注目の記事 PICK UP

ワールドサイクルのR250ドラム型フロントバッグ試用レビュー

ワールドサイクルのR250ドラム型フロントバッグ試用レビュー

ワールドサイクルのR250ドラム型フロントバッグ試用レビュー
ロードバイク本体やサイクルウェア、自転車パーツ等の通販でおなじみのワールドサイクル様よりR250ドラム型フロントバッグの製品サンプルをご提供していただけたので試用レビューをすることになりました。バイクパッキングの思想が生まれてから大型サドルバッグやフレームバッグに注目が集まりがちですが、フロントバッグもバイクパッキングでは重要な位置を持っていて大きな荷物を収納するスペースとしてフロントバッグの有用性に注目されています。ワールドサイクルも大型サドルバッグをリリースし、サドルバッグと合わせて使用するためのフロントバッグをリリースしています。今回はフロントバッグを試用レビューします。

今回当サイトに製品サンプルをご提供していただいたワールドサイクル様には御礼申し上げます。

ワールドサイクル(本店)
ワールドサイクル(本店)のトップページ

R250ドラム型フロントバッグの概要

R250ドラム型フロントバッグ外観

R250ドラム型フロントバッグ
サイズ(実寸):長さ240mm×幅165mm
容量:2.5L、1.4L×2
重量:225g
カラー:ブラック
価格:3,888円(税込)

今回ワールドサイクル様から製品サンプルとしてご提供いただいたのはドラム型フロントバッグで容量はメイン2.5L、左右のポケット1.4Lが2つあります。ハンドル部分とワイヤー部分をベルトで簡単に取り付け取り外しができるようになっています。どのようなサイクリストの方と相性が良いのか。実際に試用してみてドラム型フロントバッグの特徴を紹介したいと思います。

R250ドラム型フロントバッグ取り付けには色々と制約があります

R250ドラム型フロントバッグ取り付けイメージ
今回ワールドサイクル様からドラム型フロントバッグの製品サンプルをご提供いただいたのですが、上の写真のように残念ながら私が私用で使用しているロードバイクには取り付ける事ができませんでした。理由はハンドル部分にフロントライト2本、フロントマウントにガーミンのEDGE820Jとハンドルの右側に予備のサイクルコンピュータ、ハンドルの左側にはKNOGのOIベルが取り付けてある為、ドラム型フロントバッグを取り付けるためのベルトをハンドルに取り付ける為のスペースの余裕がありませんでした。私のロードバイクはブルベ仕様のためハンドル周りはかなり混雑しているためフロントバッグを取り付ける為のベルトをハンドルに留める為のスペースが確保できませんでした。フロントバッグを取り付ける事を考えている方はハンドル周りにフロントバッグを取り付ける為のスペースを確保する必要があります。これはフロントバッグ全般に言える事でR250ドラム型フロントバッグだけに言える事ではありませんのでご注意ください。

R250フロントバッグを取り付けたイメージ

R250ドラム型フロントバッグ取り付けイメージ
ドラム型フロントバッグを正しく取り付けたイメージは上の写真のようになります。他社のフロントバッグよりはハンドル部分より上部が少しせり出すような取り付け方になります。サイクルコンピュータやライト類等、ハンドルに取り付ける必要があるアクセサリーは取り付ける位置について、ドラム型フロントバッグを取り付ける前提で位置を調整しないとうまく配置できないかもしれません。

フロントバッグとしては取り出しやすさを考慮

R250ドラム型フロントバッグ開口部
ヨーロッパブランドのフロントバッグは収納容量は大きいものの、収納方法が左右に開口部がありロールクロージャー方式で走行中や停止中にフロントバッグの中のものを取り出すのはやや無理があるものが多いのですが、R250ドラム型フロントバッグはバッグ中央と左右に開口部があり、走行中や停止中でも簡単にジッパーで開口部を開けてバッグ内に収納した物を取り出す事ができます。バッグの横幅もハンドルバーの横幅を考慮してブラケット部分まで干渉する事なく走行中邪魔にならない横幅に設定されています。容量も中央部は2.5L、左右部分は1.4Lが2つあり十分な収納能力があります。バイクパッキングスタイルでフロントバッグを利用するとしたら取り出しやすさと収納能力はかなり魅力的と言えます。

輪行時にはショルダーバッグとして携帯可能

R250ドラム型フロントバッグにはショルダーバッグにもなる肩掛け用のショルダーベルトが付属しており、輪行等で移動する時はフロントバッグをショルダーバッグとして持ち運ぶ事ができます。ロードバイクからフロントバッグを取り外す時もベルトで固定しているだけなので簡単に取り外しできますので走行時はハンドルに固定してフロントバッグとして使用して、輪行時やロードバイクから離れる時はショルダーバッグとして持ち運ぶ事ができますので使い勝手はかなり良い製品だと思います。

R250ドラム型フロントバッグを試用してみて

私のブルベ仕様のロードバイクには残念ながら上手く取り付けができませんでしたが、フロントバッグを取り付ける前提で、サイクルコンピュータ類やライト類を上手く配置すればロードバイクの収納能力を大きく向上させる事ができます。特にバイクパッキングスタイルでロードバイクの収納力が欲しい方にはこのドラム型フロントバッグの容量はかなり魅力的なものとなります。重量もバッグ単体では225gと軽量なので、バッグの中に収納するものを軽いものにすればハンドリングにもそれほど影響なく走行する事ができます。防水性についてはジッパーが止水ジップでない事と素材がナイロン素材のためあまり期待できませんが、バッグの中に収納するものを防水処理する事で多少の雨なら問題なく使用できるレベルです。

フロントバッグを使用する場面としては、主に長距離のツーリングでロードバイクにかなりの収納能力が求められる場面だと思いますので、バイクパッキングのスタイルと相性が良いと思います。大型サドルバッグとフレームバッグに重い荷物類を収納して、軽めの荷物と補給食をフロントバッグに収納すればハンドリングに影響しなくて大容量の荷物をロードバイクに収納する事ができます。フロントバッグ単体で使用する場合は主に補給食をしまっておいて、走行中や停止中にフロントバッグから簡単に取り出して補給するといった使い方になるでしょう。長期間の休みを利用してロードバイクで旅行を計画している方はフロントバッグを導入してロードバイクの収納能力を上げる事を検討してもいいかもしれません。気になったらチェックしてみてください。



ワールドサイクルのR250防水大型サドルバッグラージ試用レビュー
ワールドサイクルのR250防水大型サドルバッグラージレビューバイクパッキングというロードバイクの新しいツーリングスタイルが日本に上陸してから、バイクパッキングというスタイルもかなり日本国内に浸透してきたなという印象を受けます。欧米ではロードバイクに大...


バイクパッキングの入門にピッタリ-ワールドサイクルからR250サドルバッグ発売
バイクパッキングの入門に最適なサドルバッグが登場ロードバイクに大型のサドルバッグを取り付けて1泊2日程度のツーリングでも、キャリアやパニアバッグを取り付ける事無くロードバイクで簡単に大容量の荷物を運べるということで注目されているバイクパッキングのス...


ワールドサイクルのR250防水スマートライドポーチ試用レビュー
ワールドサイクルのR250防水スマートライドポーチレビュー当サイトで以前紹介したワールドサイクルのオリジナル防水スマートライドポーチ。スマホが入るサイズで防水タイプの財布ということで気になっていた方も多いのではないでしょうか。この度ワールドサイクル様...


ワールドサイクルのR250ツールケーススリムロングタイプ試用レビュー
ワールドサイクルのR250ツールケーススリムロングタイプ試用レビューロードバイク本体やサイクルウェア、自転車パーツ等の通販でおなじみのワールドサイクル様よりR250ツールケーススリムロングタイプの製品サンプルをご提供していただけたので試用レビューをするこ...


ワールドサイクルのR250フロントポーチラージ試用レビュー
ワールドサイクルのR250フロントポーチラージ試用レビューロードバイク本体やサイクルウェア、自転車パーツ等の通販でおなじみのワールドサイクル様よりR250フロントポーチラージの製品サンプルをご提供していただけたので試用レビューをすることになりました。ロー...

関連記事

  1. ロードバイクのおすすめヘルメットブランド

    ロードバイクのおすすめヘルメットブランド

  2. ミドルグレードのカーボンクリンチャーホイール

    ミドルグレードのカーボンクリンチャーホイール

  3. ワールドサイクルのR250フロントポーチラージ試用レビュー

    ワールドサイクルのR250フロントポーチラージ試用レビュー

  4. ロードバイクにおすすめの小さめなサドルバッグ10選

    ロードバイクにおすすめの小さめなサドルバッグ10選

  5. 摩擦円とは何か-コーナリング時のグリップ

    ロードバイクのビンディングペダルは最後は結局SPD-SLを選んでしまう

  6. ヘブンウィークブルベアイキャッチ

    AJ神奈川主催のヘブンウィークブルベ-イザベラ・バードBRM503

  7. ロードバイクのクリンチャータイヤについて知っておきたい知識

    ロードバイクのクリンチャータイヤについて知っておきたい知識

  8. ワイドレシオギアを入れて坂道を楽に登る方法アイキャッチ

    ワイドレシオギアを入れて坂道を楽に走る方法

  9. ロードバイクのテールライトアイキャッチ

    ロードバイクのテールライトの選び方は点灯時間で考える

特集記事

  1. サドルの位置によって使う脚の筋肉が変わる サドルの位置によって使う脚の筋肉が変わる
  2. PBP パリ・ブレスト・パリ PBP ブルベの最高峰パリ・ブレスト・パリ
  3. TCDのテーマのメリットとデメリット TCDのテーマのメリットとデメリット
  4. ヒルクライムを楽に登るハンドルの握り方とペダリング ヒルクライムを楽に登るハンドルの握り方とペダリング
  5. WordPressSSL化アイキャッチ WordPressサイトを常時SSL化する-CORESERVER(コアサーバー)…
  6. ペダリング時の筋肉の働きを理解して意識することで変わる ペダリング時の筋肉の働きを理解して意識することで変わる
  7. 安全に曲がるためのブレーキセッティング 安全に曲がるためのブレーキセッティング
  8. 短期間で鍛えるヒルクライム力-機材編 短期間で鍛えるヒルクライム力-機材編
  9. ロードバイクのエアロフォーム ロードバイク乗車時の呼吸とは何かを考える
  10. ヒルクライム・エンデューロに向けたトレーニング方法 ヒルクライム・エンデューロに向けたトレーニング方法

PICK UP記事

  1. 宮澤崇史さんがお尻が痛くならない正しい乗車姿勢を解説 宮澤崇史さんがお尻が痛くならない正しい乗車姿勢を解説
  2. グランフォンドを完走するための補給のテクニック グランフォンドを完走するための補給のテクニック
  3. 3つ目のボトルケージ ELITE VIPボトルケージクリップ ブルベの装備-ロードバイク初心者が辿り着いたブルベ用装備
  4. シマノアルテグラコンポーネント シマノアルテグラと105コンポーネント徹底比較
  5. 雨に降られた後にやるべきお掃除メンテナンス 雨に降られた後にやるべきお掃除メンテナンス
  6. ペダリング動作を正確に行う神経トレーニング ペダリング動作を正確に行う神経トレーニング
  7. 都民の森ヒルクライム 都民の森-ロードバイク乗り人気の峠
  8. カンパニョーロゾンダアイキャッチ CampagnoloZONDA(カンパニョーロ・ゾンダ)はワイドリム化
  9. カーボンクリンチャーホイールの進化 カーボンクリンチャーホイールの進化
  10. ヒルクライムを楽に登るハンドルの握り方とペダリング ヒルクライムを楽に登るハンドルの握り方とペダリング

おすすめ記事

  1. ELITE ARION MAG3本ローラー
  2. 東京湾一周-一度はチャレンジしたいワンイチコース
  3. Garmin EDGE 820J
  4. コーナリングの成否を決定づけるブレーキング
  5. ロードバイクのおすすめヘルメットブランド
  6. 飛行機輪行の時に抑えておきたいポイント
  7. TCD IZM WordPressのテーマアイキャッチ
  8. 短期間で鍛えるヒルクライム力-機材編
  9. シマノR8000新型アルテグラ徹底解剖

Twitter

最近の記事

  1. PBP パリ・ブレスト・パリ
  2. ロードバイク初心者がビンディングペダルを使いこなすポイント
  3. シマノR8000新型アルテグラ徹底解剖
  4. ワールドサイクルのR250パーキングストッパー&チェーンフック試用レビュー
  5. ワールドサイクルのR250防水大型サドルバッグラージ試用レビュー
  6. 普段の走行で意識することでトラブルを回避するポイント
  7. サイクルイベント別参加する時に抑えるべきポイント
  8. サイクルイベントにこれから参加する人に向けての心構え
  9. ワールドサイクルのR250ドラム型フロントバッグ試用レビュー
  10. ワールドサイクルのR250フロントポーチラージ試用レビュー

人気記事

  1. ワールドサイクルのR250防水スマートライドポーチ試用レビュー
  2. ピナレロ2018年ニューモデル発表会-GANシリーズ
  3. ワールドサイクルのR250フロントポーチラージ試用レビュー
  4. コスパだけじゃないジャイアントのTCRシリーズの真価とは
  5. ブルベにおすすめのアルミクリンチャーホイール
  6. シマノR8000新型アルテグラ徹底解剖
  7. 40代からのロードバイク-40代から速く強くなる方法
  8. ヒルクライムを楽に登るハンドルの握り方とペダリング
  9. 自転車活用推進法でロードバイクは走りやすくなったのか
  10. 東京湾一周-一度はチャレンジしたいワンイチコース
PAGE TOP
Translate »