注目の記事 PICK UP

バイクパッキング-フレームバッグの選び方

バイクパッキング-フレームバッグの選び方

バイクパッキングフレームバッグヘッダ
バイクパッキングはサドルバッグへ注目しがちですが、フレームバッグも容量がありロードバイクに積載するトータルの容量を確保する時には有効なバッグです。
フレームバッグはロードバイクのフレーム中心に位置するため重心の変化が少なく走行中に振られることが無いメリットがあります。本記事では主要なメーカーのフレームバッグを取り上げていきます。

バイクパッキングとは

バイクパッキングについての説明ついては前に記事にしていますのでそちらの記事をご覧ください。

バイクパッキング大型サドルバッグの選び方
最近バイクパッキングというロードバイクに大型のサドルバッグを付けて、長距離ツーリングするスタイルが注目されています。ブルベシーンでも1200kmの超長距離ブルベではバイクパッキングスタイルで参加する方が増えています。バイクパッキングとは何なのか?を説明...

バイクパッキングではサドルバッグでもかなりの容量を積載できるのが特徴ですが、合わせてフレームバッグも付けることでさらに積載容量を確保することができます。サドルバッグとフレームバッグを合わせれば20L以上の容量を確保することができて、1週間から2週間程度の旅行も可能になります。

フレームバッグ

トップチューブ部分にベルクロ等のベルトで固定してトップチューブ・ダウンチューブ・シートチューブのトライアングルのスペースを活用して荷物を積むスペースを確保します。
バイクパッキングを展開しているブランドは多くはサドルバッグの他にもフレームバッグも展開しています。

アピデュラ(Apidura)

アピデュラフレームバッグ
サドルバッグで大容量のバッグで一気にその知名度を上げたアピデュラですが、アピデュラはバイクパッキングとして総合的にバッグを展開しています。フレームバッグについてもロードバイク用・マウンテンバイク用と自転車の種類に応じて形やサイズも展開しており自分に合ったフレームバッグを見つけやすいと思います。

サイズ ロードフレームラージ ロードフレームミディアム ロードフレームスモール
容量 6L 4.5L 3L
重量 160g 145g 125g
使用条件 横52cm×縦17.5cm×下部横39cm 横48cm×縦12.5cm×下部横37cm 横43cm×縦12cm×下部横28cm
価格 64.17ポンド:日本国内17,399円 59.17ポンド:日本国内17,399円 55ポンド:日本国内16,376円

アピデュラのフレームバッグはロードバイクのフレームサイズに合わせて3サイズ展開しています。
ロードバイクのトップチューブ・ダウンチューブ・シートチューブの内側トライアングルのサイズを測ってご自分のロードバイクに合ったサイズを選べます。
アピデュラのバッグはサドルバッグ同様日本国内での流通が少ないため、メーカーサイトから海外直販がおすすめです。海外通販に抵抗のある方はお近くのプロショップで取り寄せできないかお問い合わせしてみると良いと思います。

レベレイトデザイン

レベレイトデザインフレームバッグ
バイクパッキングの先駆けレベレイトデザインからもフレームバッグが展開されています。
サイズは3種類でロードバイクのフレームサイズに合わせてサイズを選ぶことができます。
レベレイトデザインについては日本国内で有名なのである程度ショップでの入手が容易です。

サイズ Tangle Frame Bag-L Tangle Frame Bag-M Tangle Frame Bag-S
容量
重量
使用条件 横56cm×縦17cm トップチューブ長560mm~620mm 横50cm×縦12cm トップチューブ長550mm~580mm 横44cm×縦11cm トップチューブ長520mm~560mm
価格 12,224円 15,799円 15,799円

レベレイトデザインのフレームバッグはバッグを付けていてもボトルを使用できる程度のスペースを確保しているのが特長です。普段使いの時でも邪魔になるようなことなく使用できます。
防水生地と止水ジップにより防水性も高い性能になっています。

ブラックバーン(Blackburn)

ブラックバーンフレームバッグ
日本ではまだあまり知名度が無い印象のブラックバーンですが、フレームバッグについてはフレームサイズに合わせて2サイズ展開しています。
ブラックバーンのフレームバッグは下部のジップを開放することによって容量を増量することができます。
その時はボトルを収納スペースが無くなるため、ボトルを収納するスペースをサドル等に移動させるような工夫が必要です。

サイズ FRAME BAG LARGE FRAME BAG MEDIUM
容量 6.95L 5.8L
重量 400g 380g
使用条件 横48cm×縦16cm×幅6.5cm 横42cm×縦16cm×幅6.5cm
価格 6,367円 6,346円

フレームバッグ上部のベルクロは取り外し可能でトップチューブに取り付ける位置を調節可能です。
下部のジップ開放で容量増量できる他、ハイドレーションホール付きでバッグ内にボトルを収納しておくことでホースから水分補給も取ることができる構造になっています。

ジャイアント(GIANT)

ジャイアントフレームバッグ
ジャイアントからはフレームバッグが3サイズ展開されています。
ジャイアントのフレームバッグはサイズによってフレーム内の専有面積が変わりますので、大きいサイズを選ぶと自動的にボトルを収納するスペースがなくなりますので注意が必要です。

サイズ SCOUT FRAME BAG L SCOUT FRAME BAG M SCOUT FRAME BAG S
容量 8.2L 6.9L 4.2L
重量 395g 335g 240g
使用条件 横46cm×縦31cm×幅8.5cm 横44.5cm×縦23cm×幅8.5cm 横38cm×縦15cm×幅8.5cm
価格 6,000円 (税抜) 5,500円 (税抜) 5,000円 (税抜)
2017 Giant Bicycle [ SCOUT FRAME BAG ]
RIDE LIFE. RIDE GIANT. わたしたちGIANTは、魅力的で幅広い製品ラインナップを通じて、世界中の人々を自転車というすばらしい冒険へと駆り立ててまいります。

ジャイアントのフレームバッグは他のメーカーとコンセプトが違い、基本的にはフレーム内のトライアングルを全て専有するような作りになっています。そのためバッグ自体の容量は多いもののボトルが収納できないという弊害が起こります。あえてSサイズを選んでボトルをボトルケージに収納するスペースを確保するという選び方もいいと思います。

長距離ツーリングする時のフレームバッグの有用性

バイクパッキングでは大容量のサドルバッグに注目されがちですが、トータルの積載量を稼ぐためにフレームバッグも導入するのは有用だと思います。
ただし、バッグの形状によってはボトルがボトルケージに収納できないといった弊害もあるため、長距離ツーリングする時の水分補給を走行中に行うか止まってフレームバッグ等からボトルを取り出して補給するかといった選択が必要になると思います。
フレームバッグは取り付け位置の関係でロードバイクの中心に重心がくるので走行中に振られないというメリットがあるため、長距離ツーリングで積載を稼ぎたい方はぜひ導入を検討してみても良いと思います。

参考になったらぜひシェアしてください。

関連記事

  1. 東レがカーボンを値上げ来年モデルの価格に影響か

    東レがカーボンを値上げ2018年のロードバイク価格に影響か

  2. ピレリからロードバイク用クリンチャータイヤが新発売

    ピレリからロードバイク用クリンチャータイヤが新発売

  3. ロードバイクのエアロフォーム

    尾根幹線コース-ロードバイク乗りのトレーニングコース

  4. Garmin EDGE 820J

    Garmin EDGE 820Jでバッテリー消費を抑える設定

  5. eneloopアイキャッチ

    テールライトの電池をeneloopの充電池にした理由

  6. ワイドレシオギアを入れて坂道を楽に登る方法アイキャッチ

    ワイドレシオギアを入れて坂道を楽に走る方法

  7. ロードバイクの洗車プレクサス

    ロードバイクの洗車の時にあると便利なアイテム

  8. ミドルグレードのカーボンクリンチャーホイール

    ミドルグレードのカーボンクリンチャーホイール

  9. 普段の走行で意識することでトラブルを回避するポイント

    普段の走行で意識することでトラブルを回避するポイント

特集記事

  1. 短期間で鍛えるヒルクライム力-食事コンディション編 短期間で鍛えるヒルクライム力-食事コンディション編
  2. ロードバイク初心者の100kmロングライド-暑さ対策のポイント ロードバイク初心者の100kmロングライド-暑さ対策のポイント
  3. ワールドサイクルのR250ツールケーススリムロングタイプ試用レビュー ワールドサイクルのR250ツールケーススリムロングタイプ試用レビュー
  4. 摩擦円とは何か-コーナリング時のグリップ 摩擦円とは何か-コーナリング時のグリップ
  5. カラーパーツでロードバイクをカスタムして個性を強調 カラーパーツでロードバイクをカスタムして個性を強調
  6. Garmin EDGE 820J Garmin EDGE 820Jのソフトウェアアップデートの方法
  7. WordPress(ワードプレス)アイキャッチ WordPressのリビジョンを削除・管理してデータベースを最適化するプラグイン…
  8. ロードバイク初心者の100kmロングライド-補給のポイント ロードバイク初心者の100kmロングライド-補給のポイント
  9. ブルベの完走メダル ブルベとは何か
  10. ペダリング動作を正確に行う神経トレーニング ペダリング動作を正確に行う神経トレーニング

PICK UP記事

  1. ろんぐらいだぁす!聖地巡礼 ろんぐらいだぁす!聖地巡礼-大垂水峠挑戦コース
  2. ロードバイクの平均時速30kmに壁を突破する方法 ロードバイク平均時速30kmの壁を突破する方法
  3. ブルベエントリー情報一覧6月開催アイキャッチ ブルベエントリー情報一覧7月開催
  4. ロードバイクのおすすめヘルメットブランド ロードバイクのおすすめヘルメットブランド
  5. レンタルサーバー増強に伴うWEBサイト一時停止のお知らせ レンタルサーバー増強に伴うWEBサイト一時停止のお知らせ
  6. コーナリングの成否を決定づけるブレーキング コーナリングの成否を決定づけるブレーキング
  7. 短期間で鍛えるヒルクライム力-トレーニング編 短期間で鍛えるヒルクライム力-トレーニング編
  8. エントリーグレードのカーボンクリンチャーホイール エントリーグレードのカーボンクリンチャーホイール
  9. ワールドサイクルのR250サイクル反射ベスト試用レビュー ワールドサイクルのR250サイクル反射ベスト試用レビュー
  10. Garmin EDGE 820J Garmin EDGE 820Jの設定方法のまとめ

おすすめ記事

  1. ロードバイクのエアロフォーム
  2. ワコーズの本気-摩擦と摩耗と潤滑剤の世界
  3. バイクパッキング大型サドルバッグアイキャッチ
  4. グランフォンドを完走するための平地と下りのテクニック
  5. ろんぐらいだぁす!ツーリングガイド
  6. ロードバイクのブレーキパッド一挙比較
  7. ロードバイクのエアロフォーム
  8. 消耗品の交換時期を見極める-タイヤ編
  9. PBP パリ・ブレスト・パリ
  10. ミドルグレードのロードバイクの賢い買い方選び方

Twitter

最近の記事

  1. パールイズミ2017年秋冬モデルアイキャッチ
  2. ピレリからロードバイク用クリンチャータイヤが新発売
  3. PBP パリ・ブレスト・パリ
  4. ワールドサイクルのR250防水スマートライドポーチDX試用レビュー
  5. ワールドサイクルのR250サイクル反射ベスト試用レビュー
  6. ワールドサイクルのR250おにぎりリフレクター試用レビュー
  7. 保冷効果が長いおすすめの保冷ボトル
  8. デキるローディのUVケア-春から秋にかけての紫外線対策
  9. ロードバイク初心者の100kmロングライド-暑さ対策のポイント
  10. ロードバイク初心者の100kmロングライド-装備と持ち物

人気記事

  1. ワールドサイクルのR250サイクル反射ベスト試用レビュー
  2. ワールドサイクルのR250おにぎりリフレクター試用レビュー
  3. シマノR8000新型アルテグラ徹底解剖
  4. ワールドサイクルのR250防水大型サドルバッグラージ試用レビュー
  5. ロードバイク初心者がビンディングペダルを使いこなすポイント
  6. PBP パリ・ブレスト・パリ
  7. ワールドサイクルのR250パーキングストッパー&チェーンフック試用レビュー
  8. ロードバイク初心者の100kmロングライド-フォームとペース管理
  9. 普段の走行で意識することでトラブルを回避するポイント
  10. ロードバイクは恥骨で座ると安定する
PAGE TOP
Translate »