注目の記事 PICK UP

2017年版予算20万円で買えるロードバイク

2017年版予算20万円で買えるロードバイク

2017年版20万円で買えるロードバイク

予算20万円あれば憧れのカーボンロードバイクが買える

ネット上で予算・ロードバイクで検索すると
大抵10万円から15万円で買えるロードバイクの紹介ページがでてくるわけですが、
当サイトでは予算20万円前後で買えるロードバイクの紹介としました。
それは何故か?

  • 20万円前後であればカーボンフレームのロードバイクが買える
  • コンポーネントもシマノの105グレードが付いて今後のアップグレードも楽しめる
  • カーボンロードバイクを持っているという所有欲も満たせる
  • 安いアルミのエントリーモデルを買うと後になってやっぱりカーボンロードバイクにしておけばよかったと後悔する

といった理由が挙げられます。

私もロードバイクを購入する際、安いアルミのエントリーモデルであれこれと探していました。
最初は楽天市場に出店しているオリジナルアルミロードバイクを販売しているサイトであれこれ選んでいました。
そんなところ、友人からどうせなら最新のカーボンロードバイクでコンポーネントも105にしたほうが後から後悔しないよと言われ、色んなメーカーのカタログをショップから貰ってきて調べるうちに頑張って予算を上げてカーボンのロードバイクを購入するに至りました。
今ではあの時安いアルミのロードバイクにしないで良かったと常々思います。
何故ならカーボンロードバイクならホビーユーザーがでるようなレースでも、過酷な長距離サイクリングのブルベでも十二分に活用できるからです。
これがエントリーモデルのアルミロードバイクだったら、レースへ出たいブルベを完走したいとなった時、このロードバイクじゃ重いからなぁとか色々機材のせいにしてここまでロードバイクの世界にハマらなかったでしょう。逆に言うとカーボンロードバイクで機材は十分なので後は乗って己を鍛えて脚力を付けるだけという状態です。
これは自分のロードバイクへのモチベーションを保ち続けるいいきっかけだったと思います。

そんな経験もあり、これからロードバイクの購入を考えている方には買って後悔してもらいたくないためあえて予算20万円前後のカーボンロードバイクを紹介することにしました。
このサイトがきっかけで一人でも多くロードバイクの世界にどっぷり浸かってくれる方が増えたら嬉しいなと思います。では、さっそくおすすめのロードバイクを紹介していきましょう。

ジャイアント(GIANT)TCR Advanced 2

ジャイアントTCR Adcanced 2 2017

メーカー ジャイアント(GIANT)
モデル TCR Advanced 2
定価 190,000円(税別)
フレーム Advanced-Grade Composite OLD130mm
フロントフォーク Advanced-Grade Composite、Aluminum OverDrive コラム
BBセット SHIMANO SM-BB-RS500-PB (BB86)
ギアクランク SHIMANO 105 34/50T 170mm(XS、S)、172.5mm(M、ML)
チェーン KMC X11EL
フロントディレーラー SHIMANO 105 直付用
リアディレーラー SHIMANO 105
ブレーキレバー(シフター) SHIMANO 105 11Speed
ブレーキセット SHIMANO 105
リアギア SHIMANO 105 11Speed 11-28T
ヘッドセット FSA シールドカートリッジ 1-1/8″-1-1/4″
ハンドルバー GIANT CONTACT 31.8 400mm(XS、S)、420mm(M、ML)
ハンドルステム GIANT CONNECT 31.8 80mm(XS)、90mm(S)、100mm(M)、110mm(ML)
サドル GIANT CONTACT FORWARD
シートピラー GIANT VARIANT Composite
シートクランプ フレーム一体型
フロントハブ FORMULA Cartridge Bearing 24H
リアハブ FORMULA Cartridge Bearing 24H
リム GIANT P-R2 24H
スポーク SAPIM RACE 14-15G
タイヤ GIANT P-SL1 700x25C
チューブバルブ 仏式バルブ
付属品 ベル
2017 Giant Bicycle [TCR ADVANCED 2]
RIDE LIFE. RIDE GIANT. わたしたちGIANTは、魅力的で幅広い製品ラインナップを通じて、世界中の人々を自転車というすばらしい冒険へと駆り立ててまいります。

俺は強い

弱虫ペダルの福富寿一の有名なセリフですが、その福富寿一使用メーカーがジャイアントです。
私もこのTCR Advanced 2の2016年モデルに乗っています。
ジャイアントのすごいところはこの価格でコンポーネントが全部シマノの105で統一されているんです。
フレームのジオメトリ(設計)も上級者ユースのTCR Advanced SLグレードと全く一緒で、違いはカーボンの素材が高強度のものが使われているのとコンポーネントがグレードの高いものが採用されているという違いだけです。
といってもTCR Advancedに使われているカーボンも東レのT700カーボンで、他社メーカーだったら30万円以上のミドルグレードに使用されるくらいの高強度のカーボンで作られています。
TCR Advanced 2であれば、後はホイールを変えて乗り味を変えるだけでレースでもブルベでも対応できるくらい完成度が高いスペックになっています。
サイズについてですが、ジャイアントストアが近所にあるようでしたらジャイアントストアでの購入がおすすめです。
理由はジャイアントストアでは身長・股下のサイズを測るだけで、自動的に適正なフレームサイズとシートの高さを出してくれます。
また、購入特典としてジャイアントストアでのライトメンテナンス(全18工程チェック3000円)が何回でも何年でも無料になります。
さらにフレームについては消耗品を除いて生涯保証で事故等でフレーム破損があっても保証により同グレード帯のフレームを保証価格で購入することもできます。
この特典はロードバイク初心者にはかなり有り難い特典と保証ではないでしょうか。女性の方にはLivブランドとして女性の身長に合わせたロードバイクのラインナップも展開しています。
ジャイアントストアでは試乗車も多種用意されていますので購入を検討している方は、たくさん試乗してから購入するといいでしょう。

コスパだけじゃないジャイアントのTCRシリーズの真価
ジャイアント(GIANT)のオールラウンドモデルのTCRシリーズのロードバイク。2016年にモデルチェンジされてさらに洗練されたロードバイクになりました。そのTCRシリーズにみるジャイアントの真価を解説します。

2017年ジロ・デ・イタリアでトム・デュムランが優勝しジャイアントのTCRモデルのロードバイクに注目した記事です。ジャイアントのTCRモデルのロードバイクが気になる方は上記の記事もご覧になって購入の参考にしてください。

メリダ(MERIDA)SCULTURA 4000

メリダスクルトゥーラ4000 2017

メーカー メリダ(MERIDA)
モデル SCULTURA 4000
定価 189,900円(税別)
フレーム Scultura CF2 [PF86]
フロントフォーク Road carbon Race
BBセット Road Pressfit
ギアクランク FSA Gossamer 50-34 Mega [PF86] L:165mm(44cm)
L:170mm(47/50/52cm) L:172.5mm(54cm) L:175mm(56cm)
チェーン KMC X11
フロントディレーラー Shimano 105 D
リアディレーラー Shimano 105 SS
ブレーキレバー(シフター) Shimano 105
ブレーキセット Shimano R561
リアギア SHIMANO 105 11Speed 11-28T
ヘッドセット Big Conoid S-bearing neck pro
ハンドルバー MERIDA Expert Compact road OS L:380mm(44/47cm)
L:400mm(50cm)L:420mm(52/54cm)L:440mm(56cm)
ハンドルステム MERIDA Expert Carbon OS -5 L:90mm(44/47/50cm)
L:100mm(52/54cm)L:110mm(56cm)
サドル MERIDA Sport
シートピラー MERIDA carbon Expert SB15 27.2
シートクランプ MERIDA Aero 32 Allen ST
フロントハブ Road seal Bearing
リアハブ Road seal Bearing
リム MERIDA comp SL 24 pair
スポーク Black stainless
タイヤ Maxxis Dolemites 25 fold
チューブバルブ 仏式バルブ
付属品 ベル・ロック・リフレクター
メリダ -MERIDA- | ラインナップ | ロードバイク | SCULTURA 4000
MTBやROADなどスポーツバイクのエントリーモデルからワールドカップを戦うレーシングバイクまで手掛けるメリダ -MERIDA- の日本公式ホームページ

ジャイアントに続いて台湾メーカーのメリダのスクルトゥーラ4000を紹介します。
特徴としては上位機種と同じセミエアロのフレーム設計とフルカーボンです。
コンポーネントはシマノの105を基本としてブレーキとクランクは他社製かシマノの下位グレードで俗に言う105MIX仕様となっています。
アップグレードするとしたらクランクとブレーキはシマノの105にしたいところです。
それ以外の部分はこの価格でしたら特にカスタムの必要性がないスペックになっています。
サイズはメリダの公式サイトで適正身長とサイズ表がありますが、MERIDA GLOBAL DEALERというメリダ公式で取り扱っているプロショップでサポートを受けられるそうなので、メリダのサイトから取扱いショップを探して直接相談してみるといいでしょう。

ビアンキ(Bianchi)INTENSO

ビアンキINTENSO 2017

メーカー ビアンキ(Bianchi)
モデル INTENSO
定価 189,000円(税別)
フレーム Carbon
フロントフォーク Full Carbon with Kevlar 1.1/8″-1.5″
BBセット Included
ギアクランク Shimano Tiagra 50/34T 165/165/170/170/170/172.5mm
チェーン Kmc X10
フロントディレーラー Shimano Tiagra 34.9mm
リアディレーラー Shimano Tiagra
ブレーキレバー(シフター) Shimano Tiagra
ブレーキセット Shimano Tiagra
リアギア Shimano Tiagra 10Speed 12/28T
ヘッドセット Fsa Orbit C-40-ACB
ハンドルバー JD-RA38A/JD-RA35A 31.8mm
ハンドルステム Kalloy AS-M01 70/90/90/100/100/110mm
サドル San Marco Era Start
シートピラー Satori Trident of Alloy 31.6x350mm
シートクランプ Michelin 34.9mm
フロントハブ Shimano Tiagra
リアハブ Shimano Tiagra
リム Alex AT470 28H
スポーク SAPIM RACE 14-15G
タイヤ Vittoria Zaffiro Rigid 700x25C
チューブバルブ 仏式バルブ
Bianchi
イタリアの自転車メーカー「Bianchi」のジャパンオフィシャルウェブサイト。

イタリアの老舗ビアンキのINTENSOです。
同じ価格帯でINTREPIDAでシマノ105MIXのモデルもあったのですが、シマノティアグラ採用ですがこちらのモデルを選びました。
理由は同モデルでアルテグラ採用モデルもあり、フレームの設計思想がおそらくオールラウンドからレースユースまでこなせるモデルだろうと推測したからです。
特徴はクランクやブレーキ、ハブもティアグラを採用して全体をティアグラで統一していること。
フレーム自体はINTENSOのアルテグラ採用モデルと同一なので最初はティアグラで、地力が付いてきたら105やアルテグラへアップグレードしていける楽しみがあります。
ティアグラは10速で105以上のグレードと互換性が無いので、アップグレードにはコンポーネント一式換装しないといけませんがフレーム自体はオールラウンド設計というのは好感が持てます。
ビアンキで20万円を切るのはかなりコストパフォーマンス良いと思います。
また、チェレステカラーというのも所有欲をそそりますね。チェレステカラーは毎年微妙にカラーリングが変わっているってご存知でしょうか。
イタリアミラノの空をイメージして毎年カラーリングを変えているそうです。
ビアンキを購入するならぜひチェレステカラーを選んで欲しいと思います。

スペシャライズド(SPECIALIZED)Tarmac SL4 Sport

スペシャライズドTarmac sl4 2017

メーカー スペシャライズド(SPECIALIZED)
モデル Tarmac SL4 Sport
定価 200,000円(税別)
フレーム FACT 9r carbon, threaded BB, full internal cable routing, internally integrated seat clamp, 130mm rear spacing
フロントフォーク S-Works FACT carbon, full monocoque, size-specific taper
BBセット Praxis
ギアクランク Praxis Alba 50/34T
チェーン KMC X11, 11-speed
フロントディレーラー Shimano 105 5800, 11-speed, 直付用
リアディレーラー Shimano 105 5800, 11-speed
ブレーキレバー(シフター) Shimano 105 5800, 11-speed
ブレーキセット Shimano Tiagra
リアギア Shimano 105 5800, 11-speed, 11-28T
ハンドルバー Specialized Shallow Drop, alloy, 125mm drop, 70mm short-reach
ハンドルステム Specialized, 3D forged alloy, 4-bolt, 7-degree rise
サドル Body Geometry Toupe Sport, steel rails, 143mm
シートピラー Specialized Comp carbon, single bolt
シートクランプ Integrated wedge for Tarmac
フロントホイール Axis Elite, QR
リアホイール Axis Elite, QR
タイヤ Specialized Espoir Elite, 700x23mm, 60TPI
チューブバルブ 仏式バルブ

アメリカ発のメーカースペシャライズドのTarmac SL4 Sportです。
コンポーネントは基本シマノの105、ブレーキはティアグラでクランクは他社製の105MIXになります。
フレーム自体はスペシャライズドのフラッグシップモデルのS-Works Tarmacの設計思想を受け継いたものとなっています。
プロロードレーサーが乗っているのと同じレベルのロードバイクにこの価格で乗れるのは結構良いのではないでしょうか。コンポーネントをアルテグラに換装するだけでホビーレースに出場できるくらいのスペックを秘めていると思います。
ホイールも完成車にありがちな鉄下駄ホイールではなく、Axis Elite QRは前後で1700g台という完成車としては軽量なホイールを履いており、普段の練習時もそのまま使用できるレベルです。
レースに出るとしたら10万円クラスの1500g以下のホイールに変えないと思い切った軽量化ができません。
そういった点でこのモデルは完成車の時点でかなりの完成形といえるでしょう。

トレック(TREK)Emonda S4

トレックEmonda S4

メーカー トレック(TREK)
モデル Emonda S4
定価 195,000円(税別)
フレーム Ultralight 300 Series OCLV Carbon, ride-tuned performance tube optimization, E2 tapered head tube, BB86.5, DuoTrap compatible
フロントフォーク Emonda carbon, E2 tapered steerer
BBセット Press Fit
ギアクランク Shimano Tiagra, 50/34 (compact)
チェーン Shimano Tiagra
フロントディレーラー Shimano Tiagra
リアディレーラー Shimano Tiagra
ブレーキレバー(シフター) Shimano Tiagra, 10speed
ブレーキセット Shimano Tiagra
リアギア Shimano Tiagra, 11-28, 10speed
ヘッドセット Integrated, cartridge bearing, sealed, 1-1/8″ top, 1.5″ bottom
ハンドルバー Bontrager Race VR-C, 31.8mm
ハンドルステム Bontrager Elite, 31.8mm, 7 degree, w/computer & light mounts
サドル Bontrager Montrose Comp
シートピラー Bontrager alloy, 2-bolt head, 27.2mm, 8mm offset
フロントハブ Alloy
リアハブ Alloy
リム Alloy hubs; Bontrager Tubeless Ready rims
タイヤ Bontrager R1 Hard-Case Lite, 700x25c
チューブバルブ 仏式バルブ

弱虫ペダルの総北高校キャプテン金城真護が使用しているアメリカのトレックからEmonda S4です。
トレックの中でもEmondaグレードのモデルはトレック全モデル中でも最軽量を謳っています。コンポーネントはシマノのティアグラで統一されています。
フレームのジオメトリはEmondaモデルはオールラウンド向け、カーボン素材がグレードにより変わっています。
このEmonda S4は300 Series OCLV Carbonでトレックが使用するカーボンのグレードでは最下位グレード。ここはちょっとジャイアントとかのロードバイクに比べると剛性は劣るのかもしれないです。
あとチャレンジな設定としてタイヤがチューブレスタイプを採用しています。エントリー向けグレードにチューブレスタイヤを採用しているのは軽量化という面ではメリットがありますが、メンテナンス面では初心者には難しいかなと思います。
トレックを20万円以下で乗るならEmonda S4がおすすめですが、同価格帯でカスタムやグレードアップしていきたいとなるとスペシャライズドに軍配が上がるかなというのが率直な感想です。

キャノンデール(Cannondale)CAAD 12 105

キャノンデールCAAD 12 105 2017

メーカー キャノンデール(Cannondale)
モデル CAAD 12 105
定価 190,000円(税別)
フレーム CAAD12, SmartForm C1 6069 Alloy, SPEED SAVE, BB30a, Di2 Ready
フロントフォーク CAAD12, SPEED SAVE, BallisTec full carbon, 1­1/8″to 1­1/4″ steerer, integrated crown race
BBセット FSA BB30 Bearings
ギアクランク Cannondale Si, BB30a, FSA rings, 52/36
チェーン Shimano HG601, 11speed
フロントディレーラー Shimano 105, 直付用
リアディレーラー Shimano 105
ブレーキレバー(シフター) Shimano 105
ブレーキセット Shimano 105
リアギア Shimano 105, 11-28, 11-speed
ヘッドセット CAAD12, 1-1/4″ lower bearing, 25mm top cap
ハンドルバー Cannondale C3, butted 6061 Alloy Butted 6061 Alloy, Compact
ハンドルステム Cannondale C3, 6061 Alloy, 31.8, 6 deg
サドル Selle Royal Seta S1
シートピラー Cannondale C3, 6061 Alloy, 25.4x300mm
フロントハブ Mavic Aksium
リアハブ Mavic Aksium
リム Mavic Aksium WTS
スポーク Mavic Aksium
タイヤ MAVIC YKSION, 700X25C
チューブバルブ 仏式バルブ

カーボンではなくアルミロードバイクですがキャノンデールのCAAD12を取り上げます。
キャノンデールはカーボンのロードバイクも出しているのですが、キャノンデールというとカーボンキラーと呼ばれる程アルミフレームの成形の評判が高いのであえてCAAD 12にしました。
アルミ製のロードバイクでは一般的に6061系合金を使用していることが多いのですが、CAAD 12では6069合金という高強度のアルミ合金を使用しているのが特徴です。
コンポーネントもシマノの105MIX、ホイールはMavicのアキシウムという市販レベルのホイールを履いておりそのままでもかなりの戦闘力を持っていると思います。
剛性面は下手なカーボンロードバイクよりも剛性が高いため初心者の方には、乗り味が硬くて膝を痛める可能性があります。脚力がある方やレースに出るくらいトレーニングしたいという方にはCAAD 12はぴったりだと思います。

スコット(SCOTT)SOLACE 30

スコットSOLACE 2017

メーカー スコット(SCOTT)
モデル SOLACE 30
定価 239,000円(税別)
フレーム Solace HMF / IMP Carbon technology Road Comfort geometry
フロントフォーク Solace HMF 1 1/8” Carbon steerer Alloy Dropout
BBセット Shimano BB-RS500-PB
ギアクランク Shimano Tiagra FC-4700 Compact Hyperdrive 50x34T
チェーン KMC X10
フロントディレーラー Shimano Tiagra FD-4700
リアディレーラー Shimano Tiagra RD-4700
ブレーキレバー(シフター) Shimano Tiagra ST-4700 Dual cotrol
ブレーキセット Shimano BR-4700/ Tektro 541 rear
リアギア Shimano CS-HG500 10 Speed 11-32T
ヘッドセット Syncros Integrated
ハンドルバー Syncros RR2.0 Anatomic 31.8mm
ハンドルステム Syncros RR2.0 1 1/8” / four Bolt 31.8mm
サドル Syncros FL2.5
シートピラー Syncros RR2.5 27.2/350mm
フロントハブ Formula Race 22 24H
リアハブ Formula Race 22 28H
リム Syncros Race 22 Front 24 / 28 Rear
スポーク 14G Stainless Black 2mm
タイヤ Continental Grand Sport Race Fold 700×25C
チューブバルブ 仏式バルブ

スイスのメーカースコットからSOLACE 30です。
予算20万円を超えてしまっているのですが個人的にこのメーカーが好きなこともあり取り上げました。
このソレイスというモデルは2013年に新しくスコットから発表したモデルで、長距離走行による疲労を軽減するテクノロジーやフレーム設計になっていてオールラウンドではないのですがおすすめしたいと思います。
パワーZONEとコンフォートZONEというネーミングで力が加わる部分には剛性を、路面からの衝撃を受ける部分には柔軟性を持たせるようにしています。
このフレーム設計はブルベ等の長距離サイクリングを目標にしている私としてはとても魅力的だなと思います。
また、長距離でヒルクライム等も万能にこなせるようにかリアのギア構成も11-32Tと一般的なリアギア構成よりもワイドになりより軽いギアでヒルクライムできるようになっています。
コンポーネントはティアグラですが、長距離ライドであればそれほどスピードも求めませんしこのコンポーネントで11-32Tのギアの採用はありだと思います。
ロードバイクを始めるきっかけとして自転車旅行であったり、ブルベのような長距離サイクリングがしたいという方にはおすすめできるモデルです。

2017年版予算20万円前後で買えるカーボンロードバイクを厳選してみました。
ロードバイクを購入する際の参考になれば幸いです。

関連記事

  1. ペダリングトレーニング最終奥義ハイパワーペダリング

    ペダリングトレーニング最終奥義ハイパワーペダリング

  2. バイクパッキング大型サドルバッグアイキャッチ

    バイクパッキング大型サドルバッグの選び方

  3. 消耗品の交換時期を見極める-タイヤ編

    消耗品の交換時期を見極める-タイヤ編

  4. ロードバイク初心者が最初に変えるべきパーツとは何か

    尾根幹周辺の坂コース-ロードバイク乗りのトレーニングコース

  5. バイクパッキングの入門にピッタリ-ワールドサイクルからR250サドルバッグ発売

    バイクパッキングの入門にピッタリ-ワールドサイクルからR250サドルバッグ発売

  6. 飛行機輪行の時に抑えておきたいポイント

    飛行機輪行の時に抑えておきたいポイント

  7. 一瞬の判断で生死が分かれる-危険回避

    一瞬の判断で生死が分かれる-危険回避

  8. 40代からのロードバイク-体力の低下に向き合う

    40代からのロードバイク-体力の低下に向き合う

  9. 女性のためのロードバイクの選び方

    冬場のロードバイクのトレーニングについて考える

特集記事

  1. ペダリングトレーニング最終奥義ハイパワーペダリング ペダリングトレーニング最終奥義ハイパワーペダリング
  2. 安全に曲がるためのブレーキセッティング 安全に曲がるためのブレーキセッティング
  3. 3つ目のボトルケージ ELITE VIPボトルケージクリップ ブルベの装備-ロードバイク初心者が辿り着いたブルベ用装備
  4. 短期間で鍛えるヒルクライム力-機材編 短期間で鍛えるヒルクライム力-機材編
  5. Garmin EDGE 820J Garmin EDGE 820Jの基本設定アクティビティプロフィール
  6. Google Language Translatorを使ってプチ多言語サイト化してみた Google Language Translatorを使ってプチ多言語サイト化し…
  7. ロードバイク初心者の100kmロングライド-補給のポイント ロードバイク初心者の100kmロングライド-補給のポイント
  8. 一瞬の判断で生死が分かれる-危険回避 一瞬の判断で生死が分かれる-危険回避
  9. ヘブンウィークブルベアイキャッチ AJ神奈川主催のヘブンウィークブルベ-イザベラ・バードBRM504
  10. WordPressをインストールして最初にやるべき初期設定アイキャッチ WordPressをインストールして最初にやるべき初期設定

PICK UP記事

  1. ロードバイクの盗難対策におすすめペダルノート ロードバイクの盗難対策におすすめペダルノート
  2. ろんぐらいだぁす!高宮紗希のロードバイクの装備がすごいことに ろんぐらいだぁすの高宮 紗希のロードバイクの装備がすごいことに
  3. ロードバイク乗車時の具体的な呼吸法とは何か おすすめロードバイクプロショップ-新宿周辺
  4. ブルベエントリー情報一覧6月開催アイキャッチ ブルベエントリー情報一覧5月開催
  5. 短期間で鍛えるヒルクライム力-トレーニング編 短期間で鍛えるヒルクライム力-トレーニング編
  6. 尾根幹からロングコース-道志みち箱根てんこ盛り ヤビツ峠-ロードバイク乗り人気の峠
  7. ミドルグレードのロードバイクの賢い買い方選び方 ミドルグレードのロードバイクの賢い買い方選び方
  8. 東レがカーボンを値上げ来年モデルの価格に影響か 東レがカーボンを値上げ2018年のロードバイク価格に影響か
  9. AJ自転車保険の規定を改定2018年以降は個人賠償補償1億円以上へ AJ自転車保険の規定を改定2018年以降は個人賠償補償1億円以上へ
  10. ワールドサイクルのR250パーキングストッパー&チェーンフック試用レビュー ワールドサイクルのR250パーキングストッパー&チェーンフック試用レビュー

おすすめ記事

  1. 消耗品の交換時期を見極める
  2. ワールドサイクルのR250防水スマートライドポーチ試用レビュー
  3. 東レがカーボンを値上げ来年モデルの価格に影響か
  4. 新型アルテグラ8000系の情報がリーク
  5. コーナリングに合わせたタイヤの空気圧セッティング
  6. ブルベ用サイクルウェアアイキャッチ
  7. 消耗品の交換時期を見極める
  8. Garmin EDGE 820J
  9. グランフォンドを完走するためのポイント
  10. コスパだけじゃないジャイアントのTCRシリーズの真価とは

Twitter

最近の記事

  1. パールイズミ2017年秋冬モデルアイキャッチ
  2. ピレリからロードバイク用クリンチャータイヤが新発売
  3. PBP パリ・ブレスト・パリ
  4. ワールドサイクルのR250防水スマートライドポーチDX試用レビュー
  5. ワールドサイクルのR250サイクル反射ベスト試用レビュー
  6. ワールドサイクルのR250おにぎりリフレクター試用レビュー
  7. 保冷効果が長いおすすめの保冷ボトル
  8. デキるローディのUVケア-春から秋にかけての紫外線対策
  9. ロードバイク初心者の100kmロングライド-暑さ対策のポイント
  10. ロードバイク初心者の100kmロングライド-装備と持ち物

人気記事

  1. ワールドサイクルのR250サイクル反射ベスト試用レビュー
  2. ワールドサイクルのR250おにぎりリフレクター試用レビュー
  3. シマノR8000新型アルテグラ徹底解剖
  4. ワールドサイクルのR250防水大型サドルバッグラージ試用レビュー
  5. ロードバイク初心者がビンディングペダルを使いこなすポイント
  6. PBP パリ・ブレスト・パリ
  7. ワールドサイクルのR250パーキングストッパー&チェーンフック試用レビュー
  8. ロードバイク初心者の100kmロングライド-フォームとペース管理
  9. 普段の走行で意識することでトラブルを回避するポイント
  10. ロードバイクは恥骨で座ると安定する
PAGE TOP
Translate »