注目の記事 PICK UP

ZOFFアスリートの調光レンズ度付きスポーツアイウェア

Last Updated 2021.02.02

ZOFFでサングラスを作ることにしたがまさかの展開に

ZOFF ATHLETEヘッダ画像
ロードバイクに乗っているみなさんは、紫外線対策や目の保護のためにサングラスやアイウェアを着用している方が多いと思いますが、どんなサングラスを使用していますか?
定番のオークリー等の価格が高いサングラスを使用している方や、中にはコスパ重視でネットで購入した安いアイウェアを着用している等様々だと思います。
私もサングラス選びには結構悩みました。私のサングラスに対しての要望は以下の点でした。

  • 度付きであること
  • 夜でも視界が悪くならない程度の透過度であること
  • スポーツ用途の樹脂製のフレームであること
  • ロードバイクに乗っていても似合うこと

私は近眼なので度付きであることは外せませんでした。
使い捨てコンタクトを併用してサングラスを使用するという選択肢もあったのですが、正直なところ使い捨てコンタクトを併用するのは面倒臭い。ということで度付きのサングラス探しが始まりました。

最初は見た目がかっこいいサングラスにインナーのド付きレンズ

度付きサングラス参考画像
皆さんも結構経てきた道ではないでしょうか。
ロードバイクに乗るとヘルメットを着用するわけですが、その時サングラスを付けてみると似合うデザインと似合わないデザインと真っ二つに分かれます。普通の丸型フレームのメガネだとヘルメットの見た目と相性が悪くどうしてもかっこ悪いですね。
私は見た目から入るのが得意ですから、ヘルメットを着用して見た目がかっこいいサングラスのフレームを探していました。するとサングラスのフレームのインナーフレームに度付きのレンズを入れて度付きサングラスにするという商品が結構ヒットするようになります。価格も数千円から1万円くらい。

通販で買うのは簡単だけど、度付きのレンズはどうやって後からつければいいのだろうか?
やっぱりフレームを近所のメガネ屋さんに持っていって度付きのレンズを付けてもらうのか?
といった疑問が沸いてきました。

また、写真で見るとインナーフレームが想像以上に透けて見えてかっこ悪いなという印象も持ち始めました。

ZOFFでZOFF ATHLETE(ゾフ・アスリート)というモデルを発見する

インナーレンズで度付きのサングラスにするのを諦めかけていたところ、ZOFFのことを思い出しました。
私が20代の頃はZOFFで色々なフレームのメガネを購入してお世話になっていました。
今でも6つ位ZOFFのメガネを持っているわけですが、ZOFFにはサングラスはないだろうかとWEBページを探していたら、ZOFF ATHLETE(ゾフ・アスリート)というスポーツ用途のフレームを見つけました。
早速ZOFFのWEBサイトでZOFF ATHLETEのフレームを探すことにしました。

ランニング・ゴルフ・釣り・自転車をはじめ、アクティブな動きにもずれ落ちにくいスポーツ用メガネ、サングラスをご紹介します。可動式のラバー製鼻パッドや、アジア人に適したジャストフィットカーブ採用のフレーム形状など、ベストなフィッティングを実現するスポーツモデルが目白押しです。

ZOFF ATHLETEフレーム1
ZOFF ATHLETEフレーム2
ZOFFのWEBサイトで目に止まったのは上図の2つのフレームでした。
他のはフレームに金属が使われていたりして、もし落車でもした時の目へのダメージが懸念でした。
WEBサイト上でどういう付け心地か見た目になるかという判断はできなかったので実際にお店に行ってフィッテイングすることにしました。

ZOFF店舗に行ってレンズ選びに迷う

ZOFFカラーレンズ選び
ZOFFの店舗にいって前述した2種類のフレームを比べてみました。
私のロードバイク用のヘルメットが白と黒を基調していることもあって、メガネのフレームも黒と白を基調としたものに決まりました。
次はレンズ選びです。カラーと透過率でかなりバリエーションがあって色々レンズを目に当ててみて見え方や、透過具合も比べていました。しかし、これといった決定打になるカラーと透過率が決まりません。
そんな時、私の一言で展開がガラッと変わりました。

ZOFFには調光レンズのオプションがあった

ZOFFレンズオプション表
私:ロードバイクで夜もサイクリングするとなると透過率高いのがいいのですがしっくりこないなぁ
ZOFF店員:そうですね。夜もサイクリングするのでしたら透過率70%以上のこちらあたりがオススメですね
私:夜走るとなるとこれでもちょっと暗いかな。やっぱりベストは調光レンズになるんですよねぇ
ZOFF店員:調光レンズもありますよ?
私:えっ??調光レンズあるんですか?追加料金はいくらですか?
ZOFF店員:追加レンズで3,000円になります
私:調光レンズにします

ZOFFには調光レンズにするレンズオプションがあったのです。
これにはさすがに驚きました。調光レンズというとオークリーのような一流ブランドのサングラスにオプションで付けたら数万円は追加料金が発生するくらいです。
ZOFFでサングラスを探している時には調光レンズという選択肢は頭からは抜けていました。
それが調光レンズでも追加レンズオプションとして3,000円で済むのです。
調光レンズにしない理由はありませんでした。

ZOFFさん、WEBサイトでももっと調光レンズとか特殊レンズのオプションを大々的にアピールしてください。
WEBサイト上で調光レンズがオプションであるとわかるページを探すのに苦労しました。

ZOFF ATHLETEフレームに調光レンズのアイウェア

こうしてロードバイク用のアイウェアはZOFF ATHLETEのフレームに調光レンズを付けたものになりました。
価格ですが、フレームが7,000円+調光レンズ3,000円のトータル10,000円+税でした。
もちろん近眼なので度付きです。出来上がりまでは10日程かかりました。

2Way Lens(調光レンズ) | Zoff公式通販。機能・デザイン性に優れためがね・サングラスを多数取り揃え。充実した保証・アフターサービスでメガネのお求めも安心。お探しの眼鏡がきっと見つかる。

ロードバイクに乗る時のアイウェアで、度付きのサングラスや調光レンズのサングラスを探している方。
ZOFFのZOFF ATHLETE(ゾフ・アスリート)はオススメです。
ZOFFは定期的にフレームデザインを更新していますので、もし今のフレームのデザインが気にいらなくても、半年後とかにはデザイン一新したラインナップが登場するかもしれません。

また、ZOFFではZOFFで購入した過去のフレームについてもレンズ交換をしてくれます。
私が持っているフレームでも度が合わないものについては今度調光レンズにしてリニューアルしようかなと思ったりもしています。

ロードバイクに乗る時のアイウェアに困ったらZOFF ATHLETEをオススメする記事でした。
ぜひ参考にしてみてください。

関連記事

  1. ロードバイクのおすすめヘルメットブランド

    カーマー(karmor)-リアルアジアンフィットのキノコ頭にならないヘルメット

  2. CATEYE VOLT 800アイキャッチ

    ロードバイクのヘッドライトにVOLT 800をおすすめする理由

  3. ワールドサイクルのR250おにぎりリフレクター試用レビュー

    ワールドサイクルのR250おにぎりリフレクター試用レビュー

  4. パールイズミ2017年秋冬モデルアイキャッチ

    パールイズミ2017年秋冬モデルから注目モデルをピックアップ

  5. バイクパッキングの入門にピッタリ-ワールドサイクルからR250サドルバッグ発売

    バイクパッキングの入門にピッタリ-ワールドサイクルからR250サドルバッグ発売

  6. ロードバイク用度付き対応のスポーツアイウェア

    ロードバイクウェアのおすすめブランド

  7. ブルベ用サイクルウェアアイキャッチ

    ブルベ用のサイクルウェアを考える

  8. パールイズミのバックパック

    パールイズミがサイクリング用バックパックを発表

  9. eneloopアイキャッチ

    テールライトの電池をeneloopの充電池にした理由

特集記事

  1. コスパだけじゃないジャイアントのTCRシリーズの真価とは コスパだけじゃないジャイアントのTCRシリーズの真価
  2. AMP対応とGoogleアナリティクスとGoogleアドセンスの設定方法 AMP対応とGoogleアナリティクスとGoogleアドセンスの設定方法
  3. 短期間で鍛えるヒルクライム力-フィジカル編 短期間で鍛えるヒルクライム力-フィジカル
  4. PBP パリ・ブレスト・パリ PBP ブルベの最高峰パリ・ブレスト・パリ
  5. Garmin EDGE 820J Garmin EDGE 820Jの設定方法のまとめ
  6. 短期間で鍛えるヒルクライム力-機材編 短期間で鍛えるヒルクライム力-機材
  7. バイクパッキングフレームバッグアイキャッチ バイクパッキング-フレームバッグの選び方
  8. WordPress(ワードプレス)アイキャッチ WordPress(ワードプレス)はブログサイト構築システム
  9. Garmin EDGE 820J Garmin EDGE 820Jのソフトウェアアップデートの方法
  10. WordPressにおける投稿ページと固定ページの違い WordPressにおける投稿ページと固定ページの違い

PICK UP記事

  1. 尾根幹からロングコース-道志みち箱根てんこ盛り ヤビツ峠-ロードバイク乗り人気の峠
  2. 消耗品の交換時期を見極める-タイヤ編 9070系デュラエースと6870アルテグラでシンクロシフト実装へ
  3. シマノR8000新型アルテグラ徹底解剖 シマノから新型アルテグラR8000系を発表
  4. ロードバイクのおすすめヘルメットブランド カーマー(karmor)-リアルアジアンフィットのキノコ頭にならないヘルメット
  5. ブルベ用サイクルウェアアイキャッチ ブルベ用のサイクルウェアを考える
  6. ペダリングトレーニング最終奥義ハイパワーペダリング ペダリングトレーニングハイパワーペダリング
  7. 東レがカーボンを値上げ来年モデルの価格に影響か リアディレイラーの調整-ロードバイク初心者向けメンテナンス
  8. ヘブンウィークブルベアイキャッチ AJ神奈川主催のヘブンウィークブルベ-イザベラ・バードBRM429
  9. ワールドサイクルのR250防水スマートライドポーチDX試用レビュー ワールドサイクルのR250防水スマートライドポーチDX試用レビュー
  10. カーマーからフラッグシップモデルDITROが登場

Twitter

最近の記事

  1. サイクルコンピュータアイキャッチ
  2. ロードバイクのおすすめヘルメットブランド
  3. eneloopアイキャッチ
  4. 摩擦円とは何か-コーナリング時のグリップ
  5. ディスクロードバイクのメリットとは
  6. ロードバイクのテールライトアイキャッチ
  7. ZOFFアスリートロゴアイキャッチ
  8. インドアトレーニングにおすすめのサイクルトレーナー
  9. Knog Oiベルアイキャッチ
  10. WordPressUpdraftPlusアイキャッチ

おすすめ記事

  1. Garmin EDGE 820J
  2. TCDのおすすめテーマ一覧
  3. ろんぐらいだぁす!ツーリングガイド
  4. WordPressSSL化アイキャッチ
  5. TCD IZMテーマアイキャッチ
  6. ワコーズの本気-摩擦と摩耗と潤滑剤の世界
  7. AMP対応とGoogleアナリティクスとGoogleアドセンスの設定方法
  8. CATEYE VOLT 800アイキャッチ
  9. ブルベにおすすめのアルミクリンチャーホイール
PAGE TOP