注目の記事 PICK UP

リアディレイラーの調整-ロードバイク初心者向けメンテナンス

リアディレーラーの調整方法

リアディレイラーの調整-ロードバイク初心者が覚えるメンテナンスヘッダ
ロードバイクを購入した直後はワイヤー類が新品のため、シフトチェンジを繰り返しているとと少しづつワイヤーが伸びてきてリアディレーラーの変速の調子が悪くなることが多いです。

ロードバイク初心者で駆動部分の所を調整するのは不安があると思いますが、メカ部分の調整というのは意外と簡単で覚えると誰でも調整できるメンテナンスです。

最初はプロショップにお願いしてリアディレーラーの変速調整をしてもらうことも良いと思いますがプロショップのメンテナンスの様子を観察して少しづつ分かってきたらぜひ自分でメカ部分の調整にチャレンジしてみましょう。

本記事ではロードバイク初心者でも分かりやすいリアディレイラーの調整方法について説明します。

リアディレーラーの調整については、シマノ製のリアディレーラーの調整マニュアルに基いて説明しています。カンパニョーロやスラム製のリアディレーラーでは調整方法が違う可能性がありますので注意してください。

シマノ リアディレーラーマニュアル
シマノ 105 / アルテグラ / デュラエース対応
PDFファイル:http://si.shimano.com/pdfs/dm/DM-RD0003-03-JPN.pdf

フロントディレーラーの調整については下記記事をご覧ください。

フロントディレーラーの調整-ロードバイク初心者脱出メンテナンス
ロードバイク初心者脱出のためメンテナンス時にリアディレーラーと同時にやりたいのがフロントディレーラーの調整です。ワイヤーの張り具合の調整は知識が必要ですが、ディレーラーメカの位置調整なら初心者でも十分できるメンテナンスです。

用意する工具

リアディレーラーの調整をするにはプラスドライバーが必要です。
まずは携帯工具でも構いませんが100円ショップでも手に入るプラスドライバーを用意しましょう。

メンテナンススタンドがあると作業が簡単になります

ロードバイクのメンテナンスの時にあると便利なのがメンテナンススタンドと呼ばれる、リアのクイックリリース部分を挟み込んで後輪を浮かせるスタンドがあります。
このメンテナンススタンドがあると作業が楽になります。
なくても部屋の壁に立てかけながらでも作業はできます。

メンテナンススタンドが無い時はロードバイクをひっくり返してサドルとハンドルを地面に付けて自立させることでメンテナンスできます。

ギアをフロントアウター・リアトップに入れる

リアディレーラーの調整をする前にギアをフロントをアウターギア、リアをトップ(一番重いギア)に入れておきましょう。

リアディレーラーのトップ側の調整

リアディレーラー調整1
リアディレーラーのトップ側の調整は、上図のリアディレーラーメカの上側のネジを回すことで調整できます。
トップ側調整ボルトを時計方向に回すとリアディレーラーは左側に移動し、反時計方向に回すと右側に移動するようになっています。
このトップ側調整ボルトを回して、ガイドプーリーと呼ばれるリアディレーラーの上側の歯車とトップギアの歯車が一直線になるように調整します。
チェーンが邪魔して見えづらいとは思いますが、ガイドプーリーの歯車とトップギアの歯車が一直線になるのが確認できたらトップ側のリアディレーラーの調整は完了です。

ギアをフロントインナー・リアをローに入れる

次にリアディレーラーのロー側の調整に入りますが、その前にギアをフロントをインナー、リアをロー(一番軽いギア)に入れましょう。

リアディレーラーのロー側の調整

リアディレーラー調整2
リアディレーラーのロー側の調整は、上図のリアディレーラーメカの下側のネジを回すことで調整できます。
ロー側調整ボルトを時計方向に回すとリアディレーラーは右側に移動し、反時計方向に回すと左側に移動します。トップ側とは反対の動きになることに注意してください。
このロー側調整ボルトを回して、ガイドプーリー歯車とローギア歯車が一直線になるように調整します。
トップ側に比べるとガイドプーリーとローギアの距離が近いのでトップ側よりは見えやすいとは思いますがチェーンが邪魔するので良くみて一直線になるように調整しましょう。

変速タイミングの調整

最後はリアディレーラーの変速タイミングの調整です。
この調整にはメンテナンススタンドで後輪を浮かせて置かないとちょっと作業が難しいです。
メンテナンススタンドが無い時はロードバイクをひっくり返してサドルとハンドルを地面に付けて自立させることでメンテナンスできます。

変速タイミングの調整方法

リアディレーラー調整3
最初にギアをフロントはアウター、リアはトップから2段目にギアを変速します。
この状態からリア側のシフターをロー側へシフトする寸前の遊びの部分にしながらクランク(ペダル)を回してみます。

リアギアが音鳴りしない場合

リアシフターをロー側へ少しシフティングしている時にギアが2段目から3段目へギアが変わるか変わらないかというタイミングでチェーンが3段目の歯車に当たらず全く音鳴りがしない場合、リアディレーラーのメカに繋がっているワイヤーの調整ボルトを反時計方向に回してワイヤーを緩めてみましょう。

リアギアが3段目にギアチェンジしてしまう場合

リアシフターをロー側へ少しシフティングしている時にギアが2段目から3段目へギアが変速されてしまう場合、リアディレーラーのメカに繋がっているワイヤーの調整ボルトを時計方向に回してワイヤーを締めてみましょう。

ベストなセッティング状態

変速タイミングのベストな調整は、リアギアが2段目の状態からリアシフターを少しシフティングして遊びの状態で、クランク(ペダル)を回している時にリアギアが2段目から3段目にギアチェンジせずに、チェーンが3段目の歯車に少し当たって音鳴りがしている状態がベストなセッティングの状態です。

シフティングの遊びの状態で音鳴りがする状態になったら、シフティングを止めてギアが2段目の状態で少しクランク(ペダル)を回してみましょう。
この状態でチェーンが3段目の歯車に当たって音鳴りがする場合はリアディレーラーのワイヤー調整ボルトを少し反時計方向に回してワイヤーを緩めて、音鳴りがしないギリギリのポイントで止めるように調整しましょう。

最後のセッティング確認

以上のリアディレーラーの調整が終わったら、シフトチェンジして各ギアの時にチェーンが隣のギアに当たって音鳴りがしないか確認していきます。
各ギアでチェーンの音鳴りがしなければリアディレーラーの調整はベストセッティングに調整されたことになります。

リアディレーラーの調整は意外と簡単

バイクでも何でもそうですが、駆動部分のメンテナンスというのは初心者の頃は不安で自分でやるのが躊躇されますがやってみると意外と簡単だったりします。

特にロードバイクの場合はワイヤー式ですとすぐにワイヤーが伸びたり振動でセッティ
ングが狂ったりしてこまめに調整が必要になります。
いつもベストなセッティングで走れるように本記事を参考にして自分でメンテナンスできようなると良いと思います。

参考になったらぜひシェアしてください。

関連記事

  1. 40代からのロードバイク-加齢について考える

    40代からのロードバイク-加齢について考える

  2. 消耗品の交換時期を見極める

    消耗品の交換時期を見極める-ワイヤー編

  3. インドアトレーニングにおすすめのサイクルトレーナー

    インドアトレーニングにおすすめのサイクルトレーナー

  4. Garmin EDGE 820J

    Garmin EDGE 820Jでバッテリー消費を抑える設定

  5. 自転車活用推進法でロードバイクは走りやすくなったのか

    自転車活用推進法でロードバイクは走りやすくなったのか

  6. MOTHERLODEサイクリスト専用財布アイキャッチ

    MOTHERLODE-自転車乗りのための財布

  7. 冬場のオフトレーニングのすすめ

    ロードバイクのメンテナンス時にやっておきたいアップグレード

  8. 一瞬の判断で生死が分かれる-危険回避

    一瞬の判断で生死が分かれる-危険回避

  9. プロ選手達はトラブル時にはどう対処しているのか

    プロ選手達はトラブル時にはどう対処しているのか

特集記事

  1. 冬場のオフトレーニングのすすめ ロードバイク乗車時の呼吸とは何かを考える
  2. Garmin EDGE 820J Garmin EDGE 820Jに海外の地図を入れて海外ブルベに使う方法
  3. ペダリング時の筋肉の働きを理解して意識することで変わる ペダリング時の筋肉の働きを理解して意識することで変わる
  4. BizVektor(ビズベクトル)SEO対策万全の大規模サイト向け無料テーマアイキャッチ BizVektor(ビズベクトル)SEO対策万全の大規模サイト向け無料テーマ
  5. ハンドルのドロップ形状を選ぶ ハンドルのドロップ形状を選ぶ
  6. ブルベの完走メダル ブルベとは何か
  7. Garmin EDGE 820J Garmin EDGE 820Jナビゲーション機能の使い方
  8. 新型アルテグラ8000系の情報 新型アルテグラDi2の実力とは
  9. コーナリング実践倒し込みから旋回立ち上がりまで コーナリング実践倒し込みから旋回立ち上がりまで
  10. インターバルトレーニングのメカニズム インターバルトレーニングのメカニズム-40歳からでも速くなる方法

PICK UP記事

  1. エントリーグレードのカーボンクリンチャーホイール エントリーグレードのカーボンクリンチャーホイール
  2. 摩擦円とは何か-コーナリング時のグリップ 摩擦円とは何か-コーナリング時のグリップ
  3. ヒルクライム・エンデューロに向けたトレーニング方法 ヒルクライム・エンデューロに向けたトレーニング方法
  4. ロードバイクは恥骨で座ると安定する ロードバイクは恥骨で座ると安定する
  5. コーナリングに合わせたタイヤの空気圧セッティング コーナリングに合わせたタイヤの空気圧セッティング
  6. Garmin EDGE 820J Garmin EDGE 820Jに海外の地図を入れて海外ブルベに使う方法
  7. ロードバイク初心者の100kmロングライド-休憩のポイント ロードバイク初心者の100kmロングライド-休憩のポイント
  8. ロードバイク乗りと相性の良いおすすめクレジットカード ロードバイク乗りと相性の良いおすすめクレジットカード
  9. ロードバイクのブレーキパッド一挙比較 ロードバイクのブレーキパッド一挙比較
  10. 東レがカーボンを値上げ来年モデルの価格に影響か 東レがカーボンを値上げ2018年のロードバイク価格に影響か

おすすめ記事

  1. 女性のためのロードバイクの選び方
  2. ロードバイクの盗難対策におすすめペダルノート
  3. ブルベエントリー情報一覧6月開催アイキャッチ
  4. インドアサイクリングZWIFTを始めるのに必要なもの
  5. ロードバイクの平均時速30kmに壁を突破する方法
  6. インターバルトレーニングの実践方法
  7. 雨に降られた後にやるべきお掃除メンテナンス
  8. 保冷効果が長いおすすめの保冷ボトル
  9. ヒルクライム・エンデューロに向けたトレーニング方法
  10. ブルベ用サイクルウェアアイキャッチ

Twitter

最近の記事

  1. ディスクロードの狙い目はアルテグラの完成車
  2. 主要3社のディスクロードバイクフィーリング比較
  3. 主要3社のディスクブレーキ比較
  4. ディスクロードの様々な疑問
  5. ディスクロードバイクの基本的知識
  6. ディスクロードバイクは油圧式を選ぶ
  7. ディスクロードバイクのメリットとは
  8. サイクルトレインBBベースがスタート
  9. サプリメントを活用してパフォーマンスアップ
  10. インドアトレーニングにおすすめのサイクルトレーナー

人気記事

  1. 2018年版予算20万円で買えるロードバイク
  2. 平地と上りの苦手を克服するためのポイント
  3. トレンドはショートクランク?クランク長の選び方
  4. 冬場のオフトレーニングのすすめ
  5. 平地と上りそれぞれ苦手な人の傾向
  6. 平地が得意の人と苦手の人の特徴
  7. 上りが得意の人と苦手の人の特徴
  8. 骨盤の安定性と柔軟性がポイントクランク長の選び方
  9. ハンドルは握り方を意識すると走りが変わる
  10. 平地が苦手上りが苦手それは何故なのか
PAGE TOP
Translate »