注目の記事 PICK UP

ワールドサイクルのR250シューズカバープラス試用レビュー

Last Updated 2020.12.26

ワールドサイクルのR250シューズカバープラス試用レビュー

R250シューズカバープラス試用レビュー
ロードバイク本体やサイクルウェア、自転車パーツ等の通販でおなじみのワールドサイクル様よりR250シューズカバープラスの製品サンプルをご提供していただけたので試用レビューをすることになりました。これから冬の寒い時期を迎えるにあたって、持っていると便利なシューズカバーです。冬場のサイクリングで冬用シューズカバーをシューズに履いていてもつま先が冷えてしまってサイクリングが辛いという方におすすめです。

今回当サイトに製品サンプルをご提供していただいたワールドサイクル様には御礼申し上げます。

自転車 ロードバイク グラベル クロスバイクパーツ、アクセサリー、ウェアー、シマノの通販といえば、ワールドサイクル。R250(アールニーゴーマル)や輪行講座など、オリジナルアイテムの開発も。実店舗は大阪市中央区本町のベックオン(Beckon)

R250シューズカバープラスの概要

R250シューズカバープラス概要

R250シューズカバープラス
素材:本体-ポリエチレンフォーム・アルミ蒸着 裏地-ポリエステルパイル
サイズ:フリーサイズ
重量:30g
価格:1,650円(税込)

シューズカバーだけではどうしても寒いときに、もう1枚最も冷たくなるのはつま先。そのつま先だけをカバーします。左右セット(左右の区別はありません。)必ず上からシューズカバーを着用してください。特にソックスタイプのシューズカバーと組み合わせるのがおすすめ。銀部分は表地に使用するまでの強度はありません。素材:本体-ポリエチレンフォーム・アルミ蒸着 裏地-ポリエステルパイルサイズ:フリーサイズ重量:30g※写真は装着イメージです。シューズは含まれていません。商品のカラー・サイズについて商品のカラーはディスプ...

今回製品サンプルとしてワールドサイクル様からご提供いただいたR250シューズカバープラスは、冬場のサイクリングでシューズカバーを履いていてもつま先が冷えてしまう時に、インナーカバーとしてつま先の冷えを防止するためのシューズカバーになります。このシューズカバー単体で使用するのではなく、シューズカバープラスをインナーカバーとして装着した上に冬用のシューズカバーを履いて使用することに注意してください。

シューズカバープラスの装着感

R250シューズカバープラス装着イメージ
R250シューズカバープラスの装着方法は簡単で、シューズのつま先に合わせてシューズカバープラスをセットしたらゴム製のベルトをシューズ下側のクリートを迂回するように反対側まで引っ張ってゴムベルトのツメを反対側のフックに引っ掛けるだけでセットできます。足の甲側からつま先までをカバーするようなフィット感で素材のポリエチレンフォームと裏地のポリエステルパイルで断熱効果を生み、つま先の冷えを防ぎます。このシューズカバープラスはインナーカバーの位置づけですので、シューズカバープラスを装着した上から冬用シューズカバーを履きます。シューズカバープラスをインナーにセットすることになりますので、シューズカバーのサイズがピッタリですとシューズカバーを履く時に多少きつくなるかもしれませんのでお持ちのシューズカバーのサイズによっては余裕が無くなる場合がありますので注意が必要です。

冬場のサイクリングで活躍しそうなアイテム

冬場のサイクリングでは、つま先が冷えないようにソックスを2重に履いたり、シューズカバーを履いたりと冷え対策が大切ですが、R250シューズカバープラスは新たな足元の冷え対策アイテムとしておすすめです。特につま先の感覚が麻痺してしまうくらい冷えてしまって悩んでいる方や、冷えに悩む女性のロードバイク乗りの方にもおすすめです。ソックスを2重に履いていてもつま先が冷えてしまって毎冬悩んでいるロードバイク乗りの方は、このR250シューズカバープラスをぜひチェックしてみてください。

シューズカバーだけではどうしても寒いときに、もう1枚最も冷たくなるのはつま先。そのつま先だけをカバーします。左右セット(左右の区別はありません。)必ず上からシューズカバーを着用してください。特にソックスタイプのシューズカバーと組み合わせるのがおすすめ。銀部分は表地に使用するまでの強度はありません。素材:本体-ポリエチレンフォーム・アルミ蒸着 裏地-ポリエステルパイルサイズ:フリーサイズ重量:30g※写真は装着イメージです。シューズは含まれていません。商品のカラー・サイズについて商品のカラーはディスプ...


ワールドサイクルから発売中のR250ツールケースサドルホルダーを試用レビューします。サイクリングに出かける時にツールケースをどこに取り付けて出かけるかという悩みに新しい提案のサドル後方に取り付けるツールケースホルダーです。


ワールドサイクルから発売中のR250ツールケーススリムロングタイプを試用レビューします。ヴィットリアのツールケースに比べて容量30%アップ。携帯ポンプも収納できる長さで収納するアイテムは工夫次第で色々収納できる便利なツールケースです。


関連記事

  1. ワールドサイクルのR250防水スマートライドポーチ試用レビュー

    ワールドサイクルのR250防水スマートライドポーチ試用レビュー

  2. ZOFFアスリートロゴアイキャッチ

    ZOFFアスリートの調光レンズ度付きスポーツアイウェア

  3. ワールドサイクルのR250パーキングストッパー&チェーンフック試用レビュー

    ワールドサイクルのR250パーキングストッパー&チェーンフック試用レビュー

  4. ディスクロードバイクのメリットとは

    ロードバイク初心者に最低限必要な装備

  5. ロードバイクのクリンチャータイヤについて知っておきたい知識

    ロードバイクのクリンチャータイヤについて知っておきたい知識

  6. ロードバイク用度付き対応のスポーツアイウェア

    ロードバイクウェアのおすすめブランド

  7. Garmin EDGE 820J

    Garmin EDGE 820Jアクティビティデータ表示項目の設定

  8. ろんぐらいだぁす!高宮紗希のロードバイクの装備がすごいことに

    ろんぐらいだぁすの高宮 紗希のロードバイクの装備がすごいことに

  9. 冬場のオフトレーニングのすすめ

    ロードバイクのメンテナンス時にやっておきたいアップグレード

Twitter

PAGE TOP