注目の記事 PICK UP

トレンドはショートクランク?クランク長の選び方

ショートクランクが最新のトレンド?

トレンドはショートクランク?クランク長の選び方
ペダリングのパワーの入力点という重要な場所でありながら、中々正解にたどり着けないクランク長。どうやら最近、海外のレースシーンではショートクランクが流行の兆しがあるようです。何故ショートクランクが流行っているのか、その理由とクランク長の選び方について解説します。

クランク長とはそもそも何か

クランク長とは、クランクと呼ばれるフロントのペダル部分のボトムブラケットと呼ばれるフロントクランクをフレームに取り付ける部分の中心から、ペダル取り付け部の中心までの距離を指します。日本では170mmから172.5mm、欧米では172.5mmから175mmがスタンダードです。日本で販売されているロードバイクの完成車の多くは170mmから172.5mmのクランクが付いてきますが、本来は体型や乗り方によって変えるべきパーツになります。ポジションと同じで正解がないため、一度悩み始めると抜け出せないライダーも多いです。パーツメーカーは様々なクランク長をラインナップしていますが、170mm以上の長さしか作っていないメーカーも多く、悩みに拍車をかけています。

クランク長による影響を考えてみる

クランク長は身長の10分の1。回転型は短め、トルク型は長めがいい。クランクが短いとトルクがかからない。あの選手は170mmを使っているらしい、などなど。クランク長の選択方法については諸説あります。しかし、ここはひとまず冷静になって、クランク長がペダリングにどう影響するのか考えてみることにしましょう。

クランク長によるペダリングへの影響

クランク長は長ければ長いほど、小さい力でペダルを動かすことができるため、小さい力でペダリングして加速することができます。いわゆるテコの原理です。それは事実です。しかし、クランクが長くなればなるほど脚を大きく回さないといけなくなり、シューズの移動距離が長くなります。要するに脚の運動量が増えてしまうのです。
例えば170mmのクランクと175mmのクランクでは、ペダルが描く円の直径が1cmも変わってしまいます。1分間に100回転前後もペダルを回すロードバイクでは1cmの差は大きくなってきます。また、一見長いクランクは、テコの原理で大きな力が出るように見えます。しかし、その分大きな弧を描くことにより、力が上手くかけられなくなったり、骨盤がローリングして力を逃がすことになる事もあります。長すぎるクランクは、メリットよりもデメリットの方が大きいと考えられるようになりました。大切なのは最適長を選ぶことなのです。クランク長を見直せば、ペダリング効率が改善される可能性が高いのです。

ペダリングを速度で考える

最近、クランク長はケイデンスなどではなく、ペダルがどのくらいの速度で動くかという視点で判断すべきだと言われ始めました。同じケイデンスでも、クランクが長ければペダルの移動速度は速くなります。逆に言えば、同じペダル速度であれば、短いクランクのほうがケイデンスが高くなるということになります。
170mmのクランクをケイデンス90で回すとします。ペダルの移動速度をそのままにクランク長を165mmにすると、ケイデンスは93回転まで上昇します。要するに、同じケイデンスなら170mmクランクより165mmクランクの方がペダル速度が遅くて良いということであり、クランクが長ければ長いほど同じケイデンスを維持するには、脚を速く大きく動かさなければいけないということになります。
この同じケイデンスなら長いクランクは、脚をより速く大きく動かさなければならないというデメリットは、長いクランクは力をかけやすいというメリットを帳消しにしてしまうということが分かってきたのです。

ペダルの移動速度CPVとは

Circumferential Pedal velocityの略で、円周ペダル速度=ペダルが動く速度を意味します。
計算式は、C=ケイデンス・CL=クランク長(mm)・T=時間(Sec)
CPV=C×CL×2π/T
長いクランクのほうが、同じ時間あたりのペダル移動速度は大きい。
CPVが同じなら、クランクが短い方がケイデンスは高くなります。
CPVを同じにしてクランク長ごとにケイデンスを計算すると、
170mm=90rpmの時は
180mm=85rpm
165mm=93rpm
160mm=95rpm
155mm=102rpm
となり、クランク長が短いとケイデンスは高くなり、クランク長が長いとケイデンスは低くなります。

ペダルの移動速度でクランク長を考える

今までは定説として、身長の約10分の1の長さがクランク長として適切とされてきました。しかし、そうすると身長が180cmの人は180mmの長いクランクが適切ということになりますが、現在主流のクランク長は日本では170mmから172.5mmで、日本人の平均身長が伸びてきたといっても身長180cmの人が、クランク長180mmのロードバイクに乗っているという話はほとんど聞きません。海外レースシーンを中心に、ペダリングも踏むペダリングから高回転で回すペダリングが主流になり、それに伴ってクランク長の考え方も見直されてきたのだと言えます。身長と股下を計測して完成車のロードバイクを購入したけど、果たしてその完成車に付属しているクランクは自分にとって適切な長さなのでしょうか。自分に合ったクランク長を考え直す良い機会なのかもしれません。

骨盤の安定性と柔軟性がポイントクランク長の選び方
最新のトレンドはショートクランク。しかし短すぎてもペダリング効率は悪くなります。クランク長を選ぶ時のポイントは骨盤が安定してペダリングできる事と骨盤の柔軟性です。骨盤を基準にしたクランク長の選び方を解説します。


クランク長のセルフチェックとクランク交換のQ&A
クランク長交換はプロのフィッターに見てもらうのが最善ですが、自分の事は自分で面倒をみたいという方のためにクランク長のセルフチェック方法とクランク交換にまつわるQ&Aを解説します。


ペダリング時の筋肉の働きを理解して意識することで変わる
ロードバイクのペダリングで普段からこの筋肉を使うなんて意識している方は少ないと思います。ペダリング時に働く筋肉の役割を理解してペダリング時に効率よく筋肉を使う事を意識することでペダリング効率が良くなります。


ペダリング動作を正確に行う神経トレーニング
ロードバイクのペダリングスキル向上は永遠のテーマです。本記事ではロードバイク初心者からベテランの方までペダリングスキルを向上させるトレーニングを解説します。ペダリングスキル向上のトレーニングをして今までよりより速く遠くへ走りに出かけましょう。


ペダリングトレーニング最終奥義ハイパワーペダリング
ロードバイクのペダリングトレーニング最後はハイパワーペダリングトレーニングです。全ての力をペダルに伝達することからキネティックチェーン(運動連鎖)トレーニングといいます。このペダリングをマスターすれば自分史上最高のパワーを手にすることができるでし...


サドルの位置によって使う脚の筋肉が変わる
サドルの位置を調整することでも使う脚の筋肉が変わってきます。サドルの高さと前後の位置を自分のライディングに合わせて調節することで効率よく脚の筋肉を使うことができるようになります。

関連記事

  1. ロードバイクのハンドルポジションの決め方

    ロードバイクのハンドルポジションの決め方

  2. PBP パリ・ブレスト・パリ

    ブルベの最高峰パリ・ブレスト・パリ(PBP)の完走動画紹介

  3. ディスクロードバイクの基本的知識

    ディスクロードバイクの基本的知識

  4. ブルベでの補給と休憩の仕方を考える

    ブルベでの補給と休憩の仕方を考える

  5. サプリメントを活用してパフォーマンスアップ

    サプリメントを活用してパフォーマンスアップ

  6. ロードバイクのサドルポジションの決め方

    ロードバイクのサドルポジションの決め方

  7. ヒルクライムを楽に登るハンドルの握り方とペダリング

    ヒルクライムを楽に登るハンドルの握り方とペダリング

  8. ディスクロードバイクのメリットとは

    ロードバイクライフを始めるために必要なこと

  9. 東レがカーボンを値上げ来年モデルの価格に影響か

    フロントディレーラーの調整-ロードバイク初心者脱出メンテナンス

特集記事

  1. LastPassパスワード管理サービスアイキャッチ LastPass-アカウント情報管理クラウドサービス
  2. WordPressにおける投稿ページと固定ページの違い WordPressにおける投稿ページと固定ページの違い
  3. お名前.comアイキャッチ お名前.comで取得したドメインのDNS設定をする-CORESERVER編
  4. R250ツールケースホルダー試用レビュー ワールドサイクルのR250ツールケースサドルホルダー試用レビュー
  5. サプリメントを活用してパフォーマンスアップ サプリメントを活用してパフォーマンスアップ
  6. ハンドルのドロップ形状を選ぶ ハンドルのドロップ形状を選ぶ
  7. ペダリング時の筋肉の働きを理解して意識することで変わる ペダリング時の筋肉の働きを理解して意識することで変わる
  8. ロードバイクのハンドルポジションの決め方 ロードバイクのハンドルポジションの決め方
  9. Garmin EDGE 820J Garmin EDGE 820Jのソフトウェアアップデートの方法
  10. ロードバイクのコンポーネントアイキャッチ ロードバイクのコンポーネント

PICK UP記事

  1. カーマーからフラッグシップモデルDITROが登場
  2. ロードバイク用度付き対応のスポーツアイウェア ロードバイク用度付き対応のスポーツアイウェア
  3. コーナリングの成否を決定づけるブレーキング コーナリングの成否を決定づけるブレーキング
  4. インドアサイクリングZWIFTを始めるのに必要なもの インドアサイクリングZWIFTを始めるのに必要なもの
  5. ORTRIEBサドルバッグLスレートアイキャッチ ORTLIEB(オルトリーブ)のサドルバッグはブルベの装備の定番に納得
  6. ロードバイク乗車時の具体的な呼吸法とは何か おすすめロードバイクプロショップ-新宿周辺
  7. ウェアマニアが作ったウェアブランドQ36.5 ウェアマニアが作ったウェアブランドQ36.5
  8. サイクルイベントにこれから参加する人に向けての心構え サイクルイベントにこれから参加する人に向けての心構え
  9. ペダリング時の筋肉の働きを理解して意識することで変わる ペダリング時の筋肉の働きを理解して意識することで変わる
  10. ヒルクライム楽に登る正しいダンシング ヒルクライムを楽に登る正しいダンシング

おすすめ記事

  1. TCDのテーマのメリットとデメリット
  2. ロードバイクトレーニングの基礎の基礎
  3. ワールドサイクルのR250サイクル反射ベスト試用レビュー
  4. 平地が苦手上りが苦手それは何故なのか
  5. サイクルコンピュータアイキャッチ
  6. ロードバイク乗車時の具体的な呼吸法とは何か
  7. 摩擦円とは何か-コーナリング時のグリップ
  8. ロードバイクのサドルポジションの決め方
  9. ワールドサイクルのR250ツールケーススリムロングタイプ試用レビュー
  10. 尾根幹からロングコース-道志みち箱根てんこ盛り

Twitter

最近の記事

  1. ディスクロードの狙い目はアルテグラの完成車
  2. 主要3社のディスクロードバイクフィーリング比較
  3. 主要3社のディスクブレーキ比較
  4. ディスクロードの様々な疑問
  5. ディスクロードバイクの基本的知識
  6. ディスクロードバイクは油圧式を選ぶ
  7. ディスクロードバイクのメリットとは
  8. サイクルトレインBBベースがスタート
  9. サプリメントを活用してパフォーマンスアップ
  10. インドアトレーニングにおすすめのサイクルトレーナー

人気記事

  1. 2018年版予算20万円で買えるロードバイク
  2. 平地と上りの苦手を克服するためのポイント
  3. 平地と上りそれぞれ苦手な人の傾向
  4. 平地が得意の人と苦手の人の特徴
  5. 上りが得意の人と苦手の人の特徴
  6. ハンドルは握り方を意識すると走りが変わる
  7. 平地が苦手上りが苦手それは何故なのか
  8. 平地と上りが苦手なサイクリストの疑問とは
  9. ブルベエントリー情報一覧
  10. ハンドルの握り方を正せば上半身がうまく使える
PAGE TOP
Translate »