注目の記事 PICK UP

ワールドサイクルのR250フロントポーチラージ試用レビュー

Last Updated 2020.12.26

ワールドサイクルのR250フロントポーチラージ試用レビュー

ワールドサイクルのR250フロントポーチラージ試用レビュー
ロードバイク本体やサイクルウェア、自転車パーツ等の通販でおなじみのワールドサイクル様よりR250フロントポーチラージの製品サンプルをご提供していただけたので試用レビューをすることになりました。ロードバイクは不要なものは徹底的に排除してより速く、遠くへ、楽に走るための目的の自転車のため、サイクリング中に持ち運ぶ荷物を収納するスペースが全くなく、そのために各社サドルバッグであったりツールケースであったりとサイクリングで必要な物を収納して持ち運ぶバッグ類をリリースしています。ワールドサイクルでもバイクパッキングの思想を取り入れたハンドルに取り付けるタイプのバッグを開発しリリースしています。今回はそのハンドルに取り付けて使用するフロントポーチを試用レビューします。

今回当サイトに製品サンプルをご提供していただいたワールドサイクル様には御礼申し上げます。

自転車 ロードバイク グラベル クロスバイクパーツ、アクセサリー、ウェアー、シマノの通販といえば、ワールドサイクル。R250(アールニーゴーマル)や輪行講座など、オリジナルアイテムの開発も。実店舗は大阪市中央区本町のベックオン(Beckon)

R250フロントポーチラージの概要

R250フロントポーチラージ外観

R250フロントポーチラージ
サイズ(実寸):長さ200mm~280mm×縦幅110mm×横幅110mm
中身サイズ(実寸):長さ195mm~280mm×縦幅105mm×横幅105mm
容量:1100ml
カラー:ブラック
価格:3,110円(税込)

ちょっとした停車時間でも、携帯食やボトル、スマホやカメラをさっと取れる便利なポーチストラップとストラップ通しの素材を見直し、より丈夫にバージョンアップ(2018/4/28)ステム、ハンドル、フォークの3点にがっちり留めることができます。トップチューブバッグのようにダンシングしたとき膝が当たることもありません。こんなところにこんな有効な収納スペースが残っていたとは、驚きです。コードを下方向に強く引っ張ることでコードを固定し、蓋をしっかり閉めることができます。これでカメラ等、中のものを落とす心配がありませ...


更に大型に、ちょっとした停車時間でも、携帯食やボトル、スマホやカメラをさっと取れる便利なポーチワンタッチで口紐を閉じることができます。2タッチで開くことができます。底のストラップは確実に固定しておいてください。ステム、ハンドル、フォーク(ヘッドチューブ)の3点にがっちり留めることができます。トップチューブバッグのようにダンシングしたとき膝が当たることもありません。こんなところにこんな有効な収納スペースが残っていたとは、驚きです。コードを下方向に強く引っ張ることでコードを固定し、蓋をしっかり閉める...

今回ワールドサイクル様から製品サンプルとしてご提供いただいたのはフロントポーチラージタイプで容量は1.1Lあります。ハンドル部分とステム部分をベルクロ式のベルトで簡単に取り付け取り外しができるフロントポーチ。どのようなサイクリストの方と相性が良いのか。実際に試用してみてフロントポーチの特徴を紹介したいと思います。

ハンドル付近のデッドスペースを有効活用

R250フロントポーチ取り付けイメージ
バイクパッキングという概念がロードバイクの世界に登場してから、大型サドルバッグやフレームバッグ、フロントバッグ、トップチューブバッグとロードバイクを走らせる時に邪魔にならないスペースには様々なバッグを開発して色々なメーカーからロードバイク用のバッグがリリースされています。ワールドサイクルではこのバイクパッキングという概念からロードバイクのスペースを有効活用する上でハンドルとステムの間のデッドスペースに目を付けてステムバッグというものを開発するに至ったそうです。ハンドルとステムの間は確かに余り使われないスペースで、ここに何か収納するスペースがあったら便利です。そしてこのデッドスペースはステムを挟んで左右に2箇所あります。この2箇所のデッドスペースを有効活用するためステムバッグを左右に2箇所取り付けられるポーチを開発しました。それが今回紹介するR250フロントポーチです。

シティライドやクロスバイクに最適

R250フロントポーチ取り付けイメージ2
実際に試用してみて感じたのは、街乗りのシティライドやクロスバイクのようなフラットバーのハンドルの自転車に、このフロントポーチは非常にマッチしそうです。街乗りでペットボトルのドリンクをそのままフロントポーチに入れて信号待ち等で簡単に取り出してドリンクを飲む事ができます。またフラットバーのクロスバイクですとロードバイクのようにフラット部分を握る事がないので、フロントポーチが邪魔になりません。ロードバイクの場合ヒルクライムで楽な姿勢で上るためにハンドルのフラット部分を握る時があり、ハンドルのフラット部分を握ると人によってはフロントポーチが邪魔に感じてしまうかもしれません。試用したフロントポーチがラージタイプで容量が大きくサイズも大きいのでハンドルのフラット部分まで干渉してしまうためだと思いますが、フロントポーチの通常サイズですとまた使い勝手は変わってくると思います。

バイクパッキングと相性が良い

フロントポーチの有用性についてはバイクパッキングと相性が良いと思います。バイクパッキングは大型のサドルバッグにフレームバッグ、そしてハンドルの前にフロントバッグを取り付けて大容量の収納スペースをロードバイクに確保することにあります。その時ロードバイクはフレームバッグでボトルケージからボトルが取り出す事ができない状態になるため、このフロントポーチの有用性が一気に上がります。このフロントポーチにボトルを入れておく事で、バイクパッキングスタイルのロードバイクでもフロントポーチにボトルを収納しておく事でドリンクの補給を簡単に行う事ができます。

ドリンクの他にも補給食等を収納する

フロントポーチの有用性としてはドリンクを入れたボトルを収納する他にも、補給食等を収納するスペースとして活用する事もできます。補給食は主にジャージの背中のポケットに収納する事が多いと思いますがフロントポーチを活用する事で補給食の収納スペースも複数用意する事ができます。また、長距離ツーリングでロードバイクで旅行等をしている方はフロントポーチの中にコンデジのカメラ等を収納しておく事でツーリング中に見た綺麗な景色をすぐにカメラを取り出して写真に収める事ができる等、使い方は色々とありご自分の自転車を使用する環境に応じて臨機応変に活用する事ができるのが魅力です。

R250フロントポーチラージを試用してみて

ワールドサイクルのフロントポーチは、使用する方のロードバイクの環境に合わせて様々なものを収納する事ができる非常に柔軟性の高いバッグです。シティライド等の場面ではペットボトルのままドリンクを収納するためのスペースとして、バイクパッキングスタイルの時にはボトルケージが使えない時のためのボトルホルダーとして、自転車ツーリングの時には補給食やコンパクトデジカメ等を収納する等色々な使い方ができます。また、トップチューブバッグと違ってハンドルとステムのデッドスペースにポーチを取り付ける事で、シッティングのペダリングやダンシング中のペダリングを邪魔する事もありません。ロードバイクで主に街乗りでライトに乗る方やクロスバイクでハンドルスペースにちょっとしたドリンクホルダーが欲しい方、バイクパッキングスタイルで自転車旅行する方にはおすすめの収納スペースとなるポーチです。気になった方はぜひチェックしてみてください。

ちょっとした停車時間でも、携帯食やボトル、スマホやカメラをさっと取れる便利なポーチストラップとストラップ通しの素材を見直し、より丈夫にバージョンアップ(2018/4/28)ステム、ハンドル、フォークの3点にがっちり留めることができます。トップチューブバッグのようにダンシングしたとき膝が当たることもありません。こんなところにこんな有効な収納スペースが残っていたとは、驚きです。コードを下方向に強く引っ張ることでコードを固定し、蓋をしっかり閉めることができます。これでカメラ等、中のものを落とす心配がありませ...


更に大型に、ちょっとした停車時間でも、携帯食やボトル、スマホやカメラをさっと取れる便利なポーチワンタッチで口紐を閉じることができます。2タッチで開くことができます。底のストラップは確実に固定しておいてください。ステム、ハンドル、フォーク(ヘッドチューブ)の3点にがっちり留めることができます。トップチューブバッグのようにダンシングしたとき膝が当たることもありません。こんなところにこんな有効な収納スペースが残っていたとは、驚きです。コードを下方向に強く引っ張ることでコードを固定し、蓋をしっかり閉める...


ワールドサイクルからバイクパッキングの入門に最適なR250サドルバッグが発売されました。容量は14Lのラージと10Lのスモールをラインナップ。ブルベやツーリングでバイクパッキングに興味がある方はチェックしてみてください。


ワールドサイクルから2017年7月に新発売された防水大型サドルバッグの実力は如何に。バイクパッキングが流行の兆しがあるなか日本国内でもバイクパッキング用大型サドルバッグが発売されました。製品概要から防水テストや試走まで徹底レビューします。


ワールドサイクルから発売中のドラム型フロントバッグを試用レビューします。バイクパッキングの浸透で大型サドルバッグやフレームバッグが注目される中ワールドサイクルからもバイクパッキングの思想を取り入れたフロントバッグをリリースしています。


ワールドサイクルから発売中の防水スマートライドポーチの実力は如何に。ブルベカード入れにもなるこの財布気になっている方も多いのではないでしょうか。今回スマートライドポーチを徹底的にテストしてみました。


ワールドサイクルから発売中のR250ツールケーススリムロングタイプを試用レビューします。ヴィットリアのツールケースに比べて容量30%アップ。携帯ポンプも収納できる長さで収納するアイテムは工夫次第で色々収納できる便利なツールケースです。

関連記事

  1. エントリーグレードのカーボンクリンチャーホイール

    エントリーグレードのカーボンクリンチャーホイール

  2. ブルベ用サイクルウェアアイキャッチ

    ブルベ用のサイクルウェアを考える

  3. モンベルコンパクトリンコウバッグアイキャッチ

    輪行袋はモンベルのコンパクトリンコウバッグが便利

  4. パールイズミのバックパック

    パールイズミがサイクリング用バックパックを発表

  5. Garmin EDGE 820J

    Garmin EDGE 820Jのソフトウェアアップデートの方法

  6. バイクパッキング大型サドルバッグアイキャッチ

    バイクパッキング大型サドルバッグの選び方

  7. ブルベでの補給と休憩の仕方を考える

    ブルベでの補給と休憩の仕方を考える

  8. ピレリからロードバイク用クリンチャータイヤが新発売

    ピレリからロードバイク用クリンチャータイヤが新発売

  9. ろんぐらいだぁす!高宮紗希のロードバイクの装備がすごいことに

    ろんぐらいだぁすの高宮 紗希のロードバイクの装備がすごいことに

特集記事

  1. WordPressにおける投稿ページと固定ページの違い WordPressにおける投稿ページと固定ページの違い
  2. ワールドサイクルのR250防水大型サドルバッグラージ試用レビュー ワールドサイクルのR250防水大型サドルバッグラージ試用レビュー
  3. ギアチェンジする時はケイデンスを意識する事で無駄がなくなる ロードバイク目的別おすすめクリンチャータイヤ
  4. ワールドサイクルのR250フロントポーチラージ試用レビュー ワールドサイクルのR250フロントポーチラージ試用レビュー
  5. ブルベの完走メダル ブルベとは何か
  6. WordPressをインストールして最初にやるべき初期設定アイキャッチ WordPressをインストールして最初にやるべき初期設定
  7. Let's Encryptアイキャッチ Let’s Encrypt-無料SSLサーバー証明書をSSL BOX…
  8. Garmin EDGE 820J Garmin EDGE 820Jアクティビティデータ表示項目の設定
  9. カラーパーツでロードバイクをカスタムして個性を強調 カラーパーツでロードバイクをカスタムして個性を強調
  10. ブルベにエントリーするアイキャッチ ブルベにエントリーする

PICK UP記事

  1. ロードバイク初心者が最初に変えるべきパーツとは何か ロードバイク初心者が最初に変えるべきパーツとは何か
  2. ワールドサイクルスマートポーチアイキャッチ ブルベカード入れにもなる財布一体型ポーチがワールドサイクルから発売
  3. ヘブンウィークブルベアイキャッチ AJ神奈川主催のヘブンウィークブルベ-イザベラ・バードBRM503
  4. 修善寺伊豆急下田-サイクルスポーツ聖地の旅コース 修善寺伊豆急下田-サイクルスポーツ聖地の旅コース
  5. シマノアルテグラコンポーネント シマノアルテグラと105コンポーネント徹底比較
  6. 新型アルテグラ8000系の情報 新型アルテグラ8000系の情報がリーク
  7. パールイズミのバックパック パールイズミがサイクリング用バックパックを発表
  8. カーマーからフラッグシップモデルDITROが登場
  9. カラーパーツでロードバイクをカスタムして個性を強調 サドル沼にハマる前にレンタルサドルを試してみる
  10. ORTRIEBサドルバッグLスレートアイキャッチ ORTLIEB(オルトリーブ)のサドルバッグはブルベの装備の定番に納得

Twitter

最近の記事

  1. ろんぐらいだぁす!ツーリングガイド
  2. ORTRIEBサドルバッグLスレートアイキャッチ
  3. ろんぐらいだぁす!高宮紗希のロードバイクの装備がすごいことに
  4. 女性が参加しやすく楽しめるサイクルイベントシクロクエスト
  5. サプリメントを活用してパフォーマンスアップ
  6. インドアトレーニングにおすすめのサイクルトレーナー
  7. 冬場のオフトレーニングのすすめ
  8. 新型アルテグラ8000系の情報
  9. ブルベエントリー情報一覧
  10. ブルベエントリー情報一覧

おすすめ記事

  1. ディスクロードバイクのメリットとは
  2. WordPressSSL化アイキャッチ
  3. ロードバイクのハンドルポジションの決め方
  4. トレンドはショートクランク?クランク長の選び方
  5. サイクルコンピュータアイキャッチ
  6. カラーパーツでロードバイクをカスタムして個性を強調
  7. Garmin EDGE 820J
  8. 女性が参加しやすく楽しめるサイクルイベントシクロクエスト
  9. TCD IZM WordPressのテーマアイキャッチ
  10. 消耗品の交換時期を見極める-タイヤ編
PAGE TOP