注目の記事 PICK UP

ピレリからロードバイク用クリンチャータイヤが新発売

ピレリからロードバイク用クリンチャータイヤが新発売

ピレリからロードバイク用クリンチャータイヤが新発売
(C)PIRELLI

F1やスーパーバイクなどモータースポーツに興味がある方なら恐らく知っているであろう、有名なタイヤメーカーのピレリ。そのピレリがF1やスーパーバイクで培ってきた技術とノウハウをロードバイク用タイヤにフィードバックしてクリンチャータイヤにも応用して、高い安全性と最高のパフォーマンスを持つレーシングタイヤとして満を持して新発売しました。

PIRELLIのタイヤは3ラインナップを用意

PIRELLIのレーシング・クリンチャータイヤは、PIRELLIのハイエンドタイヤ「P ZERO」TMをモデル名として、ベストな性能バランスを持つスタンダードモデルの「P ZERO VELO」、オールラウンド・コールド&ウェットコンディションで真価を発揮する「P ZERO VELO4S」、軽さが求められるタイムトライアルやヒルクライムに特化した軽量タイヤ「P ZERO VELOTT」の3モデルをラインナップします。

P ZERO VELO

最高峰のレース経験で積み重ねられた専門知識を結集し、P ZERO VELOはロードバイク用クリンチャータイヤのパフォーマンスに新しい基準を与えます。ピレリの開発したPrelli SmartNET SilicaTMは、ドライコンディションとウェットコンディションの両方で優れたグリップ性を発揮するほかに、比類ない耐パンク性能と航続距離を実現します。ピレリのP ZEROシリーズで基準となるクリンチャータイヤです。

P ZERO VELO
サイズ:700×23C、700×25C、700×28C
重量;195g/23C、210g/25C、230g/28C
価格:23C/25C 6,900円(税抜)、28C 7,300円(税抜)

P ZERO VELO4S

P ZERO VELO4Sはウェットコンディションでのグリップ性能と耐パンク性能が強化されています。P ZERO VERO4Sは優れた乗り心地を実現し、ユニークなトレッドデザインはP ZERO VELOよりもスムーズに、路面の水を受け流すようにデザインされています。P ZERO VELO4Sはオールコンディション対応で耐久性の高いオールラウンドタイヤです。

P ZERO VELO4S
サイズ:700×23C、700×25C、700×28C
重量;205g/23C、220g/25C、250g/28C
価格:23C/25C 7,700円(税抜)、28C 8,000円(税抜)

P ZERO VELO4TT

P ZERO VELOTTはとにかく軽く、息を飲むようなスピードを実現するために設計されたタイムトライアル用タイヤです。スリック形状による低い転がり抵抗と23Cのタイヤサイズから与えられるエアロダイナミクス性能、Pirelli SmartNET SlicaTMにより荒れた路面でもグリップとともに高いコントロール性能を持つタイムトライアル用クリンチャータイヤです。P ZERO VELOTTは、軽量で低い転がり抵抗のタイムトライアルやヒルクライムに適したタイヤです。

P ZERO VELOTT
サイズ:700×23C
重量;165g/23C
価格:23C 6,900円(税抜)

ピレリと言えば高いグリップ性能

F1やスーパーバイクで供給されるピレリのタイヤは高いグリップ性能が特徴で、一般のオートバイライダーからもピレリは多くの支持を得ている信頼のおけるタイヤメーカーです。そのピレリがついにロードバイク界にも参入してきたのは注目です。ピレリのP ZEROシリーズに使用されるコンパウンドPirelli SmartNET SilicaTMは全モデルに採用され、どのモデルでも高いグリップ性能を持っています。その中から使用用途に応じてどのモデルを選ぶかですが、個人的おすすめは、P ZERO VELOの高いグリップ性能とウェット性能が強化されて、耐パンク性能も強化されているP ZERO VELO4Sです。タイヤ重量の差はバランス型のP ZERO VELOから約10g増、ウェットグリップの強化と耐パンク性能が強化されていてこのタイヤ重量は、かなりバランスが良いモデルだと思います。ネックは1本あたりの値段でしょうか。前後輪合わせて15,000円程度。ちょっと高価なタイヤですが、きっとそれに見合ったグリップと耐パンク性能、耐久性を発揮してくれるでしょう。気になった方はチェックしてみてください。

関連記事

  1. Knog Oiベルアイキャッチ

    Knog Oi (ノグ・オイ)ノグからスタイリッシュなベルが出ていた

  2. 女性のためのロードバイクの選び方

    女性のためのロードバイクウェアの選び方

  3. Garmin EDGE 820J

    Garmin EDGE 820Jの基本設定アクティビティプロフィール

  4. ワールドサイクルのR250フロントポーチラージ試用レビュー

    ワールドサイクルのR250フロントポーチラージ試用レビュー

  5. ZOFFアスリートロゴアイキャッチ

    ZOFFアスリートの調光レンズ度付きスポーツアイウェア

  6. ロードバイク用度付き対応のスポーツアイウェア

    ロードバイクウェアのおすすめブランド

  7. シマノアルテグラコンポーネント

    シマノアルテグラと105コンポーネント徹底比較

  8. カンパニョーロゾンダアイキャッチ

    CampagnoloZONDA(カンパニョーロ・ゾンダ)はワイドリム化

  9. パールイズミ2017年秋冬モデルアイキャッチ

    パールイズミ2017年春夏モデルから注目モデルをピックアップ

特集記事

  1. シマノアルテグラコンポーネント シマノアルテグラと105コンポーネント徹底比較
  2. ディスクロードバイクのメリットとは ディスクロードバイクのメリットとは
  3. 短期間で鍛えるヒルクライム力-フィジカル編 短期間で鍛えるヒルクライム力-フィジカル編
  4. 40代からのロードバイク-40代から速く強くなる方法 40代からのロードバイク-40代から速く強くなる方法
  5. サドルの位置によって使う脚の筋肉が変わる サドルの位置によって使う脚の筋肉が変わる
  6. ロードバイクのハンドルポジションの決め方 ロードバイクのハンドルポジションの決め方
  7. TCD IZMテーマアイキャッチ TCD IZMテーマにリニューアルしました
  8. 冬場のオフトレーニングのすすめ 冬場のオフトレーニングのすすめ
  9. AMP対応とGoogleアナリティクスとGoogleアドセンスの設定方法 AMP対応とGoogleアナリティクスとGoogleアドセンスの設定方法
  10. ハンドルは握り方を意識すると走りが変わる ハンドルは握り方を意識すると走りが変わる

PICK UP記事

  1. ペダリング動作を正確に行う神経トレーニング ペダリング動作を正確に行う神経トレーニング
  2. ブルベエントリー情報一覧 ブルベエントリー情報一覧2018年6月開催
  3. 飛行機輪行の時に抑えておきたいポイント 飛行機輪行の時に抑えておきたいポイント
  4. ハンドルのドロップ形状を選ぶ ハンドルのドロップ形状を選ぶ
  5. ピナレロ2018年ニューモデルモデル発表会-DOGMAF10 ピナレロ2018年ニューモデル発表会-DOGMAF10
  6. インターバルトレーニングのウォーミングアップとリカバリー インターバルトレーニングのウォーミングアップとリカバリー-40歳からでも速くなる…
  7. バイクパッキング大型サドルバッグアイキャッチ バイクパッキング大型サドルバッグの選び方
  8. ディスクロードの狙い目はアルテグラの完成車 ディスクロードバイクの狙い目はアルテグラの完成車
  9. グランフォンドを完走するためのポイント グランフォンドを完走するためのポイント
  10. ブルベエントリー情報一覧6月開催アイキャッチ ブルベエントリー情報一覧4月開催

おすすめ記事

  1. 冬場のオフトレーニングのすすめ
  2. 理想のハンドルの選び方
  3. グランフォンドとは何か-人気の高まる山岳ロングライド
  4. ギアチェンジする時はケイデンスを意識する事で無駄がなくなる
  5. eneloopアイキャッチ
  6. スペシャライズドのプレミアムフィッティング販売システム
  7. サイクルイベントにこれから参加する人に向けての心構え
  8. ピナレロ2018年ニューモデルモデル発表会-DOGMAF10
  9. PBP パリ・ブレスト・パリ
  10. ブルベでの補給と休憩の仕方を考える

Twitter

最近の記事

  1. ディスクロードの狙い目はアルテグラの完成車
  2. 主要3社のディスクロードバイクフィーリング比較
  3. 主要3社のディスクブレーキ比較
  4. ディスクロードの様々な疑問
  5. ディスクロードバイクの基本的知識
  6. ディスクロードバイクは油圧式を選ぶ
  7. ディスクロードバイクのメリットとは
  8. サイクルトレインBBベースがスタート
  9. サプリメントを活用してパフォーマンスアップ
  10. インドアトレーニングにおすすめのサイクルトレーナー

人気記事

  1. 2018年版予算20万円で買えるロードバイク
  2. 平地と上りの苦手を克服するためのポイント
  3. 平地と上りそれぞれ苦手な人の傾向
  4. 平地が得意の人と苦手の人の特徴
  5. 上りが得意の人と苦手の人の特徴
  6. ハンドルは握り方を意識すると走りが変わる
  7. 平地が苦手上りが苦手それは何故なのか
  8. 平地と上りが苦手なサイクリストの疑問とは
  9. ハンドルの握り方を正せば上半身がうまく使える
  10. ハンドルのドロップ形状を選ぶ
PAGE TOP
Translate »