注目の記事 PICK UP

LastPass-アカウント情報管理クラウドサービス

LastPassというパスワード管理サービスが便利だった

LastPassパスワード管理サービスヘッダ
LastPassというクラウド上であらゆるアカウント・パスワード情報を保存してくれるサービスを紹介します。
ネットバンキングやネット通販が生活の一部となり色々活用していると、大変になってくるのが各ネットサービスのアカウントとパスワードの情報の管理ではないでしょうか。

このLastPassのサービスを使うとあらゆるデータを安全に暗号化してクラウド上で情報を保存してくれます。
これまでパソコンのテキスト等に各ネットサービスのアカウント・パスワード情報を保存していた人もこのLastPassを利用することで安全にしかもメインのパソコンの他、サブのノートパソコンやスマホからもアカウント情報にアクセスすることができて利便性が向上します。

LastPassの使い方

LastPassの使い方について説明します。
まずはLastPassのサイトにアクセスしてアカウントを作成しましょう。
このLastPassで作成するアカウントがあなたが最後に覚えるべきアカウント情報になります。

LastPass
https://www.lastpass.com/

LastPass Freeを入手する

Google Chromeブラウザでアクセスして画面右上「LastPass Freeを入手」ボタンを押します。ChromeブラウザにLastPassの拡張機能をインストールしますという案内がでます。このChromeの機能拡張をインストールしたらアカウント作成ができますのでインストールします。

LastPassのアカウント作成

アカウント登録にはメールアドレスとマスターパスワードだけ必要です。
マスターパスワードは他人に推測されにくくて、かつ自分の覚えやすいパスワードを設定しましょう。
リマインダーは万が一マスターパスワードを忘れてしまった時に思い出せるキーワードやマスターパスワードに関連する用語を登録します。

LastPassではマスターパスワードは一度設定するとパスワードを忘れてしまった時に登録したメールアドレスにパスワード変更等の手続きはあえてしない仕様にしています。

このマスターパスワードだけはランダムな文字列で覚えにくいパスワードではなくある程度自分だけが思い出しやすいパスフレーズを設定する必要があります。

メールアドレスとマスターパスワードを設定したら、LastPassのサービス規約とプライバシーポリシーに同意するにチェックを入れて続行してLastPassのアカウントを取得します。

LastPassの保存形式

LastPassのアカウント・パスワード保存はネット通販サイトの一般的なネットサービスのアカウント情報からGmailのメールアカウント情報やクレジットカード情報・銀行口座まで様々なフォーマットを指定して情報を保存することができます。

  • サイトを追加:ネット通販等のアカウント名とパスワードをフォームに入力する形式
  • セキュアノートを追加:メモ形式からノートの種類を変更することで銀行座・クレジットカード・データベース・メールアカウント・サーバーアカウント・WiFi設定等様々なフォーマットに対応
  • 新しくフォルダを追加する:フォルダを追加することでネット通販やネットバンキングといったカテゴリーに分けてアカウント情報を整理できます

ネット通販サイト等にアクセスするとLastPassが自動で情報を保存してくれる

例えばAmazonのサイトのサインイン画面でアカウント情報を入力してログインすると、ブラウザ上部にLastPassに今入力したログイン情報を保存しますか?という画面がでます。「サイトを保存する」ボタンを押すと、ログインする画面のURLとユーザー名・パスワードの他、サイト名や備考欄を入力して保存することができます。

WEBサービスでユーザー名とパスワードを入力する多くのサービスはこのような方法で自動的にLastPassにサイト情報を保存させることができます。

自動で保存できない場合は手動でLastPassに「サイトを追加」をクリックして

  • URL:ログイン画面のURL
  • 名前:サイト名の情報
  • ユーザー名:アカウントのユーザー名
  • パスワード:アカウントのパスワード
  • フォルダ:アカウント情報を分類する時にフォルダを指定する
  • メモ:アカウント情報に関するメモ

上記内容を設定して保存します。
このような方法であらゆるアカウント情報をLastPassに保存していきましょう。

スマホ用アプリを入手してスマホでもLastPassを使う

LastPassは無料プランでもスマホアプリを提供していて、スマホでもアカウント情報を管理・閲覧・利用することができます。
iPhone用アプリならApp Storeから「Last Pass」で検索して「LastPass Password Manager」をダウンロードしましょう。

最初にメールアドレスとマスターパスワードを入力してログインすれば以降はアプリを起動するだけで、保管庫と呼ばれるLastPassの保存されたアカウント情報を閲覧・管理・利用できます。

サブノートパソコンでもLastPassを利用する

サブのノートパソコンにChromeがインストールされていれば、Chromeの設定を同期させることでChromeのLastPassの拡張機能がインストールされサブノートパソコンでも簡単にLastPassを利用することができます。
これで今までメインパソコン等に様々なアカウント情報をメモしたテキストを一々サブノートパソコンと同期するような煩わしい作業からも開放されます。

LastPassで様々なデバイスでアカウント情報を共有できます

LastPassは無料プランでも、スマホアプリからもアクセスすることができて今までメインPCでアカウント情報を管理していた人にはとても便利なサービスだと思います。
スマホでネット通販を利用する時にパスワードを忘れてしまったとしても、スマホのLastPassアプリでアカウント情報を閲覧してパスワードをコピーして、スマホのネット通販アプリ等にログインする時にペーストするだけでパスワードを入力できます。

また、サイトのログインURLとユーザー名・パスワードが保存されていればLastPassから「呼び出す」というリンクをクリックしただけで目的のサイトのログイン画面が表示されて、ユーザー名とパスワードは自動で入力された状態になりあとは「ログイン」ボタンを押すだけで簡単にログインできるようになります。

テキストファイルで色々なネットサービスのアカウント情報を保存・管理している人はぜひ一度LastPassのサービスを利用してみてください。

想像以上に便利すぎて今まで色々なアカウント情報の管理から開放されてネットを活用するのがますます便利になることでしょう。

最後に一つマスターパスワードだけは他人に推測されにくく自分が絶対に忘れないパスワードを設定してください。

参考になったらぜひシェアしてください。

関連記事

  1. WordPress(ワードプレス)アイキャッチ

    WordPressのリビジョンを削除・管理してデータベースを最適化するプラグイン

  2. WordPressにおける投稿ページと固定ページの違い

    WordPressにおける投稿ページと固定ページの違い

  3. お名前.comアイキャッチ

    お名前.comで取得したドメインのDNS設定をする-CORESERVER編

  4. BizVektor(ビズベクトル)SEO対策万全の大規模サイト向け無料テーマアイキャッチ

    BizVektor(ビズベクトル)SEO対策万全の大規模サイト向け無料テーマ

  5. WordPress(ワードプレス)アイキャッチ

    WordPress(ワードプレス)はブログサイト構築システム

  6. Let's Encryptアイキャッチ

    Let’s Encrypt-無料SSLサーバー証明書をSSL BOXで取得する

  7. レンタルサーバー増強に伴うWEBサイト一時停止のお知らせ

    レンタルサーバー増強に伴うWEBサイト一時停止のお知らせ

  8. Google Language Translatorを使ってプチ多言語サイト化してみた

    Google Language Translatorを使ってプチ多言語サイト化してみた

  9. AMP対応とGoogleアナリティクスとGoogleアドセンスの設定方法

    AMP対応とGoogleアナリティクスとGoogleアドセンスの設定方法

特集記事

  1. ワールドサイクルのR250防水スマートライドポーチ試用レビュー ワールドサイクルのR250防水スマートライドポーチ試用レビュー
  2. Google Language Translatorを使ってプチ多言語サイト化してみた Google Language Translatorを使ってプチ多言語サイト化し…
  3. 2017年予算20万円のロードバイクアイキャッチ 2017年版予算20万円で買えるロードバイク
  4. ワールドサイクルのR250ツールケーススリムロングタイプ試用レビュー ワールドサイクルのR250ツールケーススリムロングタイプ試用レビュー
  5. TCDのおすすめテーマ一覧 TCDのおすすめテーマ一覧
  6. WordPressテーマアイキャッチ オウンドメディアブロガー向けWordPress厳選有料テーマ
  7. バイクパッキング大型サドルバッグアイキャッチ バイクパッキング大型サドルバッグの選び方
  8. ロードバイクのホイールアイキャッチ ロードバイクのホイール
  9. WordPressをインストールして最初にやるべき初期設定アイキャッチ WordPressをインストールして最初にやるべき初期設定
  10. ギアチェンジする時はケイデンスを意識する事で無駄がなくなる ロードバイク目的別おすすめクリンチャータイヤ

PICK UP記事

  1. ワールドサイクルのR250防水大型サドルバッグラージ試用レビュー ワールドサイクルのR250防水大型サドルバッグラージ試用レビュー
  2. Garmin EDGE 820J Garmin EDGE 820Jアクティビティデータ表示項目の設定
  3. ブルベエントリー情報一覧 ブルベエントリー情報一覧10月開催
  4. ヘブンウィークブルベアイキャッチ AJ神奈川主催のヘブンウィークブルベ-イザベラ・バードBRM429
  5. CATEYE VOLT 800アイキャッチ ロードバイクのヘッドライトにVOLT 800をおすすめする理由
  6. パールイズミのバックパック パールイズミがサイクリング用バックパックを発表
  7. ロードバイクにおすすめの小さめなサドルバッグ10選 ロードバイクにおすすめの小さめなサドルバッグ10選
  8. ブルベ用サイクルウェアアイキャッチ ブルベ用のサイクルウェアを考える
  9. ブルベにおすすめのアルミクリンチャーホイール ブルベにおすすめのアルミクリンチャーホイール
  10. ロードバイク初心者が最初に変えるべきパーツとは何か ロードバイク初心者が最初に変えるべきパーツとは何か

おすすめ記事

  1. 3つ目のボトルケージ ELITE VIPボトルケージクリップ
  2. ミドルグレードのロードバイクの賢い買い方選び方
  3. 冬場のオフトレーニングのすすめ
  4. 2018年版予算20万円で買えるロードバイク
  5. ピレリからロードバイク用クリンチャータイヤが新発売
  6. ロードバイクの洗車プレクサス
  7. 尾根幹からロングコース-道志みち箱根てんこ盛り
  8. ロードバイクトレーニングの基礎の基礎
  9. ロードバイクのおすすめヘルメットブランド

Twitter

最近の記事

  1. 女性が参加しやすく楽しめるサイクルイベントシクロクエスト
  2. ブルベエントリー情報一覧
  3. ブルベエントリー情報一覧
  4. ブルベエントリー情報一覧
  5. ブルベエントリー情報一覧
  6. ブルベエントリー情報一覧
  7. ブルベエントリー情報一覧
  8. ブルベエントリー情報一覧
  9. ブルベエントリー情報一覧
  10. 2018年版予算20万円で買えるロードバイク

人気記事

  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP
Translate »