注目の記事 PICK UP

ORTLIEB(オルトリーブ)のサドルバッグはブルベの装備の定番に納得

ORTLIEBのサドルバッグのLサイズを購入してみた

ORTLIEBサドルバッグL
ロードバイクに乗り始めた頃は、大きなサドルバッグは絶対付けないと思っていた頃がありました。
なるべく軽く、サドルバッグも小さい方がカッコイイなんて思い、オルトリーブのサドルバッグのマイクロを買って、中には携帯できる多関節ロックとパンク修理時に使うグローブくらいを入れて満足していました。

そんな自分がブルベという世界を知り、ブルベの事について色々調べていくとどんどんその考え方が崩壊していきました。こんな装備ではブルベ完走とか無理だと。そして、現在ブルベへ向けて装備をコツコツ揃えていこうとしているわけですが、今日サドルバッグが届きました。

ORTLIEB サドルバッグ Lサイズ スレート

日本国内のブルベライダーの間では、定番のORTLIEB(オルトリーブ)のサドルバッグのLサイズを買いました。
自分なりに色々検討してきたのですが結論としてはオルトリーブになりました。
最初にブルベを完走することと自分なりの拘りを合わせてサドルバッグに必要な要件をまとめました。

  1. ブルベ200km完走を目標として必須の装備が入ること。輪行袋・レインウェア・ウィンドブレーカー・補給食。もしかしたら替えのタイヤともう1本チューブ、これらが入ること
  2. 防水であること
  3. サドルのシートレールにキャットアイのテールライトをオプションのアダプタを付けて取り付けているので、そのテールライトと干渉しない取り付け方ができること
  4. 固定方法が簡単かつ固定時の固定力もあること

アピデュラのサドルバッグかオルトリーブかで迷う

大容量のサドルバッグにすれば大は小を兼ねるでいいのかもしれませんが、サドルに取り付けたテールライトを、付けたままどうにかしたかったんですよね。調べている途中で、バイクパッキングという超大容量のサドルバッグの存在も知り、本当に右往左往しました。最終的に絞ったのは、実際に買ったオルトリーブのサドルバッグLサイズと、テールライトを外して超大容量からコンパクトにもできるアピデュラのサドルバッグレギュラーでした。
APIDURAアピデュラサドルバッグレギュラー

APIDURA サドルバッグ レギュラー 17.5L

ロールクロージャー方式で閉じるのでコンパクトにすれば6Lくらいまで折りたためるので非常に使い勝手がいいなぁと思っていたんです。しかもバッグの上部にはドローコードも付いていて、濡れたレインウェアとか他にもウィンドブレーカーとか簡単に固定できて便利じゃないかと。

7割くらいアピデュラに傾いていたんですが、ふと冷静になった時思ったんですよね。
普段からこのサドルバッグ固定して、ロードバイクで走るか?と。
物欲って怖いですね。アピデュラ買う気マンマンになっていた時に上記の要件を思い出しました。

アピデュラは、まず200kmブルベを完走してから検討してもいいではないかと。200kmブルベを完走できたら、長距離ツーリングや泊りがけツーリングへ出かける自信にもなるし、その時になってから購入を検討しても遅くないなと思いました。そして、ようやくオルトリーブのサドルバッグLサイズに決まって購入したわけです。

バイクパッキング大型サドルバッグの選び方
最近バイクパッキングというロードバイクに大型のサドルバッグを付けて、長距離ツーリングするスタイルが注目されています。ブルベシーンでも1200kmの超長距離ブルベではバイクパッキングスタイルで参加する方が増えています。バイクパッキングとは何なのか?を説明...

バイクパッキングに興味があり大型のサドルバッグを検討している方は上記の記事をご覧になって参考にしてください。

ORTLIEB(オルトリーブ)サドルバッグ Lサイズレビュー

ORTLIEBサドルバッグLサイズ外観1
そして、今日届きました。

ORTLIEBサドルバッグL外観2
ORTLIEBサドルバッグL外観3
ORTLIEBサドルバッグ外観4
実際に私のロードバイクに付けてみた写真です。
サイズ感としては、思ったよりも後ろへの突き出し感は無いです。Googleの画像検索でオルトリーブのサドルバッグで検索するとロードバイクに取り付けている写真がたくさんあるので、ある程度ロードバイクとサドルバッグのサイズ感のイメージはあったのですが、想像していたよりは後ろへの突き出しは無いです

3枚目の写真のようにテールライトが視認できるように取り付けたかったので、無事テールライトが視認できるように地面と平行に取り付けられてほっとしています。シートポストによってはオフセットが激しくて、シートレールに取り付けるアダプタを斜め上に取り付けざるを得ない状態のロードバイクの写真も結構あったので、シートポストのオフセットがない私のロードバイクはこういう取り付け方ができて良かったと思います。

オルトリーブサドルバッグのネジを換えて改造する

ORTLIEBサドルバッグL中身1
届いて早速なのですが、オルトリーブのサドルバッグを改造していきます。これもネット検索している内に知った事なのですが、上図のようにオルトリーブのサドルバッグは中身を覗くと大きなナットがあります。このナットのせいでせっかくの容量がスポイルされてしまっているんですね。このナットを市販の平たいナットに換えて改造します。

サドルバッグ改造用ネジの用意
用意するネジ・ワッシャー・ナット・スプリングワッシャーです。

  • ステンレス製トラスネジ M4×10mm (ワッシャー・ナット付き)10セット
  • スプリングワッシャー M4サイズ 10個

ベストなのは平蓋ネジなのですが、私の近所のホームセンターでは置いてませんでした。なのでトラスネジにしています。ステンレス製しているのは雨天走行を想定した場合のサビ対策です。スプリングワッシャーを使うのはネジの緩み対策のためです。

サドルバッグ改造のための工具一覧
次に改造する時に使う工具です。

  • T15 トルクスレンチ:オルトリーブ純正のネジはプラスドライバーは使えません。T15のトルクスレンチが必要です。
  • 12mm メガネレンチかもしくはスパナ:バッグ中身の大きいナットが12mm径です。これでナットを固定してネジを緩めます。なければラジオペンチかモンキーレンチで代用可能。
  • プラスミニドライバー:ネジ交換でバッグ内でネジを締める時に使います。
  • ラジオペンチ:トラスネジをバッグ内側から締める時に、バッグ外側のM4のナットをラジオペンチで挟んで固定してネジを締める時に使います。

トルクスレンチは普通は持ってない方が多いのではないでしょうか。私が何故持っていたかというとオートバイに乗っていたころ、自分でメンテナンスする時に一通り工具を買い揃えたのでたまたま持っていました。

ORTLIEBサドルバッグのネジ交換中
ネジ交換中の写真です。
バッグの中身の上部がトラスネジに交換した部分で、下が純正の大きいナットです。このネジを交換することによって、雨天走行時とかに水漏れしないか心配なのですが、ネットでざっと探してみたところ水漏れしたというような話は出て来なかったので続行します。

サドルバッグのネジ交換完了
10本のネジを全部交換終わりました。見た感じどうでしょうか。かなりすっきりしたと思いませんか?
とりあえず輪行袋とグローブ、それにロック錠を入れてみたのですがバッグの中の奥まで使い切ることができて、想像以上に物が入るようになりました。これなら、ウィンドブレーカーとレインウェアを入れてもまだ余裕ができそうです。
200kmブルベ完走なら、この装備で十分すぎるくらいだと思います。
400km以上の仮眠が必要になるブルベに参加できるようになったら、これに加えて仮眠時にシャワーを浴びることを想定して、タオルとお泊りセット(シャンプー・ヒゲソリ・ボディソープ)は入りそうです。

ブルベは1月から6月がピークのその理由とは

ブルベは1月から6月がピークシーズンなのですが、冬用や春先用の厚手のジャージの替えはちょっと容量的にきついかなという印象です。
ブルベが何故1月から6月までがピークシーズンかと言うと、4年に1度のパリ・ブレスト・パリ(PBP)というブルベのオリンピックのような一大イベントがあるのですが、それが8月開催のためです。
PBPへ参加するためには、PBP開催年の1月から6月までに、200km・300km・400km・600kmのそれぞれのブルベを完走認定していないと参加できないのです(7月中にはPBPへのエントリーが終了するため)。
そのためブルベは基本1月から6月に集中して開催されます

ブルベのピークシーズンに合わせて装備を揃えるとなると、冬用ジャージや春先用の厚手のジャージの替えが必要になるので、必然的に容量の大きいバッグも必要になってくるというわけなんですね。

ろんぐらいだぁすの仲間も、映像を見る限りは大体このオルトリーブのサドルバッグを装着しています。ろんぐらいだぁすの説明セリフ場面を見ていると、ロングライドで想定されるあるあるがあって楽しかったです。アニメは12話で完結しましたが、コミックの方はまだ連載中なので今後の展開が楽しみです。

というわけで、ブルベのサドルバッグ選びで悩んでいる方。
悩んだらORTRLIEB(オルトリーブ)にしておいて間違いは無いよという内容でした。

関連記事

  1. 女性のためのロードバイクの選び方

    女性のためのロードバイクウェアの選び方

  2. ワールドサイクルのR250ツールケーススリムロングタイプ試用レビュー

    ワールドサイクルのR250ツールケーススリムロングタイプ試用レビュー

  3. ロードバイク用度付き対応のスポーツアイウェア

    ロードバイク用度付き対応のスポーツアイウェア

  4. パールイズミ2017年秋冬モデルアイキャッチ

    パールイズミ2017年春夏モデルから注目モデルをピックアップ

  5. CATEYE VOLT 800アイキャッチ

    ロードバイクのヘッドライトにVOLT 800をおすすめする理由

  6. ロードバイク用度付き対応のスポーツアイウェア

    ロードバイクウェアのおすすめブランド

  7. Garmin EDGE 820J

    Garmin EDGE 820Jに海外の地図を入れて海外ブルベに使う方法

  8. モンベルコンパクトリンコウバッグアイキャッチ

    輪行袋はモンベルのコンパクトリンコウバッグが便利

  9. 新型アルテグラ8000系の情報

    新型アルテグラDi2の実力とは

特集記事

  1. ディスクロードの様々な疑問 ディスクロードバイクの様々な疑問
  2. 2018年版予算20万円で買えるロードバイク 2018年版予算20万円で買えるロードバイク
  3. 冬場のオフトレーニングのすすめ 冬場のオフトレーニングのすすめ
  4. TCD IZM WordPressのテーマアイキャッチ TCDテーマのSEO対策について問い合わせてみました
  5. コスパだけじゃないジャイアントのTCRシリーズの真価とは コスパだけじゃないジャイアントのTCRシリーズの真価
  6. Garmin EDGE 820J Garmin EDGE 820Jナビゲーション機能の使い方
  7. バイクパッキングフレームバッグアイキャッチ バイクパッキング-フレームバッグの選び方
  8. ブルベにエントリーするアイキャッチ ブルベにエントリーする
  9. インターバルトレーニングのメカニズム インターバルトレーニングのメカニズム-40歳からでも速くなる方法
  10. ワールドサイクルのR250防水スマートライドポーチDX試用レビュー ワールドサイクルのR250防水スマートライドポーチDX試用レビュー

PICK UP記事

  1. ロードバイクのブレーキパッド一挙比較 ロードバイクのブレーキパッド一挙比較
  2. 冬場のオフトレーニングのすすめ ロードバイク乗車時の呼吸とは何かを考える
  3. 主要3社のディスクロードバイクフィーリング比較 主要3社のディスクロードバイクフィーリング比較
  4. 普段の走行で意識することでトラブルを回避するポイント 普段の走行で意識することでトラブルを回避するポイント
  5. 冬場のオフトレーニングのすすめ 尾根幹線コース-ロードバイク乗りのトレーニングコース
  6. ディスクロードバイクのメリットとは 自転車保険の選び方【2018年版】
  7. ヒルクライムを楽に登るハンドルの握り方とペダリング ヒルクライムを楽に登るハンドルの握り方とペダリング
  8. バイクパッキング大型サドルバッグアイキャッチ バイクパッキング大型サドルバッグの選び方
  9. 尾根幹からロングコース-道志みち箱根てんこ盛り ヤビツ峠-ロードバイク乗り人気の峠
  10. 新型アルテグラ8000系の情報 新型アルテグラ8000系の情報がリーク

おすすめ記事

  1. Garmin EDGE 820J
  2. ZOFFアスリートロゴアイキャッチ
  3. ウェアマニアが作ったウェアブランドQ36.5
  4. 消耗品の交換時期を見極める-タイヤ編
  5. 消耗品の交換時期を見極める
  6. ディスクロードバイクの基本的知識
  7. お名前.comアイキャッチ
  8. 主要3社のディスクブレーキ比較
  9. 上りが得意の人と苦手の人の特徴
  10. インターバルトレーニングの実践方法

Twitter

最近の記事

  1. ディスクロードの狙い目はアルテグラの完成車
  2. 主要3社のディスクロードバイクフィーリング比較
  3. 主要3社のディスクブレーキ比較
  4. ディスクロードの様々な疑問
  5. ディスクロードバイクの基本的知識
  6. ディスクロードバイクは油圧式を選ぶ
  7. ディスクロードバイクのメリットとは
  8. サイクルトレインBBベースがスタート
  9. サプリメントを活用してパフォーマンスアップ
  10. インドアトレーニングにおすすめのサイクルトレーナー

人気記事

  1. 2018年版予算20万円で買えるロードバイク
  2. 平地と上りの苦手を克服するためのポイント
  3. トレンドはショートクランク?クランク長の選び方
  4. 冬場のオフトレーニングのすすめ
  5. 平地と上りそれぞれ苦手な人の傾向
  6. 平地が得意の人と苦手の人の特徴
  7. 上りが得意の人と苦手の人の特徴
  8. 骨盤の安定性と柔軟性がポイントクランク長の選び方
  9. ハンドルは握り方を意識すると走りが変わる
  10. 平地が苦手上りが苦手それは何故なのか
PAGE TOP
Translate »