注目の記事 PICK UP

シーン別おすすめのヘッドライト

Last Updated 2021.12.25

シーン別のおすすめヘッドライト

シーン別おすすめのヘッドライト
現在のロードバイク用ヘッドライトのトレンドは乾電池を使用するものから、バッテリーを内蔵して充電して繰り返し使える充電式のヘッドライトが多数派になりつつあります。ショップでも充電式のヘッドライトが人気です。大手のサイクル用品店でもヘッドライトの販売量の6割から7割は充電式になっています。充電式のメリットは電池式に比べて明るく、コンパクトになることです。明るさが欲しいのなら充電式が良いでしょう。USBケーブルで充電できるので、昼間仕事をしながらPCで充電して、夜の帰宅ライドに備えるという使い方もできます。モバイルバッテリーを持っていれば出先で充電が切れても急速充電することもできます。モバイルバッテリーを活用することで充電式ヘッドライトのデメリットを消すことができます。

都会の通勤

帰宅時のライドで夜の都心を30分ほど走る。あまり大きく重いヘッドライトは付けたくないし、できるだけ安いものがいい。そんな人におすすめのとりあえずこれだけあれば十分というヘッドライトは何でしょうか。できるだけ明るいモデルをおすすめしますが、価格や重量との兼ね合いもあるので、なかなか難しいところです。キャットアイから出ているVOLT100XCやVOLT200は価格と明るさのバランスがよくおすすめです。他にはレザインなどもおすすめできます。

スピードが出る夜練

夜に郊外の走りやすい道でスピードを出してトレーニングする。そんなホビーレーサーに最適なヘッドライトは何でしょうか。通勤する時よりスピードが上がるので明るさは最低でも400ルーメン以上、できれば800ルーメンは欲しいところです。キャットアイのVOLTシリーズやレザインの600ルーメンなどがおすすめです。VLOT800なら50m以上先まで見えるので街灯がない道でもガンガン走ることができます。リアはキャットアイのラピッドミニや、減速時に自動で明るくなってくれるラピッドエックス2キネティックあたりがおすすめです。

ブルベやナイトロングライド

暗い田舎道や山道を夜通し走り続ける。そういうハードなブルベやロングライドをする人は、それに見合った高性能ライトが必要になります。キャットアイのVOLT1700であればローモードの200ルーメンで15時間も持つので、一晩なら余裕で使えます。また、ライトを複数付ける、電池式にして予備の電池を持っておく、という手もあります。充電式でも、別売りで交換用バッテリーが用意されているモデルもあるので、VOLT800やVOLT1700、これらの予備バッテリーを持って走れば安心です。雨の中でもガンガン走る人は完全防水をうたっているレザインの1300ルーメンモデルが安心です。ただ、今のヘッドライトは防水性に優れているものが多いので、あまり気にする必要はないかもしれません。

明るさと使い勝手のよいヘッドライト

オーライトと言うメーカーはご存知でしょうか。最近私も知ったのですが、最大ルーメンは1500ルーメンで配光パターンが調整されていて、上方向にはあまり照射されず、きちんと道路を照らしてくれる配光になっていてとても使いやすいライトです。IPX7の防水規格でほぼ完全防水といっても差し支えないでしょう。まだバッテリーインジケータを内蔵していてバッテリー残量を3段階でお知らせしてくれるという機能もついています。そして便利な特徴がUSBのタイプCを採用していて5000m/Ahの大容量バッテリーから他のデバイスに給電することもできます。つまりはモバイルバッテリーのような使い方もできるのです。これだけの機能と性能で価格が約10000円というのはかなり安いのではないかと思います。

ロードバイクにマッチする秀逸なデザイン

ルックスが魅力的なのはアデプトというメーカーです。他のメーカーではあまり見られないアルミ削り出しのボディで、シンプルでスタイリッシュです。ハンドルの中心に装着できるので、ロードバイクのスマートなシルエットを壊しません。クラシカルなスチールバイクにも似合います。シルバーの他にレッド、ブルー、ブラックなどがあり、バイクに合わせて選べます。同様のデザインでリア用もあります。

ロードバイクでブルベに参加する時に重要なのがヘッドライトです。ブルベ用のヘッドライトについては色々傾向が分かれるのですが、私はキャットアイのVOLT800をおすすめします。ブルベや長距離ツーリングで何故VOLT800が必要なのか。その理由を説明します。


最近自転車のマナーの高まりもあり車道を走行する自転車が増えてきましたが、まだまだ履行されていないのがヘッドライトの点灯です。最近はLEDで高輝度のヘッドライトも増えてきました。自分が事故にあわないためにも安全を確保するためにもヘッドライトは必ず装着・点灯しましょう。


ロードバイクのヘッドライトもLEDが普及して多種多様化しています。ロードバイクに乗る目的に合わせてヘッドライトを選ぶ必要があります。本記事では専門用語の解説を含めてヘッドライトを目的に合わせて選ぶ方法を解説します。

関連記事

  1. ロードバイクの盗難対策におすすめペダルノート

    ロードバイクでサイクルウェアを何故着るのか

  2. ワールドサイクルのR250サイクル反射ベスト試用レビュー

    ワールドサイクルのR250サイクル反射ベスト試用レビュー

  3. バイクパッキング大型サドルバッグアイキャッチ

    バイクパッキング大型サドルバッグの選び方

  4. ブルベエントリー情報一覧6月開催アイキャッチ

    ブルベに参加する時に最低限必要な装備

  5. ロードバイクのブレーキパッド一挙比較

    ロードバイクのブレーキパッド一挙比較

  6. 04-287brompton-aicache

    BROMPTON最強のゆるポタバイクを買っちゃった(ブロンプトン)納車カスタム編

  7. ロードバイクのおすすめヘルメットブランド

    カーマー(karmor)-リアルアジアンフィットのキノコ頭にならないヘルメット

  8. バイクパッキングの入門にピッタリ-ワールドサイクルからR250サドルバッグ発売

    バイクパッキングの入門にピッタリ-ワールドサイクルからR250サドルバッグ発売

  9. ワールドサイクルのR250防水スマートライドポーチ試用レビュー

    ワールドサイクルのR250防水スマートライドポーチ試用レビュー

特集記事

  1. カラーパーツでロードバイクをカスタムして個性を強調 カラーパーツでロードバイクをカスタムして個性を強調
  2. R250ツールケースホルダー試用レビュー ワールドサイクルのR250ツールケースサドルホルダー試用レビュー
  3. WordPress(ワードプレス)アイキャッチ WordPress(ワードプレス)はブログサイト構築システム
  4. インドアトレーニングにおすすめのサイクルトレーナー 5ヶ月間3本ローラーでトレーニングした効果
  5. BizVektor(ビズベクトル)SEO対策万全の大規模サイト向け無料テーマアイキャッチ BizVektor(ビズベクトル)SEO対策万全の大規模サイト向け無料テーマ
  6. バイクパッキングフレームバッグアイキャッチ バイクパッキング-フレームバッグの選び方
  7. 3つ目のボトルケージ ELITE VIPボトルケージクリップ ブルベの装備-ロードバイク初心者が辿り着いたブルベ用装備
  8. ペダリング動作を正確に行う神経トレーニング ペダリング動作を正確に行う神経構築トレーニング
  9. ロードバイクトレーニングの基礎の基礎 ロードバイクトレーニングの基礎の基礎
  10. 04-150warmingupandrecovery-aicache BROMPTONの理想とするカスタムを紹介

PICK UP記事

  1. ロードバイク初心者が最初に変えるべきパーツとは何か 尾根幹周辺の坂コース-ロードバイク乗りのトレーニングコース
  2. 目的に合ったヘッドライトの選び方 目的に合ったヘッドライトの選び方
  3. 04-150warmingupandrecovery-aicache BROMPTONの理想とするカスタムを紹介
  4. ろんぐらいだぁす!ツーリングガイド ろんぐらいだぁす!ツーリングガイド4が3月27日発売
  5. 消耗品の交換時期を見極める 消耗品の交換時期を見極める-駆動系編
  6. ブルベエントリー情報一覧 ブルベエントリー情報一覧10月開催
  7. ディスクロードバイクのメリットとは 自転車保険の選び方【2022年版】
  8. ワールドサイクルのR250フロントポーチラージ試用レビュー ワールドサイクルのR250フロントポーチラージ試用レビュー
  9. ペダリング時の筋肉の働きを理解して意識することで変わる ペダリング時の筋肉の働きを理解して意識する
  10. ヘブンウィークブルベアイキャッチ AJ神奈川主催のヘブンウィークブルベ-イザベラ・バードBRM501

Twitter

最近の記事

  1. 04-15roadbike-aicache
  2. 04-286brompton-aicache
  3. 04-115carbonwheelevolution-aicache
  4. 04-05spdsl-aicache640
  5. 04-150warmingupandrecovery-aicache
  6. 04-285wheelrimbest10-header

おすすめ記事

  1. 消耗品の交換時期を見極める
  2. ペダリング動作を正確に行う神経トレーニング
  3. Garmin EDGE 820J
  4. ロードバイク初心者が最初に変えるべきパーツとは何か
  5. ワールドサイクルのR250サイクル反射ベスト試用レビュー
  6. Knog Oiベルアイキャッチ
  7. ロードバイクのハンドルポジションの決め方
  8. 都民の森ヒルクライム
  9. 04-aicahe-2017-640
  10. 東レがカーボンを値上げ来年モデルの価格に影響か
PAGE TOP