/ジャージ長袖/サイクルウェア/ジャージ/レース/メンズ

UVフレスコジャージは以前からラインナップされていたようですが、素材を新素材のSKY FRESCOにしてリニューアルしています。黒基調のカラーラインナップですが素材自体が太陽の熱を遮って、着用しているだけで衣服内の温度上昇を抑える効果があります。
背中には3つのバックポケットが付いていますが中央のポケットにはファスナー付きのポケットも付いていて財布等の貴重品をしまっておけるスペースも付いています。
素材自体が吸汗・速乾機能がありますが、特に背中部分はムレを防ぐためにエアベンチレーション機能がついていて発汗した汗をすぐに乾かす工夫がされています。
日焼けをしたくない人にはロングスリーブモデルがおすすめです。
自転車による事故を防ぐために再帰反射が付いていたり、蛍光色で後方の車からの視認性を高めるために蛍光イエローのカラーラインナップが展開されていて最近のロードバイクの安全志向を反映したラインナップになっています。

ハザードジャージ

春先や秋口の少し肌寒い時期や、夏場でも夜間や標高が高く気温が低い時に使えるオールシーズン対応のジャージです。春夏モデルのジャージより生地が厚めになっています。
背中の3つのバックポケットとファスナー付きのポケットが付いていて利便性も兼ね備えています。
真夏以外の時期のためにこのジャージを一枚持っているとかなり幅広い気温帯をカバーできると思います。

パールイズミ2017年春夏ウィンドブレーカー注目モデル

天候変化や気温変化に対応する時に着用するウィンドブレーカーをピックアップします。

ストレッチウィンドシェル

パールイズミのウィンドブレーカーでは毎年定番のストレッチウィンドシェルです。
ストレッチウィンドシェルの特徴はストレッチ素材で伸縮性が良く、動きやすくて風によるバタつきがありません。
透湿性もあり汗をかいてもムレない機能も兼ね備えています。外側は撥水メッシュ加工でにわか雨程度なら弾いてくれるのもありがたい機能です。急な天候の変化や下り坂の冷たい風から守ってくれる防風性能があります。
折りたたむとウェアに付属しているポケットに収納できて背中のポケットに収まるくらいコンパクトになります。
スルーポケット機能といってストレッチウィンドシェルを着用していても中に着ているウェアの背中のポケットにアクセスできるように背中部分に切れ目があるのも地味に使いやすい機能です。

ウィンドブレーカー

こちらは純粋なウィンドブレーカーです。ストレッチウィンドシェルとの違いは素材でこちらは伸縮性はないけど素材自体耐久性のあるものを使用しているモデルになります。
機能としてはストレッチウィンドシェルと同様にスルーポケット機能と背中には夜間走行時のための再帰反射が付いています。このウィンドブレーカーも折りたたむと背中のポケットに収納できるポケッタブル機能がついています。
にわか雨程度なら高い撥水性で水を弾きます。透湿性も兼ね備えていて着用中のムレも防ぎます。

パールイズミ2017年春夏サイクルパンツ注目モデル

パールイズミの2017年春夏モデルのサイクルパンツで注目したものをピックアップします。

コールドブラックレーサービブタイツ

3D NEO Plusパッドが付いたコールドブラック素材のレーサービブタイツです。
前側は縫い目がない特殊設計でスムーズなペダリングと動きやすさを追求したサイクルパンツになっています。
コールドブラック素材は直射日光を反射してUPF 50+の最高レベルのUVカット機能を備えた素材です。日焼けによる疲労を軽減します。また、赤外線を反射することで衣服内の温度の上昇を抑えて4度~5度体感気温を低く感じることができます。

プリザーブバイクタイツ

3D NEO Plusパッドが付いたロングタイツです。
プリサーブという伸張力が異なる3種類の素材を使用する事で筋肉と関節を安定させてペダリングをサポートします。
サポート範囲は大殿筋・内側広筋・膝・ふくらはぎでペダリング時に負担のかかる部位を保護・安定させてくれます。このサイクルパンツもコールドブラック素材が使用されていて着用しているだけで体感気温を下げてくれる効果があります。
個人的には3D NEO Plusのパッドが付いていて筋肉や膝をサポートしてくれて、ロングタイツで日焼けも防止できるので夏場に着るならこのモデルがおすすめかなと思っています。

コールドブラックメガタイツ

T230MEGA:コールドブラック® メガ ビブ パンツ | パールイズミ(Pearl Izumi) /...
クッション性に優れた極厚パッド「3D-メガ」搭載で痛みを軽減、お腹周りも楽なビブタイプ/日焼けを防ぐ素材「コールドブラック」、裾には柔らかくフィットしてずり上がりにくいラッセルテープを採用/春用/夏用/パンツ/サイクルウェア/ビブパンツ/メンズ

3D MEGAパッドが付いたビブタイツとロングタイツです。
このサイクルパンツの特徴は3D MEGAパッドが付いていてロングライドやロードバイク初心者で乗っているとお尻が痛くなってしまう方におすすめできます。
素材は他のモデルと同じコールドブラックを使用しており、着用しているだけで体感気温が低く感じる事ができます。

パールイズミ製品は高価という印象があるが本当のところは

ロードバイク初心者の方からするとパールイズミのサイクルウェアは高価でネット通販でもあまり値引きされなくて割高という印象を持たれると思います。
しかし、ロードバイクの世界の事を知ってくると海外サイクルウェアブランドに比べると割安で品質も日本製で信頼できて割安なんじゃないか?と思うようになります。

それでも、デザイン的に地味であったりパールイズミのロゴがちょっとなぁと感じるかもしれません。
ただ、サイクルパンツのパッドについては海外ブランドのサイクルウェアよりも日本人の体型にあったパッド設計で厚みも厚いモデルが用意されていたりして間違いなくおすすめできます。
サイクルパンツはパールイズミで上着は好きなブランドにするというのも、サイクルウェア選びの一つの考え方だと思います。

2017年3月現在、amazonで掲載されている商品は2016年の在庫だと思います。
店頭やamazonで2017年モデルが販売されるのは3月下旬から4月あたりからだと思います。
今年春夏用のサイクルウェアの購入を検討している方は今のうちに商品をチェックして2017年モデルの販売が開始されたら購入するのがおすすめです。

参考になったらぜひシェアしてください。

関連記事

  1. コーナリング時のライディングフォーム-フォームごとの特徴

    コーナリング時のライディングフォーム-フォームごとの特徴

  2. インターバルトレーニングの効果とは

    インターバルトレーニングの効果とは-40歳からでも速くなる方法

  3. 東レがカーボンを値上げ来年モデルの価格に影響か

    フロントディレーラーの調整-ロードバイク初心者脱出メンテナンス

  4. コーナリング時に最適な荷重バランス-セーフティコーナリング

    コーナリング時に最適な荷重バランス-セーフティコーナリング

  5. Garmin EDGE 820J

    Garmin EDGE 820Jでバッテリー消費を抑える設定

  6. 上りが得意の人と苦手の人の特徴

    上りが得意の人と苦手の人の特徴

  7. MOTHERLODEサイクリスト専用財布アイキャッチ

    MOTHERLODE-自転車乗りのための財布

  8. ミドルグレードのロードバイクの賢い買い方選び方

    ミドルグレードのロードバイクの賢い買い方選び方

  9. 消耗品の交換時期を見極める

    消耗品の交換時期を見極める-ワイヤー編

特集記事

  1. TCD IZMテーマアイキャッチ TCD IZMテーマにリニューアルしました
  2. ヘブンウィークブルベアイキャッチ AJ神奈川主催のヘブンウィークブルベ-イザベラ・バードBRM503
  3. コーナリング時のライディングフォーム-フォームごとの特徴 コーナリング時のライディングフォーム-フォームごとの特徴
  4. シマノアルテグラコンポーネント シマノアルテグラと105コンポーネント徹底比較
  5. お名前.comアイキャッチ お名前.comで取得したドメインのDNS設定をする-CORESERVER編
  6. 一瞬の判断で生死が分かれる-危険回避 一瞬の判断で生死が分かれる-危険回避
  7. ヒルクライムを楽に登るペースの作り方 ヒルクライムを楽に登るペースの作り方
  8. ワールドサイクルのR250フロントポーチラージ試用レビュー ワールドサイクルのR250フロントポーチラージ試用レビュー
  9. Garmin EDGE 820J Garmin EDGE 820Jの基本設定アクティビティプロフィール
  10. BizVektor(ビズベクトル)SEO対策万全の大規模サイト向け無料テーマアイキャッチ BizVektor(ビズベクトル)SEO対策万全の大規模サイト向け無料テーマ

PICK UP記事

  1. ロードバイクのブレーキパッド一挙比較 ロードバイクのブレーキパッド一挙比較
  2. 女性のためのロードバイクの選び方 女性のためのロードバイクの選び方
  3. バイクパッキングの入門にピッタリ-ワールドサイクルからR250サドルバッグ発売 バイクパッキングの入門にピッタリ-ワールドサイクルからR250サドルバッグ発売
  4. クランク長のセルフチェックとクランク交換のQ&A クランク長のセルフチェックとクランク交換のQ&A
  5. ヘブンウィークブルベアイキャッチ AJ神奈川主催のヘブンウィークブルベ-イザベラ・バードBRM501
  6. ミドルグレードのロードバイクの賢い買い方選び方 ミドルグレードのロードバイクの賢い買い方選び方
  7. Garmin EDGE 820J Garmin EDGE 820Jアクティビティデータ表示項目の設定
  8. ロードバイク乗車時の具体的な呼吸法とは何か おすすめロードバイクプロショップ-新宿周辺
  9. インターバルトレーニングの実践方法 インターバルトレーニングの実践方法-40歳からでも速くなる方法
  10. ペダリング動作を正確に行う神経トレーニング ペダリング動作を正確に行う神経トレーニング

おすすめ記事

  1. コーナリング時に最適な荷重バランス-セーフティコーナリング
  2. ワールドサイクルのR250フロントポーチラージ試用レビュー
  3. 短期間で鍛えるヒルクライム力-食事コンディション編
  4. ワコーズの本気-摩擦と摩耗と潤滑剤の世界
  5. インターバルトレーニングのウォーミングアップとリカバリー
  6. コーナリングの動作を学ぶ-予測と判断
  7. ロードバイク初心者の100kmロングライド-暑さ対策のポイント
  8. ロードバイクのおすすめヘルメットブランド
  9. 短期間で鍛えるヒルクライム力-フィジカル編
  10. ヒルクライム・エンデューロに向けたトレーニング方法

Twitter

最近の記事

  1. 2018年版予算20万円で買えるロードバイク
  2. 平地と上りが苦手なサイクリストの疑問とは
  3. 平地と上りの苦手を克服するためのポイント
  4. 平地と上りそれぞれ苦手な人の傾向
  5. 上りが得意の人と苦手の人の特徴
  6. 平地が得意の人と苦手の人の特徴
  7. 平地が苦手上りが苦手それは何故なのか
  8. ブルベエントリー情報一覧
  9. ブルベエントリー情報一覧
  10. クランク長のセルフチェックとクランク交換のQ&A

人気記事

  1. ワールドサイクルのR250サイクル反射ベスト試用レビュー
  2. ワールドサイクルのR250おにぎりリフレクター試用レビュー
  3. ロードバイク初心者の100kmロングライド-装備と持ち物
  4. ピレリからロードバイク用クリンチャータイヤが新発売
  5. ロードバイク初心者の100kmロングライド-補給のポイント
  6. PBP パリ・ブレスト・パリ
  7. パールイズミ2017年秋冬モデルアイキャッチ
  8. ワールドサイクルのR250防水スマートライドポーチDX試用レビュー
  9. ロードバイク初心者の100kmロングライド-暑さ対策のポイント
  10. 保冷効果が長いおすすめの保冷ボトル
PAGE TOP
Translate »