注目の記事 PICK UP

最近イギリス発の製品が熱いみたいです-MucOff(マックオフ)

Last Updated 2022.01.19

最近イギリス発の製品が熱いみたいです-MucOff(マックオフ)

04-15roadbike-aicache

最近の自転車界隈なのですが、イギリス製品が熱いよという話でございます。
BROMPTONを購入してからですが、洗車用のケミカル類を揃えたらそれらがなんとイギリス製品だったという話なのですが、皆様はMuc-Off(マックオフ)というケミカルはご存知でしょうか。私は最近水なし洗車用の洗剤を購入したのですが、この洗剤が思いの外すごい汚れを落としてくれるのと、洗剤の色がピンクで結構見た目アピールがすごいということで最近注目し始めました。

Muc-Off(マックオフ)とは

マックオフは、Made IN UKのイギリス発のケミカルメーカーです。そのラインナップは洗車用洗剤から、チェーンクリーナー、ディグリーザー、コーティング用クリーナーやチェーンルブとメンテナンス全般をカバーするラインナップとなっています。

水なし洗車用洗剤

マックオフの水なし洗車用洗剤は、もともとはEバイク用としてリリースされている製品みたいですが、ひとり暮らし等でアパートやマンションの部屋内で洗車をする時に使えると思います。水なし洗車用ということで、洗剤をよく振ったらあとは車体に噴射して数分待ってマイクロファイバークロスで拭き取るだけという簡単洗車ができます。そしてこの洗剤のすごいところが、ただ車体に噴射するだけで汚れを取り込みカプセル化して覆うことで水で流す必要なく汚れをごっそりと落としてくれます。マックオフの紙広告には毎日の拭き洗車に使えますと謳っていますが、1週間に1度か2週間に1度で十分なほど強力です。この洗剤のあとにコーティング剤を吹き付けてコーティングすれば室内保管ならば1ヶ月は余裕できれいな状態をキープできると思います。

水洗い洗車用洗剤

マックオフの主力商品の一つがこの水洗い前提用の洗剤になります。ロードレースのプロチームも採用するほどの信頼性でマックオフの看板商品です。ピンクの洗浄液が特徴です。私は直接使ったことがないのですが、プロショップのお話だとトレイルなどでドロドロに汚れた車体でもこのマックオフのバイククリーナーを吹き付けるとごっそり汚れを落としてくれるとのことです。最初に水で車体のがんこな汚れを洗い流してからこのバイククリーナーを吹き付けると汚れを溶かすような感じで汚れを落としてくれます。洗剤を吹き付けて日陰で3分から5分置くのがコツだそうです。日陰で時間を置くのは洗剤を吹き付けて乾くのを防ぐ目的があるようです。

ドライブトレインクリーナー

チェーンやスプロケットの汚れ落としには、ドライブトレインクリーナーがおすすめです。いわゆるディグリーザーですがマックオフのドライブトレインクリーナーは黄色い洗浄液が特徴になっています。水でチェーンやスプロケットの汚れを最初に洗い流したあとに、このドライブトレインクリーナーを吹き付けるとこびりついた油汚れを溶かしてくれます。洗浄ブラシでチェーンのコマやスプロケットをブラッシングすればチェーンやスプロケットが綺麗になります。洗車後にはチェーンにチェーンルブを塗布することをお忘れなく。

シリコンシャインとバイクプロテクト

マックオフのラインナップの中でコーティング用ケミカルは2種類あります。一つはバイクプロテクト、もう一つはシリコンシャインになります。
バイクプロテクトの特徴はコーティング剤なのに、ドライブトレイン、スプロケット・チェーン・ディレーラー・チェーンリングにも使えることです。スプレーしたら乾いたマイクロファイバークロスで吹き上げることでコーティングすることができます。

もう一つのシリコンシャインはシリコン入りのコーティング剤で長期間バイクを保護してくれるものです。洗車後に最後にフレームやマウンテンバイクならサスペンションにスプレーしてマイクロファイバークロスで吹き上げることで洗車の仕上げをします。

ドライ&ウェットルブ

チェーンルブは、プロユースのドライ用やウェット用ルブから、ホビーユースのスタンダードルブまで幅広くラインナップされています。スタンダードなルブはドライ&ウェットルブで値段的にもこのルブはおすすめです。マックオフのチェーンルブは基本的にチェーンの1コマ1コマに塗布していくタイプで、ドライコンディション用とウェットコンディション用と分かれています。ハイパフォーマンスモデルはプロロードレースチームのチームスカイ(チームイネオス)と共同開発したハイドロダイナミックルブがあります。

ワコーズとマックオフのガチバトル勃発?

日本発のケミカルとしては、ワコーズのケミカル類がありますが現状スポーツバイクショップ内でワコーズとマックオフでシェア争いが勃発しています。洗車用洗剤としてはワコーズではフォーミングマルチクリーナー、マックオフでは水なし洗剤と水洗い用洗剤、チェーンルブではワコーズのチェーンルブとマックオフの各種チェーンルブ、コーティング剤ではワコーズはバリアスコート、マックオフではシリコンシャインとバイクプロテクターのようにガチンコでぶつかり合ってます。ワコーズは基本オートバイや自動車などからのフィードバックを自転車に落とし込んでいますが、マックオフは自転車に特化しておりシェアとしてはまだワコーズのほうが多いと思われますが、流行に敏感なプロショップやおしゃれ系な自転車ショップではマックオフを採用している印象があります。
これからスポーツバイクを購入しようと思っている方でケミカル類に悩んでいる方や、今までのケミカルから新しいケミカルに変えてみようかなと考えている方は、一度マックオフを使ってみてはいかがでしょうか。私は水なし洗車用の洗剤とシリコンシャインが思った以上によかったので次回もリピートする予定でいます。

スポンサードリンク

関連記事

  1. トレンドはショートクランク?クランク長の選び方

    トレンドはショートクランク?クランク長の選び方

  2. ヒルクライム・エンデューロに向けたトレーニング方法

    ヒルクライム・エンデューロに向けたトレーニング方法

  3. 雨に降られた後にやるべきお掃除メンテナンス

    雨に降られた後にやるべきお掃除メンテナンス

  4. ろんぐらいだぁす!サイクルジャージアイキャッチ

    ろんぐらいだぁす!のジャージが予約受付中

  5. パールイズミのバックパック

    パールイズミがサイクリング用バックパックを発表

  6. Garmin EDGE 820J

    Garmin EDGE 820Jナビゲーション機能の使い方

  7. 短期間で鍛えるヒルクライム力-フィジカル編

    短期間で鍛えるヒルクライム力-フィジカル

  8. 多摩川サイクリングロード・尾根幹のハブとなるプロショップとカフェの紹介

  9. ブリヂストンのRP9が注目されてますね。情報が遅いって?

スポンサードリンク

特集記事

  1. 短期間で鍛えるヒルクライム力-フィジカル編 短期間で鍛えるヒルクライム力-フィジカル
  2. 短期間で鍛えるヒルクライム力-トレーニング編 短期間で鍛えるヒルクライム力-トレーニング
  3. 3つ目のボトルケージ ELITE VIPボトルケージクリップ ブルベの装備-ロードバイク初心者が辿り着いたブルベ用装備
  4. WordPress(ワードプレス)アイキャッチ WordPress(ワードプレス)はブログサイト構築システム
  5. 短期間で鍛えるヒルクライム力-食事コンディション編 短期間で鍛えるヒルクライム力-食事コンディション
  6. ワールドサイクルのR250防水大型サドルバッグラージ試用レビュー ワールドサイクルのR250防水大型サドルバッグラージ試用レビュー
  7. Garmin EDGE 820J Garmin EDGE 820Jに海外の地図を入れて海外ブルベに使う方法
  8. インドアトレーニングにおすすめのサイクルトレーナー インドアトレーニングにおすすめのサイクルトレーナー
  9. Garmin EDGE 820J Garmin EDGE 820Jの基本設定アクティビティプロフィール
  10. ワールドサイクルのR250フロントポーチラージ試用レビュー ワールドサイクルのR250フロントポーチラージ試用レビュー

PICK UP記事

  1. Garmin EDGE 820J Garmin EDGE 820Jの設定方法のまとめ
  2. 東レがカーボンを値上げ来年モデルの価格に影響か リアディレイラーの調整-ロードバイク初心者向けメンテナンス
  3. シマノアルテグラコンポーネント シマノアルテグラと105コンポーネント徹底比較
  4. フィジークのスパインコンセプトエボアプリで適正サドル探す フィジークのスパインコンセプトエボアプリで適正サドル探す
  5. 消耗品の交換時期を見極める-タイヤ編 キャノンデールのヘルメットが価格改定で値下げへ
  6. 短期間で鍛えるヒルクライム力-食事コンディション編 短期間で鍛えるヒルクライム力-食事コンディション
  7. ディスクロードバイクのメリットとは ロードバイクライフを始めるために必要なこと
  8. 宮澤崇史さんがお尻が痛くならない正しい乗車姿勢を解説 宮澤崇史さんがお尻が痛くならない正しい乗車姿勢を解説
  9. インドアトレーニングにおすすめのサイクルトレーナー 5ヶ月間3本ローラーでトレーニングした効果
  10. CATEYE VOLT 800アイキャッチ ロードバイクのヘッドライトにVOLT 800をおすすめする理由

人気記事

  1. サドルの位置によって使う脚の筋肉が変わる
  2. ロードバイクの平均時速30kmに壁を突破する方法
  3. インドアトレーニングにおすすめのサイクルトレーナー
  4. 消耗品の交換時期を見極める
  5. 消耗品の交換時期を見極める
  6. ろんぐらいだぁす!高宮紗希のロードバイクの装備がすごいことに
  7. ブルベに最適なロードバイクとはどんなモデルか
  8. 東レがカーボンを値上げ来年モデルの価格に影響か
  9. ろんぐらいだぁす!ツーリングガイド

スポンサードリンク

最近の記事

  1. 04-15roadbike-aicache
  2. 04-286brompton-aicache
  3. 04-115carbonwheelevolution-aicache
  4. 04-05spdsl-aicache640
  5. 04-150warmingupandrecovery-aicache
  6. 04-285wheelrimbest10-header

おすすめ記事

  1. ロードバイクの盗難対策におすすめペダルノート
  2. 女性が参加しやすく楽しめるサイクルイベントシクロクエスト
  3. 短期間で鍛えるヒルクライム力-機材編
  4. ギアチェンジする時はケイデンスを意識する事で無駄がなくなる
  5. シマノR8000新型アルテグラ徹底解剖
  6. パールイズミ2017年秋冬モデルアイキャッチ
  7. お名前.comアイキャッチ
  8. ロードバイク乗車時の具体的な呼吸法とは何か
  9. ペダリング時の筋肉の働きを理解して意識することで変わる

スポンサードリンク

PAGE TOP