注目の記事 PICK UP

スペシャライズドのプレミアムフィッティング販売システム

スペシャライズドがライダーのための販売システムを展開

スペシャライズドのプレミアムフィッティング販売システム
出典:https://www.specialized.com/ja/ja
スペシャライズドは2017年2月から乗り出しからベストなフィッティングで走り出せる事を実現する新サービスとしてS-WORKSフィットプレミアムサービスを展開しています。通常プロショップでロードバイクを購入する時は身長と股下を計測して体に合うフレームサイズを注文。納車前にサドル高を調整して購入者へ納車するという流れでしたがスペシャライズドが展開するS-WORKSフィットプレミアムはプレミアムというだけあって、ライダー一人一人のライディングポジションを細かく計測して納車の時点でライダーのポジションにピッタリフィットしたロードバイクを渡してくれます。

スペシャライズドはフィッティングにこだわる

スペシャライズドはボディジオメトリーシステムという、プロダクトとフィットを関連付けたフィッティングに拘っています。人間工学に基いて設計されており科学的に検証されて、パワー向上や持続性、快適性を提供するために専門のフィッターのもとライダー一人一人に現状の最適なポジションのフィッティングを提供しています。

ボディジオメトリーは18段階のプロセスのフィッティング

スペシャライズドの専門のフィッターは18段階の広範囲に渡るフィッテングプロセスを実行して、体の柔軟性や寸法を測定します。これはロードバイクのポジションやエキップメントをライダー専用に設定するのに大変重要な要素となります。
フィッターは走行中の乗車姿勢を視覚的に評価することで、さらなる情報が得られて、ライダーのポジションやエキップメントを最適化することができます。
ここまでのプロセスの施工中にフィットスペシャリストは、ライダーに合ったバイクポジションやエキップメントを設定します。サドル選択やポジション、シューズ、クリート調整、そしてハンドルバーポジションの全てがライダーの体に最適となります。

S-WORKSフィットプレミアムサービスとは

S-WORKSフィットプレミアムサービスは、P・サガンやM・キッテル選手等のトッププロ選手も定期的に受けている前述したボディジオメトリーシステムとスペシャライズドの最高峰であるSワークスシリーズを結びつけたのがS-WORKSフィットプレミアムです。S-WORKSという名の通り対象となるロードバイクの車種はスペシャライズドの最高峰Sワークスシリーズを購入した方のみとなりますが、プレミアムというだけあり、そのフィッティングサービスは乗り出しの時点で自分に完璧にフィットした状態でロードバイクを納車してくれるサービスになっています。

車種を選択する

S-WORKSフィットプレミアムサービスの対象となる車種は、スペシャライズドの最高峰のS-WORKSを冠したモデルのみとなります。ターマック、ルーベ、ヴェンジの他女性用モデルのルビー、アミラから好みのモデルを選択します。

ボディジオメトリーフィットを実施

Sワークスフィットプレミアムでは必ずボディジオメトリーフィットを受けます。これはロードバイク初心者だけではなく、実業団レベルのベテランのライダーでも同じです。あくまで各パーツのサイズは身体評価に基いてフィッターが提案してライダーが選択するシステムになっています。数あるフィッティングシステムとの決定的な違いは、およそ60%の出力でローラーを回した状態の最適なポジションより、実走に近い動的フィッティングを行っている点で、ここで得られたデータを基に、ポジションに関わるパーツの交換が行われます。

ボディジオメトリーに応じて各パーツを最適に交換

Sワークスフィットプレミアムサービスは、購入前にボディジオメトリーを受けて、そのポジションを実現するために関連するパーツを納車時までに交換してくれます。さらにそのために新たに用意されたパーツ代は全て無料です。
交換するパーツは、ハンドルが5種類ありモデルにより異なりますが幅は360mmから440mmまで用意されており選ぶ事ができます。それぞれのハンドルでリーチやドロップ形状が異なっており最適なポジションを構築する上で重要なパーツです。
ステムは軽量のアルミタイプを3種類用意されています。ライズが6度のものが75mmから120mm、12度と17度のものが70mmから120mm用意されています。
サドルは7タイプから選択することができます。フェノム、ローミン・エヴォ、パワー、トゥーベの主要モデルの他、女性用のオウラやルビー等7種類をラインナップしています。幅は143mm、155mm、168mmと3サイズ用意されており、ボディジオメトリーで計測した坐骨幅に合わせて選択することができます。
シートポストはオフセット量25mmのCG-Rと0mm、20mmの3種類が用意されており、最適なポジションを得るために必要に応じて交換されます。
クランク長もボディジオメトリーに応じて最適な長さのクランクを選択することができます。長さは165mmから177.5mmまでの6種類が用意されています。

S-WORKSフィットプレミアム実施店舗

このスペシャライズドのS-WORKSフィットプレミアムサービス実施店舗は全国に35店舗あり、そのうちボディジオメトリーシステムの公式ツールであるリトゥールを導入している店舗は12店舗あります。ベテランのサイクリストの中には、既に自分のポジションは把握しているからフィッティングを受けなくてもいいという人もいると思いますが、せっかくスペシャライズドの最高峰のS-WORKSを購入するならこれを機にプロのフィッターにボディジオメトリーを受けて見てもらって、今の自分に最適なポジションを今一度見てもらうのも良いでしょう。

乗り出しからジブンポジションを実現!新サービス「S-WORKS FITプレミアム」始動
ロードバイク、マウンテンバイクをはじめとした自転車製品の総合ブランド、スペシャライズドの公式ブログ

スペシャライズドのS-WORKSフィットプレミアムサービス実施点一覧は上記のリンクからご確認ください。

関連記事

  1. 消耗品の交換時期を見極める

    自転車通勤に便利な都内のバイクステーション

  2. サドルの位置によって使う脚の筋肉が変わる

    サドルの位置によって使う脚の筋肉が変わる

  3. 短期間で鍛えるヒルクライム力-機材編

    短期間で鍛えるヒルクライム力-機材編

  4. ロードバイクライフを始めるために必要なこと

    ロードバイクライフを始めるために必要なこと

  5. ヘブンウィークブルベアイキャッチ

    AJ神奈川主催のヘブンウィークブルベ-イザベラ・バードBRM501

  6. ロードバイクトレーニングの基礎の基礎

    ロードバイクトレーニングの基礎の基礎

  7. 40代からのロードバイク-加齢について考える

    40代からのロードバイク-加齢について考える

  8. ろんぐらいだぁす!サイクルジャージアイキャッチ

    ろんぐらいだぁす!のジャージが予約受付中

  9. 飛行機輪行の時に抑えておきたいポイント

    飛行機輪行の時に抑えておきたいポイント

特集記事

  1. ヒルクライムを楽に登るフォーム-重心を意識する ヒルクライムを楽に登るフォーム-重心を意識する
  2. 短期間で鍛えるヒルクライム力-機材編 短期間で鍛えるヒルクライム力-機材編
  3. TCD IZMテーマアイキャッチ TCD IZMテーマにリニューアルしました
  4. ペダリング動作を正確に行う神経トレーニング ペダリング動作を正確に行う神経トレーニング
  5. ワールドサイクルのR250パーキングストッパー&チェーンフック試用レビュー ワールドサイクルのR250パーキングストッパー&チェーンフック試用レビュー
  6. インドアサイクリングZWIFTを始めるのに必要なもの インドアサイクリングZWIFTを始めるのに必要なもの
  7. AMP対応とGoogleアナリティクスとGoogleアドセンスの設定方法 AMP対応とGoogleアナリティクスとGoogleアドセンスの設定方法
  8. シマノアルテグラコンポーネント シマノアルテグラと105コンポーネント徹底比較
  9. コスパだけじゃないジャイアントのTCRシリーズの真価とは コスパだけじゃないジャイアントのTCRシリーズの真価
  10. 2017年予算20万円のロードバイクアイキャッチ 2017年版予算20万円で買えるロードバイク

PICK UP記事

  1. グランフォンドを完走するための平地と下りのテクニック グランフォンドを完走するための平地と下りのテクニック
  2. ロードバイク初心者が最初に変えるべきパーツとは何か 尾根幹周辺の坂コース-ロードバイク乗りのトレーニングコース
  3. ペダリングトレーニング最終奥義ハイパワーペダリング ペダリングトレーニング最終奥義ハイパワーペダリング
  4. シマノアルテグラコンポーネント シマノアルテグラと105コンポーネント徹底比較
  5. 携帯ポンプ一挙徹底比較 携帯ポンプ一挙徹底比較
  6. 消耗品の交換時期を見極める-タイヤ編 消耗品の交換時期を見極める-タイヤ編
  7. グランフォンドを完走するためのヒルクライムのテクニック グランフォンドを完走するためのヒルクライムのテクニック
  8. ろんぐらいだぁす!聖地巡礼 ろんぐらいだぁす!聖地巡礼-浦賀から片瀬江ノ島コース
  9. ヒルクライムを楽に登るペースの作り方 ヒルクライムを楽に登るペースの作り方
  10. ブルベやロングライドにおすすめのロードバイク ブルベやロングライドにおすすめのロードバイク

おすすめ記事

  1. Garmin EDGE 820J
  2. TCDのテーマのメリットとデメリット
  3. ELITE ARION MAG3本ローラー
  4. ロードバイクのおすすめヘルメットブランド
  5. ろんぐらいだぁす!ツーリングガイド
  6. 東レがカーボンを値上げ来年モデルの価格に影響か
  7. ロードバイク目的別おすすめクリンチャータイヤ
  8. ブルベでの補給と休憩の仕方を考える
  9. グランフォンドを完走するためのヒルクライムのテクニック
  10. 霞ヶ浦一周-ロードバイク初心者におすすめの一周コース

Twitter

最近の記事

  1. PBP パリ・ブレスト・パリ
  2. ロードバイク初心者がビンディングペダルを使いこなすポイント
  3. シマノR8000新型アルテグラ徹底解剖
  4. ワールドサイクルのR250パーキングストッパー&チェーンフック試用レビュー
  5. ワールドサイクルのR250防水大型サドルバッグラージ試用レビュー
  6. 普段の走行で意識することでトラブルを回避するポイント
  7. サイクルイベント別参加する時に抑えるべきポイント
  8. サイクルイベントにこれから参加する人に向けての心構え
  9. ワールドサイクルのR250ドラム型フロントバッグ試用レビュー
  10. ワールドサイクルのR250フロントポーチラージ試用レビュー

人気記事

  1. ワールドサイクルのR250防水スマートライドポーチ試用レビュー
  2. ピナレロ2018年ニューモデル発表会-GANシリーズ
  3. ワールドサイクルのR250フロントポーチラージ試用レビュー
  4. コスパだけじゃないジャイアントのTCRシリーズの真価とは
  5. ブルベにおすすめのアルミクリンチャーホイール
  6. シマノR8000新型アルテグラ徹底解剖
  7. 40代からのロードバイク-40代から速く強くなる方法
  8. ヒルクライムを楽に登るハンドルの握り方とペダリング
  9. 自転車活用推進法でロードバイクは走りやすくなったのか
  10. 東京湾一周-一度はチャレンジしたいワンイチコース
PAGE TOP
Translate »