注目の記事 PICK UP

ミドルグレードのロードバイクの賢い買い方選び方

今注目のミドルグレードのロードバイク

ミドルグレードのロードバイクの賢い買い方選び方
完成車で30万円を超えるクラスのロードバイクになると、乗り出し時のクオリティも高く、パッケージとしての完成度も高くなります。メインのコンポーネントもシマノの105・アルテグラが付くので、基本的には不満のないものが手に入ります。

購入者のロードバイクでこんなことをしてみていという欲求を、ロードバイクの性能が足を引っ張ることはほとんどありません。でも、完成しきっているわけではないので、あとからカスタムアップして自分好みに仕上げる余地も残されています。一つ下の価格帯になると、フレームが良くてもコンポやパーツがかなり粗っぽくなってしまう傾向があります。

ミドルグレードならでは美点

メーカーによって違いはありますが、ハイエンドモデルは尖った味付けがされており、クセがあって扱いづらいものも多々あります。対してミドルグレードの完成車は万能で扱いやすく仕上げられているモデルが多いです。尖っていないからこそ、あとからホイールを換える等して自分の走りの好みに持っていきやすいです。これはミドルグレードならではのメリットです。

ミドルグレードのフレーム

ミドルグレードのフレームは肉厚も確保されているので、ハイエンドフレームに比べると多少は衝撃に強くなっています。そういう点も含めて、現在のミドルグレードはユーザーの使い方に合っているモデルが増えてきていると思います。中には、軽くてソリッドでカンカンに反応するトップモデルより、じっくり踏めてグイグイ力をかけられるミドルグレードの方が脚に合うという人もいます。

ミドルグレードは今が買い時

予算に余裕があったとしても、あえてミドルグレードを買うという選択肢もあります。
ミドルグレードはメーカー間の競走が激しく、ユーザーのシビアな要求にさらされる価格帯です。しかも今はミドルグレードの完成度がその上下の価格帯の売上も左右する時代です。ミドルグレードの完成車のデザイン、雰囲気、クオリテイ、インプレの評価などを見て、もっと出せる人は30万円台でこんなにいいのだからハイエンドは間違いないはずと判断しますし、ミドルグレードに魅力を感じたエントリー層は、予算にあったエントリーモデルに着地します。コマーシャル効果の高い価格帯がミドルグレードであり、そこでそっぽ向かれたら上下のラインナップがダダダッと崩れる可能性が高いです。そういう事情もあってミドルグレードに力を入れているメーカーは間違いなく多いです。だから、今はこの価格帯が最もコストパフォーマンスが高い=良いものが安く買えるのです。

ミドルグレードで見るポイント

今のミドルグレードにはあらゆるジャンルのモデルがあります。コンペティションロード、コンフォートロード、メーカーによってはエアロロードまで選べます。最近はディスクロードの完成車まであります。しかも全ジャンル粒ぞろいです。選り取りみどりです。
ミドルグレードの完成車でまず見るポイントはフレームです。フレームは最も換えのきかない部分なのでフレームの良し悪しを重要視します。コンポやホイール等スペックを気にされる方も多いと思いますが、良いホイールが入っているから等という選び方では幸せにはなれません。フレームとフォークにどれだけコストをかけているかが大事です。スプロケット、チェーン、ブレーキ、クランクがコストダウンの対象になりやすいですが、このパーツがしょぼい、こんなところでコストダウンしている、アルテグラが付いていない、と欠点を探すのではなく、フレームとフォークにどれだけ力が入っているかというところに注目したほうがいいでしょう。
フレームとフォークにコストをかけているメーカーほど、価格の帳尻を合わせるためにパーツでコストダウンしていることが多いのです。

パーツでコストダウンするのには理由があった

悪印象になりやすいパーツでのコストダウン。しかしそれには理由がありました。だからパーツのグレードが低くても、サードパーティ製のパーツが入っていても、ダメな完成車とは言い切れません。フレームとフォークにコストをかけていいものを作り、競合他社に合わせるために泣く泣くパーツで妥協しているというケースも多いからです。だから、カタログスペックにとらわれてはいけません。フレームとフォークにどれだけコストを割いているのかを判断するのは難しいという人は、プロショップに相談するのがおすすめです。
ブレーキやクランクでコストダウンしているとイメージは悪いけど、それにはきちんとした理由があって、良いところが他にあるのです。実はそういうモデルこそがおいしかったりするものです。

ハイエンドとミドルグレードの違い

ミドルグレードはハイエンドモデルよりフレーム素材(カーボン)のグレードを下げているため、剛性が低く重量が増していることが大半です。しかし、それが扱いやすさや耐久性の高さといったメリットになっていることも多いです。上位グレードと同じフレーム形状のミドルグレードもありますが、メーカーによっては独自設計のものもあります。

フォークもしっかりと作ってあるかチェック

フロントフォークで手抜きしているメーカーもないではないですが、それほど多くありません。30万円台になるとしっかりと作ってあるモデルが多いです。中にはミドルグレードとハイエンドモデルでフォークを共有しているモデルもあります。

コンポーネントに注目

搭載されるコンポーネントはシマノの105かアルテグラがメインになります。以前より上位グレードのデュラエースより性能差は縮まっていますし、変速段数もデュラエースと同じ11速。アルテグラ完成車でもスプロケットは105というケースもありますが、それほど性能差はありません。

パーツのコストダウンは悪い事ばかりではない

ブレーキ、クランク、チェーン等にシマノ無印パーツやサードパーティ製の製品を使ってスペックダウンしているモデルもありますが、パーツでコストを下げているモデルほどフレームとフォークにコストを割いている傾向にあります。パーツでコストダウンしているからと候補から外すのはもったいないです。

2017年ミドルグレードのロードバイク

30万円台のミドルグレードの完成車をピックアップします。
20万円以下のエントリーグレードと比べると明らかに違いがわかると思います。

GIANT TCR ADVANCED PRO 1

GIANT TCR ADVANCED PRO 1
2016年にフルモデルチェンジしたジャイアントのレーシングモデルTCRのセカンドグレードです。メインコンポーネントはシマノのアルテグラ(チェーンはKMC)、ホイールはジャイアントのカーボンクリンチャーSLR1というそのままでもレースに出られるスペックながら、価格は33万円に抑えられています。

GIANT TCR ADVANCED PRO 1
フレーム:アドバンスドグレードコンポジット
フォーク:アドバンスドグレードコンポジット
コンポーネント:シマノアルテグラ
ホイール:ジャイアント SLR1カーボンクリンチャー
タイヤ:GIANT GAVIA SL 700x25C TUBELESS READY
サドル:GIANT CONTACT SL FORWARD
重量:6.9kg(470mm)
価格:33万円(税抜き)

RIDE LIFE. RIDE GIANT. わたしたちGIANTは、魅力的で幅広い製品ラインナップを通じて、世界中の人々を自転車というすばらしい冒険へと駆り立ててまいります。

PINARELLO GAN S

PINARELLO GAN S
2016年登場のGANシリーズの次男GAN Sです。フラットバック形状やオンダF8フォーク等の形状はフラッグシップドグマF8に酷似していますが、別設計になっています。メインコンポーネントはシマノの105とアルテグラが用意されています。ブレーキやクランクは105の場合はシマノのグレード外製品がアッセンブルされます。

PINARELLO GAN S
フレーム:HighStrength Carbon T700 12K
フォーク:ONDA F8 T700 1″1/8-11/2 インテグラル/アシンメトリック
コンポーネント:シマノ105 or アルテグラ
ホイール:シマノ RS010
サドル:フィジーク・アリアンテ R7
重量:8.06kg(46.5SL)
価格:37万円(シマノ105 税抜き)

WILIER TRIESTINA GTR-SL

WILIER TRIESTINA GTR-SL
ウィリエールの定番のエンデュランスモデルです。GTRの金型を用いてカーボン素材のグレードを上げて、キレのある走りを目指したモデルです。フレーム販売に加えて3種類の完成車が設定されています。イタリアらしいカラーリングも魅力です。

WILIER TRIESTINA GTR-SL
フレーム:60T/46Tカーボン(メカニカル/Di2兼用)
フォーク:カーボン
コンポーネント:シマノ105 or アルテグラ or デュラエースMIX
ホイール:シマノ WH-RS010 or WH-RS11
重量:8.06kg(Sサイズ)
価格:34万円(シマノ105 税抜き)

MERIDA SCULTURA 6000

MERIDA SCULTURA 6000
モデルチェンジしたばかりの万能モデルである、スクルトゥーラのセカンドグレードです。フレームはプロチームに供給されているものと同じです。プロユースフレームをアルテグラでまとめたお買い得完成車として注目を集めています。

MERIDA SCULTURA 6000
フレーム:Scultura CF2 [PF86]
フォーク:Road carbon Race
コンポーネント:シマノアルテグラ
ホイール:Fulcrum Racing Expert
タイヤ:Continental Grand Sport Race 25 fold
サドル:Prologo Kappa 3
重量:7.9kg(50cmサイズ)
価格:29.9万円(税抜き)

MTBやROADなどスポーツバイクのエントリーモデルからワールドカップを戦うレーシングバイクまで手掛けるメリダ -MERIDA- の日本公式ホームページ

TREK EMONDA SL6

TREK EMONDA SL6
トレックの最軽量モデルのEMONDAのセカンドグレードモデルです。基本設計はトップモデルのエモンダSLRと同じですが、フレーム素材はOCLV500カーボンとなっています。メインコンポーネントにはシマノアルテグラが採用されていてホイールにはボントレガーのチューブレスモデルがアッセンブルされています。

TREK EMONDA SL6
フレーム:Ultralight 500 Series OCLV Carbon, ride-tuned performance tube optimization, E2 tapered head tube, BB90, internal cable routing, DuoTrap S compatible, Ride Tuned seatmast
フォーク:Emonda full carbon, carbon E2 tapered steerer
コンポーネント:シマノアルテグラ
ホイール:Bontrager Race Tubeless Ready
タイヤ:Bontrager R2 Hard-Case Lite, aramid bead, 700x25c
サドル:Bontrager Montrose Comp
重量:7.43kg(56cmサイズ)
価格:33.9万円(税抜き)

現在のミドルグレードロードバイクの総括

昔のミドルグレードのロードバイクには個性が無かったと言われましたが、カーボンフレームの成熟度が上がってミドルグレードでも個性が出せるようになってきたと言えるのかもしれません。ミドルグレードにはハイエンドとは違った楽しさがあります。ハイエンドじゃないと楽しめないというのは昔の話です。
ハイエンドは買えないからというネガティブなマインドでミドルグレードを選ぶ必要はありません。
現在のミドルグレードは性能的に相当高いレベルにあります。ハイエンドにかなり近づいています。相当いいものを手にしていると思っていいと思います。
ミドルグレードとハイエンドの価格差は4倍~5倍ですが、性能差はそんなにありません。人間は上が見えているとどうしても背伸びをしたくなってしまう生き物ですが、今のミドルグレードにそんな必要はありません。今のミドルグレードのロードバイクは自動車で例えるなら3000万円クラスのスポーツカーに乗っているようなものです。自転車界のフェラーリに乗っているんだ、そういう感覚で乗って欲しいと思います。
今はミドルグレードのために、ハイエンドの設計思想を受け継ぎつつも独自設計して、同じ金型を使いまわすようなことはしていません。ミドルグレード用に再設計された立派な地位を確立しています。エントリーグレードからステップアップする方も、ハイエンドの決戦用を持っていて普段練習用としてもう一台欲しいという方もミドルグレードの特徴を良く理解してミドルグレードの良さを理解して、ぜひミドルグレードのロードバイクを手にいれてください。

参考になったらぜひシェアしてください。

関連記事

  1. 宮澤崇史さんがお尻が痛くならない正しい乗車姿勢を解説

    宮澤崇史さんがお尻が痛くならない正しい乗車姿勢を解説

  2. インドアサイクリングZWIFTを始めるのに必要なもの

    インドアサイクリングZWIFTを始めるのに必要なもの

  3. 修善寺伊豆急下田-サイクルスポーツ聖地の旅コース

    修善寺伊豆急下田-サイクルスポーツ聖地の旅コース

  4. ピナレロ2018年ニューモデル発表会-GANシリーズ

    ピナレロ2018年ニューモデル発表会-GANシリーズ

  5. 冬場のオフトレーニングのすすめ

    ロードバイクのメンテナンス時にやっておきたいアップグレード

  6. 霞ヶ浦一周-ロードバイク初心者におすすめの一周コース

    霞ヶ浦一周-ロードバイク初心者におすすめの一周コース

  7. シマノアルテグラコンポーネント

    シマノアルテグラと105コンポーネント徹底比較

  8. 尾根幹からロングコース-道志みち箱根てんこ盛り

    ヤビツ峠-ロードバイク乗り人気の峠

  9. Garmin EDGE 820J

    Garmin EDGE 820Jナビゲーション機能の使い方

特集記事

  1. WordPressをインストールしたら最初に入れるプラグインアイキャッチ WordPressをインストールしたら最初に入れるプラグイン
  2. ロードバイクの平均時速30kmに壁を突破する方法 ロードバイク平均時速30kmの壁を突破する方法
  3. ワールドサイクルのR250ドラム型フロントバッグ試用レビュー ワールドサイクルのR250ドラム型フロントバッグ試用レビュー
  4. 3つ目のボトルケージ ELITE VIPボトルケージクリップ ブルベの装備-ロードバイク初心者が辿り着いたブルベ用装備
  5. WordPress(ワードプレス)アイキャッチ WordPressのリビジョンを削除・管理してデータベースを最適化するプラグイン…
  6. Garmin EDGE 820J Garmin EDGE 820Jアクティビティデータ表示項目の設定
  7. バイクパッキングの入門にピッタリ-ワールドサイクルからR250サドルバッグ発売 バイクパッキングの入門にピッタリ-ワールドサイクルからR250サドルバッグ発売
  8. Garmin EDGE 820J Garmin EDGE 820Jに海外の地図を入れて海外ブルベに使う方法
  9. Garmin EDGE 820J Garmin EDGE 820Jのソフトウェアアップデートの方法
  10. ワールドサイクルのR250サイクル反射ベスト試用レビュー ワールドサイクルのR250サイクル反射ベスト試用レビュー

PICK UP記事

  1. ブルベエントリー情報一覧 ブルベエントリー情報一覧2018年8月開催
  2. ZOFFアスリートロゴアイキャッチ ZOFFアスリートの調光レンズ度付きスポーツアイウェア
  3. ワールドサイクルのR250ドラム型フロントバッグ試用レビュー ワールドサイクルのR250ドラム型フロントバッグ試用レビュー
  4. CATEYE VOLT 800アイキャッチ ロードバイクのヘッドライトにVOLT 800をおすすめする理由
  5. ロードバイクのおすすめヘルメットブランド カーマー(karmor)-リアルアジアンフィットのキノコ頭にならないヘルメット
  6. ロードバイク用度付き対応のスポーツアイウェア ロードバイク用度付き対応のスポーツアイウェア
  7. ろんぐらいだぁす!ツーリングガイド ろんぐらいだぁす!ツーリングガイド4が3月27日発売
  8. ろんぐらいだぁす!聖地巡礼 ろんぐらいだぁす!聖地巡礼-浦賀から片瀬江ノ島コース
  9. ワールドサイクルのR250おにぎりリフレクター試用レビュー ワールドサイクルのR250おにぎりリフレクター試用レビュー
  10. ロードバイク乗車時の具体的な呼吸法とは何か おすすめロードバイクプロショップ-多摩川サイクリングロード周辺

おすすめ記事

  1. 都民の森ヒルクライム
  2. 携帯ポンプ一挙徹底比較
  3. ピナレロ2018年ニューモデル発表会-GANシリーズ
  4. TCD IZMテーマアイキャッチ
  5. ワールドサイクルのR250サイクル反射ベスト試用レビュー
  6. Garmin EDGE 820J
  7. 消耗品の交換時期を見極める-タイヤ編
  8. スペシャライズドのプレミアムフィッティング販売システム
  9. ろんぐらいだぁす!ツーリングガイド
  10. お名前.comアイキャッチ

Twitter

最近の記事

  1. 女性が参加しやすく楽しめるサイクルイベントシクロクエスト
  2. ブルベエントリー情報一覧
  3. ブルベエントリー情報一覧
  4. ブルベエントリー情報一覧
  5. ブルベエントリー情報一覧
  6. ブルベエントリー情報一覧
  7. ブルベエントリー情報一覧
  8. ブルベエントリー情報一覧
  9. ブルベエントリー情報一覧
  10. 2018年版予算20万円で買えるロードバイク

人気記事

  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP
Translate »