注目の記事 PICK UP

シマノR8000新型アルテグラ徹底解剖

シマノの新型アルテグラの進化

シマノR8000新型アルテグラ徹底解剖
(C)シマノ
シマノのコンポーネントアルテグラはデュラエースのテクノロジーを踏襲した実力派として、レースからホビーライドまで対応して、多くの支持を集めています。そして、フルモデルチェンジした新型アルテグラR8000系は、2016年革新的な進化を果たしたR9100系デュラエースのフィードバックが生かされており、さらなる性能向上を果たしました。
Di2モデルのR8050系はシンクロナイズドシフトに対応しています。さらにデュラエースと同様にディスクブレーキも正式にラインナップされました。
リアスプロケットも最大34Tが加わり、登坂に自信のないライダーでも導入できるメリットもあります。それでいながら価格はデュラエースの半額以下というコストパフォーマンスを誇ります。R8000系新型アルテグラコンポーネント一式で税別価格99,909円と10万円を切る価格で新型アルテグラでコンポーネントを統一することができます。

フロントクランク

シマノ新型アルテグラR8000フロントクランク
(C)シマノ

フロントクランク
53×39T(重量:690g 税抜価格:2万5955円)
52×36T(重量:681g 税抜価格:2万5955円)
50×34T(重量:674g 税抜価格:2万5955円)
46×36T(重量:668g 税抜価格:2万5390円)

4アームのデザインは前作のアルテグラ同様の仕様になっています。よりパワー伝達効率を高めた新型デュラエースR9100系と同様のデザインに生まれ変わりました。重量も数g軽量化されました。アウターチェーンリングは中空構造を採用しています。クランク長は165mm、170mm、172.5mm、175mmの4種類が用意されます。
デュラエースと比較すると4アームのデザインピッチがデュラエースと同じになり、駆動効率が向上しました。大きな相違点はデュラエースのインナーチェーンリングには切削加工が施されていることです。重量以外は目立った違いは発見出来ないほどデュラエースと酷似しています。

STIレバー

シマノ新型アルテグラR8000STIレバー
(C)シマノ
機械式 リムブレーキ用 ST-R8000

シマノ新型アルテグラSTIレバーST-R8050
(C)シマノ
電動式Di2 リムブレーキ用 ST-R8050

STIレバー
ST-R8000 重量:438g 税抜価格:3万2989円
ST-R8050 重量:不明 税抜価格:3万1697円
ST-R8020 重量:550g 税抜価格:5万2687円(機械式+ディスクブレーキ対応)
​ST-R8070 重量:不明 税抜価格:5万2318円(Di2+ディスクブレーキ対応)

デュアルコントロールレバーも内部の変速ユニットを再設計したことで、素早く直感的な変速操作を可能にしました。ブラケットフードの形状も見直されて快適な走行を可能にしました。
Di2用の8050系のデュアルコントロールレバーは、明確なクリック感でグローブ装着時でも正確な変速操作が可能です。シンクロシフト対応で、Eチューブプロジェクトにより機能のカスタマイズもできます。
ディスクブレーキ対応のデュアルコントロールレバーST-R8020とST-R8070(Di2用)はあらゆる天候でも安定した制動力を発揮します。ブラケットの小型化によりエルゴノミック性が向上して、リーチアジャストの調整幅も広げられました。

フロントディレーラー

シマノ新型アルテグラR8000フロントディレーラー
(C)シマノ
機械式 FD-R8000

シマノ新型アルテグラR8050電動Di2フロントディレーラーFD-R8050
(C)シマノ
電動Di2 FD-R8050

フロントディレーラー
FD-R8000 重量:92g(直付) 税抜価格:4902円
FD-R8000 重量:106g(バンドタイプLサイズ) 税抜価格:5353円(バンド径34.9mm)、税抜価格:5407円(バンド径31.8mm/28.6mm)
FD-R8050 税抜価格:2万1256円

高トルクでもスムーズな変速を可能とする新型のデザインを採用しています。アーレンキーの操作でケーブルテンションを調整できるアジャスターを装備するイージーセッティングシステムを搭載しています。途中のアウターケーブルアジャスターが不要になりました。

イージーセッティングシステム

安定した変速性能で定評のあるR9100系デュラエースのデザインを踏襲しています。異なるのは最小のアウターギアの対応が46Tとなっている事です。ケーブルテンションを調整できるイージーセッティングシステムはデュラエースと同様に採用されます。様々なケーブルルーティングが可能になっています。

リアディレーラー

シマノ新型アルテグラR8000リアディレーラーRD-R8000
(C)シマノ
機械式 RD-R8000

シマノ新型アルテグラR8050電動Di2リアディレーラーRD-R8050
(C)シマノ
電動Di2 RD-R8050

リアディレーラー
RD-R8000-SS 税抜価格:8617円
RD-R8000-GS 税抜価格:9181円
RD-R8050-SS 税抜価格:2万5561円
RD-R8050-GS 税抜価格:2万4996円

プーリーとカセットの間隔を最適化した新シャドーデザインを採用しています。外側への張り出しを抑えたロープロファイルデザインによって、落車時のリアディレーラーへのダメージも軽減します。ブラケットを取り外すと、ダイレクトマウントタイプにも対応します。最大の変更点はGSタイプがロー側の最大歯数34Tに対応することです。

シャドーデザイン採用により変速性能が向上

リアディレーラーの裏面の形状は素材こそ異なるものの、肉抜き等も含めてデュラエースとほぼ同じといって差し支えないものです。重量はデュラエースのほうが42gほど軽くなっています。
ロードバイクのフレーム外側への張り出しが少ないシャドーデザインもデュラエースから踏襲しています。形状もほとんど同様で、トップモデルから受け継ぐ優れた変速性能を獲得しました。

ブレーキ

シマノ新型アルテグラR8000ブレーキキャリパーBR-R8000
(C)シマノ
ノーマルブレーキキャリパー BR-R8000

シマノ新型アルテグラR8010ダイレクトマウントブレーキキャリパーBR-R8010
(C)シマノ
ダイレクトマウントブレーキキャリパー BR-R8010

ブレーキ
BR-R8000(ノーマルキャリパー)重量360g(前後セット) 税抜価格:1万3814円
BR-R8010-F(ダイレクトマウントフロント用)重量174g 税抜価格:7884円
BR-R8010-R(ダイレクトマウントリヤチェーンステー用) 重量160g 税抜価格:6912円
BR-R8010-F(ダイレクトマウントリヤシートステー用) 重量172g 税抜価格:7884円
BR-R8070(油圧ブレーキキャリパー) 重量280g(前後セット) 税抜価格:6549円(フロント) 税抜価格:6323円(リヤ)
SM-RT800(油圧ディスクブレーキローター)重量127g(160mm)106g(140mm)税抜価格:4754円(160mm、140mm)

最大で28Cのタイヤサイズに対応したキャリパーブレーキです。デュアルピボットデザインのアーム間にはスタビライザーを新設して、制動効率も向上させています。リリースレバーもデュラエースと同様にデザインが変更されています。
ダイレクトマウントブレーキもキャリパーブレーキ同様に28Cのタイヤサイズに対応しています。フロントフォーク用のほか、リアチェーンステー用とリアシートステー用をラインナップしています。

デュラエース同様に剛性アップ

アームの間にブースター、丸く肉抜きされたプレートをデュラエースと同様に装備することで、アームのたわみを抑えて、制動効率とダイレクトなブレーキタッチを実現しました。

リアスプロケット

シマノ新型アルテグラR8000リアスプロケットCS-R8000
(C)シマノ
リアスプロケット CS-R8000

リアスプロケット
12-25T、11-25T、11-28T 税抜価格:7697円
14-28T、11-30T、11-32T 税抜価格:8291円
11-34T 税抜価格:8696円

6種類の歯数構成から選べるCS-R8000に加えて、11-34TのワイドレシオのCS-HG800-11をラインナップします。最大歯数34Tはホビーライダーからヒルクライムレースを主にするライダーの強い味方となります。また脚力のあまりないライダーやロードバイク初心者で、トップ側11Tをあまり使わないライダーのためにミドル域をクロスぎみの構成にした14-28Tのスプロケットも、使用する場面ではかなり活躍する可能性のあるラインナップです。

ビンディングペダル

シマノ新型アルテグラR8000ビンディングペダルPD-R8000
(C)シマノ
PD-R8000

ビンディングペダル
PD-R8000 重量:248g 税抜価格:1万4557円/1万4792円(+4mmモデル)

SPD-SLペダルも前作モデルからカーボンコンポジットボディに肉抜き加工を施し、ボディプレートの形状も見直したことで、左右合わせて12gの軽量化を実現しました。

ホイール

WH-RS770-C30(TL) 税抜価格:40,961円(ディスクブレーキ対応・チューブレス対応)
WH-RS700-C30(TL) 税抜価格:38,613円(リムブレーキ用・チューブレス対応)
WH-RS170 税抜価格:8152円(ディスクブレーキ対応フロント用・ブラック)、税抜価格:8696円(ホワイト)、税抜価格:9512円(リア用・ブラック)、税抜価格:10,056円(リア用・ホワイト)

ホイールもアルテグラグレードとして新たにラインナップされました。WH-RS770-C30はディスクブレーキ対応のチューブレス対応ホイールです。デュラエースのホイールで培ったカーボンラミネートリムの採用により、軽さと強度を合わせ持っています。12mmEスルーアクスル専用で2017年12月発売予定です。
WH-RS700-C30はアルテグラWH-6800の後継モデルとなるチューブレス対応ホイールです。新型ハブの導入とアルミリムからカーボンラミネートリムにバージョンアップしたことで大幅に軽量化することを実現しています。2017年8月発売予定です。
WH-RS170はディスクブレーキ対応ロードバイクを身近なものにするためのエントリーグレードのクリンチャーホイールです。12mmEスルーアクスル専用です。初心者の使用はもちろんトレーニング用としても最適なホイールです。2017年8月発売予定です。

シマノから新型アルテグラR8000系を発表
シマノのコンポーネントのアルテグラが新型R8000系として正式にリリースが発表されました。機械式は6月下旬以降発売、電動式Di2とディスクブレーキタイプは11月発売を予定しています。新型アルテグラはデュラエースの進化を踏襲したデザインと特性になっています。

関連記事

  1. 女性のためのロードバイクの選び方

    女性のためのロードバイクの選び方

  2. カーマーからフラッグシップモデルDITROが登場

  3. サドルの位置によって使う脚の筋肉が変わる

    サドルの位置によって使う脚の筋肉が変わる

  4. 消耗品の交換時期を見極める

    自転車通勤に便利な都内のバイクステーション

  5. 東レがカーボンを値上げ来年モデルの価格に影響か

    東レがカーボンを値上げ2018年のロードバイク価格に影響か

  6. Garmin EDGE 820J

    Garmin EDGE 820Jアクティビティデータ表示項目の設定

  7. ELITE ARION MAG3本ローラー

    5ヶ月間3本ローラーでトレーニングした効果

  8. ブルベエントリー情報一覧6月開催アイキャッチ

    ブルベエントリー情報一覧5月開催

  9. トレンドはショートクランク?クランク長の選び方

    トレンドはショートクランク?クランク長の選び方

特集記事

  1. 40代からのロードバイク-体力の低下に向き合う 40代からのロードバイク-体力の低下に向き合う
  2. クランク長のセルフチェックとクランク交換のQ&A ロードバイク乗車時の呼吸とは何かを考える
  3. ワールドサイクルのR250防水スマートライドポーチ試用レビュー ワールドサイクルのR250防水スマートライドポーチ試用レビュー
  4. WordPressにおける投稿ページと固定ページの違い WordPressにおける投稿ページと固定ページの違い
  5. ロードバイクライフを始めるために必要なこと ロードバイク初心者に最低限必要な装備
  6. ヒルクライム楽に登る正しいダンシング ヒルクライムを楽に登る正しいダンシング
  7. ロードバイクのサドルポジションの決め方 ロードバイクのサドルポジションの決め方
  8. Garmin EDGE 820J Garmin EDGE 820Jの設定方法のまとめ
  9. ロードバイクのコンポーネントアイキャッチ ロードバイクのコンポーネント
  10. 40代からのロードバイク-ミトコンドリアを活性化させる 40代からのロードバイク-ミトコンドリアを活性化させる

PICK UP記事

  1. ワイドレシオギアを入れて坂道を楽に登る方法アイキャッチ ワイドレシオギアを入れて坂道を楽に走る方法
  2. レンタルサーバー増強に伴うWEBサイト一時停止のお知らせ レンタルサーバー増強に伴うWEBサイト一時停止のお知らせ
  3. ブルベエントリー情報一覧 ブルベエントリー情報一覧9月開催
  4. ロードバイクイベントの直前対策 ロードバイクイベントの直前対策
  5. ロードバイクライフを始めるために必要なこと 自転車保険の選び方【2017年版】
  6. ブルベエントリー情報一覧 ブルベエントリー情報一覧2018年2月開催
  7. 平地と上りの苦手を克服するためのポイント 平地と上りの苦手を克服するためのポイント
  8. 安全に曲がるためのブレーキセッティング 安全に曲がるためのブレーキセッティング
  9. ロードバイクのテールライトアイキャッチ ロードバイクのテールライトの選び方は点灯時間で考える
  10. 消耗品の交換時期を見極める-タイヤ編 9070系デュラエースと6870アルテグラでシンクロシフト実装へ

おすすめ記事

  1. カラーパーツでロードバイクをカスタムして個性を強調
  2. 保冷効果が長いおすすめの保冷ボトル
  3. コーナリングの成否を決定づけるブレーキング
  4. ロードバイクのポジションの考え方
  5. 2017年予算20万円のロードバイクアイキャッチ
  6. 修善寺伊豆急下田-サイクルスポーツ聖地の旅コース
  7. ORTRIEBサドルバッグLスレートアイキャッチ
  8. ワールドサイクルのR250ドラム型フロントバッグ試用レビュー
  9. ロードバイクは恥骨で座ると安定する
  10. ワールドサイクルのR250フロントポーチラージ試用レビュー

Twitter

最近の記事

  1. 2018年版予算20万円で買えるロードバイク
  2. 平地と上りが苦手なサイクリストの疑問とは
  3. 平地と上りの苦手を克服するためのポイント
  4. 平地と上りそれぞれ苦手な人の傾向
  5. 上りが得意の人と苦手の人の特徴
  6. 平地が得意の人と苦手の人の特徴
  7. 平地が苦手上りが苦手それは何故なのか
  8. ブルベエントリー情報一覧
  9. ブルベエントリー情報一覧
  10. クランク長のセルフチェックとクランク交換のQ&A

人気記事

  1. ワールドサイクルのR250サイクル反射ベスト試用レビュー
  2. ワールドサイクルのR250おにぎりリフレクター試用レビュー
  3. ロードバイク初心者の100kmロングライド-装備と持ち物
  4. ピレリからロードバイク用クリンチャータイヤが新発売
  5. ロードバイク初心者の100kmロングライド-効率的な楽な走り方
  6. ロードバイク初心者の100kmロングライド-補給のポイント
  7. ロードバイク初心者の100kmロングライド-休憩のポイント
  8. PBP パリ・ブレスト・パリ
  9. パールイズミ2017年秋冬モデルアイキャッチ
  10. ワールドサイクルのR250防水スマートライドポーチDX試用レビュー
PAGE TOP
Translate »