注目の記事 PICK UP

キャノンデールのヘルメットが価格改定で値下げへ

キャノンデールのヘルメットが価格改定で大幅値下げ

キャノンデールヘルメットヘッダ
キャノンデール乗りには嬉しいニュースです。
キャノンデールは2017年3月1日からヘルメット全モデルの価格改定を行い値下げしました。
フラッグシップモデルで5,000円の値下げです。キャノンデール乗りでなくてもキャノンデールの緑のデザインが好きという方は要チェックです。

サイファーロード

キャノンデールサイファーロード
価格:19,000円
JCF公認ヘルメット
キャノンデールのフラッグシップモデルのヘルメットです。
2種類のEPSフォームを使用したピークプロテクションテクノロジーにより軽さと安全性を確保しています。
汗をかいてもすぐに乾燥する熱シール処理された抗菌パッド
3つのポジション調整機能とマイクロダイヤルテンションアジャスターで頭全体の締め付け感を調整できます。
ポリカーボネイト製の内部ケージにより通気穴の強度を高め通気性と安全性を両立。
多層モールドのポリカーボネイトシェル技術がEPSシェルとアウターシェルを接着して一体化デザインが可能に。

サイファーエアロ

キャノンデールサイファーエアロ
価格:19,000円
JCF公認ヘルメット
サイファーロードのエアロデザインのヘルメットです。
2種類のEPSフォームを使用したピークプロテクションテクノロジーにより軽さと安全性を確保しています。
空気抵抗を軽減するエアロダイナミックなデザイン。
汗をかいてもすぐに乾燥する熱シール処理された抗菌パッド
3つのポジション調整機能とマイクロダイヤルテンションアジャスターで頭全体の締め付け感を調整できます。
ポリカーボネイト製の内部ケージにより通気穴の強度を高め通気性と安全性を両立。
多層モールドのポリカーボネイトシェル技術がEPSシェルとアウターシェルを接着して一体化デザインが可能に。
軽量・抗菌性を併せ持ち頭部への網状のホールド感が1日中被っていてもズレにくく快適な着用感を提供します。

サイファー

キャノンデールサイファー
価格:17,000円
JCF公認ヘルメット
サイファーロードをベースにしたミドルグレードのヘルメットです。
2種類のEPSフォームを使用したピークプロテクションテクノロジーにより軽さと安全性を確保しています。
汗をかいてもすぐに乾燥する熱シール処理された抗菌パッド
3つのポジション調整機能とマイクロダイヤルテンションアジャスターで頭全体の締め付け感を調整できます。
ポリカーボネイト製の内部ケージにより通気穴の強度を高め通気性と安全性を両立。
多層モールドのポリカーボネイトシェル技術がEPSシェルとアウターシェルを接着して一体化デザインが可能に。
軽量・抗菌性を併せ持ち頭部への網状のホールド感が1日中被っていてもズレにくく快適な着用感を提供します。

テラモ

キャノンデールテラモ
価格:12,000円
JCF公認ヘルメット
2種類のEPSフォームを使用したピークプロテクションテクノロジーにより軽さと安全性を確保しています。
SIアルミ:外骨格様式ケージが内装ロールケージと相まって通気口の強度を高めて通気性と安全性を確保。
多層モールドのポリカーボネイトシェル技術がEPSシェルとアウターシェルを接着して一体化デザインが可能に。
ヘルメット内の通気性を確保するため23の通気穴を確保。
汗をかいてもすぐに乾燥する熱シール処理された抗菌パッド
マイクロダイヤル調整のエルゴフィットEVAパッドにより着用感がアップ
軽量・抗菌性を併せ持ち頭部への網状のホールド感が1日中被っていてもズレにくく快適な着用感を提供します。

キャノンデールヘルメットラインナップ
キャノンデール公式:ヘルメット一覧ページ

キャノンデールのヘルメットのラインナップはフラッグシップモデルからミドルグレードまで、JCF公認モデルですとどれを選んでも機能的な差が無いのが特徴です。
フラッグシップモデルでも今回の値下げで19,000円ですので、有名なヘルメットメーカーのフラッグシップモデルに比べると安いです。ヘルメットは事故の時に頭部を守る大切なウェアですのでこの機会に入手しておきたいところです。
JCF公認でレースでも使用できるモデルでしたら、カラーリングで選んでも良いかもしれません。
キャノンデール乗りな人、キャノンデール乗りではないけどキャノンデールの緑カラーが好きという方はチェックしてみてください。

参考になったらぜひシェアしてください。

関連記事

  1. ワールドサイクルのR250ドラム型フロントバッグ試用レビュー

    ワールドサイクルのR250ドラム型フロントバッグ試用レビュー

  2. 修善寺伊豆急下田-サイクルスポーツ聖地の旅コース

    修善寺伊豆急下田-サイクルスポーツ聖地の旅コース

  3. ロードバイクのおすすめヘルメットブランド

    ロードバイクのおすすめヘルメットブランド

  4. パールイズミ2017年秋冬モデルアイキャッチ

    パールイズミ2017年春夏モデルから注目モデルをピックアップ

  5. ブルベに最適なロードバイクとはどんなモデルか

    ブルベに最適なロードバイクとはどんなモデルか

  6. 女性のためのロードバイクの選び方

    女性のためのロードバイクウェアの選び方

  7. ワールドサイクルのR250ツールケーススリムロングタイプ試用レビュー

    ワールドサイクルのR250ツールケーススリムロングタイプ試用レビュー

  8. Garmin EDGE 820J

    Garmin EDGE 820Jの設定方法のまとめ

  9. 消耗品の交換時期を見極める

    消耗品の交換時期を見極める-ワイヤー編

特集記事

  1. Garmin EDGE 820J Garmin EDGE 820Jナビゲーション機能の使い方
  2. バイクパッキングの入門にピッタリ-ワールドサイクルからR250サドルバッグ発売 バイクパッキングの入門にピッタリ-ワールドサイクルからR250サドルバッグ発売
  3. ワールドサイクルのR250パーキングストッパー&チェーンフック試用レビュー ワールドサイクルのR250パーキングストッパー&チェーンフック試用レビュー
  4. LastPassパスワード管理サービスアイキャッチ LastPass-アカウント情報管理クラウドサービス
  5. Garmin EDGE 820J Garmin EDGE 820Jの基本設定アクティビティプロフィール
  6. ロードバイクのコンポーネントアイキャッチ ロードバイクのコンポーネント
  7. ワールドサイクルのR250フロントポーチラージ試用レビュー ワールドサイクルのR250フロントポーチラージ試用レビュー
  8. R250シューズカバープラス試用レビュー ワールドサイクルのR250シューズカバープラス試用レビュー
  9. コスパだけじゃないジャイアントのTCRシリーズの真価とは コスパだけじゃないジャイアントのTCRシリーズの真価
  10. TCD IZMテーマアイキャッチ TCD IZMテーマにリニューアルしました

PICK UP記事

  1. ブルベでの補給と休憩の仕方を考える ブルベでの補給と休憩の仕方を考える
  2. 消耗品の交換時期を見極める-タイヤ編 消耗品の交換時期を見極める-タイヤ編
  3. 雨に降られた後にやるべきお掃除メンテナンス 雨に降られた後にやるべきお掃除メンテナンス
  4. KUREのMade For SPeedシリーズのケミカルが気になる存在に KUREのMade For Speedシリーズのケミカルの実力は如何に
  5. Garmin EDGE 820J Garmin EDGE 820Jに海外の地図を入れて海外ブルベに使う方法
  6. ヘブンウィークブルベアイキャッチ AJ神奈川主催のヘブンウィークブルベ-イザベラ・バードBRM429
  7. Garmin EDGE 820J Garmin EDGE 820Jナビゲーション機能の使い方
  8. ディスクロードバイクのメリットとは 自転車保険の選び方【2018年版】
  9. ロードバイク初心者が最初に変えるべきパーツとは何か ロードバイク初心者が最初に変えるべきパーツとは何か
  10. ブルベエントリー情報一覧 ブルベエントリー情報一覧2018年8月開催

おすすめ記事

  1. 雨に降られた後にやるべきお掃除メンテナンス
  2. ロードバイク初心者が最初に変えるべきパーツとは何か
  3. ロードバイクのブレーキパッド一挙比較
  4. Knog Oiベルアイキャッチ
  5. ディスクロードバイクのメリットとは
  6. ワールドサイクルのR250ツールケーススリムロングタイプ試用レビュー
  7. ロードバイク乗車時の具体的な呼吸法とは何か
  8. 東レがカーボンを値上げ来年モデルの価格に影響か
  9. パールイズミ2017年秋冬モデルアイキャッチ
  10. 2018年版予算20万円で買えるロードバイク

Twitter

最近の記事

  1. 女性が参加しやすく楽しめるサイクルイベントシクロクエスト
  2. ブルベエントリー情報一覧
  3. ブルベエントリー情報一覧
  4. ブルベエントリー情報一覧
  5. ブルベエントリー情報一覧
  6. ブルベエントリー情報一覧
  7. ブルベエントリー情報一覧
  8. ブルベエントリー情報一覧
  9. ブルベエントリー情報一覧
  10. 2018年版予算20万円で買えるロードバイク

人気記事

  1. 女性が参加しやすく楽しめるサイクルイベントシクロクエスト
PAGE TOP
Translate »