注目の記事 PICK UP

輪行袋はモンベルのコンパクトリンコウバッグが便利

輪行袋マニアでは定番なモンベルのコンパクトリンコウバッグ

モンベルコンパクトリンコウバッグヘッダ
ロードバイクで観光地や遠くへ旅行へ行く時に、自走で行く人もいれば車に積んで現地でロードバイクに乗る方もいると思いますが、手軽に遠くへ出かけて現地でロードバイクに乗る手段として公共交通機関にロードバイクを持ち込む輪行という方法があります。

輪行はロードバイクのタイヤ等を外して輪行袋に入れることで、電車バスといった公共の交通機関に持ち込めるということでサイクリングしたいポイントまで電車やバスで移動できることでロードバイクで走る行動範囲を飛躍的に広げることができます

ロードバイク初心者には輪行は少しハードルが高いですが、ロードバイクで輪行ができるようになれば遠くの観光地でサイクリングしたり、疲労やトラブル等で自走できない状況になっても電車で安全に帰宅できますので覚えておいて欲しい方法です。

輪行袋には色々なタイプがあります

輪行袋には様々なタイプがあり最初は何を選んだらいいのか迷うと思います。
まずは輪行袋のタイプについて大きく3つにわけてみました。

  • 前輪のホイールだけ外して輪行袋に収納する横幅が長くなるタイプ
  • 前後輪外して輪行袋に収納する正方形に近い形になるタイプ
  • 飛行機への輪行を想定した大型輪行袋

ロードバイクの初心者で輪行袋を選ぶポイントとして、前輪だけ外して簡単に収納できるタイプを選ぶか前後輪外してコンパクトに収納できるタイプを選ぶかを考えると思います。
輪行袋の選び方でこの収納タイプの違いで輪行袋を選んでも良いのですが、違う視点で輪行袋を選ぶ事ができます。
それは輪行袋自体を持ち運ぶ時に持ち運びやすいコンパクトなものかどうか?という視点です。

輪行袋は持ち運ぶ時にかさばるものが多い

輪行袋は種類がたくさんありますが、ボトルケージジャージのポケットにしまえるくらいコンパクトに持ち運べるものとなると種類が一気に少なくなります。
輪行で遠くへでかける事ができても輪行袋を畳んで持ち運ぶ時になって、収納するスペースが無いから結局リュックに入れてリュックを背負って走らないといけないとなると、荷物がかさばって快適なサイクリングができない可能性があります。
できれば、輪行袋はコンパクトで収納に困らないくらいのものが欲しいですね。

輪行慣れしてる人達の間では定番のコンパクトリンコウバッグがおすすめ

輪行をして各地をサイクリングしている人達の間で定番と呼ばれる輪行袋があります。
それがモンベル(mont-bell)コンパクトリンコウバッグです。

輪行袋のタイプとしては前後輪を外して収納するタイプです。輪行の方法としては前後輪を外すので何度か練習が必要な輪行中級者向けといった感じでしょうか。

輪行袋としては前後輪外すので輪行初心者は敬遠されるタイプではありますが、輪行に慣れてくるとこのコンパクトリンコウバッグの便利さを感じてくるのです。
それはトップクラスの輪行袋自体のコンパクトさです。
モンベルコンパクトリンコウバッグ比較1
私の持っているボトル(500ml)コンパクトリンコウバッグの比較の写真です。
コンパクトリンコウバッグの大きさがわかるでしょうか。
ボトルよりも小さいんですね。これだけ小さい輪行袋というのはコンパクトリンコウバッグくらいで他の輪行袋はボトルより大きいものが多いのが現状です。
モンベルコンパクトリンコウバッグ比較2
ボトルより小さくたためるコンパクトリンコウバッグならボトルケージに挿してサイクリングできます。
大抵の輪行袋はボトルケージには入らないくらいの大きさなので別途持ち運ぶためのリュックなり大きめのサドルバッグに収納しないといけないのですが、コンパクトリンコウバッグならボトルケージに挿しておくことも可能です。
この小ささが輪行マニアの間では大きく支持されています。

輪行方法も徹底的に無駄を省いた収納方法

実際に輪行する時も徹底的に無駄を省いた収納方法も支持されています。

  1. ロードバイクを逆さにして自立させる
  2. 前後輪を外してフレームを挟むようにホイールをセッティング
  3. 付属のベルトストラップでタイヤとフレームを3点で固定
  4. 輪行袋を上から被せて、裾は巾着のように紐を引っ張って絞る

多くの輪行袋は風呂敷のように下に広げてロードバイクを逆さに置いてから収納するのですが、コンパクトリンコウバッグは袋を上から被せるようにするだけで収納ができることで慣れれば2分から3分で輪行の準備が終わってしまいます。
この収納方法の簡単さも支持されています。

収納に徹底的に無駄を省いている分、デメリットもあります。

  • フレームとホイールが直接干渉するためフレームに傷が付く可能性がある
  • ホイールのクイックが緩みすぎていると輪行中に裾から落ちてしまう可能性がある

といったデメリットがあるのですが、ロードバイクがよっぽど高額でフレームに傷を付けたくないような盆栽ロードバイクでない限りは多少の傷は勲章だと思って受け入れましょう。
それよりも気を付けたいのはクイックリリースを落としてしまうことで、これについてはホイールを外したらクイックリリースは締めておくといった癖を付ける必要があります。

輪行をマスターしてロードバイクでサイクリングを楽しむ

ロードバイク初心者脱却の第一段階として輪行はぜひマスターしたいところです。
輪行ができるようになれば地方へでかけて綺麗な景色の観光地を気軽にサイクリングして、帰りも輪行で帰ってくることができて行動範囲が広がります。
また、行きは自走で行って観光地をサイクリングして楽しんで疲れたら帰りは輪行して楽して帰るといったこともできます。
宿泊を伴う長距離サイクリングでも、輪行袋に入れて宿に持ちむことで盗難の心配も回避することができます。
輪行ができる事でロードバイクの楽しみ方は10倍にも20倍にも広がります。

本記事を参考にぜひ輪行袋を入手して輪行を活用したサイクリングをしてみてください。
参考になったらぜひシェアしてください。

関連記事

  1. Garmin EDGE 820J

    Garmin EDGE 820Jに海外の地図を入れて海外ブルベに使う方法

  2. ワールドサイクルのR250防水大型サドルバッグラージ試用レビュー

    ワールドサイクルのR250防水大型サドルバッグラージ試用レビュー

  3. ろんぐらいだぁす!高宮紗希のロードバイクの装備がすごいことに

    ろんぐらいだぁすの高宮 紗希のロードバイクの装備がすごいことに

  4. ブルベ用サイクルウェアアイキャッチ

    ブルベ用のサイクルウェアを考える

  5. ろんぐらいだぁす!聖地巡礼

    ろんぐらいだぁす!聖地巡礼-大垂水峠挑戦コース

  6. ロードバイク初心者の100kmロングライド-フォームとペース管理

    ロードバイク初心者の100kmロングライド-フォームとペース管理

  7. クランク長のセルフチェックとクランク交換のQ&A

    ロードバイクのメンテナンス時にやっておきたいアップグレード

  8. Garmin EDGE 820J

    Garmin EDGE 820Jナビゲーション機能の使い方

  9. ギアチェンジする時はケイデンスを意識する事で無駄がなくなる

    ロードバイク目的別おすすめクリンチャータイヤ

特集記事

  1. Garmin EDGE 820J Garmin EDGE 820Jでバッテリー消費を抑える設定
  2. ロードバイク初心者の100kmロングライド-フォームとペース管理 ロードバイク初心者の100kmロングライド-フォームとペース管理
  3. TCD IZMテーマアイキャッチ TCD IZMテーマにリニューアルしました
  4. 短期間で鍛えるヒルクライム力-機材編 短期間で鍛えるヒルクライム力-機材編
  5. インターバルトレーニングのメカニズム インターバルトレーニングのメカニズム-40歳からでも速くなる方法
  6. Garmin EDGE 820J Garmin EDGE 820Jの設定方法のまとめ
  7. WordPressをインストールして最初にやるべき初期設定アイキャッチ WordPressをインストールして最初にやるべき初期設定
  8. 2018年版予算20万円で買えるロードバイク 2018年版予算20万円で買えるロードバイク
  9. WordPressSSL化アイキャッチ WordPressサイトを常時SSL化する-CORESERVER(コアサーバー)…
  10. サドルの位置によって使う脚の筋肉が変わる サドルの位置によって使う脚の筋肉が変わる

PICK UP記事

  1. ロードバイクは恥骨で座ると安定する ロードバイクは恥骨で座ると安定する
  2. SPD-SLクリート調整アイキャッチ SPD-SLシューズのクリート位置の調整をする
  3. 消耗品の交換時期を見極める 消耗品の交換時期を見極める-ワイヤー編
  4. ロードバイク初心者が最初に変えるべきパーツとは何か 尾根幹周辺の坂コース-ロードバイク乗りのトレーニングコース
  5. カンパニョーロゾンダアイキャッチ CampagnoloZONDA(カンパニョーロ・ゾンダ)はワイドリム化
  6. ワールドサイクルのR250ドラム型フロントバッグ試用レビュー ワールドサイクルのR250ドラム型フロントバッグ試用レビュー
  7. シマノR8000新型アルテグラ徹底解剖 シマノから新型アルテグラR8000系を発表
  8. カーマーからフラッグシップモデルDITROが登場
  9. スペシャライズドのプレミアムフィッティング販売システム スペシャライズドのプレミアムフィッティング販売システム
  10. ワールドサイクルのR250防水スマートライドポーチ試用レビュー ワールドサイクルのR250防水スマートライドポーチ試用レビュー

おすすめ記事

  1. 消耗品の交換時期を見極める
  2. サドルの位置によって使う脚の筋肉が変わる
  3. R250ツールケースホルダー試用レビュー
  4. ブルベでの補給と休憩の仕方を考える
  5. ワールドサイクルのR250サイクル反射ベスト試用レビュー
  6. TCD IZMテーマアイキャッチ
  7. ロードバイクのサドルポジションの決め方
  8. 安全に曲がるためのブレーキセッティング
  9. 40代からのロードバイク-加齢について考える
  10. 携帯ポンプ一挙徹底比較

Twitter

最近の記事

  1. 2018年版予算20万円で買えるロードバイク
  2. 平地と上りが苦手なサイクリストの疑問とは
  3. 平地と上りの苦手を克服するためのポイント
  4. 平地と上りそれぞれ苦手な人の傾向
  5. 上りが得意の人と苦手の人の特徴
  6. 平地が得意の人と苦手の人の特徴
  7. 平地が苦手上りが苦手それは何故なのか
  8. ブルベエントリー情報一覧
  9. ブルベエントリー情報一覧
  10. クランク長のセルフチェックとクランク交換のQ&A

人気記事

  1. ワールドサイクルのR250サイクル反射ベスト試用レビュー
  2. ワールドサイクルのR250おにぎりリフレクター試用レビュー
  3. ロードバイク初心者の100kmロングライド-装備と持ち物
  4. ピレリからロードバイク用クリンチャータイヤが新発売
  5. ロードバイク初心者の100kmロングライド-効率的な楽な走り方
  6. ロードバイク初心者の100kmロングライド-補給のポイント
  7. ロードバイク初心者の100kmロングライド-休憩のポイント
  8. PBP パリ・ブレスト・パリ
  9. パールイズミ2017年秋冬モデルアイキャッチ
  10. ワールドサイクルのR250防水スマートライドポーチDX試用レビュー
PAGE TOP
Translate »